【転職のプロが教える】親身になってくれる転職エージェントとは?親身な転職エージェントの見つけ方

「親身な転職エージェントを見つけるには?」
「どんなところをチェックしたらいい?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、親身な転職エージェントの定義と見つけ方について解説します。

転職エージェントを利用して転職するならば親身な転職エージェントがいいものです。ぜひこの記事を読んで、親身な転職エージェントを見つけられるきっかけとなっていただければ幸いです。

親身な対応が期待できるエージェントの特徴とは?

親身な対応を期待できる転職エージェントの特徴として、以下の3つが挙げられます。

  1. 初回面談でしっかりと話を聞いてくれる
  2. 初回面談でスケジュールを相談してくれる
  3. 良いことも悪いこともしっかりと開示してくれる

1.初回面談でしっかりと話を聞いてくれる

初回面談でしっかりと悩みや相談、将来に関してしっかりと話を聞いてくれるエージェントは、これからも親身な対応が期待できると判断してよいでしょう。

なぜならば転職エージェントの担当者は普段から多くの求職者対応があるため、初回面談の相談時間はそこそこに切り上げて後は求人紹介のみという場合も少なくないからです。

その転職エージェントが親身なかどうかは、初回面談で判断できるといっても過言ではありません。

2.初回面談でスケジュールを相談してくれる

初回面談で転職活動のスケジュールを相談してくれる転職エージェントは、親身な転職エージェントと判断してよいでしょう。

多くの場合、初回面談にて転職活動のスケジュールは説明されますが、面談時間の関係上、省く担当者も存在します。

転職活動のスケジュールは、求職者が思っているよりもスピード感があり、面接が始まってからは調整がきかない場合もあります。

現職やプライベートの予定をくみ取らず、転職エージェントの都合で日程を詰め込む担当者も少なくありませんので、あらかじめ初回面談で相談してくれる転職エージェントには期待ができます。

3.良いことも悪いこともしっかりと開示してくれる

良いことばかりでなく、悪いこともしっかりと開示してくれる転職エージェントには、親身な対応が期待できます。

それは面接の結果だけでなく、「そもそも目指している業界や業種があなたの性格に合っているのか」など深いところまで寄り添ってくれているかも含まれます。

これまでの支援経験を活かす良い担当者は、あなたの良いところが継続できるように、改善するところは改善できるように指摘をしてくれます。

良いところも悪いところも、どちらもしっかりと開示がある場合は、親身なエージェントと判断しても良いでしょう。

転職エージェントと信頼関係を築くことのメリットとは?

転職エージェントの担当者と信頼関係を築くことで、以下のようなメリットがあります。

  1. 自分の優先度を上げることができる
  2. 企業にプッシュしてもらえる
  3. 条件交渉の際に、有利に働く

1.自分の優先度を上げることができる

転職エージェントと信頼関係を築くことにより、同じエージェント内でも優先的に案件を紹介してもらえたり、面接対策時間を取ってもらえたりすることがあります。

転職エージェント担当者も人ですので、求職者と信頼しあえる関係になれば、少々難しい対応が迫られた場合でも自然と熱が入るものです。信頼がおけると感じた担当者には、適度に自己開示をして良い関係構築を心がけましょう。

2.企業にプッシュしてもらえる

良好な関係が築けた場合、転職エージェントから企業に対して「ぜひとも推薦したい人材」としてプッシュすることがあります。

あくまで面接の評価は企業が行うため、推薦=合格ではありません。ただ、あまりうまくいかなかった面接でも、良好な関係が気づけている場合は、最後のひと押しを手助けしてくれる場合があります。

3.条件交渉の際に、有利に働く

転職エージェントと良好な関係を築けた場合、条件交渉の際に有利になる場合があります。

条件交渉とは入社日や年収、待遇面などを交渉するもので、必ずできるものではありません。また無理な交渉は印象が悪くなることがあるため注意が必要です。

ただ転職活動が進むにつれ、希望条件が変わったり入社日の調整が必要になったりした場合に、良好な関係を築いている求職者のほうが相談にのってくれやすくなります。ただし、内定後の交渉は内定取り消しにつながる場合もあるため、内定前に相談するようにしましょう。

転職エージェントに親身になってもらえないとき、考えられる理由とは?

転職エージェントに親身になってもらえてないと感じられる場合、以下のような理由が考えられます。

  1. 経験や経歴から紹介できる案件がない
  2. 求職者に関してわからない部分が多く紹介したくてもできない
  3. 相性が良くない

1.経験や経歴から紹介できる案件がない

考えられる理由の一つが「紹介できる案件がない」場合です。

面談前に案件がないとわかった場合は、そもそも面談が組まれませんが、求職者と面談をして初めて紹介できる案件がないとわかる場合もあります。

あくまで担当者ごとの個人差がありますが、面談を穏便に進めるため「紹介できない」とはっきり伝えずに、話を聞くだけで面談終了ということも時にはあります。

2.求職者に関してわからない部分が多く紹介したくてもできない

書類上からだいたいの経歴や経験は読み取れるものの、面談で深く知ることが出来ず、親身になりにくいことがあります。

そもそも面談は、書類上ではわからない人柄を理解するためにあります。

転職エージェントの担当者はヒアリングの方法を駆使して人柄などを引き出そうとするのですが、担当者の質が低かったり、求職者の開示がなかったりして表面上の部分しかわからないため、求人紹介ができないこともあります。

3.相性が良くない

求職者と転職エージェント担当者との相性が悪い場合、仕方のないことですが、親身になってもらえないと感じることがあります。

友人からの担当者紹介制や指名制が可能な転職エージェントも存在しますが、それ以外の場合求職者が担当者を選ぶことは難しいです。

実際の話として、求職者も担当者も普段通り会話をしているのに、「なんだか話がかみ合わない」「相手の話し方が高圧的に感じる」などといった意見も聞かれました。

もし初回面談を受けてみて「これから転職を任せるのに相性が良くなさそう」と感じた場合は、様子を見つつ今後の利用を検討することをおすすめします。

転職エージェントに親身になってもらえなかったら、どうしたら良い?

まずは伝えられる要望があれば、メールなどで問い合わせてみましょう。

例えば、「もっと相談したいことがあるので、面談の時間を取ってほしい」など大まかな内容で結構です。

本来なら転職エージェント担当者が先に求職者の不安に気が付くべきものですが、転職エージェント側もあまり踏み込みすぎないように意識している部分もあります。

そのためもし、初回面談以降に接点が減ってしまったと感じたら、悩みを相談したいなどとアクションを起こしてみましょう。ただ、今後も対応に改善が見込めなさそうと判断した場合は、これ以上応募しない・面接日程を組まないなどして企業に迷惑を掛けないよう行動しても良いでしょう。

転職エージェントに転職開始時期や面接のペース配分など、要望を伝えることは可能?

転職エージェントに転職開始時期や面接のペース配分など、要望を伝えることは可能です。

多くの場合、初回面談で退職(予定)時期と現職の繁忙期や長期で留守にする旅行や入院などのプライベートの予定が聞かれます。そして「〇月頃には書類作成(応募企業の選定/面接対策など)に移りましょう」と大まかなイメージを作成します。

ただ転職は開始してみて、はじめてスケジュールが厳しいと感じる場合もあります。そんなときは素直に担当者に要望を伝え、調整できるか相談してみましょう。

これから親身な転職エージェントを見つけるポイントは?

親身な転職エージェントを見つけるためには、以下の2つの方法がおすすめです。

  1. 大手と中小の転職エージェントに登録
  2. 転職サイト(スカウト型転職サイト)への登録

1.大手と中小の転職エージェントに登録

大手と中小の転職エージェントでは、それぞれで違いがあるため双方を利用することでより親身な転職エージェントが見つかりやすくなります。

大手の転職エージェントは、求人数が多く、決定率が高い傾向にあります。ただ、登録者数が多いためひとりひとりに掛ける時間が少なくなる傾向があります。

一方中小の転職エージェントは、大手に比べて求人数などが見劣りしますが、対応がより親身な場合があります。両者の面談を経験することで、より自分に合ったエージェントが見つかる可能性が高まるといえます。

2.転職サイト(スカウト型転職サイト)への登録

スカウト型の転職サイト場合は、相手があなたの経歴や経験を知ったうえで連絡をするため、親身になりやすい傾向があります。

スカウト型転職サイトとは、転職エージェントが保有している求人を掲載し、求人に興味をもった求職者が転職エージェントとコンタクトを取ることができる転職サイトです。求職者側からアクションをすることもできますが、逆に転職エージェント側から求職者をスカウトすることもできます。

スカウト型転職サイトに登録しておくと、記載している内容を知った上で転職エージェントはコンタクトしてくるため求職者の希望にあった転職活動の支援を行ってくれやすいです。

ただ転職エージェントによるスカウトを利用する際は、スカウト精度を上げるために個人が特定できない範囲でできるだけ経歴や経験を入力することをおすすめします。

また担当者によって支援に個人差があるため、面談前に親身なエージェントかどうかを判断することは困難です。ぜひ転職エージェントとコンタクトを取ってみて、自分にとって親身なエージェントを探してみましょう。

初回面談をしてくれない転職エージェントもあるの?なぜ?

転職エージェントの中には、登録したものの、初回面談日程が組まれない場合があります。

理由として、2つ考えられます。

  1. 支援ができないと判断されたため
  2. 紹介できる求人がないと判断されたため

転職エージェントは得意分野が分かれており、20代や30代の若手を得意としているエージェントやハイクラス層をメインに扱っている転職エージェントなどがあります。

求職者の転職希望先の分野と転職エージェントの得意分野が合致しないなかった場合は、面談が組まれないことがあります。

また、同様に、経歴や経験などあらかじめ預かった希望条件(希望年収、希望勤務地など)などから、紹介できる案件がないと判断された場合も面談が組まれません。

まとめ

この記事をまとめると、

親身になってくれる転職エージェントとは、あなたの経歴や経験を知ることはもちろん、あなたの人柄まで把握して支援してくれる転職エージェントといえます。

人柄までわかった担当者から支援を受けることで、よりあなたにマッチした職場に出会える可能性が高まるからです。

ただ、担当者と会う前にエージェントの親身さを図ることは難しいため、数社面談を受けてみて親身なエージェントを探すことをおすすめします。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。