派遣の経理の給与をズバリ教えて!年収にするとどれくらい?

「派遣で経理業務として働いた場合、年収はどのくらいになるの?」と思ってませんか?

正社員で経理を16年経験した私。同じフロアにいた経理の派遣社員さんからぶっちゃけ給与話しを聞いたこともあります!

おまけに上司から「派遣社員を採用したいけど、部門予算に余裕はある?派遣社員に1ヶ月××万円支給できるかな?」なんて相談を受けたことも・・・。

そこでズバリ!経理の派遣社員の平均給与を詳しくご紹介します!お金がなければ何もできない世の中。皆さんも派遣でいくらもらえるかにすごく興味があると思います。「派遣は時給がいいよ!」「派遣ってボーナスないんでしょ?」こんな噂も気になるところです。

この記事を最後まで読むと、派遣社員で経理の仕事をした場合のお給料や年収が分かるだけでなく、派遣社員の給与の中身を一気に理解できます。実はこれこそ皆さんが一番知りたいところではないでしょうか。給与をアップさせて自分の夢を実現させるためにも、ぜひじっくり読んでみてください。

この記事では

  • ズバリ!経理の派遣社員の給与と手取り額
  • 気になる!経理の派遣社員の年収
  • 派遣社員にはボーナスは出るのか?
  • 経理の派遣社員の給与をアップさせるポイント

など、気になることを1つ1つくわしくご紹介します。

派遣社員になって経理の仕事をゲットできれば、今の仕事よりグッとお給料が上がるかも?!そう思っている皆さんにとって、この記事は有益となるはず。この記事が仕事を変えて今の生活も変えてみようと思うきっかけになると嬉しいです。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で7年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください!必ず回答しますね。

またこの記事の「よかった点」や「悪かった点」ありましたら、ひと言いただけると嬉しいです。わたしたち"#就職しよう編集部"の励みになります!

ズバリ!経理の派遣社員の給与と手取り額

OA機器操作がメインとなる派遣の経理の平均時給はズバリ1200円~1500円です。時給は勤務地や会社の業種によって多少の差があります。また、派遣社員として何の業務を行うかによっても時給が変わってくるので参考にしてみましょう。

職種別の平均時給では、OA機器操作は約1,200~1,500円、電話での商品説明や顧客サポートなどをおこなうテレマーケティングは約1,100~1,300円、受付・案内などの業務は約1,000~1,300円となっています。そのほか秘書などは1,400~1,500円、クリエイティブ系の広告デザインや出版関連の制作・編集も1,400~1,500円程度です。
引用元:スタッフサービス

派遣経理の時給1500円を1ヶ月の給与に置き換えると約23万円。「おーっ!23万!」「え~、23万・・・」今の皆さんにとって高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思います。

もちろん、派遣の経理の仕事にはさまざまな時給があります。ここでは平均的な時給で働くと仮定して、約23万円前後もらえると考えておくと話が早くなります。

【派遣社員の給与計算方法】

  • 残業なし、1ヶ月の実働日数22日(土日休み)
  • 勤務時間9:00~17:00
  • 1日:1,500円×7時間=10,500円
  • 1ヶ月:10,500×22日=231,000円

但し、この23万円はあくまでも支給額。手取り額はここから下記に記載した社会保険料の1~5を差し引いた額です。というのも、派遣社員は社会保障制度が受けられないと勘違いする人がすごく多い!今の世の中ほとんどの派遣会社が社会保険に加入しているので、派遣会社から給与天引きで社会保険料が差し引かれてしっかり社会保障を受けられます!

【社会保険料の内容】

  1. 被用者保険(健康保険)
  2. 厚生年金保険
  3. 介護保険
  4. 雇用保険
  5. 労災保険

社会保険料の額は給与によって異なりますが、給与が23万円の場合に差し引かれる社会保険料1~5の合計は約4万円前後。この場合の手取り額は19万円前後と考えておけばバッチリですね。

派遣に家族手当・住居手当・交通費は支給される?

派遣社員には家族手当と住居手当が支給されないという点も理解しておきましょう。但し、交通費はきちんと支給されます、ご安心を。

「家族手当」と「住居手当」は正社員で家族がある人に対し支給されるもの。(中には家族手当と住居手当がない会社もあります。)金額は会社によって異なりますが、配偶者に対しては10,000~15,000円前後、子ども1人に対しては5,000円程度が平均金額です。

住居手当は正社員の家賃や住宅ローンを補う手当。こちらも会社によって支給額はまちまちですが、1万円~2万円が相場です。しかし、残念ながら派遣社員にはどちらの手当もなし・・・。

正社員は長く会社に腰を据えるため、最後までしっかり働いてもらいたい会社側は生活を支えようと考えます。しかし、派遣社員で最後まで腰を据える人はあまりいないのが現実。定期的に入れ替わる人材に対し、派遣会社側としてもそこまでの下支えをする必要がないと考えているのです。ここはなんとなく納得できますよね。

派遣会社は企業からもらうお金のうち派遣社員にいくら入る?

派遣社員がもらうお金は、企業が派遣会社に払うお金の60%~70%!残りは派遣会社がマージンとして受け取っています。派遣社員の時給や1ヶ月の給与がわかると「このお金って企業からもらうお金の全てじゃないよね?」という疑問が沸くため、給与やマージンの関係も理解しておくといいですよ。

例えば、派遣経理を雇いたい企業が派遣会社に対し「時給3000円払うから良い人材を!」と要望したとします。この場合に派遣会社が取るマージンは約1000円。残りの2000円が派遣社員の給与です。企業が自分に対して出している総額が分かりると「本当の自分はもっと高いお金で雇われてる」と思えるもの。これって意外と大事です。

気になる!経理の派遣社員の年収

平均時給の1500円で派遣として経理の仕事をした場合、年収はズバリ約277万円!です。1ヶ月の給与が約23万円ですから、これを12ヶ月間もらえば277万円ですね。計算は簡単です。

では、時給が300円高い1800円で派遣社員として働いた場合の年収はどうなるでしょうか?実はこの300円の差が大きいからびっくり!怖いけど計算してみましょう。

  • 1日給与:1,800円×7時間=12,600円
  • 1ヶ月給与:12,600円×22日=277,000円(土日休みの場合)
  • 年収:227,000×12ヶ月=3,326,400円(!!!)

時給が300円上がると、年収が約330万円までアップ!これはすごい。その差はなんと約55万円!時給の差ってバカにできないですね。少しでも時給が高い仕事を探す人が多いのはここに理由があるんです。この金額差を覚えておくと、求人を選ぶ際の参考になりますよ。

派遣社員にはボーナスは出るのか?

ここで気になるのがボーナスですが、派遣社員にはボーナスが支給されません。涙。まれにボーナスが支給される派遣の仕事もあるようですが、通常はまず支給されないので肝に銘じておきましょう。

派遣社員にボーナスがない理由

派遣会社は多くの人材をいろいろな会社に派遣しますが、派遣社員それぞれの勤務先も業務内容も違うので一律にボーナスを出せないのが現状。本来、ボーナスは従業員に「支給」されるものではなく、一丸となって頑張った従業員を評価して会社側が「褒美」として与えるものなんです。

今こそ中小企業でもボーナスを出す会社が増えていますが、元々は大企業や公務員などの勝ち組と言われる人達がもらってきたお金。これもボーナスがない理由の1つです。派遣会社では当初からボーナスを採用していないんですね・・・。涙。

ボーナスがないと、損?

派遣は年2回のボーナスが支給されませんが、ボーナス分を毎月の給与に上乗せする形で時給を高めに設定しています。「ボーナスがないの?派遣社員って損?」と思うかもしれませんが、そんなことなないのでご安心を!

例えば、事務のアルバイトより300円受給が高い派遣経理の仕事をしたとします。この場合の年収はアルバイトに比べてで55万も高いんです。これがボーナスだと考えれば納得できますよね。毎月分割でボーナスをもらっていると理解しましょう。

結論!派遣社員がベストと思えればそれでいい

ここまで見てくると「やっぱり正社員のほうがたくさんもらえるんじゃない!」と思うかもしれません。しかし、派遣社員で経理の仕事をしようと思っている方は一生この仕事をしようと思っていますか?大抵の方は数年だけ派遣をしたいと思っているのではないでしょうか?

「結婚するまで少しだけ働きたい」「司法書士を取るまでの数年間だけ派遣で繋ぎたい」こんな理由で働きたい人にとって、派遣社員はうってつけ!なぜなら、そこそこの給与がもらえるのに、責任はない。基本的に残業がなしで定時にさっさと上がれる。ライフスタイルに合わせて働けるのが派遣社員のメリットです。

10年や20年も長く働くなら確かに正社員のほうがいいと言えます。しかし、数年だけ働くならわざわざ正社員になるよりも派遣社員の方が断然気楽!このメリットをどう受け取るか?が派遣社員を選ぶポイントですね。

経理の派遣社員の給与をアップさせるポイント

ここまで読んできて、「なーんだ、派遣経理ってそんなに給与が高くないじゃない!」と感じた皆さん!給与アップを狙うなら、これからご紹介するポイント実践してみてください。ぶっちゃけ難しいことかもしれませんが・・・。お給料アップってそれだけ大変なんですね。さっそく1つ1つ見ていきましょう。

派遣社員の時給が高い地域の仕事を選ぶ

経理の派遣社員の時給は都心部ほど高い!できるだけ多く給与をもらいたい人は新宿や丸の内などの都心部にあるオフィス街で派遣社員として働くとガッツリ稼げます!

例えば、丸の内の企業で時給1,700円の派遣経理を見つけた場合、1ヶ月の給与は261,800円!(1日7時間勤務、1ヶ月22日勤務、残業なしの場合)平均時給1500円の派遣経理と比べると、1ヶ月の給与にして約3万円もの差が。これを年収にして比較すると37万円アップし、年収はなんと314万円に!この差は大きいです。

都内近郊で経理の派遣を探すなら、オフィス街が立ち並ぶ地域を中心に求人を探すのが一番。この現象は東京以外の地域でも同じなので、働こうと考えている地域で一番オフィスが集中している場所を狙うのがおすすめですよ。

派遣社員の時給が高い業種の仕事を選ぶ

経理の派遣社員の中でも、銀行、証券、医療、製薬、などの業種は時給が高くなる傾向にあります。その理由はズバリ!仕事が難しいからです。なるほど~。ですね。

銀行や証券会社はお金を扱う業種。ここでで経理の仕事をするのはかなりの知識やスキルが求められます。医療や製薬の業界は人の健康や病気を扱う仕事。それだけに経理の内容が細かく難しいんです。だから慎重に仕事をこなせる人材が必要。時給を上げてでも優秀な派遣社員を雇いたいという企業側の意図なんです。

これらの業種で派遣社員の経理として働く場合、会社によっては1,800円~2,000円の時給を出すことも!銀行で働いたことがある、病院で事務をしていた、こんな経験がある人はこれらの業界の派遣社員の経理としてすんなり仕事に馴染める可能性があります。求人を見るときに業種をよく確認しながら探してみてくださいね。

資格があるならプラスアルファがもらえる仕事を選ぶ

派遣経理の仕事をする上で、「英語が話せる」「貿易実務検定を持っている」「簿記2級を持っている」「実務経験3年以上の経歴がある」などの有利となる資格や条件を持つと、時給の高い派遣の経理の仕事に採用される可能性が。時給の相場は1800円前後ですが、会社によっては2000円を超えることも!

専門スキルを要するものを見てみると、語学力や速記符合などの経験や知識が必要とされる通訳・翻訳・速記は1,700~1,800円、特殊な業界知識と高いビジネススキルを要する金融商品の営業は1,700~1,900円、さらに専門性の高いソフトウェア開発となると2,000円以上になります。

引用元:スタッフサービス

海外と取引が多い会社にとっては、英語が堪能な経理担当がとても重要です。英文で文書や計算表を作ったり、取引先との英文メールを交わしたり、英語で電話対応をすることができる人材が来てくれれば、仕事がスムーズになり会社の業績につながるんです。

貿易実務検定とは、国際取引に関する知識を有するかどうかを評価する資格。こちらも海外と取引がある会社にとって大切な知識となるので、この資格を持っていると時給がアップ!さらに英語もできればもっと評価されて時給が上がる可能性があります。

簿記を持っていたり既に実務経験が3年以上ある場合は、すぐに経理の仕事ができると判断され、通常よりも時給が高くなる可能性が!経理未経験者を雇うと、1人前になるまでに半年以上かかりますが、資格や知識があればこの時間が不要なので即戦力になります。

資格や経験がある人はこれを生かさないともったいない!派遣の仕事を探す場合は、資格や条件の欄をしっかりチェックして時給が高い仕事を選ぶようにしましょう。

最終手段は残業で稼ぐ!

これまで紹介してきた内容に当てはまらない場合は、残業をして稼いじゃいましょう。実はこれが一番手っ取り早く給与を増やす方法だったりします。残業をする通常時給に対して2~3割時給がアップするのも見逃せないポイントです。

派遣の仕事には「残業なし」のものが多いのですが、経理の仕事はやることをやらないとどうにもならない仕事なので、他の派遣に比べて残業が多い仕事が多々あります。求人票に「残業有り」と書いてある企業に応募すれば、適度に残業をしてしっかり稼げちゃいます!

但し、ここで注意したいのが残業のしすぎという問題。ガッツリ稼ぎたいからといって残業ばかりしていると、体調を崩しますよね・・・。また、仕事ばかりで自由な時間がないのも精神面に負担となります。月に10時間残業すれば1,5万円~2万円給与がアップする、くらいの感覚がベスト!上手に残業すれば懐も暖かくなり、体調も維持できるんです。

給与に納得できたら、あとは経理の仕事を探すだけ!

派遣で経理の仕事をしたら大体どのくらいの給与がもらえる?この疑問を解消できたと思います。その金額を知って皆さんはどう思ったでしょうか?
もし「頑張ってチャレンジして給与が上がれば、色々な希望が叶うかもしれない!」と感じたなら、まずは求人票をチェックして自分に合いそうな仕事を探してみてください。

私達の生活に欠かせないお金。お金がたくさんあればできることや叶うことが増えるのは事実!そしてこれを実現させるのはあなたの勇気1つです。思い切って仕事を変えてみれば、今までにない幸せが手に入るはず。早速挑戦してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?