派遣業界への転職におすすめ転職エージェントランキング【転職のプロが監修】

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

派遣

『#就職しよう』は、複数企業と提携しながら、正しい情報を提供することに努めています。 当サイトを経由して登録などのお申込みがあった場合に、各企業から支払いが発生することもございますが、それがランキングや口コミなど提供している情報に影響することは一切ございません。 読者の皆様のお役に立てることを第一に考え、情報提供しておりますので、当サイトで得た収益はより確実な情報収集およびコンテンツの充実に充てさせていただきます。 (コンテンツポリシーの詳細はこちら)
この記事の執筆者

株式会社アドバンスフロー:中塚 章浩

「派遣業界への転職に強い転職エージェントはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

派遣会社の元社員で、現役転職エージェントである「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

派遣業界への転職におすすめの転職エージェントランキング

派遣業界への転職には、
「求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。

なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで検索した際に掲載されていた転職エージェントを抽出し、派遣業界の求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

派遣業界におすすめ転職エージェント
(調査日:2022年12月26日)
求人数(件)

リクルートエージェント

10,081

dodaエージェントサービス

3,382

ワークポート

1,209

マイナビエージェント

827

パソナキャリア

246

type転職エージェント

133

type女性の転職エージェント

133

調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて
Googleで「転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業のうち、派遣業界の求人数調査が可能な企業。
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:派遣」の求人数をカウントしました。(※非公開求人含む)
調査日
※求人数ランキング上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】リクルートエージェント

リクルートエージェント
画像引用元:「リクルートエージェント」公式サイト

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 一般の求人サイトでは見られない、非公開求人を20万件以上保有!
  • 「面接対策セミナー」など、転職に役立つセミナーが無料で受講できます。
リクルートエージェントに関する情報
派遣業界の求人数 10,081件
(※求人数調査日:2022年12月26日)
取り扱い職種 営業・販売/経営・企画・マーケティング/事務系(経理・総務・人事)/IT・エンジニア/電気・機械・科学エンジニア/医療・医薬品・化粧品/コンサルタント/建築・土木技術
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/その他

関連記事:「リクルートエージェント」の口コミ・評判

【求人数第2位】dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
画像引用元:「dodaエージェントサービス」公式サイト

dodaエージェントサービスのおすすめポイント

  • 登録すると転職サイトとしても利用可能
  • 未経験より経験者を求める求人が豊富
dodaエージェントサービスに関する情報
派遣業界の求人数 3,382件
(※求人数調査日:2022年12月26日)
取り扱い職種 営業職/企画・管理/技術職(SE・インフラエンジニア・WEBエンジニア)/技術職(組み込みソフトウェア)/技術職(機械・電気)/技術職(化学・素材・化粧品・トイレタリー)/技術職(食品・香料・飼料)/技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場)/専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)/クリエイター・クリエイティブ職/販売・サービス職/公務員・教員・農林水産関連職/事務・アシスタント/医療系専門職/金融系専門職
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/その他

関連記事:「dodaエージェント」の口コミ・評判

【求人数第3位】ワークポート

ワークポート
画像引用元:「ワークポート」公式サイト

ワークポートのおすすめポイント

  • ホテルのコンシェルジェのような、きめ細やか転職サポートに定評がある
  • これまでの転職支援の実績を元に、データからひとりひとりに合った求人を提案
ワークポートに関する情報
派遣業界の求人数 1,209件
(※求人数調査日:2022年12月26日)
取り扱い職種 ソフト開発・システムエンジニア/クリエイティブ/ネットワーク/サポート/研究・製品開発/品質・評価/コンサルタント・プリセールス/ゲーム/ものづくり系エンジニア/営業/事務・管理/企画/マーケティング・プロモーション/役員/販売・サービス
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/契約社員/その他

関連記事:「ワークポート」の口コミ・評判

【番外編】人材業界専門の転職エージェントを紹介!

派遣業界に転職するなら、「業界に精通した特化型転職エージェント」にも登録をおすすめします。

特化型転職エージェントは、求人数が少ない傾向にありますが、その分業界について豊富な知見を活かした転職支援を行ってくれます。

そこでここからは、人材派遣・人材紹介など人材業界に精通した転職エージェントをご紹介します。

1.インプレッション

インプレッションは、人材サービス業界、特に人材派遣業界の転職に強い転職エージェントです。

2004年の設立以来、取引企業は約450社と豊富で、かつ10年以上の長きに渡った実績をもつコンサルタントが転職支援します。

インプレッションは、経験者向けのセミナーや勉強会も開催しているため、最新の人材サービス業界の動向を掴んだ転職支援を受けることができます。

運営会社 株式会社インプレッション
所在地 東京都千代田区九段北1-2-12 九段下プラレールビル5F

2.コンプリート

コンプリートは、特に人材紹介事業(転職エージェント)への転職に強い転職エージェントです。

業界の大手企業への紹介実績もあり、人材サービス業界への転職をお考えならば登録を検討するべき転職エージェントのひとつです。

運営会社 株式会社コンプリート
所在地 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH6F CROSSCOOP内

【FAQ】派遣業界の仕事探しに関するよくある質問

派遣業界で働く場合、どのような仕事があるの?

派遣業界の仕事は、おもに以下の3つの職種となります。
※派遣会社によっては、営業とコーディネーターを明確に分けず、どちらの仕事も行う場合があります。

【営業職の仕事内容】
  • 営業の仕事は、派遣スタッフが欲しい企業を見つけて受注し、派遣先企業をつくりだすことです。
    今までに取引があった企業へのルート営業はもちろん、新規開拓や既に派遣スタッフがいる企業へのフォローも行います。
    派遣スタッフがいる企業の場合は、派遣スタッフへの面談などのフォローを行う場合もあります。また、登録者のなかから派遣先企業の意向に沿った人材を探してマッチングする作業も行います。
【コーディネーターの仕事内容】
  • コーディネーターの仕事は、営業が受注した案件に対して、登録者のなかから適切な人材を選び出し派遣することです。そのため、登録時の面談やお仕事紹介、派遣スタッフのカウンセリングなど、登録者への対応が多い仕事になります。
    業務内容が多岐にわたることから、業界経験者を募集することが多いですが、コミュニケーション力が高い方や営業経験者ならば、未経験でも就業の可能性が高まります。
【その他(経理・人事など)の仕事内容】
  • 派遣会社の企業内で事務処理や経理処理などの後方支援を行うことが主な業務となります。一般的な企業の事務職、経理職、人事職と同じ行な業務を担当する場合が多いです。

コーディネーターとキャリアコンサルタントとの違いは?

キャリアコンサルタントは、資格名で平成28年4月より国家資格になっています。

コーディネーターは無資格でもなることはできますが、キャリアコンサルタントと呼べるのはキャリアコンサルタントの有資格者のみとなります。

そもそも派遣業界とは?

派遣業界とは、企業のニーズに合わせて人材を派遣するサービスを行っている業界です。

クライアントである企業は、派遣業界を通して、
「事業拡大に伴い、人員を増大したい」
「新規事業の立ち上げメンバーを募集したい」
「繁忙期のみ事務処理スタッフを増やしたい」
など、人材を「必要なときに」「必要な分だけ」確保できます。

企業が派遣サービスを活用すれば、柔軟性の高い人的資源管理が可能になります。

人材派遣会社と人材紹介会社の違いは?

人材派遣会社と人材紹介会社は、同じ人材サービスではありますが、サービス形態が異なります。

人材派遣会社は、派遣スタッフ(人材派遣会社と雇用契約を結んだ方)を派遣先企業に派遣するサービスです。

一方、人材紹介会社は、企業が欲しい条件に合った適切な人材を紹介するサービスです。

人材派遣会社には、スタッフを派遣していることで、就業中のスタッフのフォローや派遣先企業のフォローが必要ですが、人材紹介会社にはそのような業務がないのです。

派遣業界はきつい?激務?やばいと言われるけど本当?

派遣業界での働き方は「理不尽」「クズ」「嘘つき」など、ネガティブな言葉で表現されることが多々あります。

実際に、派遣業界の営業職は、ノルマの達成が大変な仕事です。

ノルマの達成が大変な理由として、派遣業界の事業者数が多く、業界内で過当競争が起こっていることが挙げられます。

そのため、ノルマ達成のためには、ハードで理不尽なことも乗り越えなければならないのです。

このように、心身ともに辛いことも多い営業職ですが、魅力的な仕事でもあります。

新規開拓営業で新しい顧客との繋がりができたり、ノルマを達成できたりすれば、やりがいや楽しさを感じられるでしょう。

派遣業界でのキャリアパスは?

派遣業界での2大職種ともいえる「営業」と「コーディネーター」それぞれ、経験を積むことでどのようなキャリアパスがあるのかご紹介します。

【営業のキャリアパス】
  • 営業職は、経験・実績を積むことで「管理職への登用」や「他業界への転職」などのキャリアパスがあります。管理職になれば、より大きな責任も生まれ、一層やりがいのある仕事になるでしょう。
    また、スキルや経験を生かし、即戦力として他業界の営業職へ転職することも可能です。
【コーディネーターのキャリアパス】
  • コーディネーターでのキャリアパスは、専門家としてのキャリアアップ、独立などが挙げられます。専門家としてのキャリアアップや独立のためには、「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」などの資格取得がおすすめです。
    資格を取得すれば、資格保持者としての信頼度も高まり、活躍の場を広げられるでしょう。

派遣業界で働くメリットは?

派遣業界で働くメリットとして、以下の2点が挙げられます。

【頑張った分だけ評価される】
  • 派遣業界は、実力主義の社会で、営業職はとくにその傾向が強いです。ノルマの達成に向けて頑張った成果は、きちんと評価されます。
    具体的には、好成績であれば給与や昇格・昇進に反映されるということです。
【未経験歓迎の職場が多い】
  • 派遣業界は、業界未経験者や、職種未経験者でも歓迎する職場が多いです。そのため、挑戦する意志があれば、これまでの経歴に関わらず転職しやすいでしょう。

派遣業界で働くデメリットは?

派遣業界で働くデメリットは、精神的な負荷が高くなってしまうことです。

これは、派遣業界が実力主義であり、ノルマ達成が厳しい仕事だからです。

営業成績が給与や待遇に直結するため、ノルマ達成が厳しいときは、大きなプレッシャーがのしかかります。

また、営業成績を他人と比較され、悔しさやふがいなさを感じることも少なくありません。

派遣業界でのデメリットを乗り越えるには、精神的なたくましさが必要です。

派遣業界の仕事に向いているのはどんな人?

派遣業界に向いている人の特徴は、主に2つあります。

【人をサポートすることが好きな人】
  • 派遣業界の仕事は、人材派遣を通して、企業や人材の希望を実現することです。
    そのため、実現に向けて情熱を注ぎ、企業や人材を後押しできる人が向いているでしょう。
【困難にも真摯に対応できる人】
  • 困難なことでも、真摯に取り組み、問題解決に取り組める人が向いています。派遣業界の仕事では、企業と人材の板挟みになったり、理不尽なクレームを受けたりすることも少なくありません。
    そのような場合でも、冷静に問題を分析し、解決策を出せる人が重宝されるのです。

派遣業界で働くために必要なスキル・資格は?

派遣業界で働くために必要なスキルは、コミュニケーション能力です。

企業と人材の双方が納得して働けるよう、お互いの意見を正確に伝えたり、交渉したりすることが求められます。

また、派遣業界で働くために必須の資格はありません。

ただし、コーディネーター職を希望する場合は「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」などの資格があると優遇されやすいです。

派遣業界に転職するためには?

派遣業界に転職するためには、派遣業界の転職に強いエージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、プロのコンサルタントのサポートを受けながら、効率よく転職活動を進められます。

疑問や不安があれば、コンサルタントに気軽に相談できる点も魅力です。

転職エージェントのサービスには、求人紹介以外にも、履歴書や職務履歴書の添削、模擬面接なども含まれます。

模擬面接ではフィードバックも貰えるため、入念な準備のもと本番に臨めるでしょう。

派遣業界で働く人の年収はどれくらい?

派遣業界で働く人の年収は平均すると350万~450万円ほどになります。

公的機関の情報で確認はできませんでしたが、マイナビエージェントや転職会議のデータによると、平均で350万~450万円の間になっています。

もちろん、これは役職などはつかない平社員の場合です。

課長や事業部長などもっと上の役職になると、500万円や600万円以上も狙える業界ではあります。

ただ、対人の仕事であるために、時間管理が難しく残業が多くなり時給換算すると安いと感じる人も多いでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

派遣業界への転職なら、
リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは最も多くの求人をもっています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

この記事の執筆者
「法人派遣マッチング」ならびに
転職エージェント「♯就職しよう」運営
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩

大手人材サービス会社在籍で2,000名以上の就業に携わり、
「自分に合った派遣会社や人材紹介会社を選ぶ重要性」 を肌で感じてきました。この記事の執筆を通して、派遣会社や人材紹介会社を選ぶ際のミスマッチを少しでも解消できればと思っています。
現在、派遣会社と企業をつなぐ「法人派遣マッチング」と求職者と企業をつなぐ「転職エージェントサービス」を運営しており、それらから得られる最新情報をお伝えするべく、随時、記事の編集や更新も行っています。

経歴
パーソルテンプスタッフ株式会社に在籍後、2010年に株式会社アドバンスフローを設立し、求職者向け情報サイト「♯就職しよう」を運営。現在、#就職しようの執筆とともに、転職・就職などHR領域に関するサービスを多数展開中。 ・執筆者の詳しい経歴はコチラ
関連URL 著書