【転職のプロが教える】転職エージェントの面談はスーツの方がいいの?

「転職エージェントとの面談はスーツがいい?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントとの面談時の服装について解説します。

転職エージェントとの面談を前に、服装にお困りの方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントとの面談の服装はスーツじゃないとダメ?

転職エージェントとの面談は、できればスーツの方が良いです。

転職エージェントとの面談は「面接」ではありませんが、初めて会う担当者に良い印象を持ってもらうためにもスーツ着用をお勧めします。

ただし、「普段あまり着る機会がない」「そもそもスーツを持っていない」という方もいらっしゃると思います。

そういった場合は特にスーツでなくてもかまいません。襟付きのシャツやポロシャツにスラックス、ジャケットというビジネスカジュアルなスタイルでも大丈夫です。

転職エージェントとの面談は実際にスーツの人が多い?

実際に面談に来られる方は、スーツを着用している方が多いです。

現在就業中の会社帰りに面談を受ける方は、特にスーツを着用されています。

時には会社のユニフォームスタイルで面談を受ける方もいらっしゃいますが、そのようなユニフォームスタイルでも特に問題はありません。

また、休日を利用して面談を受けられる方などは、スーツではないビジネスカジュアルなスタイルが多いです。

転職エージェントとの面談をスーツにした方が良い場合はある?

あなたが次の仕事では日常的にスーツを着て仕事をしたいと考えているのであれば、スーツ着用で面談に行った方が良いです。

なぜなら、転職エージェントの担当者にとって、あなたがスーツで仕事をしているイメージが伝わりやすくなるからです。

イメージが伝われば、転職エージェントの担当者は、応募する企業に自信を持ってあなたのことを推薦することができます。

面談中に暑いと感じたら、ジャケットを脱いでもいいの?

面談中に暑いと感じるなら、ジャケットは脱いでも大丈夫です。

担当者の方から「暑かったらジャケットを脱いでくださいね」と声を掛けてもらえることもあります。

その時は、遠慮せずに「では失礼します」と言ってから脱ぐといいでしょう。

脱ぐときはやはり一言かけてから脱ぐべき?

ジャケットを脱ぎたい場合は、一声かけてから脱ぎましょう。

相手に対して一声かけることが、マナーです。

「失礼ですが、少し暑いのでジャケットを脱いでもよいですか?」などと声を掛けてから脱ぎます。

入室時にジャケット脱いだままなのは、やはり失礼?

入室する際は、基本的にジャケットを着用しておくのがマナーです。

面接時間ギリギリに到着すると、ジャケットを着たまま入室したら汗だくになってしまう場合があります。

そのためにも、時間に余裕を持って到着して、ジャケット着用のまま入室できるようクールダウンする時間をとれるようにします。

ただし、転職エージェントがクールビズを推奨している場合は、夏季期間(だいたい6月~9月)はジャケットは着用しなくても大丈夫です。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントとの面談は、できればスーツ着用が望ましいです。

持っていない場合などは、清潔感のある服装を心掛けるとよいです。

ジャケットを着用していて、暑い場合は一言断ってから脱ぐようにします。

マナーを守り、担当者に好印象を与えることをお勧めします。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。