総務事務の現状と将来性につながる3つのポイントをご紹介

「総務事務の現状ってどうなの?将来性のある仕事なの?」と困っていませんか?

総務事務として働こうと考えても、その現状が分からないとなかなか踏み込むことができないものです。また、ステップアップを望む人にとっては将来性があるかどうかがとても気になりますよね。

でも皆さん、安心してください!この記事では総務事務の現状と将来性について詳しく解説しています。

派遣会社にて約6年経験した私。総務事務の仕事を熟知しているので、現状や将来性を皆さんにしっかり説明できるんです。

総務事務の現状を知るとこの仕事の必要性がよくわかってきます。また、その必要性こそが将来性に繋がることも理解できるんです。この記事を読んで、皆さんが総務事務として働くことに魅力を感じ、無事に就職できることを祈っています。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

総務事務の現状

総務事務の現状

総務部は企業全体をコントロールする役割を持つため、多くの会社が総務事務を必要としているのが現状です。
総務事務が所属する総務部は、会社の売上に直接関わることはありません。しかし、研究部門が新製品を開発できるのも、営業部門が取引先を開拓できるのも、総務部が他部門を下支えしているからなのです。

社員が業務に集中して成果を上げて会社の業績を伸ばすには、会社や社員をサポートする総務事務の働きが必要となります。ですから、どの会社も総務事務を必要不可欠な存在として認識しているのです。

こういった理由から、総務部に事務専門の総務事務を配属する会社は多くなっています。総務部がない中小企業でも、総務的役割をこなす人はいるはずです。そのため、現状では総務事務の求人は多いと言えます。

総務事務の将来性につながる3つのポイント

総務事務の将来性につながる3つのポイント

総務事務を必要とする会社が多い現状は分かりましたが、この仕事の将来性を不安視する人もいることでしょう。

確かに、AI技術の発達など、事務職の将来性に不安を感じさせる要因はあります。ですが、総務事務に関しては、一般の事務とは違う将来性があります。

総務のスペシャリストになれれば昇格も見込める

総務事務として総務の仕事のスペシャリストになれれば、昇格できる可能性があります。

会社は総務部を重要視しているため、総務事務として一通りの業務をこなせるようになれば、自然と業績評価が上がります。経験を積んでさらなるステップアップをしていけば、昇格へのチャンスをつかめるかもしれません。

例えば、一般社員だった総務事務から昇格して主任や係長になると、総務内の専門業務を管理する立場に変わります。そうなれば、他部門との打ち合わせや取引先との会議をまとめる業務も行うため、より専門的な知識を得られるのです。

幅広く情報を持つことで社内での重要性を高められる

他部門と連携しながら仕事を行うことで、関係するさまざまな情報を得ることができ、社内での重要性を上げることができます。

会社全体を見たわせる総務部は社内の状況を把握しやすいので、自然と他部門との関わりが深くなっていきます。そうした関わり合いの中で、他部門の仕事内容やディープな情報を知ることができるのです。

社内の幅広い情報に精通していけば「この案件はあの人でないと話ができない」という風に、他の社員よりも重要性をアップさせることができます。そうなれば、会社としても良い待遇や高い評価を考えざるを得ないでしょう。

専門敵知識とスキルを身につければ高待遇での転職も可能

総務事務として専門性が高い業務の知識とスキルを身に付けることができれば、転職したいと思った時に有利になります。

大手企業では、総務事務に株主総会のとりまとめなどの専門的知識がある人を採用したいと考えています。そのため、そうした知識やスキルがあると転職の際にアピールすれば、面接官に注目してもらえるでしょう。

中小企業でも、総務の仕事を理解している人を求める傾向が強いので、総じて転職先の幅は広いと言えます。

他社より一歩先を歩く会社の総務部にはスペシャリストが必ずいるため、総務事務であっても、高い知識とスキルがあれば他社から求められる人材になれるのです。

まとめ

総務事務 ステップアップ

総務事務の仕事はどの会社にとっても重要であり、この職種の社員がいるといないとでは総務部の仕事のスピードが大きく変わってきます。
この記事をまとめると、「総務事務は他の事務職よりも必要性が高く、将来性は十分にある」と言えます。

このことを理解している会社では、総務事務をステップアップが可能な事務職として認識しているので、総務事務の仕事で経験と努力を積めば、将来的にも先が見えてくるでしょう。この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA