宮崎県宮崎市の紹介予定派遣に強い派遣会社ランキング

宮崎県宮崎市の紹介予定派遣ランキング


元派遣&転職会社で約6年勤務

「宮崎市の紹介予定派遣に強い派遣会社ってどこ?」と思っていませんか?

大手派遣会社6社を徹底比較し、派遣会社に約6年勤務した管理者が「宮崎市の紹介予定派遣に強い派遣会社ランキング」を作成しました。

さらに「紹介予定派遣で転職する方が有利なの?」という疑問に答えるべく、紹介予定派遣のよさや、紹介予定派遣に応募する際に気をつけたい2つの点も解説しています。

この記事で、紹介予定派遣をしっかり理解し、いい派遣会社・いい求人・いい派遣先企業に出会えて、素敵な転職ができることを切に願っております。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験

【調査結果】紹介予定派遣に強い派遣会社

大手6社の派遣会社を比較した結果、紹介予定派遣に強い派遣会社ランキングはこのようになりました!

宮崎市の紹介予定派遣の総求人数比較

 

スタッフサービス

マンパワー

パソナ

テンプスタッフ

リクルートスタッフィング

アデコ

総求人数1142000
事務系100000
営業・販売職030000
製造・軽作業000000
IT・WEB系000000
介護職2不明0000
看護師1不明0000

※掲載求人数は、すべて「紹介予定派遣の求人数」で、2019年8月1日時点の数値です

いくら丁寧な対応やフォローがあっても、自分が働ける・働きたいと思える求人がある派遣会社に登録しないと、紹介予定派遣として働くことはできません。

まずは「求人数が豊富」である、そして「フォローや対応がいい」という順序で比較した結果、このようなランキングになりました。

【求人数1位】スタッフサービス

スタッフサービスのホームページ画像

雇用形態や職種によらず「求人数が多い派遣会社」として有名で、登録必須といえる派遣会社の1つです。

スタッフサービスは、リクナビNEXTやリクルートエージェントなど多様な転職支援サービスを打ち出している「リクルートグループ」の一員です。

リクルートグループは全体的に営業力が高く、さらにスタッフサービスから派遣されたスタッフも仕事ができる方が多いため、取引企業からの信頼が厚いです。それが、求人数が多い理由でもあります。

またスタッフサービスは、職種や業種によって派遣会社を細かく分けており、より専門的な知識のある担当者が派遣されるスタッフや派遣先となる取引企業をサポートしています。

紹介予定派遣
宮崎市求人数
11件 事務職 1件
営業・販売職 0件
製造・軽作業 0件
介護職 2件
拠点 全都道府県に登録センターあり

※求人数は、2019年8月1日時点の数値です
※スタッフサービスグループ全社の求人数を算出しています

【求人数2位】マンパワー

マンパワーのホームページ画像
マンパワーは創業50年日本で最初の歴史ある外資系の派遣会社です。

80カ国以上の国・地域で事業展開をしており、外資系企業のため、同じ外資系企業からの求人獲得に注力しています。

求人件数は他社に比べると少なめですが、大手企業の求人に強く、経験豊富な担当者が丁寧なキャリアカウンセリングとサポートをしてくれるのが魅力です。

さらに福利厚生とスキルアップ制度が充実しているのも魅力です。

紹介予定派遣
宮崎市求人数
4件 事務職 0件
営業・販売職 3件
製造・軽作業 0件
介護職 不明
拠点 41都道府県で拠点あり
※三重・奈良・和歌山・徳島・高知・佐賀は近隣拠点が担当

※求人数は、2019年8月1日時点の数値です

【求人数3位】パソナ

パソナのホームページ画像

パソナは、1976年創業と歴史がなく、スタッフを大切にする社風の大手派遣会社です。拠点も北海道から沖縄までの主要都市を中心に展開しています。

年に一度、就業中のスタッフを対象に満足度のアンケートを実施しており、2018年の調査結果は、知人に紹介したい184%、担当者の満足度158%UP(2016~2017年伸び率)と就業中のスタッフの満足度が高いことがわかります。

紹介予定派遣
佐賀市求人数
2件 事務職 0件
営業・販売職 0件
製造・軽作業 0件
介護職 0件
拠点 44都道府県で拠点あり
※秋田・山形・鳥取は近隣拠点が担当

※求人数は、2019年8月1日時点の数値です

紹介予定派遣に応募するときの2つの確認点

紹介予定派遣の求人に応募するなら、次の2つの点を事前に確認をしておきましょう。

  1. 直接雇用後の雇用形態や給与
  2. その派遣会社からの過去の派遣実績

紹介予定派遣の求人では、必ず求人票に直接雇用後の雇用形態や給与金額などが示され、派遣会社からも詳しく説明されます。

直接雇用後の条件は、将来設計にも大切なこと。しっかりと確認し、より詳しく知りたいことや条件に合わないと感じる箇所は、どんどん派遣会社に質問しましょう。

例えば、正社員希望だけど、求人は契約社員スタートだったとして、その後の正社員登用の可能性や無期雇用への切り替えはどうなのかを質問すれば、今後正社員になれるかどうかもわかり、応募できる求人も多くできます。

また、過去の派遣実績があれば、どのような人物像を企業が欲しがっているか、より鮮明に派遣会社は知っているため、応募できれば内定を得られやすいのです。

関連記事
▽こちらの記事で、紹介予定派遣から直接雇用になるまで流れとその時々での注意点などを解説しています。

「紹介予定派遣」とは? メリット・デメリットを派遣のプロが教えます

「紹介予定派遣」と「直接雇用」はどっちがいいの?

どちらがいいかといえば「紹介予定派遣」で転職する方が、転職のハードルは低いでしょう。

紹介予定派遣だと、希望やスキルに見合った求人を紹介してもらえ、言葉を選ばずに言うなら「内定を得られやすい求人」に応募できます。さらには、面接対策などの相談に乗ってもらえます。

ただし、派遣でも選考はあるため、希望の求人があっても派遣会社内の社内選考で落ちたり、派遣先企業での面接や筆記試験で落ちることもあります。

自分ですべてを行う「直接雇用への応募」よりも選べる自由度は低いですが、紹介予定派遣の方が派遣会社からのサポートを受けて早期に転職が実現する可能性があります。

関連記事
▽こちらの記事で、メリット・デメリットも比較しながら、直接雇用を目指すなら紹介予定派遣がいいことを解説しています。

「紹介予定派遣」とは? メリット・デメリットを派遣のプロが教えます

まとめ:紹介予定派遣に強い派遣会社で直接雇用を勝ち取ろう

元派遣&転職会社で約6年勤務

紹介予定派遣に強い派遣会社ランキングから、紹介予定派遣のよさや注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

紹介予定派遣は、直接雇用の求人へ応募するより自由度は低いものの、転職が成功する可能性のある転職方法です。

将来直接雇用になりたい!と考えている方なら、ぜひ紹介予定派遣に強い派遣会社に登録して、紹介予定派遣からの転職も検討してみてください。

関連記事
▽ 長期の派遣の仕事を探してみたい!という方は、こちらの記事で派遣会社を紹介しています。

【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA