MRの魅力とは?文系でもMRに成れるの?


MRの魅力とは?

MRの魅力は大きく3点に分かれます。

  • 社会貢献性が高い
  • 高い給料
  • 医師のようなハイクラスの方と接する機会がある

MRが医師や薬剤師に提供するものは医薬品に関する情報です。医薬品を直接販売するわけではないので、お金を直接やり取りしません。

医薬品は病気や怪我の方の治療を手伝うもので、MRはその医薬品の効能や使い方、副作用といった情報を医師や薬剤師に提供します。言い換えると医療関係者の治療行為を手伝うお仕事ともいえます。

以上の業務内容からも非常に社会貢献性の高いお仕事です。

また、dodaの2018年の調査において、全職種の平均年収が414万円という中、MRの平均年収は709万円で、全ての職種の中で上位4番目といった平均年収を誇るお仕事となっています。
参考:「DODA」平均年収ランキング最新版

やはり、高い年収を稼げるというのはお仕事として非常に魅力があるといえます。

また、日常生活を過ごしていくなかで、医師のようなハイクラスの方々とお会いして商談するという機会はなかなかありません。しかし、MRの仕事に従事すれば医師と定期的に会い、商談をする機会を得られます。

医師に好かれた場合は、他社のMRよりも優先的に商談の機会を得られるようなこともあります。

ハイクラスの方と商談し、認められ信頼されるような機会を得られるのはあまりほかの仕事ではありません。

以上のような魅力を秘めているのがMRという職業の魅力であるといえます。

MRにどうやったらなれる?理系ではないとできない?

MRは理系でなくても成れます。

実際、現状活躍しているMRの大半は文系出身者です。多くの製薬会社ではMRの採用を積極的に行っているので、応募をすることはとても簡単です。転職エージェントや転職サイトでもMRの求人募集を数多く行っています。

MRに興味があるのであれば、転職エージェントや転職サイトを利用して探すことをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA