歯科医師とは?仕事内容、資格、年収、求人状況、やりがい、将来性など。


歯科医師の仕事内容とは?

歯科医師の仕事内容は、口のなかの治療を行うことです。
虫歯や歯周病などの治療を施し、口腔内の健康を取り戻します。
また、予防のための活動に力を入れている歯科医師も多いです。
たとえば、歯磨きの指導をしたり、食生活のアドバイスをしたりすることで、口腔内の病気を未然に防ぎます。
さらには、歯並びの矯正やマウスピースの作成、顎関節症の治療などを行っている歯科医師もいるのです。
このように歯科医師の担当する領域は幅広く、さまざまな悩みに対応することが求められます。

歯科医師の主な就職先は?

歯科医師の多くが診療所に就職しています。
診療所は全国各地に存在していて、地域に密着した歯科治療を行っているのが特徴です。
あるいは、病院に在籍して働いている歯科医師もいます。そのほとんどは大学付属病院であり、診療所よりも高度な治療を行っているのです。
医療機関以外では、教育機関や研究機関、一般企業などで働く歯科医師もいます。
これらの就職先で経験を積んでから診療所を開いて開業医になる歯科医師も多いです。

歯科医師の一日は?

≪一般的な歯科医師の一日のスケジュール≫

7時30分出勤 カルテチェック
診療前の時間を用いてその日の患者のカルテチェックを行います。
効率よく治療を進めるために事前準備が大切です。
8時00分 朝礼
出勤しているスタッフが集まって朝礼を行います。
そこで、情報共有や引き継ぎなども行います。
8時30分 午前の診療開始
予約をしていた患者が続々と訪れてくるため、診療室に案内します。
急患がある場合もできる限り責任を持って受け入れます。
スタッフが全員で協力しながら患者に対応します。
12時00分 昼礼
午前中に治療内容を振り返ります。
午前の出来事の情報を共有して、午後の患者の情報も共有します。
ときには、院長からスタッフに対してアドバイスや注意をすることもあります。
12時15分 お昼休み
昼食を取ります。
ドクター同士がディスカッションを行うこともあります。
14時00分 午後の診療開始
午後にも多くの患者が来院します。
うまく時間管理をしながら診療にあたります。
18時00分 終礼
午後の診療を振り返ります。
翌日の診療の準備も行います。
患者のいない時間を利用して研修が行われることもあります。
19時00分 帰宅
研修がある場合は帰宅時間が遅くなることもあります。
帰宅後はゆっくりと休んで翌日の診療に控えます。

歯科医師になるには?

通常、歯科医師になるためには、歯科医師国家試験に合格し、歯科医師資格(免許)を取得しなければなりません。
歯科医師免許取得のためには、歯科大学や大学の歯学部で6年間の教育を受け、2006年4月からは資格取得後、研修施設の指定を受けた病院・診療所などで1年以上の臨床研修が義務付けられています。

歯科医師国家試験は、年1回毎、2日間に渡って実施されており、筆記試験のみで実技試験はありません。
受験するためには、下記の受験資格が必要です。

受験資格
(1)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、歯学の正規の課程を修めて卒業した者
(2)歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び口腔(くう)衛生に関する実地修練を経たもの
(3)外国の歯科医学校を卒業し、又は外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの
(4)沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第18条第1項の規定により歯科医師法の規定による歯科医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの
参考

歯科医師国家試験の施行について厚生労働省公式ホームページ

歯科医師になるための資格や試験の難易度は?

出題内容は、人体の基本的な構造に関するものから、歯科医師として問われる専門的な分野にまで及びます。
また、平成30年に実施された第111回歯科医師国家試験より、出題内容や合格基準が見直され、より高度な知識が求められるようになりました。
合格率は第110回 全体合格率65.0%、第111回 全体合格率64.5%、直近の第112回では63.7%と減少傾向にあることからも、試験の難易度が上がったことがわかります。
試験内容の具体的な変更については以下をご覧ください。

参考

歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書について厚生労働省公式ホームページ

過去3回の合格率について

参考

第110回歯科医師国家試験の合格発表について厚生労働省公式ホームページ

参考

第111回歯科医師国家試験の合格発表について厚生労働省公式ホームページ

参考

第112回歯科医師国家試験の合格発表について厚生労働省公式ホームページ

歯科医師になるための学校や学費は?

基本的に、歯科医師は大学の歯学部に進学し、6年間の教育を受けます。
歯科医師養成機関(大学)は国立11機関、公立1機関、私立17機関、計29機関あります。

国立の学費は文部科学省の標準額を元に設定されており、2019年時点での入学料は282,000円、検定料17,000円、年間の授業料は535,800円程度です。
私立大学の場合、各大学によって異なりますが、入学金や設備の使用料などを合わせて平均すると、6年間で総額約3,000万円前後の費用がかかります。
そのため、国公立の歯学部を目指す学生が多く、倍率が高い傾向にあります。

また、学費がネックとなり進学が難しいと考えている方は、奨学金制度の利用を検討することができます。
医学系は特に奨学金制度が充実していますので、まずは希望する大学のホームページで詳細を確認してください。

歯科医師の給料・年収はいくら?

厚生労働省によると、平成30年度の歯科医師の平均的な月収は659,600円、平均年収は8,488,900円でした。

勤務医か開業医か、またその規模や専門性によっても収入は大きく異なります。
勤務医として安定した収入を得ることもできますが、開業して経営が順調であれば、得られる年収は大幅に増えます。
高い収入を得るためには、高い技術と専門性が求められる職業といえます。

歯科医師のやりがいとは?

歯科医師の仕事は、自分にしかできない専門性の高い治療ができるのがやりがいのひとつとなります。
同じ歯科医師であっても、それぞれに専門分野を持っており、技術は時々刻々と進歩しています。
専門技術を持って難しい治療をやり遂げた瞬間には、大きな達成感とやりがいを感じられるのです。
また、歯科医師のなかには開業医が多く、経営者としての仕事にも取り組めます。
うまく診療所の経営を成功させられたときに、経営スキルが高まったことを実感できて、それが大きなやりがいとなるでしょう。

歯科医師のつらいこととは?

歯科医師の行う治療は、ときには痛みを伴うものがあります。
治療が長時間に及んでしまい、患者が心身ともに疲弊してしまうこともあるのです。
そのため、患者が不満を抱いてクレームを寄せるケースがあります。
理不尽な叱責を受けることもあって、つらいと感じることは多いです。

小規模な診療所の場合は、歯科医師が不足していて、長時間働き続けなければいけないこともあります。
激務であると感じやすく、心身に大きな負担がかかるのは、つらいことでしょう。

歯科医師に向いている人 向いていない人

歯科医師は狭い口腔内で治療を行うため、手先の器用な人が向いている仕事です。
また、患者によっては歯の痛みを強く感じるケースがあり、思いやりを持って接することが求められます。
他人の気持ちに共感して、いたわることができる人に向いている職業です。
開業医になるケースが多いため、その場合はリーダーシップや協調性も求められます。

歯科の技術や知識は常に進歩しているため、向学心のない人には向いていないのが歯科医師です。
常に勉強することが求められ、積極的に勉強会や研修などに参加することが求められます。
診療所によっては子供の患者が多いため、子供が嫌いな人にも向いていない仕事といえるでしょう。
朝から晩まで診療するため、体力がない人にも向いていません。

歯科医師になった人の志望動機は何だった?

親が歯科医師だったことが志望動機となっている人はたくさんいます。
親が歯科医院の経営をしていて、働く姿を目にする機会が多く、その姿に憧れを抱くのです。
また、歯科医師のおかげで歯の悩みを解決することができて笑顔になれたため、自分も人を笑顔にしたいと考えてこの仕事を選んだ人も多いです。

小さいころから手先が器用で、自分の特技を活かせる仕事として歯科医師に興味を持ったというケースもあります。
歯科医師であれば、さまざまな就職先があり安定していると思ったからという志望動機も少なくありません。

歯科医師の雇用形態は何がある?

歯科医師にはさまざまな雇用形態があります。歯科医師に多いのは開業医であり、自分で診療所を開いて、個人事業主として働くのです。
診療所や病院などに雇われて働く場合は、常勤医と非常勤医、スポット勤務といった形態があります。
常勤医はフルタイムで勤務する歯科医師のことで、企業の正社員と似たような立場です。
非常勤医はアルバイトのようなもので、決まった日時にだけ就業します。
スポット勤務といって、日雇いで勤務する働き方もあり、健康診断などで募集されることが多いです。

歯科医師の勤務時間や休日はどうなっている?

歯科医師の勤務時間は、病院や診療所の開業時間に左右されるものです。
多くは8時から19時となっていて、場合によっては夜間に対応することもあります。
休日は水曜日や土曜日の午後、日曜日であるケースが多いです。
水曜日の午後には、研究会や学会などの予定が入りやすく、休みとなります。
ただし、休日診療を実施している医療機関もあり、この場合は平日休みとなることが多いです。また、年末年始は基本的に休みとなっています。

歯科医師の求人・転職状況はどうなっている?

歯科診療所などをはじめとして、歯科医の勤務先となる施設は数多く存在します。
そのため需要も高いといえるでしょう。

しかし、特に都心は歯科医の生き残りが必死なので、そこを見極める必要はあります。

歯科医師の将来性はどうなっている?

前述のとおり、歯科診療所は数も多く、将来性を不安視する声はたくさんあります。
しかし歯科医師は口腔外科専門医や歯周病専門医、小児歯科専門医などの専門医や認定医を目指すこともできます。

各種専門医は、志望する学会に継続して所属し臨床経験を積み、定められた基準を満たしたうえで試験に合格することで、資格を得ることができます。

その数が過剰傾向にある歯科医師にとって、ある分野で特化した専門医として働くことは、大きな強みになるといえるでしょう。
試験だけにとどまらず、医師や歯科医師は、日々進歩する医療の分野において、生涯学習を続け探求し続ける必要があります。

歯科医師の身につくスキルは何?

歯科医師になると、さまざまな症例を扱うことになって、治療のスキルを高めていくことができます。
ひとつの症例に対して、複数の治療方法が存在しているため、勉強して新しい技術を身につけることも可能です。

また、いろいろな年齢層の患者がいて会話をする機会が多く、自然とコミュニケーション力を高められます。

診療所で勤務するのであれば、院長の近くで経営を学ぶこともできます。

歯科医師のキャリアアップはどんなものがある?

診療所などの施設で働いた後に開業医になるケースも多くあります。

また、インプラントなど専門的な治療を提供するスペシャリストの専門医や認定医の資格を取得し専門性を高めキャリアアップを願うこともできます。

また、開業医を目指すのであれば、経営スキルを身につけることにも力を入れます。

歯科医師のメリット・デメリットはどんなものがある?

歯科医師のメリットは、患者の苦痛を取り除いて笑顔にさせた結果、やりがいを感じられることです。
特に口腔内の疾患は強い痛みを伴うものが多く、苦しんでいる人がたくさんいます。
そんな患者の悩みを解決すれば、深く感謝されて、達成感を得られるでしょう。

デメリットは、繊細な作業が要求され、心身に大きな負担がかかることです。
場合によっては、1時間以上も手術をするというケースもあります。
難しい症例に直面して苦労させられることも多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA