総務事務に必要な4つの適正と向いている人の3つの特徴

総務事務に必要な4つの適正と向いている人の3つの特徴


総務事務に必要な適性は?どんな人が向いている仕事なの?」と困っていませんか?

総務事務の求人に魅力を感じて働きたいと思っても、この仕事に必要な適性が分からないと一歩踏み出すことができないものです。また、どんな人が向いている仕事なのかを知って、自分に務まる仕事かどうかを判断したいと思いますよね。

でも皆さん、安心してください!この記事では総務事務に必要な適正と向いている人の特徴を詳しく解説しています。

派遣会社にて約6年経験した私。総務事務の仕事を熟知しているので、この仕事の適性や向いている人の特徴を皆さんにしっかり説明できるんです。

総務事務は慣れてしまえばとてもやりがいを感じる仕事です。自分に適正があるとわかれば勇気を持って応募でき、適職に就くことができるのです。皆さんが総務事務として無事に就職し、生き生きと働けることを祈っています。

大手転職会社にて約6年勤務、延べ2,000人近くの転職をサポート。派遣業務、転職エージェント業務、新卒代行業務など幅広い業務を経験。担当業界は、金融・不動産・メーカー・商社・IT・マスコミ・小売・官公庁など多岐にわたる。

総務事務に必要な4つの適正

総務事務に必要な4つの適正

総務事務の仕事に魅力を感じたなら、まず最初にこの仕事に必要な適正を知ることから始めましょう。
どんな仕事も自分に適性があるかないか判断することはとても重要です。総務事務にやりがいや達成感を感じながら働くためにも、自分に適性があるかどうかをしっかり判断しましょう。

NO.1.高いコミュニケーション能力

総務事務は社員や取引先と常に関わる仕事なので、高いコミュニケーション能力が適正として求められます。

総務事務は社員と書類のやり取りをしたり、資料の作成について質問を受けることが多々あるため、業務をスムーズに進める意味でも相手と気持ちよくコミュニケーションを取る能力が必要です。社員が気持ちよく働くためには、総務部の窓口である総務事務が高いコミュニケーション能力で社員に接する必要があります。

総務事務は会社の業績向上のために縁の下の力持ち的存在となり、社員を支える大きな役割を持ちます。どんな業務にも社員や取引先が関わってくるので、コミュニケーションが上手でないと仕事に支障が出るだけでなく自分も辛くなるのです。その為、高いコミュニケーション能力を自負する人は総務事務に向いていると判断できます。

NO.2.人のために働くことに幸福を感じる性格

総務事務は会社や社員をサポートする業務を担うため、人に尽くすことに幸福を感じられる性格の人は適性があると言えます。

総務事務の仕事の実績は目に見えてわかるものではなく、会社や社員がいかに仕事がしやすい環境を作れるかどうかにあるので、人のために働くことに幸せを感じなければ仕事にやりがいを見いだせません。また、人のために働く仕事なので成果が分かりにくいという特徴があり、ここを理解した上で働けるかも重要となります。

総務事務の仕事に成果を出そうと自分本位で業務を進めるようでは、社員や会社が必要としているものを理解できません。これでは周囲も仕事がやりにくくなり、自分も何のために努力しているのかが分からなくなります。この問題に直面せずに総務事務をこなすには、人のために努力して幸福を感じる適性が必要です。

NO.3.細かい気配りができる

総務事務は社員が仕事をしやすい環境を作る役目を持つため、細かい気配りができる人に適性があると判断できます。

総務事務に必要なのは、社員がより一層仕事をしやすくするためにどうすべきかを考えるきめ細やかな気配りの気持ちです。社員は総務事務にさまざまな依頼や相談を寄せてきますが、その1つ1つに淡々と対応するだけでは本当にいい仕事をしているとは言えないのです。

社員からの依頼に素早く応える方法を常に考えたり、相談に対する答えを1つではなく3つ出す気配りを見せることができれば、社員の仕事もスムーズになり成果につながります。相手がどうしたいと考えているかを理解し、常に気配りの気持ちを持って接することが総務事務に必要な適正です。

NO.4.危機管理能力が高い

会社全体を見渡しながら仕事をする総務事務には、ミスや問題を常に回避しながら業務を進める危機管理能力が適正として求められます

総務事務が高い危機管理能力を備えていれば、社員がミスを犯す前にアドバイスをすることができるため、いろいろな業務が滞りなく進んでいきます。この役目を果たすためにも、会社の各部門の業務を理解している総務事務には社員の仕事の進め方ややり方を見たときにその先に起こりうる問題を判断する能力が求められます。

総務部にはさまざまな書類や重要な案件が回ってきます。これらのミスに総務事務がいち早く気づけるかどうかが会社の業績に大きく影響するのです。普段からいろいろなことに対して危機管理能力を持って対応している人は、その能力を総務事務の仕事に活かして成果を出せると判断できます。

総務事務に向いている人の3つの特徴

総務事務に向いている人の3つの特徴

総務事務に必要な適正は多くの人に備わっているものばかりです。
では、具体的にどんな人が総務事務に向いているのかを性格や資質の面からも見ていきましょう。

NO.1.明るくて人と接するのが好き

明るい性格で人と接するのが好きな人は、総務事務の仕事に向いていると言えます。

総務事務と聞くとデスクでコツコツ事務をしているイメージを持つかもしれませんが、実際には社員や取引先と常に接する仕事なので、明るくて人懐こい性格の人に向いていいます。初対面の人でも臆することなく自分から声をかけられるような性格の人はこの仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

社員達は困ったことがあれば総務事務に相談してきます。取引先も総務部の中で事務を担当する総務事務が接しやすい人だと仕事がやりやすくなります。内向的で人と話すのが苦手だと、総務事務の仕事が苦痛に感じるかもしれません。普段から人に明るく接することができる人は総務事務に向いていると言えます。

NO.2.ありがとうと言われるとこの上なくやりがいを感じる

総務事務は会社や社員のために働く存在なので、人のために何かをしてありがとうと言われることにやりがいを感じる人に向いています

総務事務には、社員が抱える問題を一緒に解決したり、取引先からの難しい要求に素早く応える業務が日常的に発生します。総務事務の努力によって社員や取引先の要望に応えられれば、ありがとうという感謝の言葉をもらえてこの上ないやりがいを感じられるので、ここに魅力を感じる人に向いている仕事です

人のために働く総務事務の存在意義をしっかり理解し、自分のためにはならない仕事でも進んで取り組む姿勢を持てれば、自然と感謝の言葉をもらうことができます。これが仕事をする上でとても重要だと感じられる人は、総務事務に向いている人と言えるのです。

NO.3.頭の回転が早く物事を素早く進める能力がある

総務事務は自分の業務をこなしつつ、さまざまな依頼や相談に対応する必要があるので、常に物事を素早く進められる頭の回転の早い人に向いています

総務事務は日々舞い込んでくる事務業務に加え、社員からの依頼や相談、取引先からの要求に素早く対応する必要があります。この1つ1つに時間がかかると、自分の仕事が滞るだけでなく会社の業務にも影響が出てしまいます。この問題を回避できる総務事務とは、頭の回転が早く何でも素早くこなせる人なのです。

総務部は会社全体を見渡して把握する役割を持ち、そこで事務を担う総務事務には会社の業務がスムーズに進むよう素早い業務処理能力が求められます。普段から物事の優先順位や進め方をとっさに判断し、スピード感ある対応でこなせる頭の回転の早い人は総務事務に向いている人と言えます。

「自分は総務事務に向いている」と思えたなら、迷わず突き進もう!

突き進もう

総務事務の適正を見て、この仕事が向いている部分が自分にもあるかもと判断できたなら、迷わず突き進んでみましょう。

どんな仕事でも100%の適正を持つ人はいません。誰もがいくつかの適性を持ち合わせている状態で新しい仕事にチャレンジし、仕事をする中で徐々にさまざまな適性を身につけていきます。

総務事務は人気の職種。この記事を読んで自分自身が総務事務をこなせるかどうか判断できなたら、しっかり採用を掴み取りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA