所要時間は1時間30分!派遣登録会の所要時間と時間を短くするコツ

パーソルテンプスタッフ株式会社に約6年在籍し、現在は派遣会社「株式会社アドバンスフロー」の代表取締役。
のべ約2,000名もの転職支援を行い、求職者が希望する仕事を得られるよう尽力。人材6年の経験から「派遣はしっかりとした情報が得られれば得られるほど、理想の職場を見つけられる」と確信し、多くの人が情報を得られるよう、記事の監修も行う。

「派遣の登録会ってどれくらい時間かかる?」と今、不安に思っていませんか?
初めて登録会に参加する方は「何をするのか」「何時間かかるのか」といったことが分かりませんよね。

そこでこの記事では、「派遣会社の登録会にどれくらいの時間がかかるのか」、そして「登録会では何をするのか」をご説明します。

登録会の所要時間が気になっている方の中には、

  • 「登録会の前後に予定を入れたい」
  • 「自宅が遠いから、複数の登録会に何回も外出するのはちょっと面倒」

と思っているかもしれません。

そんな方におすすめしたい「登録会の時間を短縮するコツ」や「1日で3~4社の派遣会社に登録できるコツ」もご紹介します。

この記事を読む方が、登録会に参加する1日の予定をしっかり決めることができ、スムーズに派遣登録を行えるようにお役に立てれば幸いです。

最初にチェック!おすすめ派遣会社

事務ほか幅広くおすすめ テンプスタッフロゴ
公式サイトへ
事務系求人国内トップクラス!
事務以外の職種も豊富に取り揃え
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る
事務におすすめ スタッフサービスロゴ
公式サイトへ
事務・オフィスワーク系に強い!
大手企業で就業できるチャンスも
約2分で登録完了!
公式サイトで詳細を見る

<PR>

登録会の平均的な所要時間は1時間30分

登録会の平均的な所要時間は1時間30分

派遣会社の登録会の平均的な所要時間は、1時間30分前後です。派遣会社によっても差があります。

大手総合人材派遣会社について見てみると、

  • スタッフサービス…約1時間30分
  • テンプスタッフ…1時間~1時間30分程度
  • パソナ…2時間程度
  • リクルートスタッフィング…1時間30分~2時間程度
とばらつきがあります。(※各派遣会社のホームページを参照しています。)

登録会の平均的な所要時間は1時間30分程度ですが、前後に予定を組むなら、最低でも2時間、余裕をみるなら2時間30分はかかると見込んでおくといいでしょう。

ここからは、登録会の流れや時間配分について、より詳しくご紹介します。

登録会の流れと時間配分の詳細

登録会の流れや時間配分も派遣会社により違いがありますが、一般的な流れは下記のようなものです。

派遣会社の登録会の流れ
  1. 派遣システムの説明(10分)
  2. 登録シートの入力・確認(20~30分)
  3. スキルチェック(30分)
  4. 面談(30分)
スムーズに進めば1時間30分程度で終わりますが、注意しておくポイントが2つあります。

1つ目は、登録会には自分以外の方も参加するということです。参加人数が多いと待ち時間が長くなるため、所要時間は長くなります。

2つ目は、面談のあとに仕事の紹介をうける場合があることです。登録者にぴったりな仕事があれば、派遣会社が登録会で紹介することもあります。その場合、仕事の詳細について説明を受けるために面談が長くなり、所要時間が長くなります。

この2つの注意点があるため、登録会の所要時間は2時間以上を見込んでおくほうがいいのです。

関連記事
自分の力量が計られる「スキルチェック」を上手く乗り切るために、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

派遣会社の登録会で行う「スキルチェック」は何をテストされる?【エクセルなどの出題内容例あり】

少しでも時間短縮するために

派遣会社の登録会を時間短縮するためのアドバイスをする男性

1社の派遣会社に登録するだけで2時間かかるなら、3社に登録するためには登録会だけで6時間必要になります。

できるだけ所要時間は短くしたいですよね?

