激務なの?MRの働き方と立ち位置

MR激務


「MRの仕事は激務なのか?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

MRの仕事は激務といえば激務

仕事が激務かどうかの感じ方はひとによりけりですが、MRの仕事は激務だと感じる方は多いです。
なぜ、激務だと感じるのか、その理由としては、以下のような理由が挙げられます。

  • 移動が多く、朝から晩まで移動しないといけない
  • 医者から見て、MRの立場・立ち位置が低い
  • 売上ノルマが厳しい

MRの仕事は、とにかく多くの医者に会い、自社の医薬品をアピールしていかなければならない仕事です。

医者はいつも忙しいため、なかなか会えないですし、会えてもわずかな時間というケースも少なくありません。

しかも、医者は医薬品について詳しいため、MRからの商談は必要ないと考える医者も少なからずいます。

そのため、医者に気に入られていない限り、MRはぞんざいに扱われてしまうのです。

それなのに、会社からは厳しい売上目標を与えられ、目標をクリアしないと上司から厳しく怒られるということも珍しいことではありません。

以上の点から、MRは肉体的にも精神的にも大変な激務であると多くの方が感じるのです。

激務でもMRはとても良い仕事

MRの仕事は激務だとお話しましたが、それでも非常にいい仕事です。なぜかというと、以下の理由が挙げられます。

  • とにかく給与が高い
  • 福利厚生が充実している
  • 社会的な評価が高い

MRの平均年収は700万円を越えており、転勤が多くても、引越しや住居にかかる費用の大半は会社が準備してくれます。

しかも、退職金制度も整っているため、将来設計もしやすく、とても高待遇で働くことができます。

また、MRの社会的な地位も高いため、誇りを持って働けますし、まわりから見られる目も違います。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA