【転職のプロが監修】グラフィックデザイナーの転職エージェントおすすめランキング

グラフィックデザイナー

「グラフィックデザイナーにおすすめの転職エージェントはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働いた「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

グラフィックデザイナーにおすすめの転職エージェントランキング

グラフィックデザイナー転職には、
「求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。

なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで検索した際に掲載されていた転職エージェント14社を抽出し、総求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて
Googleで「グラフィックデザイナー 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業などを21社厳選としました。
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:グラフィックデザイナー」の求人数(未公開求人含む)をカウントしました。(※調査は、フリーワード検索を行っている場合もございます)
調査日
2020年11月24日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】レバテッククリエイター

レバテッククリエイター
画像引用元:レバテッククリエイター

おすすめポイント
  1. 業界トップクラスの高単価求人
  2. リモートで仕事ができるか明記あり、すべての求人がコーディネーターからのコメント付き。どんな企業からの案件からなのかがわかりやすい。
  3. フリーランス案件は、早期の契約更新で次のお仕事も安心!安定した収入や福利厚生のサービスもあり

レバテッククリエイターは、主にフリーランスや業務委託を中心としたクリエイターを支援する
エージェントサービスです。
他のエージェントにはないゲーム業界やアニメ業界とったクリエイティブのお仕事求人が目立ちます。

初めてフリーランスとして働く方は、安定した収入や福利厚生、参加中のプロジェクト中でも
定期的に連絡をしてくれて安心してお仕事ができます。
また、次のお仕事が途切れないように早期更新してくれるので心配がありません。

「フリーランスでやっていけるか心配…」という方は正社員登用や派遣の働き方も相談できます。

求人に関する情報
グラフィックデザイナーの求人数 249件
取り扱い職種 クリエイター(Webデザイナー/HTMLコーダー/UI・UXデザイナー/フロントエンドエンジニア/Flashクリエイター/2Dデザイナー/キャラクターデザイナー/イラストレーター/アニメーター/プロダクトデザイナー/DTPデザイナー/3Dデザイナー/モーションデザイナー/エフェクトデザイナー/Webディレクター/ゲームディレクター/アートディレクター/クリエイティブディレクター/Webプロデューサー/ゲームプロデューサー/ゲームプランナー/シナリオライター/グラフィックデザイナー)
取り扱いエリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、愛知、福岡
会社概要
運営会社 レバテック株式会社
東京拠点の住所 【本社】
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F
全国の拠点一覧 渋谷/大阪/福岡/名古屋

【求人数第2位】Geekly

ギークリー
画像引用元:「Geekly」

求人に関する情報
グラフィックデザイナーの求人数 231件
取り扱い職種 システムエンジニア/プロダクトマネージャー・システムコンサルタント/ネットワーク・サーバー/社内SE・テクニカルサポート・その他/Webディレクター・Webデザイナー・Webマスター/ゲーム/営業/ネットマーケティング/管理・経営企画・新規事業/制御系・組み込み・通信系
取り扱いエリア 全国47都道府県
会社概要
運営会社 株式会社Geekly
東京拠点の住所 【本社】
東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
全国の拠点一覧 渋谷に2か所拠点あり(渋谷パークプラザ・ヒューリック渋谷宮下公園ビル )

【求人数第3位】リクルートエージェント

リクルートエージェント
画像引用元:「リクルートエージェント」公式サイト

求人に関する情報
グラフィックデザイナーの求人数 180件
取り扱い職種 営業・販売・カスタマーサービス/企画・マーケティング・経営/管理・事務/物流・購買・貿易・店舗開発/コンサルタント/金融専門職/不動産専門職/クリエイティブ/SE・ITエンジニア/エンジニア(設計・生産技術・品質管理)/建築・土木・設備/医療・医薬・化粧品/その他(講師・調理師・介護など)
取り扱い業種・業界 IT/通信業界/Web・インターネット/機械・電気/化学・素材/商社/物流・運輸/小売・卸売り・サービス/旅行・エンタメ/マスコミ・広告/人材/コンサルティング/金融・保険/不動産・建築
取り扱いエリア 全国47都道府県
会社概要
運営会社 株式会社リクルート
東京拠点の住所 【本社】
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
全国の拠点一覧 東京(丸の内)/札幌/仙台/宇都宮/さいたま/千葉/立川/横浜/静岡/名古屋/京都/大阪/神戸/岡山/広島/福岡

【求人数第4位】ユウクリ

ユウクリ
画像引用元:「ユウクリ」公式サイト

求人に関する情報
グラフィックデザイナーの求人数 148件
取り扱い職種 グラフィックデザイナー/DTPオペレーター/エディトリアルデザイナー/パッケージデザイナー/クリエイティブディレクター/制作進行管理/プランナー/コピーライター/編集・ライター・校正/Webプロデューサー/Webマスター/Webプランナー/Webディレクター/アートディレクター/Webデザイナー/コーダー/フロントエンドエンジニア/サーバーサイドエンジニア/Webライター/企画営業・プロデューサー/UIデザイナー/UIプランナー/プロダクトデザイナー/商品企画・開発/空間デザイナー/ゲームプロデューサー・ディレクター/映像関連職種/ゲームプランナー/ゲームプログラマー/CGクリエイター/サウンドクリエイター
取り扱いエリア 全国47都道府県
会社概要
運営会社 株式会社ユウクリ
東京拠点の住所 【本社】
東京都渋谷区円山町28-3いちご渋谷道玄坂ビル

【求人数第5位】CREATIVE VILLAGE

CREATIVE VILLAGE
画像引用元:「CREATIVE VILLAGE」公式サイト

求人に関する情報
グラフィックデザイナーの求人数 123件
取り扱い職種 ディレクター/プロデューサー/映像編集/制作進行/プロダクションマネージャー/カメラマン/監督・助監督/送出/MA/構成作家・脚本/アナウンサー・キャスター/デザイナー/ライター/フロントエンジニア・コーダー/マーケティング/エンジニア・プログラマ/進行管理・営業/サウンド/シナリオ/デバッグ/広報・宣伝/経営企画・管理/事務/イラストレーター/マーチャンダイズ/編成
取り扱い業種・業界 ゲーム/Web・モバイル/映像/広告・出版/アミューズメント/アニメ
取り扱いエリア 全国47都道府県+海外
会社概要
運営会社 株式会社クリーク・アンド・リバー社
東京拠点の住所 【本社】
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
全国の拠点一覧 新橋/大阪/名古屋/札幌/両国/福岡/仙台

クリエイターやクリエイティブ系の求人に特化した転職エージェントを利用するメリットは?

クリエイターやクリエイティブ系の求人に特化した転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • クリエイターやクリエイティブ系の求人数が豊富
  • クリエイティブ系の転職支援実績が豊富なので担当者の業界知識が豊富
  • 大手転職エージェントでは取り扱っていない独自のパイプを活かした求人がある可能性が高い

このような理由から、クリエイティブ系の職種への転職を目指す方には、特化型転職エージェントの利用をおすすめします。

また、リクルートエージェントやdodaエージェントなど大手転職エージェントでもクリエイティブ系やクリエイターの求人取扱いはありますので、特化型転職エージェントと大手転職エージェントを併用することもおすすめです。

大手転職エージェントは転職支援実績が豊富なので、応募書類の添削や面接対策サービスに定評がある会社が多いです。

未経験からデザイン系の仕事に転職することはできる?

実務未経験でデザイン系の仕事に転職することは可能ではあります。

デザイン系の職種は人手不足であるため、求人は多くないものの可能となっているということです。

実務経験が無い代わりに、勉学での経験や、自己学習、実践してきた内容を話すことになります。

業務でそのまま使えるレベルまで取り組んでいる方は稀かと思いますので、意欲をしっかりPRしていきましょう。

また、正社員としての転職が難しい場合には派遣社員から始めるのも一つの手段です。

派遣のほうが未経験でも採用されるケースが多いため、まずはともかく実務経験を積むと考えるのもよいでしょう。

転職エージェントの利用にポートフォリオは必要?

転職エージェントの利用にポートフォリオは必要ありません。

転職エージェントとの面談ではそこまで念入りにスキル面をチェックすることはないのです。

しかし、実際に中途採用に応募して面接へ、ということになればポートフォリオは必要になるでしょう。

デザイン系の職種では実力主義の世界になりますので、実績や仕事のレベルを知るためにもポートフォリオ提出を求められることが多いのです。

転職活動を始める頃には徐々にポートフォリオの準備を進めていくとよいでしょう。

グラフィックデザイナーからWebデザイナーに転職することはできる?

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーに転職することは可能です。

実際に転職する方はそれなりに多く、珍しい選択肢ではないのです。

WEBの専門知識を身につける必要はありますが、デザイン関連のスキルはグラフィックデザイナーより必要ない事が多いです。

WEBデザイナーとして新しく必要になるのは、HTMLやCSSに関する技術です。

また、紙面へのデザインと比べる自由度が低かったり、ユーザーの使いやすさを考慮したデザインが求められるといった特徴があります。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの違いは?

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いとしては、以下の違いがあります。

  • デザインする媒体が、「紙面」と「WEBサイト」という違いがある
  • デザインするという基礎は同じだが、WEBデザイナーではHTML等の技術知識を要する
  • グラフィックデザイナーよりWEBデザイナーの方が若干待遇がよく、働きやすい環境である傾向
  • WEBデザイナーの需要は将来的に更に増加する

PhotoshopやIllustratorといったソフトを使うことは共通点ですが、微妙な違いがあります。

双方の職種間で転職する方は多くいますので、検討してもよいでしょう。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーだとどちらが将来性ある?

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーでは、WEBデザイナーの方が将来性があるでしょう。

徐々に紙媒体が減ってきており、一方でWEBサイトは増加する一方です。

ある中途採用サイトで比較してもWEBデザイナーの求人数の方が多く、また待遇も良いことが多いです。

将来性だけでなく業界の違いによる好き嫌いもあると思いますので、慎重に比較する必要があるでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

グラフィックデザイナー転職なら、
レバテッククリエイター」がおすすめです。
レバテッククリエイターは最も多くの求人をもっています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載