ここでは、自分でできる「登録会の時間を短縮するコツ」をご紹介します。

1.経歴や就業条件を整理しておこう

登録シートの入力の時間を短縮するために、就業条件や経歴を事前に整理しておきましょう。

登録会では、自分のプロフィールや職務経歴、希望の職種や就業条件を「登録シート」に入力します

この入力時間を短縮するために、自分の経歴や希望する就業条件を事前に整理しておきましょう。

登録会当日は履歴書や職務経歴書を持参できますので、事前に作っておけばそれを見ながら簡単に入力できます。

2.オンラインでの事前入力をしておこう

登録シートを事前にオンライン入力できる派遣会社なら、より時間短縮できます。

大手の派遣会社の多くは事前にオンラインでプロフィールなどの登録をすることができます。先ほど登録会の所要時間をご紹介した4社も、事前にプロフィールの入力が可能です。

事前に入力しておけば、当日の時間を短縮できるだけでなく、内容をしっかり確認できるので、「書き忘れた!」ということもなくなります。

1日で複数の派遣会社にまとめて登録するために

1日で複数の派遣会社にまとめて登録しようと考える女性

派遣で働くなら3社以上の登録がベストです。

しかし派遣会社によっては、登録センターをおいていない都道府県もあります。自分が住んでいる地域の近隣に登録センターがない場合、遠くのセンターに行かなければなりません。

遠いところに何度も通うのは大変ですから、できれば1日で複数の派遣会社に一気に登録したいもの。

そこで、3社以上の派遣会社に一気に登録しやすくするためのする方法をご紹介します。

「派遣ビル」を見つけよう!

派遣会社が多数入居する「派遣ビル」を見つけると移動が少なくなって楽に登録できます。

実は、同じビルに複数の派遣会社が入居しているというところは結構多くあります。いい派遣スタッフを見つけやすい好立地の場所は限定されてしまうからです。

そこで、派遣会社が多数入居する「派遣ビル」を見つけると、派遣会社から派遣会社へ移動する時間を一気に短縮することができ、そのビル内を移動するだけで複数社への登録が可能になるのです。

例えば、北海道・札幌の場合、札幌駅直結の「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」には、

  • スタッフサービス
  • テンプスタッフ
  • アデコ
  • パソナ
などの派遣会社が入っており、この1ビルにだけで4社の登録ができます。

その他、主な都市では、下記のような「派遣ビル」があります。

都市名 ビル名 主な派遣会社
大阪 梅田阪急ビルオフィスタワー
  • スタッフサービス
  • リクルートスタッフィング
  • テンプスタッフ
仙台 AER(アエル)ビル
  • スタッフサービス
  • アデコ
仙台 仙台マークワン
  • テンプスタッフ
  • パソナ
名古屋 大名古屋ビルヂング
  • スタッフサービス
  • テンプスタッフ
名古屋 JRセントラルタワーズ
  • リクルートスタッフィング
  • パソナ
福岡 アクロス福岡
  • スタッフサービス
  • リクルートスタッフィング
  • テンプスタッフ
  • アデコ

派遣ビルが複数存在する都市では、ビル同士がそれほど離れていないということもめずらしくありません。

派遣ビルの位置関係を調べて、うまくスケジューリングすれば、複数の派遣ビルを行き来して1日に4社登録するといったことも難しくありません。

派遣会社の登録におすすめは通称【派遣ビル】を探せ!!!

オンライン登録ってどうなの?

派遣会社のオンライン登録を行う女性

最近、派遣会社では登録会への参加が不要になる「オンライン登録」という仕組みが登場しています。

とても便利なシステムですが、「登録会で2時間もかかるものをオンラインだけで済ませられるの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、オンライン登録は登録時は楽に感じるのですが、後々面倒なシステムなのです。

ここでは、その面倒な理由をご紹介します。

オンライン登録が面倒な理由

オンライン登録では自宅にいながら20~30分で登録することができます。しかし実際には、後日派遣会社に出向く必要があるのです。

派遣会社にとっては、登録者が本当に紹介できる人かどうか見極める必要があります。そのため、対面で面談を求めるのです。

派遣会社の拠点がない地域の仕事を、その地元の人に紹介するようなケースは、そうした面談がないこもとあります。それ以外は基本的に、派遣会社を訪問して面談を受けることになると思ったほうがいいでしょう。

オンラインより登録会が絶対良い

ちょっと遠くても派遣会社に出向いて登録するほうが絶対にいい仕事が見つかります。
派遣会社の登録会は、自分をアピールする場所であり、就職活動に関する情報を得られる機会でもあります。

派遣会社の社員やコーディネーターは、その地域の就職活動の情報をよく把握しています。そのため、

  • 希望する職種の求人はあるのか?
  • この業種はどのようなスキルが必要か
といった情報についても精通しており、登録者はそうしたことを聞くことができるのです。それまで1人で考えて動いていた就職活動に、強い味方ができると考えるといいでしょう。

そうしたことから、派遣会社の登録会に行くほうが自分にぴったりな仕事を紹介してもらえるチャンスが増えるのです。ちょっと遠くても、登録会に参加したほうが、いい仕事をみつけやすくなるでしょう。

派遣登録会は何分前に行けばいいの?

派遣登録会は何分前に行けばいいの?

派遣登録会の会場には、予約時刻の5分から10分前に到着するように準備しましょう。

派遣会社は、派遣登録会で登録希望者を細かくチェックしますが、チェックは会場に到着したときからスタートしています。到着が早すぎる、反対にギリギリに到着する、あるいは遅刻するといったことがあると、「時間管理ができない」と思われてしまいます。

会場の近くには早めに到着しておき、開始時間近くまでほかの場所で待機するなどして、早めに行動するほうがいいでしょう。

派遣登録会のキャンセルはいつまで? ドタキャン・遅刻したらどうなる?

派遣登録会をキャンセルしなければならない場合は、決まった段階ですぐに連絡しましょう。

丁重に対応すれば、派遣登録会をキャンセルしてもそれほど問題はありません。派遣会社へのキャンセルの連絡はメールでも可能ですが、前日・当日など間近のキャンセルは特に、電話で連絡すべきです。

これは遅刻でも同じです。電車が遅れたなどの理由で開始時間に間に合わない状況になったら、まずは電話で派遣会社に連絡し、指示を仰ぎましょう。

連絡せずに遅刻・キャンセルするのは、絶対にNGです。

一切連絡せずに遅刻やキャンセルをした場合、派遣登録会に再度申し込んでも登録できないか、登録できたとしても仕事を紹介されないといったことになりかねません。

派遣会社に登録だけして就業しなくてもいいの?

派遣会社に登録だけして、就業しなくてもOKです。

「派遣会社に登録したけど、結果的に一度も就業しなかった」という方は意外と多いです。

派遣会社に登録すると、仕事探しの幅が広がるため、「良い仕事があれば派遣として働きたい!」と考えが少しでもある方には、派遣会社への登録をおすすめします。

また、派遣会社は3社以上登録するのが当たり前です。派遣会社側もそれを分かっているため、登録だけで就業されないことも慣れています。だから気にせずにどんどん登録しましょう。

▼関連記事▼
>>派遣は登録だけして働かない人多数! それでも登録すべき3つのメリット

派遣会社の登録会の面談で聞かれることはどんなこと?

派遣会社の登録会の面談で聞かれることは、大きく分けて以下の3つあります。

  1. 希望職種とその理由
  2. これまでの職歴について
  3. 仕事の希望条件と希望就業期間

ここでは、それぞれの理由ごとに細かく解説をしていきます。

1.希望職種とその理由

まず、必ず派遣登録に来た方がどんなお仕事を希望しているのか聞かれます。

そして、なぜその職種を希望するのかという点も確認されます。

ここでいう、職種については、営業(外回り・インサイドセールス)、事務、コールセンターなど大まかなカテゴリーを指します。

職種をより具体的に絞り過ぎると紹介される件数に影響が出るので、大まかに指定して紹介された中から選んで応募するとベストです。

また、お仕事を希望する理由については、正社員の志望動機の様に作り込む必要はありません。

派遣会社は紹介する仕事を真面目にきちんと対応してくれる人を求めています。理由については深く問いません。

「これまでの経験やスキルを活かしたい」「これから派遣の仕事を通して、こういう経験やスキルを身に付けたい」という内容で問題ないです。

2.これまでの職歴について

派遣登録の際に提出するプロフィールに基づいて、登録面接では職歴を聞かれます。

その意図は主に以下の2つです。

①紹介できる仕事の幅が広げられるか、仕事に活かせる経験がないか確認している
自分がこれまでにどんな業務を経験したか丁寧に伝えると、経験者募集の高時給のお仕事や、沢山の仕事を紹介される可能性が高くなります。
②経験社数が多い、または期間が短い場合に、退職の理由を確認している
すぐに仕事を辞めるのではないかという点を懸念して質問しています。もし、社数が多かったり期間が短い職歴がある場合は、前向きな退職理由(スキルアップのため・自分のキャリアプランや目標のため)を伝えましょう。

3.仕事の希望条件と希望就業期間

3つめは、週何日勤務できるのか・1日何時間勤務希望なのか・時給はいくら以上なのか・土日休み希望なのかなどの就業条件と就業期間の希望を聞かれます。

また、紹介された仕事はどれくらいの期間(短期なのか、6か月なのか、1年なのか等)勤務しようと考えているのかもチェックされます。

就業条件については、あまり細かく希望を出し過ぎると、紹介される仕事の数に影響します。絶対に譲れない条件を除いては妥協することをお勧めします。

ただ就業期間については、派遣先企業や派遣会社と後々トラブルになるリスクもあるので、無理せず希望を伝えましょう。

そもそも派遣会社の登録会とは?

派遣会社へ登録すると、登録スタッフは登録会に参加するよう促されます。

派遣会社の登録会の目的は、

  • 登録スタッフの希望職種や希望給与などを確認する
  • 派遣先の企業へ紹介しても問題ない人材か、直接見て、人柄や雰囲気などを確認して見極める
  • 派遣先の企業へ紹介しても問題な人材か、スキルテスト(入力テスト・MOSテストなど各派遣会社で異なる)で確認して見極める

一方で登録スタッフは登録会の目的は、

  • 希望条件を伝えて、条件にマッチする求人を紹介してもらう
  • 就業地域の雇用状況を聞き、転職活動に生かしていく

登録会は、双方の目的を果たせる有効的な場であることは間違いありませんが、
派遣会社が登録スタッフを、各企業へ紹介できる人材か見極める場であることを忘れてはいけません。

髪の毛が派手で、髭を多くはやして登録会に参加すれば「この人材を紹介しても大丈夫だろうか」と、派遣会社は不安を覚えるのは間違いありません。

MEMO
派遣登録会にどのような服装で行けばよいか、以下に紹介していく内容を先にお伝えします。

まずは派遣会社にどのような服装でいけばよいか事前に確認する。
「どのような服装で行けばいいでしょうか?」と確認すれば、派遣会社きちんと教えてくれます。
とはいえ、もし「何でもいいですよ」といわれてもその言葉を鵜呑みにしてはいけません。派遣会社はあなたを紹介できる人材か見極めています。
オフィスワーク系であれば、オフィスカジュアルもしくはスーツがオススメです。就業先企業に良い印象を与える服装で行けることを証明できます。

製造業や、短期・単発バイト系であれば、服装については差ほど重要視されません。しかしながら華美な服装で行って良い印象を与えることはありませんから、清潔感ある服装でいきましょう。

>>【派遣のプロが語る】初めての派遣登録の流れ|派遣会社選びから登録会までの詳しい流れが一気にわかる

派遣の登録会で落ちる可能性はある?

派遣の登録会で落ちる可能性はあります。

「派遣の登録会で落ちる」とは、派遣会社への正式登録を断られることを指します。

一般的には派遣会社の登録会で登録を断られる可能性は低いですが、下記のような理由に該当する方は、派遣会社の面談担当者から「この方にお仕事を紹介するのは難しい」と判断され、派遣登録を断られる可能性があります。

  1. 登録希望者のスキルや職歴に対して希望条件がかけ離れている場合
  2. これまでの職歴や退職理由に問題がある場合
  3. 社会人としてのマナーや言動に問題がある場合
  4. コミュニケーション能力が著しく欠如していると判断された場合

登録希望者のスキルや職歴に対して希望条件がかけ離れている場合

例えば、登録会の面談の際、事務職未経験の方が「事務職で高時給の求人のみを希望する」といった条件を出し、「他の職種の紹介や、時給が低い事務の求人の紹介は一切受け付けない」という姿勢を見せる場合、派遣会社への正式登録を断られる可能性があります。

