転職エージェント利用時の服装は?面談時のおすすめの服装や注意点

「転職エージェントを利用したいけど、どのような服装で面談に行けばいいのか分からない・・・」

と、お悩みではありませんか?

元転職会社社員で、現役転職エージェントである「#就職しよう」編集部の中塚が、転職エージェント利用時の服装について解説します。

この記事で、転職エージェントを利用する時に良い印象を与えるための服装を、知っていただければ幸いです。

目次

転職エージェントとの面談はどんな服装がいいの?

転職エージェントとの面談では特に服装は指定されていませんが、相手に不快な思いを与えない、きれい目な服装であればOKです。

しかし、派手な服装やラフすぎる服装はNGです。

あまり派手すぎる服装にしてしまうと、「この人大丈夫?」と思われてしまいかねません。

服装が自由といっても、社会人として当たり前とされるマナーを守った服装を心がけるようにご注意ください。

どのような服装をすればいいのかいまいち分からないという方は、スーツを選ぶのもひとつの方法です。

男性向け転職エージェントとの面談時の服装

転職エージェント面談時の男性向けの服装は、

  • トップはえりのついたポロシャツやシャツ
  • ボトムはスラックス
  • 靴は革靴

という組み合わせがおすすめです。

ジーパンやハーフパンツ、トレーナーやTシャツ、サンダルなどはラフすぎる印象を与えるのであまりおすすめできません。

髪型やヒゲなどにも注意して、カウンセリングを受けたり、相談に乗ってもらったりする時の転職エージェント訪問時などに、清潔感とビジネスマナーを身につけていることをアピールできるようにすることが大切です。

女性向け転職エージェントとの面談時の服装

女性の場合もジーパンなどの私服のようなラフ過ぎる服装にしないようにして、スカートやスラックスなどに清潔さを感じさせるシャツを合わせて、ジャケットを羽織るなどの格好がおすすめです。

また、サンダルやミュールなどもできるだけ履かないようにして、パンプスを選ぶと無難です。

ネイルやアクセサリー類などについても、派手すぎるものは避けて、落ち着いた印象を与えるものを選ぶと、転職エージェントに好印象を持ってもらえます。

なぜ転職エージェントとの面談も服装が大切なの?

転職エージェントとの面談で、なぜ服装が大切になるのかというと、社会人としてのマナーを身につけているかどうか判断される要因となるからです。

第一印象で清潔感がなかったり、適切な服装ができていなかったりすると、「紹介した職場でも、マナーが守れないのではないか?」と転職エージェントに思われてしまいます。

転職エージェントがこの人なら安心して求人に紹介できると思ってもらうためにも、服装にも気をつけて好印象を持ってもらうことが重要です。

転職活動の一環として、転職エージェントの利用にも注意していかなければなりません。

オフィスカジュアルな服装ってどんな服装をすればいいの?

オフィスカジュアルな服装とは、スーツよりも崩した形の、

  • シャツ・スカートまたはパンツ
  • シャツ・スラックス
  • カジュアルなカーディガンやジャケット

などが当てはまります。 男性ならば、ノーネクタイのスーツ上下でもオフィスカジュアルに当てはまります。

できるだけシンプルな服装を心がけて、ベーシックカラーにまとめることがコツです。

オフィスカジュアルの基準がつかめないという方は、モノトーンでコーディネートしたり、スーツを着用したりすれば問題ありません。

転職エージェントとの面談で気をつけたい服装の注意点

転職エージェントとの面談を行うにあたって、服装だけでなく、服にシワや汚れ、埃などがついていないかという点にも注意しなければなりません。

特にスーツを準備する場合、普段はスーツを着ていない方は、引っ張り出したスーツが夏なのに冬物であったり、多くのホコリがついてしまったりしていることもありえます。

いくら転職エージェントの面談などに適切な服装であっても、ヨレヨレになっていたりすると、あまり良い評価は受けられません。

また、派手すぎる腕時計などのアクセサリーも良い印象を与えないので、清潔感を持っているかつ、落ち着いた印象を与える装いにすることを意識してください。

服装以外に転職エージェントとの面談時に準備しておきたいこと

転職エージェントとの面談では、服装に注意することももちろん大切なことですが、転職エージェントに自分が転職に関してどのように思っているのか、正しく認識してもらうことが何よりも重要です。

転職エージェントに登録するには、職務経歴書などの提出も必要になります。

職務経歴書にはどんな仕事をしていたのか正直に書いて、どのような資格を持っているのか、どんな条件を望むのかなどについて相手に明確に伝える準備も必要です。

また、転職の目的などについても自分の意見をまとめて、面談当日に落ち着いて話せるようにしておけば、転職に向けた熱意をアピールすることにもつながります。

模擬面接を行うときの服装は本番の仕様にすべき?

転職エージェントで、模擬面接を行うときは、練習時から服装も本番の仕様にしておくことをおすすめします。

転職先によってはオフィスカジュアルな服装が求められたり、スーツ姿が求められたり様々です。

自分が受けようとしている企業の面接には、自分が用意した服装が適切なのか転職エージェントにチェックしてもらうこともできます。

いまいち自分の服装に自信が持てないという方は、模擬面接で本番に着る予定の服装をして、転職エージェントに直した方がいいところがあるのか聞く方法もあります。

転職エージェント利用時の流れとは?

転職エージェントを利用する際は、転職エージェントの申し込みフォームに、希望する条件や職務経歴などの必要項目を入力して応募することになります。

応募後に転職エージェントから登録が受理されれば、登録終了の連絡と、面談日についてのメールなどが送られてきます。

面談日の予約については、転職エージェントと相談した上で決まります。

面談を行って転職希望者と転職エージェントで情報を共有した後に、条件にあった求人を紹介してもらう形です。

転職エージェントの面談はどのように開かれるの?

転職エージェントの面談がどのように開かれるのか、一般的な面談の内容と、転職エージェントが開かれる場所について解説します。

面談時に緊張しないためにも、どのような面談が行われるのか把握しておくことをおすすめします。

転職エージェントの面談の内容とは?

転職エージェントで行われる面談は、転職希望者と転職エージェントがお互いを理解し合うために開かれます。

転職エージェントから聞かれることは、自己紹介やこれまでの職務経歴についての話だけでなく、仕事についてどのようなことを考えているのか、何を重要視しているのかなどがあり、情報共有した上で、転職先を探すための話し合いが行われます。

  • これまでの仕事経験の中でやりがいを感じたこと、逆に感じなかったこと
  • 今回転職をしようと思った理由
  • 次はどんな仕事がしたいか、休日や給与などの希望条件について

他にも、「学生時代に頑張っていたこと」や「アルバイト経験があるか」や「自身の長所や短所」といった内容を聞かれる場合もあります。

自信のあることから不安に思っていることまで正直に話すことで、長所を活かすや、対策を取って新たな可能性を広めるなどのサポートが受けられるようになります。

遠慮せずに転職について本音で質問をして、解消していける場が転職エージェントとの面談です。

転職エージェントとの面談が開かれる場所とは?

転職エージェントによっては、電話面談やWebを活用したオンライン面談を行っているところもありますが、転職エージェントのオフィス内にあるスペースや、打ち合わせスペースを利用して行われます。

転職エージェントとの面談は、自宅から近くに転職エージェントのオフィスがあれば、そちらに出向いて対面で話をする場合が多いです。

近くに転職エージェントのオフィスがない場合は、電話での面談やメールのみでの対応になります。

ただ、近年は安全性に配慮し、skypeやZOOMなどのWEBツールを使ったWEB面談を行うケースが増えてきています。

そのため、オフィスが近くにない遠方の方でも対面に近い面談ができたり、忙しく面談の時間が取れづらい方でも面談を受けられたりすることが多くなっています。

転職エージェントとの面談では服装以外にどんなところを見られる?

転職エージェントとの面談では、服装以外にどんなところを見られるのか大きく3つに分けて紹介します。

服装以外のポイントにも注意して、転職エージェントの面談に臨んでください。

1.転職にやる気や前向きさを感じるかどうか

転職エージェントの面談では、転職希望者自身のやる気も重要視されます。

自分自身がどのような仕事をしたいのか明確な目的を持っているのか、積極的に質問などをして前向きに考えているのか、などといった部分も見られます。

どのような転職先を選べばいいのか悩んでいる方でも、自分に合った転職先を探すために転職エージェントを活用していることが伝われば、納得できる条件の求人を探してもらいやすくなります。

2.マナーがしっかり守れるかどうか

適切な服装ができていても、言葉遣いなどの基本的なマナーの部分が伴っているかどうかも転職エージェントは面談でチェックします。

ビジネスマナーが身についているかどうかで働ける職場も変わってくるため、問題なく企業とのコミュニケーションがとれる転職希望者が望まれます。

社会人として人と付き合っていく上でも、マナーは重要視されるので、転職エージェントを利用する際も気を抜かないようにご注意ください。

3.転職希望者の情報に嘘はないかどうか

転職希望者が提示した情報に嘘が無いかどうかといった部分も、転職エージェントとの面談では見られます。

転職エージェントはミスマッチをなくすために、転職希望者の正しい情報をもとに求人探しをしなければなりません。

実力以上のことを書いてしまうと、転職希望者が転職先で、仕事に追いつけないなどの弊害も生まれる可能性があるため、自分の情報は正しく伝えることが大切です。

もしも、嘘をついていることが判明してしまった場合、転職エージェントからの信用を大きく下げることになりかねません。

転職エージェントのWEB面談の服装はどうすればいいの?

WEB面談を行う場合、自宅などのリラックスできる場所で行えるため、気が緩みがちですが、直接転職エージェントとの面談に赴く際と同じ服装にすることをおすすめします。

具体的にはオフィスカジュアルな服装、またはスーツの着用もおすすめです。

ラフなTシャツなどは避け、清潔感と社会常識がある服装がおすすめです。

また、WEB面談であっても、髪型や顔色は相手に伝わりますので、適度にヘアセットやメイクをするとよいでしょう。

画面越しであっても、適切な服装にしておくと相手にも好印象を与えることになるので、気を引き締める意味でも、きちんとした服装を心がけてください。

転職エージェントを利用するメリット・デメリットは?

転職をするときに、転職エージェントを活用するメリットとデメリットを紹介します。

良いところと悪いところを把握して、転職エージェントを利用するかどうか考える参考としてお使いください。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを活用するメリットは、

  • キャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人に応募できる
  • 必要書類についてのアドバイスがもらえる
  • 推薦状や面接のサポートが受けられる

などです。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーに相談ができるため、自分がどのような仕事に向いているのか、自分の条件が満たせるのかについて話し合いながら転職が進められます。

また、転職エージェント独自が持っている非公開求人にも応募できるため、新しい仕事に出会う機会も広まります。

さらには、職務経歴書や履歴書などの面接時に必要となる書類作成のアドバイスや、面接の練習から、転職希望先に推薦状を送ってもらうなどのサポートも受けられます。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントのデメリットは、

  • 登録直後に就職活動が始められない
  • 選ぶ転職エージェントによって左右される
  • 求人が転職エージェントの範囲に限られる

などがあります。

転職エージェントでは、面談を行ってから転職希望者の条件に合った求人を探して行くことになるため、登録してからすぐに就職活動が行えるわけではありません。

また、転職エージェントによっては扱っている職種に得意不得意があったり、利用期間が定められているようなケースもあったりするため、どの転職エージェントを選ぶかによって転職活動に大きく左右してきます。

求人の情報についても、転職エージェントが扱っている情報だけとなるので、希望に沿った求人が見つからない可能性もゼロではありません。

希望通りの求人が見つからないことを防ぐためには、複数の転職エージェントを活用するなどの対策も必要になります。

▼関連記事▼
>>転職エージェントはおすすめしない?|転職エージェントのデメリットや魅力を徹底解説

おすすめ転職エージェント4選

転職エージェントにはどのような会社があるのか、おすすめする転職エージェントを4社紹介します。

それぞれを比較して、どのような転職エージェントを利用するのか考えることをおすすめします。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、20万件を超える豊富な求人の中から、各業界に精通しているキャリアアドバイザーのサポートを受けながら、条件に見合った転職先を探すことが可能です。

面接対策や提出書類の添削から、リクルートエージェント独自の企業情報を得られるなど、転職サポートが充実していることが大きな特徴です。

リクルートエージェントの面談時の服装は、スーツもしくは、オフィスカジュアルが推奨されています。

2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職希望者に人気のリクルートエージェントのひとつです。

第二新卒や職種未経験など初めて転職する方でも安心して利用できるように、どんな質問でも1つ、1つ丁寧に対応をして相談してもらうことができます。

また、各業界に応じたキャリアアドバイザーや、企業の人事担当者とのやり取りを行うアドバイザーが在籍しているなど、マイナビエージェントは多角的に転職希望者をサポートしています。

マイナビエージェントの面談時の服装は、リクルートエージェントと同様、スーツもしくはオフィスカジュアルが推奨されています。

3.iDA

iDAは、アパレルやコスメ、ファッション業界に特化した、5000ブランド以上の取引実績がある、30代から40代などの女性にもおすすめの転職エージェントです。

正社員として働くだけでなく、派遣として働く道や、アンバサダーとして活躍する働き方まで、幅広く対応しています。

ジュエリーやアクセサリー、シューズやバッグなどの業界に限らず、オフィス関係の仕事も取り扱っています。

面談時の服装については、ブランドものを着なければならないなどの決まりもないので、他社と同じオフィスカジュアルで問題ありません。

4.JACリクルートメント

JACリクルートメントは、設立から30年以上続いている、25,000件にのぼる求人が取り扱われている、ハイクラス向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

企業と転職希望者とのコンタクトをとるコンサルタントも800名以上在籍しているため、転職希望先の、会社の社風からチームの雰囲気など、細やかな情報を得られるのが特徴です。

管理職クラスや海外進出企業などの、責任ある仕事からグローバルな仕事ができる、上昇志向の方におすすめです。

JACリクルートメントの面談時の服装についても、スーツまたはオフィスカジュアルなどの清潔感のある服装が最適です。

【FAQ】転職エージェントの仕事に関するよくある質問

転職エージェントとのWEB面談の服装はどんな服装がいいの?

WEB面談であっても、服装は来社面談と同じ、オフィスカジュアルやスーツなどの清潔感がある服装がおすすめです。

また、WBE面談の場合、パソコンやスマートフォンで「自分の身なりがどのように映るか」を事前に確認することをおすすめします。

濃い色や暗い色の服を選んだ場合、顔が暗く映ってしまい、デスクライトなどの準備が必要となる場合があります。

転職エージェントとの面談で退職理由はどのように伝えたらいい?

転職エージェントとの面談で退職理由を伝えるときは、明らかにネガティブな理由以外は正直に伝えて問題ありません。

正直に伝えた方が、ミスマッチが起こりにくいためです。同じ理由で退職になってしまいそうな企業は紹介しないようにしてくれます。

例えば「残業が月に80時間以上あり、体力的に継続が厳しいと感じた」など、具体的な数字があれば伝えると転職エージェント側もよりマッチした求人を探しやすいです。

明らかにネガティブな理由とは、例えば「社内の人間との恋愛問題で退職」や「パワハラのやりすぎでクビになった」などです。

登録者側の人間性を疑われるような退職理由は、言わないようにしましょう。

企業に紹介するのにふさわしくない人材だと思われてしまい、求人を紹介する優先順位を下げられてしまう可能性が高いです。

転職エージェントとの約束は必ず守りましょう

面接日時や提出物の期限など、転職エージェントとの約束は必ず守りましょう。

守らないと転職エージェントからの印象が悪くなり、求人を紹介する優先順位を下げられてしまいます。

複数回にわたって約束を破ると、最悪の場合退会を促されることもあります。

やむを得ない事情があって約束を守れないときは、守れないかもしれないと思った時点で転職エージェントに相談し下記を伝えましょう。

  • 約束を守れない理由
  • (提出物の期限が守れない場合)いつまでに提出するか
  • (面接の日程を再調整したい場合)再調整後の面接の候補日

転職エージェントとの話し方には気を遣うべき?

転職エージェントとの話し方には気を遣うべきです。

相手の年齢・性別に関係なく敬語を使い、ビジネスの場にふさわしい言葉遣いを心掛けましょう。

転職エージェントの担当者と話す言葉遣いや態度が、そのまま企業の面接官への態度だと思われてしまいます。

より良い求人を多く紹介してもらうためにも、転職エージェントに礼儀正しく接して好印象を与えましょう。

転職エージェントの連絡や対応が面倒くさいときはどうすればよい?

転職エージェントの連絡や対応が面倒くさいときは、何故面倒くさいかによって対処法が異なります。

転職エージェントの担当者が自己分析のやり直しや職務経歴書の書き直しなどを要求してくるときは、面倒だと感じてもしっかり対応すべきです。

より良い企業からの内定を1日も早くもらうために必要なため、転職エージェントのアドバイスに素直に従ったほうがよいです。

転職エージェントに複数登録していて連絡が多く対応に追われてしまっている場合は、メインでやりとりしている転職エージェント以外は退会しましょう。

退会は基本的に、転職エージェントの担当者に電話かメールをすれば可能です。別途手続きが必要な場合は、担当者から指示があります。

WEB面談(オンライン面談)とは?どのようなことをするの?

WEB面談は来社しての面談と基本的に同じく、キャリアカウンセリングを行います。

まずは面談の前営業日までに、履歴書や職務経歴書、職種によってはポートフォリオなどをメール等で転職エージェントに提出します。

面談は「Skype」や「Zoom」などのビデオ通話ツールを使って行われます。

転職エージェントからも事前に、面談に使用するビデオ通話ツールに関する連絡があるので、面談の時間までにツールを準備しておきましょう。

面談当日は履歴書や職務経歴書をもとに、キャリアの棚卸やこれまでの経験・スキルについて担当者から聞かれます。

現在の気持ちや転職で叶えたい希望条件はもちろん、将来やりたいことに関しても相談できます。

面談後により良い求人を紹介してもらえるよう節度を持って転職エージェントに接するのは大事ですが、面接ではないためリラックスして話しましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントの面談をするときはスーツもしくはオフィスカジュアル
転職エージェントで面談などをするときは、スーツまたはオフィスカジュアルなどの、清潔感のある服装が最適です。

派手すぎたり、ラフすぎたりする格好は、転職に対してやる気がないと判断されてしまう要因ともなるため、転職エージェントを利用する時から服装には注意を払わなければなりません。

服装について自信がない時は転職エージェントに相談しよう
オフィスカジュアルな服装や、スーツの着こなし方などについて自信がない時は、転職エージェントに相談して、適切な服装ができるようにアドバイスをもらうことも可能です。

自分が希望している転職先ではどのような服装が求められるか、などの情報も得られるので、模擬面接等で実際に着ていく服装で練習をしながら、転職に向けた準備をしていくことをおすすめします。