【転職のプロが教える】転職エージェントは登録だけでも大丈夫?

「転職エージェントは登録だけでもいいの?」

と思っていませんか。

転職会社元社員で現役転職エージェントである「#就職しよう」の中塚が、転職エージェントの登録について解説します。

転職エージェントに登録を検討している方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

転職エージェントは登録だけはできるの?

転職エージェントは登録だけでもできます。

転職活動は始めたばかりだけど、面談はしないで求人だけ紹介をしてもらいたいと思う方も多いと思います。そのような時は、登録だけすることもできます。

大手の転職エージェントだと、アプリを登録したり入力フォーマットにプロフィールを入力することにより、簡単に転職エージェントに登録ができます。

転職エージェントから定期的にメールマガジンやおススメ求人の紹介が来るので、気になるものがあれば面談という流れでも大丈夫です。

ただし、面談を通して希望条件や経験スキルを転職エージェントが確認することにより、非公開求人や条件に合った求人を紹介してもらえる可能性はあります。

そもそも登録するのも少し怖いけど個人情報とか大丈夫なの?

人材会社では、登録された方の個人情報は厳重に管理しています。

転職エージェントでは、特に求職者の個人情報を多く扱うので、情報は厳重に管理をされています。最近ではデジタル化が進み紙で印刷して個人情報を管理することも少なくなってきました。

人材系専門のソフトで個人情報を管理する会社も増えてきているので、漏洩することも滅多にありません。

もし不安であれば、転職エージェントに伝えれば登録抹消も可能なので、相談してみてください。

転職エージェントとの面談はしたくないけど、そのことは伝えていいの?

転職エージェントに登録だけをしたい旨をお伝えいただければと大丈夫です。

転職活動を始めたけど、「面談まではしたくない」「どのような求人があるかだけ見てみたい」という方もいると思います。そのようなときは登録だけしたい旨を転職エージェントにお伝えください。

ただ転職エージェントによっては、しつこいぐらいに登録面談の案内が来る場合もあります。まだ面談の準備が出来ていないために面談はしたくない場合は、どのくらいの時期に面談をしたいかなどの希望も転職エージェントに伝えてみてください。

転職エージェントはなぜ面談があるの?

転職エージェントがその求職者に合った求人紹介をするためです。

面談ではその求職者の希望条件や、経験スキル、人柄を転職エージェントが確認し、どの求人にその求職者を紹介できるか、より詳細に確認ができるため面談をしていきます。

面談をしない場合はメールマガジンやおすすめ求人という形での紹介が多いですが、面談をすることによって求職者ごとに専用に求人紹介ができます。

また、選考に進む際に転職エージェントから推薦をすることがあります。その推薦文やPRも、求職者の人柄や強みを把握していないと伝えることができないので、面談をしていく目的があります。

転職エージェントに登録だけしている人はたくさんいるの?

転職エージェントに登録だけしている方は、多くいます。

登録だけをしたいと伝えてくれる求職者もいますが、実際のところ、転職エージェントから面談の案内を送って連絡がつかなくなってしまう求職者も多いです。

転職エージェントとしても面談をしないと非公開求人が紹介できない所もあったりするので、面談を受けてほしいという想いがあります。

転職エージェントに登録をしてしまうと今の会社にバレることはあるの?

転職エージェントに登録したり面談したりすることで、会社にバレることはありません。

転職エージェントに登録や面談を行う場合は、個人情報はしっかり管理されているので、現職や取引先などに転職活動をしていることがバレることはありません。

転職エージェントが現職や周りの知人に連絡することは無いので安心してください。

ただし、注意したほうがよいことは応募媒体に登録するときに社名などを詳細に記載すると、求人企業がスカウトを打つ際にどの会社に所属しているか確認ができます。

万が一現職の人事担当がスカウトを打つ際に貴方のプロフィールを見つけた場合は、特定されてしまう可能性はありますが、滅多にそのようなケースもありません。

実際転職エージェントに登録や相談だけする人はどう扱われるの?

登録や相談だけでは正直なところ、転職エージェントは快く思いません。

なぜかというと、転職エージェントも求職者が入社してくれることで利益を得ているためです。

求職者が求人紹介から求人に応募するまで中々いかないと、転職エージェントとしては利益にならないため優先順位は下がってしまう可能性はあります。

ただ、転職活動をする際に市場状況を把握したり、転職活動の進め方のアドバイスをもらうことも重要なので、相談だけでもできるかは積極的に聞いてみるべきです。

相談したきっかけで求人紹介から入社までスムーズに進んだケースもあるので、まずは転職エージェントと密に連絡を取っていくことが大切であると思います。

まとめ

この記事をまとめると、

転職エージェントに登録だけすることは可能です。

転職活動を始めて、転職エージェントに登録したものの面談は面倒くさい、後回しにしたいこともあるかと思います。転職エージェントによってはしつこく電話が来たりするところもあるかもしれません。

そのようなときは登録や相談だけしたい、準備ができ次第面談をしてほしいなど転職エージェントに伝えてみるのが良いかもしれません。

面談自体はかしこまったものではなく、最近だとプレ面談のような形で10分程軽くお話しをすることも増えてきています。面談をしてみると意外に親身になってくれたと感じたり、悩みを解消できたと思う方も多いです。

また、自分が思っていた市場価値とは違う客観的なアドバイスもしてくれたりするので、より転職活動をスムーズに進められることもあるかと思います。

転職エージェントによっては、求人媒体や登録だけでは見れない非公開求人も持っているので、面談を受けることでより希望条件にマッチした求人と巡り合うことがあるかもしれません。まずは面談を受けてみることをおすすめします。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。