【転職のプロが教える】IT転職での志望動機はどう作ればいいの?職種別例文もあり

記事執筆者
IT系派遣会社勤務 S.T

某大手派遣会社で、IT系派遣の分野に精通したスペシャリストとして活躍中
※個人情報保護のため、イニシャルも仮名を使用しています

「IT転職の志望動機はどう作ればいいの?」

と思っていませんか。

この記事では、IT転職の志望動機を作るために必要なポイントや職種別の例文をご紹介しています。

志望動機は転職するために必要不可欠なものです。この記事が少しでもあなたの転職活動に役立てば幸いです。

どうやってIT転職の志望動機は作ればいいの?

IT転職の志望動機を作るために大切な点として、以下3つのポイントを紹介します。

  1. 志望企業について知る
  2. 職種(ポジション)について知る
  3. 活かせるスキル・身につけたいスキルについて整理する

志望動機は、履歴書にも記載する必要があり、さらに面接でも聞かれる項目であるためしっかりと作ることが大切です。

入社をしたら自社のサービスを開発したり販売したりすることから、まずは志望企業への理解を欠かすことはできません。また職種(ポジション)によっても活かせる経験も変わってきますので、実際に調べてみましょう。

イメージがつかない場合は、ホームページの社員紹介などの記事を読むことでイメージしやすくなるためチェックしてみてください。未経験の場合は、勉強している姿勢や意欲を伝えることが大切です。

IT転職の志望動機の例文はどんな内容があるの?

同じIT転職であっても、企業や職種、経験によって志望動機は異なります。

ここからは「プログラマー方向け」と「営業職向け」の志望動機例文を紹介します。

プログラマー向け志望動機例文

貴社のサービス開発を通して、お客様の生産性向上支援をしていきたいです。

前職でIT業界向けのエンジニア人材営業を経験しているなかで、自分が作ったサービスをお客様に使っていただき支援ができるエンジニアの仕事に魅力を感じました。

プログラマーとしては未経験になりますが、現在はプログラミングスクールに通いJavaを学んでいます。貴社のプログラマーとしてユーザーにとって使いやすいサービスを開発して、貴社の「企業理念」を実現できるように尽力して参ります。

営業職向け志望動機例文

貴社を志望した理由は、貴社のサービスを通して、地域の人々が暮らしやすい街づくりをしていきたいからです。

貴社のサービスは◯◯に特化したサービスのため、◯◯の業務効率化をできるのでお客様の暮らしが豊かになると考えています。

私の強みである課題解決力を活かし、貴社の営業職としてお客様の課題発見、提案をしてお客様の課題解決をしていきたいです。

IT業界への転職はできるの?

IT業界は、人手不足で売り手市場になっており未経験であっても転職できる可能性は高いです。

大手人材サービスdoda調べによると、2021年5月の業界別・職種別転職求人倍率は、全体の転職求人倍率が1.85倍に対してIT・通信業界は、5.63倍と大変高い数字となっています。

業界別転職求人倍率

業界別転職求人倍率
画像引用元:doda公式サイト転職求人倍率レポート(2021年5月)

年齢制限がある企業もありますが、未経験可でも応募ができる求人数が多い業界です。

未経験でIT業界へ転職する職種はどの職種が人気?

未経験でIT業界へ転職する際におすすめ職種について紹介します。

技術系
具体的な職種名:ITサポート事務・ヘルプデスク・Webデザイナー・プログラマー
スクールに通学や独学で勉強することをおすすめします。
営業系
具体的な職種名:インサイドセールス・カスタマーサクセス・ITコンサルタント
今までの接客経験や営業経験が活かせます。インサイドセールス・カスタマーサクセスはSaaS業界で需要が高まっています。

ご紹介した職種はそれぞれ、未経験でも応募可能なことが多くIT転職におすすめの職種です。

まとめ

この記事をまとめると、

IT転職の志望動機を作る際は、まずはIT業界や職種を調べてみましょう。

しっかりと調べずに転職すると、当初に想像していた内容とGAPがあって入社後に苦労してしまう可能性もあります。

またIT業界は変化が激しい業界で、今後も新しい職種が生まれることもあります。未経験でも経験者でも大いにチャンスがある業界ですので、ぜひチャレンジをしてみてください。

今回の記事が少しでもお役立ちできたら嬉しく思います。