美容師とは?仕事内容、資格、年収、求人状況、やりがい、将来性など


美容師の仕事内容とは?

美容師の仕事内容は、顧客にカットやカラーリング、化粧などのヘアメイクを行い、容姿を美しく整えることです。

顧客の希望に沿って施術するだけでなく、髪質やライフスタイルなどを加味し、その人に似あう髪型の提案なども行います。

また、施術後の髪型の保ち方や手入れの仕方など、ヘアスタイルに関するさまざまなハウツーをレクチャーし、顧客がヘアスタイルに関し満足度の高い状態を保てるようにすることも仕事の一環です。

なお、ヘアスタイルに合わせてメイクや着付けなどを行う場合もあります。

美容師の主な就職先は?

美容師の主な就職先は美容室です。

美容室には個人経営の店舗や、いくつも支店をもつ規模の大きいチェーン系の店舗、料金が全体的にリーズナブルな低価格店など、さまざまな形態の美容室があり、自分の目指したい美容師にマッチした就職先を選択します。

また、結婚式場や美容サロン、ヘアメイク事務所など、美容院以外でヘアメイクをする機会が頻繁にあるところへの就職も可能です。
就職先が豊富で、多様な働き方ができる点が美容師の大きな特徴とも言えるでしょう。

美容師の一日は?

<美容院に勤務する美容師の一日>

10時00分 出勤
出勤したら、開店の準備を始めます。
その日の予約スケジュールを確認しながら、不足がないよう必要な道具や消耗品を揃えたり、掃除をしたりします。
スタッフが揃ったら朝礼を行い、1日の予定や連絡事項の確認などをします。
11時00分 開店
開店後は予約客やフリー客の対応をします。
顧客の要望を聞きながらどのようなヘアスタイルにしたいかカウンセリングを行った上で施術を行います。
美容師としての経験が少ないうちはアシスタントとして、シャンプーやブローなどスタイリストの補助的な業務、掃除などをメインに行います。
また、受付や会計などの事務的な仕事や、待ち時間の長い施術中に顧客にドリンクを出すなど、サービス的な業務もあります。
13時00分 昼食
昼食は顧客が途切れた時間帯にとるため、タイミングは日々変わります。
1日のスケジュールによっては、大幅に時間がずれ込むこともあります。
19時00分 閉店
店舗の閉店作業を行います。
閉店時間にまだ施術を行っている顧客がいることも多いため、全ての顧客の送り出しが終った後、本格的に閉店の作業を進めます。
閉店後はスタッフでミーティングを行い、明日のスケジュールやそのほか連絡事項の共有などが行われます。
なお、ミーティングが終わった後も、店に残り、技術的な練習をすることがあります。
21時00分 退店
身支度を整えて帰ります。最後に店舗を出る際は、店舗の施錠も行います。

美容師になるには?

美容師になるためには、国家試験である「美容師国家試験」に合格し、美容師免許を取得しなければなりません。

美容師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣又は都道府県知事の指定した美容学校(養成施設)を昼・夜部は2年以上、通信は3年以上の過程を修了することが求められています。

一部、試験の免除や指定の修行年数が短縮されるケースもありますので、下記を確認してください。

参考

理容師国家試験及び美容師国家試験 公益財団法人理容師美容師試験研修センター公式ホームページ

美容師になるための資格や試験の難易度は?

美容師国家試験は、筆記と実技試験があり、筆記試験は3月と9月、実技試験は1月と8月の日程で年に2回行われています。
筆記試験では、美容理論や技術理論だけでなく、感染症や公衆衛生、人体の構造や皮膚科学についても出題されます。
毎年出題内容は異なりますが、出題範囲に大きな変更はないようです。

実技試験では第1課題がカット、第2課題がパーマのウェーブを作るワインディングもしくはオールウェーブセッティングのいずれかが出題され、その技術を問われます。

そして筆記・実技ともに合格すると、美容師免許の交付を受けることができます。

理容師美容師試験研修センターによると、
美容師試験の合格率は
平成28年度 第34回 56.0% 第35回 89.1%
平成29年度 第36回 56.1% 第37回 85.8%
平成30年度 第38回 50.5% 第39回 86.2%
でした。
国家試験の中では合格率は高く、80%前後であることが多いです。
年2回行われている試験のうち専門学生が多く受験するタイミングでは、合格率が上がります。
前期と後期で合格率に差が生じていますが、試験の難易度が変わるわけではありません。

第39回の合格基準

参考

第39回 理容師国家試験及び美容師国家試験の合格基準公益財団法人理美容師試験研修センター公式ホームページ

過去の試験実施状況

参考

https://www.rbc.or.jp/2006/11/post_11.html公益財団法人理美容師試験研修センター公式ホームページ

美容師になるための学校や学費は?

美容師国家試験の受験資格を得るためにも、厚生労働大臣又は都道府県知事の指定した美容学校(養成施設)に通う必要があります。

学費は、昼間部2年間で200~280万円程度、夜間部2年間は少し安く160万円~240万円程度、通信課程は3年間で180万円程度です。
実習が多く、薬剤や消耗品を多く使うため、他の学科に比べて学費は高い傾向にあります。

また、学校によって学費の設定は幅広く、どのカリキュラムに重きが置かれているかなど、自分に合った学校選びのためにじゅうぶんに調査する必要があります。
教材費や実習で使用する器材費が学費に含まれるか、海外研修がカリキュラムに組み込まれている場合、学費にその費用が含まれているかどうかもチェックが必要です。

参考

養成施設一覧 公益財団法人日本理容美容教育センター公式ホームページ

美容師の給料・年収はいくら?

厚生労働省によると、平成30年の美容師の平均的な月収は約23万円、平均年収は約270万円でした。

就業するサロンの料金設定やランク、歩合制で収入は変わりますが、
技術を磨いて顧客を獲得することで、人気スタイリストとして年収アップを目指すこともできます。

また、個人のサロンをもったり、訪問美容師として独立すると更に上の給与を見込めます。

美容師のやりがいとは?

美容師のやりがいは、自分が施術したヘアメイクを顧客に満足してもらえた際に感じることが多いでしょう。
ヘアメイクによって、顧客の隠れていた美しさや、新しい美しさを引き出し、それを顧客に喜んでもらえたとき、美容のエキスパートとしての美容師の仕事のやりがいを実感することがあります。
施術に満足した顧客はリピーターとして固定客になることも多いため、広く人脈ができていくことも、美容師ならではのやりがいの1つです。

美容師のつらいこととは?

美容師は経験年数が浅い内は、シャンプ―やブロー、事務的な業務など、補助的な仕事をこなすことがほとんどです。
そのため、始めは自分の思うような仕事ができないことにつらさやストレスを感じる場合もあります。

また、シャンプーやカラー剤、パーマ液など、頻繁に触ると肌に負担がかかる溶剤を使用するため、肌荒れが起こることも、美容師ならではのつらいことです。

なお、美容室は個人経営のところも多いので、オーナーと合わない場合もつらいと感じやすいでしょう。

美容師に向いている人 向いていない人

美容やおしゃれに興味がある人は美容師に向いていると言えるでしょう。
美容師は顧客の美しさを引き出すことが仕事なので、美容に関する情報に常に関心を持ち続けていることが大切です。

また、美容師はファッションアイコン的なイメージもあるため、いつもおしゃれに気を配っていることも重要です。
また、美容師の仕事はサービス業であると同時に、接客業としての面も併せ持っています。
それぞれの顧客に合わせた対応ができる、コミュニケーション能力が高い人も美容師に向いています。

そのほか、ヘアスタイルの流行などは常に変化し続けるため、常に知識やスキルをブラッシュアップすることを苦にしない、向上心が高い人も美容師向きです。

一方、人と接するのが苦手な人や、流行に疎くおしゃれにあまり気を遣わない人などは、美容師には向いていないでしょう。

美容師になった人の志望動機は何だった?

美容師になった人の多くは、ヘアメイクやおしゃれが好きでそれを仕事にしたかったという志望動機です。

手に職をつけたくて、美容師を志望する人も少なくありません。

美容師は定年が存在しないため、その気になれば何歳まででも仕事をすることができます。
長く働くために、美容師を選ぶ人も多いでしょう。

また、将来的にオーナーとして自分の店舗をもちたいと考え、美容師を志望する人もいます。

美容師の雇用形態は何がある?

美容師の雇用形態は正社員のほか、契約社員やパート・アルバイトなどさまざまです。
ライフスタイルに合わせて、ある程度幅広く雇用形態を選べる仕事だと言えるでしょう。

店舗に雇用されて経験を積んだ後に独立し、自分の店舗をもってオーナーになるというパターンも多くあります。
また、特定の店舗に在籍せず、フリーでヘアメイクを請け負うという働き方も可能です。

美容師の勤務時間や休日はどうなっている?

美容師の勤務時間は美容院によって異なります。
勤務時間や休日は店舗の営業時間や定休日に合わせることになりますが、ほとんどがシフト制と考えていいでしょう。

なお、営業が終わった後も、居残りでカットやカラーリングなどの練習を行う場合があるので、勤務時間が長めのところが多いでしょう。

美容師の求人・転職状況はどうなっている?

美容師は現代美容師不足なので求人案件は非常に豊富です。

おおよそ全国の多くのエリアで求人が募集されており、雇用形態も正社員・アルバイトなどさまざまです。

求人を出している美容室は規模や店舗の雰囲気がそれぞれ異なるため、自分に合った環境を選びやすいと言えます。
また、よりよい職場環境を求めたり、ステップアップを目指したりという理由で他店に転職する人も少なくありません。

就職や転職をする際、求人が見つからなくて困ることはないでしょう。

美容師の将来性はどうなっている?

美容やおしゃれに関することは、いつの時代も人々の興味関心の高い分野です。
したがって、美容師の仕事はこれからも必要とされ、一定の顧客を得られる将来性のある仕事だと言えるでしょう。

なお、ヘアスタイルの流行はその時代によって異なり、移り変わりも激しいため、常に時代の最先端を意識することは大切です。
流行をしっかり押さえながら、その人に合ったヘアスタイルを提供できる技術を磨けば、将来はさらに明るいでしょう。

美容師の身につくスキルは何?

美容師として身につくスキルには、まずヘアメイクの知識や技術が挙げられます。
カットやカラーリングなど施術に必要なスキルや、施術に必要な道具などの知識を蓄えることができます。

また、常におしゃれを意識するため、センスを磨くこともできるでしょう。
人と接する仕事なので、顧客に合わせた対応を行ううちに、コミュニケーションスキルも身につけられます。
なお、経営者が近くで働いている場合が多いので、独立を目指す場合は経営者としての知識や考え方も身につけることができるでしょう。

美容師のキャリアアップはどんなものがある?

雇用されながら働く場合は、店長へのキャリアアップが見込めます。
経験を積み、技術を磨きながら固定客をつかみ、着実に評価を積み重ねることが大切です。
また、店長には育成能力も必要とされます。

なお、店舗を独立し、自分で経営する店舗のオーナーになるというキャリアアップの仕方もあります。
美容師の中には、将来的に自分の店をも持つことを目標にしながら働く人も多いでしょう。

美容師のメリット・デメリットはどんなものがある?

美容師のメリットは、常に美容に関する意識を高く保てる点です。
自分のセンスを活かしながら行う仕事なので、自分の美的感覚を磨き続けることで、自分自身もおしゃれでいることができます。

また、資格職で定年を迎えることがなく、何歳まででも働き続けられることもメリットです。

デメリットとしては、自分のスキルによって、仕事の成功・失敗どちらの可能性もはらんでいる点でしょう。
特に自分の店舗を構えた場合、技術やセンスによって、顧客を呼び込めるかどうかが大きく変わります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA