【転職のプロ監修】施工管理におすすめ転職エージェントランキング

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

施工管理

「施工管理におすすめの転職エージェントはどこ?」

と悩んではいませんか?

転職会社の元社員で、現役転職エージェントである「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

最初にチェック!
施工管理におすすめ転職エージェント
建設・設備求人データベース
\施工管理や設備管理の転職に/
東証プライム上場企業が運営!
「1.豊富な求人数」「2.詳細な情報提供」「3.内定率を高める添削指導」で転職の早期実現をバックアップしてくれます。
約1分で登録OK
登録はこちら
公式サイト→

PR

施工管理におすすめ転職エージェントランキング

施工管理の転職には、
「施工管理の求人が多い転職エージェント」
がおすすめです。

なぜなら、求人の多い転職エージェントに登録することで求人の選択肢が広がり、希望する条件の求人や好条件の求人に巡り合う可能性が高くなるからです。

そこで、Googleで「施工管理 転職エージェント」と検索した際に掲載されていた転職エージェントを抽出し、求人数を調査すると、以下のような結果となりました。

調査概要
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「施工管理 転職エージェント」という検索ワードで検索して掲載していた「『有料職業紹介事業許可』を取得している」企業
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントがWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:施工管理」の条件に合致する求人数をカウントしました。
調査日 求人数ランキング上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

ここからは、各転職エージェントそれぞれについて詳しくご紹介します。

【求人数第1位】施工管理ジョブ

施工管理job
画像引用元:「施工管理ジョブ」公式サイト

施工管理ジョブのおすすめポイント

  • 施工管理求人に特化したサイト
  • 非公開求人を多数保有
施工管理ジョブに関する情報
施工管理の求人数 51,397件
(求人数調査日:2022年12月16日)
取り扱い職種 建築施工管理/建築施工管理技士/その他
取り扱いエリア 全国
取り扱い雇用形態 正社員/契約社員/派遣社員

【求人数第2位】セカコンNEXT

※画像準備中
画像引用元:「セカコンNEXT」公式サイト

セカコンNEXTのおすすめポイント

  • 施工管理の求人に特化したサイト!
  • 「未経験者歓迎の求人」「50代・60代歓迎の求人」など利用者にとって探しやすい求人検索機能が充実!
セカコンNEXTに関する情報
施工管理の求人数 17,656件
(求人数調査日:2022年12月16日)
取り扱い職種 施工管理|施工管理補助|CADオペレーター|施工図
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員、契約社員
運営会社 株式会社ワールドコーポレーション
許可番号 職業紹介事業者:紹13-ユ304344
労働者派遣事業:派13-305286
一級建築士事務所 東京都知事登録:第64222号

【求人数第3位】施工管理求人ナビ

施工管理求人ナビ
画像引用元:「施工管理求人ナビ」公式サイト

施工管理求人ナビのおすすめポイント

  • 施工管理技士や現場監督の転職支援実績が豊富!
  • 施工管理経験者が選ぶサイト4年連続1位を獲得!(※2021年10月楽天インサイト調べ)
施工管理求人ナビに関する情報
施工管理の求人数 14,938件
(求人数調査日:2022年12月16日)
取り扱い職種 一般事務/営業/CADオペレーター/工務・積算/建築コンサルタント/土木施行管理/建築施行管理・工事管理者/その他
取り扱いエリア 全国
取扱い雇用形態 正社員/他
運営会社 株式会社ウィルオブ・コントラクション

施工管理の転職に強い転職エージェント

施工管理の転職なら、
「分野に強い転職エージェント」
への登録もおすすめです。

ここからは、ランキングからは外れてしまったけれども、登録すべき施工管理におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.DYM就職

DYM就職
画像引用元:DYM就職

DYM就職のおすすめポイント

  • DYM就職だけの独自求人もあり
  • オンライン面談も可能(平日22時まで・土日の面談もOK)
DYM就職に関する情報
建築系取り扱い職種 施工管理/建築・土木技術者/生産管理・品質管理・メンテナンス/その他
取り扱いエリア 全国
取り扱い雇用形態 正社員

関連記事:「DYM就職」の口コミ・評判

2.RSG

RSGは、建築・不動産業界と医師の転職支援をメインに行っている転職エージェントです。

建築・不動産系の転職支援の紹介実績をみると、施工管理の転職支援が半数近くになっており、施工管理に転職支援に強い転職エージェントなのです。

RSGに関する情報
建築系取り扱い職種 施工管理関連/設計・デザイン・技術関連/不動産関連
取り扱いエリア 関東・関西・東海・九州エリアがメイン
取り扱い雇用形態 正社員

4.レガリス

レガリスは、建築業界と製造業界の技術者に特化して人材派遣・人材紹介を行っている企業です。

長く業界に特化した人材支援を行っており、今までの実績・経験をもtの位して国内外問わずに幅広く求人紹介をしています。

レガリスに関する情報
取り扱い職種 施工管理/プラントエンジニア/環境エンジニア/機械設計/電気設計/ソフト設計/その他
取り扱いエリア 不明
取り扱い雇用形態 不明

【FAQ】施工管理の仕事探しに関するよくある質問

施工管理からITなどの異業種への転職は可能?

施工管理からITなどの異業種への転職は可能です。

施工管理からの転職の場合、建築に関しての知識や施工管理での経験を活かして働ける業種・職種もあります。

例えば、地方公務員(土木・建築など)や住宅設備や資材メーカーの営業、ゼネコンの営業や不動産関係などが挙げられます。

特に営業に関しては年齢や経験を問わない事が多く、各業界でも募集がかかっているので求人数も多いです。

施工管理の知識や経験を活かして、是非ご自身に合った求人を見つけてみてください。

異業種から施工管理への転職は可能?

異業種から施工管理への転職は可能です。しかし、施工管理になるには「施工管理技士」の資格が必要になってきます。

施工管理技士の資格は一定の実務経験が必要となる為、異業種からの転職の場合はいきなり施工管理にはなれないという点は念頭に置いておいてください。

まずは現場の仕事からスタートをして、一定の実務経験を詰んだ後に施工管理技士の試験に合格してはじめてなる事ができます。

その他異業種から施工管理への転職は可能ですが、経験と資格がないので採用のポイントとしては応募時の年齢も選考結果に影響があります。

施工管理に多い転職理由とは?

施工管理に多い転職理由としては、労働時間や転勤に関する理由が多いです。

施工管理は工事に関わる全てを管理する仕事の為、工事が遅れていたり予期せぬトラブルでの残業もつきものです。

その上、日中は現場で現場監督として現場の管理の業務がある為、その後に書類作成や業務報告の事務作業を行ったりします。

他には、大手の会社になるほど、日本各地に現場があるので転勤する可能性が高いのも施工管理の特徴の一つです。

その為、転勤をしたくないという理由で転職を希望される方も多くいます。

ただ、施工管理でも残業が多くない会社や転勤がない会社もあるので、しっかりと求人内容を確認して転職しましょう。

まとめ

この記事をまとめると、
施工管理の転職なら、
施工管理ジョブ」がおすすめです。

施工管理ジョブは最も多くの求人をもっています。
→求人数の多い転職エージェントを選べば選択肢が広がり、希望の求人に巡り合う確率が高まります。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事
こちらの記事では、建設・建築業界の転職に強い転職エージェントをランキングでご紹介しています。
【転職のプロ監修】建築・建設系おすすめ転職エージェントランキング
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載