ネイリストとは?仕事内容、資格、年収、求人状況、やりがい、将来性など


ネイリストの仕事内容とは?

ネイリストの仕事内容は、爪をきれいに整えるための「ネイルケア」や、爪にマニュキュアなどの装飾をする「ネイルアート」を施すことです。
ネイルケアは、爪の形を整えたり表面となめらかにしたり、甘皮の処理などを行い、爪そのものを綺麗にします。
ネイルアートは、つけ爪をつける、マニュキュアを塗る、ストーンなどで装飾する、ジェルやスカルプチャを使うなどして爪に装飾し美しく見せます。

ネイリストの主な就職先は?

ネイリストが活躍できる場として多いのは、ネイルサロンです。
他にも美容室やエステサロンにネイルサロンが併設されていたり、ブライダルサロンでもブライダル専門のネイリストがいることもあります。

また、ゆくゆくは独立して自身のお店を持つことも可能です。

ネイリストの一日は?

<ネイルサロンで働くネイリストの一日>

10時30分 出勤
予約状況の確認や店舗の清掃などをして、開店の準備を行います。
11時00分 開店
基本的には予約優先で施術をすることになります。
1人の施術にかける時間としては、ネイルケアや簡単なカラーリングなら1時間程度、ジェルや凝ったアートを施す場合には2時間程度です。
1日に担当する人数は、平均して4~5人程度になります。
13時30分 昼休憩
昼休憩の時間は、予約状況に応じて毎日変動します。
15時00分 サンプル作り
施術時間のない時間は自主トレーニングを兼ねたサンプルなどを作る時間にあてます。
19時30 分退勤
自分の用具の手入れや片付けをして、クローズまで残るスタッフに引き継ぎをしたら退勤になります。
店に残って自主トレーニングを行うこともあります。

ネイリストになるには?

ネイリストになるために必要とされる国家資格はありません。
しかし民間の資格は存在し、ネイリストとして就職する際には、そうした資格の取得者が優遇されることも多くあります。
サロンに就職するにしても、ネイリストとして個人サロンの開業を目指すにしても、資格の取得があるほうが望ましいといえます。
ネイリストの資格はいくつかありますが、なかでも以下の2つを取得することが望ましいとされています。

①JNECネイリスト技能検定試験
検定試験の運営と資格認証を専門に行う機関として新たに設立された「公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)」が行う検定。

実技試験と筆記試験を実施、1級を最高とし、1級、2級、3級の段階に分かれています。
正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。

3級は義務教育を修了していれば、国籍問わず受験できます。受験資格や受験料は下記サイトを確認してください。

参考

JNECネイリスト技能検定試験JNECネイリスト検定試験センター

②JNAジェルネイル技能検定試験
ネイルの正しい知識と安全な技術の確立を目指す目ため1985年に設立された日本ネイリスト協会が行う検定。
安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的としている。

実技試験と筆記試験を実施、初級、中級、上級の段階に分かれています。
プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識から
総合的知識と技術の修得まで問われる試験です。

初級は義務教育を修了していれば、国籍問わず受験できます。受験資格や受験料は下記サイトを確認してください。

参考

JNAジェルネイル技能検定試験JNA日本ネイリスト協会

またこのほかにも、日本ネイリスト協会が行うJNAフットケア理論検定試験やネイリスト技能検定試験、JNA国際ネイリスト技能検定試験などがあります。

独立してサロンを経営したい方はJNA認定ネイルサロン衛生管理士やJNA認定ネイルサロン技術管理者などの資格を取得する方もいます。

ネイリストになるための学校や学費は?

ネイリストになるためには必ずしも学校に通う必要はなく、未経験からアルバイトとしてネイルサロンで働き、実際に業務にあたりながらその技術を学ぶ人もいます。

しかし、資格取得を目指すならば、スクールに通う方が多いです。

通信講座を利用して学ぶ方法だと、生涯学習のユーキャンの場合、ネイリスト検定2・3級JNAジェルネイル検定初級に対応したコースで119,800円、
専門学校だとおよそ2年間で200万円前後かかります。

参考

ネイリスト講座ユーキャン公式ホームページ

参考

ネイリスト専門学校スタディサプリホームページ

ネイリストになるための資格や試験の難易度は?

JNECネイリスト技能検定試験の2019年春季合格率は3級が92.2%、1級が44.0%のようで、頑張れば取得できる資格となります。

参考

JNECネイリスト技能検定試験合格率JNECネイリスト技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定の合格率は非公表ですが、初級が70%程度、中級は60%程度、上級は45%程度と言われているようです。

ネイリストの給料・年収はいくら?

indeedで調査した結果(2019年6月)ネイリストの平均給与は21.6万円でした。
ネイリストはネイルサロンで正社員として、またはアルバイトやパートとして働くのが一般的ですが、個人サロンを開業する場合もあり、給料や年収はまちまちです。

就職先によっては施術した数だけインセンティブが支給されるところもあり、実力次第で年収は変わってくるでしょう。
また、独立すれば、それなりに高収入は期待できます。

ネイリストのやりがいとは?

ネイリストとしてやりがいを感じる瞬間は、顧客の理想を叶え、喜んでいただける時が多いでしょう。
きれいになりたいと思っている女性の手助けができることは、やりがいにつながります。

担当した女性がリピーターになってくれるなど、ダイレクトに評価してもらえるのも良い点です。
一部歩合制の場合も多いので、リピーターになってもらえればそれなりに安定した収入を得ることができ、そこでも同時にやりがいを感じます。

ネイリストのつらいこととは?

ネイリストは一日中細かい作業を続けなければならなく、集中を切らすとうまく線がかけなかったり、ストーンを載せる場所がずれてしまったりと失敗することもあります。
また、シフトも休日や出勤時間が不定期なことも多く、そこもつらいと感じることもあるでしょう。

ネイリストに向いている人 向いていない人

ネイリストに向いている人は、手先が器用で美意識の高い人です。
細かい作業をミスなく何時間をしなければならないので、手先が器用でないと厳しいです。
また、ネイリストは常に新しい技術やデザインを知っておくべきなので、美意識の高い人が向いています。

細かい作業が苦手な人や顧客とコミュニケーションを取ることが苦手な人は向きません。
ネイルをする時は美容室のように雑誌を見ることもできないので、話をしながら施術することが多いです。
話をしながら細かい作業に集中することが必要なので、コミュニケーション能力と器用さの両面持ち合わせていないとネイリストには向きません。

ネイリストになった人の志望動機は何だった?

ネイリストになって人の志望動機として「ネイルアートやおしゃれが好き」なのはもちろんのこと、美意識が高く、手に職をつけたい思っている人がほとんどです。
ゆくゆくは独立して自分のお店を持ちたいと考えている方もいるでしょう。

ネイリストの雇用形態は何がある?

ネイリストの雇用形態は正社員だけでなく、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなどあらゆる雇用形態があります。
多様な働き方ができる職業なので、子育て中の方でも働きやすく、副業でネイリストをすることも可能です。
また、ある程度の経験を積んでから独立して自分のサロンを経営することもできます。
フリーランスとして働く人もおり、さまざまな雇用形態があるのが特徴でしょう。

ネイリストの勤務時間や休日はどうなっている?

ネイリストの勤務時間は、雇用形態によって異なります。
ネイルサロンに就職して働く場合には、店舗の営業時間や休日に影響されます。
完全予約制のネイルサロンなら予約客の施術が完了すればその日の営業は終了しますし、繁華街のネイルサロンなら夜遅くまで営業していることもあります。
営業時間が長い店舗なら、早番や遅番といったシフト制を導入しています。
その場合は、1日の勤務時間は8時間程度になるのが一般的でしょう。

休みに関しては定休日を設けているネイルサロンもあれば、年中無休の場合もあります。
年中無休なら交代制で休日を取ります。

ネイリストの求人・転職状況はどうなっている?

ネイリストの求人は、比較的多いと言えます。
ネイルアートへの関心が高まり、需要があるためネイルサロンの数は増えています。

求人も多くありますが、資格や経験を持っているネイリストを優遇して募集しているケースも多いため、資格がった方が転職に有利です。
もちろん未経験であっても求人を出している店舗もあります。

ネイリストの将来性はどうなっている?

ネイルアートの人気は根強くあるので、ネイル業界は将来性のある業界です。

ただ、最新技術ではネイルプリンターなど、数分で思い通りのアートがプリントされる機械も出てきています。

ネイルプリンターでは実現できないような技術を身に付けることや、丁寧なカウンセリングができることなどで、将来性あるネイリストとなることができるでしょう。

ネイリストの身につくスキルは何?

ネイリストとして働くことで当然ネイルの技術が身につきます。
個々に持ったネイルに対する悩み(深爪である、爪が薄い、巻き爪である)なども状況に応じて解決することができるようになります。

また、顧客とコミュニケーションを取りながら施術をすることになるので、コミュニケーション能力も身につきます。

ネイリストのキャリアアップはどんなものがある?

サロンで勤務した場合、顧客数や売り上げなどを評価されて、店長になることができます。
店長になればネイルのことだけでなく、売り上げや人員を管理する能力が身につきます。
店長として経営を勉強することができれば、独立して自分のお店を持つことも可能です。

ネイリストのメリット・デメリットはどんなものがある?

ネイリストのメリットは、最新の美容に触れられる点です。
美意識の高い顧客が多いので、ネイル以外に美容に関する事柄に敏感になりやすく、美容について知識と技術を身につけたい人にとっては大きなメリットと言えます。
また、年齢に関係なくできる仕事なので、結婚して子どもがいてもアルバイトやパート、副業などで続けられることもメリットでしょう。

デメリットは、自分のスキルにすべて左右される点です。
ネイリストは高い技術が求められる職業で、お客様を満足させられなければ顧客は付きません。
技術が上がらなければ給料も上がらないため、満足できる給料がもらえない可能性もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA