【転職のプロが教える】転職エージェントに嘘の年収を言っても問題無し?

「転職エージェントに嘘の年収を言っても大丈夫?」
「バレたりしないかな?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントに嘘の年収を伝えてもバレる可能性が高いことを詳しく解説します。

ちょっと高い年収を伝えてもいいかな?と思っている方、ぜひこの記事を読んで嘘の年収を言う危険性と、年収の伝え方をご理解いただければ幸いです。

転職エージェントとの面談で年収に嘘をつくのはNG?

転職エージェントとの面談で嘘の年収を言うのはNGです。

年収に限らずそもそも人として嘘をつくこと自体がよくありません。嘘をつくことは、あなたの価値を下げることにつながります。

また転職エージェントに嘘をついたまま転職しても、企業側にはいずれ嘘であることがバレます。

なぜなら企業に属すると、年末調整時に必ず源泉徴収票を提出するからです。もし転職エージェントに年収で嘘をついて転職しても、源泉徴収票に記載されている所得税や年金など確認すれば嘘がバレてしまうのです。

嘘がバレてしまうと、転職先で積み上げた頑張りや成果も水に流れるかもしれません。「この人、何か隠しているんじゃないか?」と、ありもしない不信感を企業から持たれかねないからです。

また嘘の年収を言ったとしても、市場の相場は変わりません。

採用側があなたの経験や人柄等を考慮して決定するものなので意味をなさず、ある程度の企業になると人事制度がすでに完成しており、等級ごとに年収レンジはすでに確定しています。逆に高い年収で提示してしまうと、払えないということでお見送りになるかもしれません。

以上のような理由から嘘をつくメリットは少ないです。

実際に転職エージェントとの面談で年収を偽った人はいる?

結果的に年収が嘘だったというケースはあります。

具体的には、源泉徴収を確認し忘れたり、インセンティブ率が多い企業であればスポット的に収入が変動するケースがあります。

また稀な例ですが、入社時に年収300万円(基本給20万円+賞与2か月+手当)と言われていたのに、入社後に賞与も無く260~270万円程度の年収だったということもありました。

結果的に年収は異なりますが、企業の問題なので虚偽報告にはあたらず、ほとんどの転職エージェントでは現年収を300万円と登録しています。

転職エージェントとの面談では年収額をどう伝えればいいの?

一番良い伝え方は、年収・手取り・月給・ボーナス全てを報告することです。

現職(前職)の内訳があなたの基準にもなるかと思いますので、転職エージェントも上記の額面を意識して求人を紹介することが出来ます。

例えば、年収500万円といっても企業によって内訳は様々です。

  • 基本給35万円+賞与2か月分
  • 基本給33万円+賞与2か月分+決算賞与
  • 基本給30万円+手当
  • 基本給20万円+インセンティブ等

年収を伝える際に、内訳と希望もセットで伝えるとより良い面談になるでしょう。また営業職等であれば、インセンティブ(ボーナス)額である程度企業内でのあなたに対する評価がわかります。

わかる範囲で構いません。ざっくりではなく、内訳もしっかりと伝えましょう。

年収を上に伝える方が良い求人を紹介してくれてメリットがあるのでは?

年収の高さなのか安定性なのか、昇給率なのか「良い求人」の定義は人によって異なるため、一概には言えません。

現年収を高めに伝えても、あなたが良いと思う求人の定義によっては、良い求人に出会えるとは限りません。そのため年収の嘘にはメリットがないと考えた方がいいでしょう。

年収を偽った場合、どこかでバレるものなの?

業種業界である程度の相場は決まっているため、相場と大きく違う転職エージェントにはバレます。

業種業界の相場と10~20万円程度の差であれば、誤差の範疇となります。しかしながら年収が相場と100万程度も違えば、勘づくエージェントは多いでしょう。

またあなたの勤め先が転職エージェントに求人を依頼していれば、企業単体の相場も把握できますし、大手企業であればデータベースに同じ勤め先の登録者がいるかもしれません。

個人情報の観点から、勤め先や他の登録者に確認を取るようなことはないですが初手で感づかれる可能性もあります。また上記で紹介したように転職エージェントが気づかなくても、企業に入社後年末調整でバレます。

年収アップするために転職エージェントを使った転職で重要なことは?

まずは年収アップの意思と重要度を必ず転職エージェントに伝えることです。

転職エージェントは、求人を選ぶ際に求職者のポイントについて以下のような項目を意識します。

  1. 年収アップ
  2. ワークライフバランス(勤務時間や残業)
  3. キャリアアップ
  4. キャリアチェンジ
  5. ストレスフリー
  6. 勤務地等

何を一番志望しているのか、譲れるものと譲れないものを明確に伝え、そして自分の経歴から出来ることとできないことをはっきりさせることが大切です。

例えば年収アップに重しを置いていても、今すぐ、年収がアップしたいのか、ゆくゆく年収アップしたいのかなどでも違いが出てきます。

大手になればなるほど基本給がアップしますが、その後の伸び率は低いといえます。逆にベンチャー企業などは、スタートこそ基本給が低いですが成果次第で翌年以降は2倍~3倍にもアップすることもあります。

このような同じ年収アップでも違いまで伝えておくと、意向にそって転職エージェントは求人を選定してくれます。

また登録している転職エージェントでは年収アップ求人が見つからないなら、他の転職エージェントに頼るのもひとつです。違う求人に出会える可能性もありますし、セカンドオピニオンとして活用できます。

あなたの希望は本当に年収アップですか?

転職する際、本当の希望が年収アップなのかをもう一度考えてみることをおすすめします。

求職者の中には、年収アップと転職エージェントに伝えますが、深層心理では「年収」ではなく「評価」に不満があったと後々発覚する方が多くおられます。

「私、こんなに頑張ってるのに年収がこれだけ…」と思う方は、実は企業の人事評価に不満があるのかもしれません。

このような人事評価に不満があるケースの場合は、紹介すべき企業が変わってきます。もちろん年収アップして損はないと思いますが、真の希望は「正当に評価してくれる企業」に変わります。

自分が本当に希望する転職ができるように、ぜひ自分の希望が本当に年収アップなのか、その奥に別の希望が隠れていないかぜひ考えてみてください。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェンに嘘の年収をいうメリットはありません。

ついた嘘は後で必ず、何らかの形でツケがまわってきます。年収とは企業があなたの労働に対する評価値でもあります。成果なくして年収アップはありえません。

まずは自身のキャリアをしっかりと棚卸しして、出来ること、経験したことなどを上手にPR出来るようにしてみましょう。

そうすることで自ずと採用側の見る視点も変わってくるはずです。嘘はつかず、素の自分を受け入れてくれる企業を転職エージェントと一緒に探していきましょう。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。