【転職のプロが教える】20代でIT転職を成功させるには?注意するポイントを解説!

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「20代でのIT転職は難しい?」
「20代で転職活動をどのように進めたら良いかわからない」

20代のIT転職について悩んでいませんか?

20代は経験が浅い分、自分のスキルやキャリアの積み方に不安を感じる人も多いでしょう。

この記事では20代でIT転職する際のポイントや企業選びのコツを解説します。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

20代はIT転職しやすい?

20代はIT転職しやすい年代と言えます。

現在IT企業は人手不足が続いており、スキルだけでなくポテンシャルも重視して採用活動を行っています。

特にIT業界で経験を積んできた人なら転職しやすく、転職先の選択肢も多いです。

20代で転職を検討している人は、早めに情報収集や自分の経験をまとめておくとチャンスを逃さずに転職成功へと繋がるでしょう。

IT未経験の20代はIT転職できる?

IT企業はポテンシャル重視の採用も行っているため、業界職種未経験でもIT転職できるチャンスがあります。

特に20代は一般的に新しい知識のキャッチアップが早く、その後の就業可能年数が長いことから、ポテンシャル重視の採用では年齢が強みになります。

しかしながら、未経験OKの求人だからといって事前準備なく入社することはリスクもあるため、しっかりと業界研究やITの基礎知識の勉強を進めましょう。

20代エンジニアが転職を成功させるポイントは?

20代エンジニアが転職を成功させるポイントとして、以下3つをご紹介します。

  1. 転職の目的を明確にする
  2. 長期的なキャリアプランを考える
  3. 転職エージェントを活用する

20代エンジニアは経験を活かした転職がしやすいですが、条件の良い求人に飛びついてしまうと後悔することもあります。

転職はその後の生活やキャリアに大きな影響を与えるため、慎重に準備を進めましょう。

1.転職の目的を明確にする

まずは自分が「なぜ転職したいか」を明確にしましょう。

何となく条件の良い企業へ転職してしまうと、入社してから「希望する経験が積めない」「職場環境が合わない」「給与が長期的に上がらない」など不満が出てくるケースもあります。

現状の何を変えたいかをしっかりと考え、理由を明確にしておくことで、転職活動の軸が見えてくるでしょう。

2.長期的なキャリアプランを考える

短期的な転職を繰り返さないよう、長期的なキャリアプランを考えておくことも大切です。

IT企業にはそれぞれ得意な領域があり、所属する企業によってどのような経験を積めるかが変わってきます。

自分が興味のある分野でスキルを伸ばし、それを評価される制度が整っているかを確認し、長くその企業で活躍できるかイメージしてみましょう。

3.転職エージェントを活用する

20代で経験が浅く、転職活動の進め方に迷う場合には、転職エージェントを活用しましょう。

キャリアの相談や転職活動の進め方、企業選びなど様々な面でサポートが受けられます。転職エージェントのアドバイス通りに動く必要はない為、一意見として参考にしながら、自分の軸を持って活動すると、満足のいく転職活動を進められます。

20代の若手のサポートに力を入れている転職エージェントもあるため、2,3社登録して相性の良いエージェントを選ぶのがポイントです。

20代エンジニアが転職先を選ぶ際の確認ポイントとは?

20代エンジニアが転職先として企業を選ぶ際のポイントとして、以下3つが挙げられます。

  1. 希望するキャリアが実現できるか
  2. 企業の強みと将来性
  3. キャリア支援の制度があるか

20代は定年までの期間が長い分、長期的に活躍できる企業かを見極めることが大切です。

転職先を選ぶ際に確認すべき3つのポイントを解説します。

1.希望するキャリアが実現できるか

ITにはアプリケーション、ネットワーク、サーバー、データベースなど多くの技術が関わっており、どの分野で経験を積みたいのかで選ぶ企業が変わります。

また、「マネジメントを目指すのか」「技術のスペシャリストを目指すのか」でも必要な経験や知識が変わるため、自分の目指すキャリアが実現できる企業なのかを見極めることが大切です。

中には年齢が上がるとマネジメントへ進む選択肢しかない企業などもあるため、その企業で長く働いているエンジニアがどのようなキャリアを積んでいるのか実績を確認すると良いでしょう。

2.企業の強みと将来性

企業がどのような点に強みを持っているのか、技術の進化に合わせて柔軟に対応できる体質なのかを見極めることで、企業の安定性が見えてきます。

IT技術は日々進化しており、市場に必要とされる技術や製品を持っていなければ、徐々にクライアントに選ばれなくなってしまいます。

企業の強みは企業のホームページでや企業の担当者から情報収集できますが、業界分析の書籍や転職エージェントなど第三者の意見を聞くことも大切です。

3.キャリア支援の制度があるか

20代若手にとって、自己学習でスキルを伸ばすことも大切ですが、企業の支援があるとより効率的にスキルアップをすることができます。

エンジニアのスキルアップは企業の財産にもあるため、社内で講習会を行ったり、外部の教育を受ける補助制度があったりとキャリア支援制度が整っているIT企業は多いです。

事前にどのような制度があるかをチェックしておきましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

20代はIT転職しやすい年代です。

選択肢も多いですが、安易に転職先を選ばずに、自分のキャリアや働く上で大切にしたいポイントを考え、慎重に転職活動を進めましょう。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。