また、希望する条件が10個以上あるなど希望条件が細かすぎる方や、派遣会社の提案に対して否定的な発言が多い方は、この先お仕事を紹介しても派遣会社や派遣先企業に対してクレームをつける可能性があるのではないかと判断される場合もあります。

ただし、派遣登録時に勤務条件として「土日休み希望」「時短勤務希望」「〇〇職希望」といった、ご自身の希望を提出することは全く問題はありませんのでご安心ください。

これまでの経歴や退職理由に問題がある場合

派遣会社の登録会では、これまでの経歴や退職理由について確認する中で、職歴や退職理由に問題があると判断された場合、派遣会社にとって「仕事でトラブルを起こす可能性が高い」と判断され登録を断られる可能性があります。

具体的には、下記のような経験がある場合、派遣会社への登録を断られる可能性があります。

  • 不祥事を起こし解雇された場合
  • 無断欠勤などの理由によって解雇された場合
  • 他の派遣会社に登録し、仕事をドタキャンした経験がある場合

社会人としてのマナー、言動、服装などに問題がある場合

派遣会社の登録会では、登録希望者の言動や服装、身なりなどを確認します。

社会人としての基本的なマナーが身に付いていない方は、派遣スタッフとして就業させても派遣先企業から苦情がくる可能性があるため「紹介できる仕事が少ない」と判断され、登録を断られる場合があります。

具体的には、下記のような点に問題がある場合は、登録が断られる可能性があります。

  • ビジネスマナー・挨拶・礼儀などの基本が出来ていない
  • 敬語が一切使えない
  • 服装がだらしない
  • 髪色やアクセサリーが派手
  • 入れ墨やタトゥーなどが目に入る箇所に入っている場合

コミュニケーション能力が著しく欠如していると判断された場合

派遣会社の登録会の面談の中で、コミュニケーション能力が著しく欠如していると判断された場合、派遣スタッフとして派遣先企業で就業すると、トラブルやミスを起こす可能性が高いとは判断され、派遣登録を断られる可能性があります。

具体的には下記のような点に問題があると判断された場合、登録が断られる可能性があります。

  • 会話のキャッチボールができない
  • 意思の疎通が図れない
  • 敬語を正しく使用することができない

派遣登録会に行くなら自然な髪色にしないとダメ?

派遣登録会に参加するならば、自然な髪色にしておいた方がいいです。

なぜなら、派遣登録会では身だしなみも見られるからです。

派遣社員は派遣会社の雇用のもとで派遣先企業で勤務します。そのため派遣会社は派遣社員を選考することができます。

派遣会社は派遣先企業によりよい社員を紹介できるよう選考をするため、書類で分からない部分を派遣登録会で見られると考えて対応した方がいいです。

まとめ:コツをおさえて気軽に登録会へ行こう!

コツをおさえて気軽に派遣会社の登録会へ行こうと意気込む女性

いかがでしたか?

この記事をまとめると派遣会社の登録会の所要時間は、

  • 派遣会社の登録会の平均的な所要時間は約1時間30分
  • 事前入力で時間短縮も可能
です。
時間はかかりますが、絶対に登録会に参加するほうがいい仕事を見つけるチャンスが広がります。

また、派遣会社に登録するなら3社以上が基本です。より効率的に登録するために、

  • 派遣ビルを見つけて、1日でまとめて登録
がおすすめです。

派遣会社の拠点から遠方にお住まいの方にとっては、登録会への参加は負担の大きいものです。しかし、いい仕事を見つけるためには必要なプロセスと考え、効率的に登録し、いい仕事を見つけてくださいね。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社を探すなら、まずは「スタッフサービス」に登録することをおすすめします。

PR

関連記事
▽派遣会社は何社登録しましたか?いい求人に会うためには、少なくても3社以上登録しましょう!追加登録におすすめの派遣会社はこちらから

求人数No1の派遣会社はどこ?【12月更新】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社】が評判や口コミも紹介します!

▽派遣登録について、疑問や不安に感じることはありませんか?こちらの記事で、派遣登録について詳しく解説しています。

初めての派遣登録の流れ【派遣のプロが語る】初めての派遣登録の流れ|派遣会社選びから登録会までの詳しい流れが一気にわかる