経理事務が大変で辛い3つの理由。経理事務を楽しむ3つのコツはこれ!


「経理事務の仕事は大変なの?思っているよりも辛い仕事?実際はどうなの?」と困っていませんか?

経理事務と言えば常に仕事に追われているイメージがあるため、大変で辛そうと感じる方が多いと思います。応募したくても本当のところがわからないと勇気が出ませんよね。

でも安心してください!この記事では経理の仕事が辛い理由や、どんな人が大変と感じるのかを詳しく解説しています。

さらに、経理事務を楽しむコツも分かりやすく説明しているので、最後まで読んでいただければ皆さんの不安を払拭できるんです。

経理を16年経験した私。長年の経験から経理事務の何が大変でどこが辛いのかを身にしみて感じています。だからこそ皆さんが知りたい本音を解説できるんです!

経理事務の仕事は慣れるまでが大変ですが、板についてしまえば楽しい仕事に変わります。新たな気持ちで経理事務の仕事に就こうと思っている皆さんの希望が叶うことを祈っています。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

 経理事務が大変で辛いと感じる3つの理由


経理事務が大変と言われるのには大きく分けて3つの理由があり、その1つ1つを理解しておくと自分が経理事務の仕事をした時に辛いと感じるか感じないかが判断できます。早速その中身を見ていきましょう。

1.止めど無く仕事が舞い込む

経理事務にはお金にまつわる業務が止めど無く舞い込んで来るため、人によっては忙しすぎて辛いと感じる可能性があります。

もちろん日によって業務量は違いますが、比較的業務量が少ない日でも1日があっという間です。

パソコンに入力すべきデータが大量にあるのに、メールチェックもしなければならない。未チェックの伝票が溜まっているのに、その上にまたどんどん伝票が積まれていく。これが経理事務の現実です。

この多忙な状況は毎日繰り返されますが、月末や年度末は締めの業務が加わるのでさらに忙しさが増します。

あまりの忙しさに面食らってしまい、仕事の手が止まってしまうようでは経理事務の仕事がますます辛くなってしまうのです。

経理事務を務めるには、忙しさに慣れてどんどん仕事を処理するスピード感を身につけることが大事です。これができれば辛いと感じる状況から抜け出すことができ、忙しさが心地よくなってきます。

 2.業務内容が難しく専門知識が必要

経理の経験者や有資格者は大抵の業務を問題なく進められますが、経験や知識が乏しい状態で経理事務の仕事をすると、わからないことが多々発生して辛い思いをします。

貸借対照表の見方がわからない、簿記が理解できない、経理システムが難しい、電卓で消費税額を出す方法を知らない、エクセルの関数はSUMしか分からない・・・。

このような状態だと業務が滞る可能性があり、経理事務の大変さを身にしみて感じるのです。

経理事務の仕事に就くのであれば、最低限の経理の知識を身につけておかないと自分が苦しくなるだけです。

経理に必要な適正や資格については以下の記事で詳しく説明していますので、応募前に準備できることがないか確認してみましょう。

私は経理の仕事に向いている?経理職に必要な適正が知りたい!
経理の仕事は資格が必要?絶対必要な資格、あれば有利な資格は?

3.ミスをすると大きな問題に発展する可能性がある

お金を扱う経理事務の仕事はちょっとしたミスが大きな問題になる可能性があるので、常に緊張感を持って業務をしなければならず、この状況に辛さを感じることがあります。

送金金額を入力ミスすれば取引先に誤った金額が振り込まれてしまいます。請求書の金額を確認せずに処理すれば、少ない金額しか受け取れなかったという問題も起きます。

また、伝票や見積書などの細かい書類についても、金額だけでなく発行日や会社名などを一字一字確認し、ミスがあれば修正を依頼しなければなりません。

このような細かい業務を怠ってしまうと、国税局の監査を受けた際に指摘されることもあります。

経理の仕事にはミスがつきものですが、ミスに気づいたらすぐに修正すれば大抵の問題は回避できます。その為にはある程度の知識と迅速な業務処理能力が必要です。

ミスを恐れてばかりでは務まらないのが経理事務の仕事です。応募の際にはミスを未然に防ぐスキルを身に付ける気構えで挑みましょう。

 経理事務に辛さを感じる人の4つの特徴


経理事務の仕事は全ての人が辛いと感じるものではありません。大変で辛いと感じるかどうかは経験や知識、性格にもよるので人それぞれです。

経理事務を辛いと感じる人には特徴があります。以下の特徴に当てはまると思う場合は、経理事務の仕事に就くことをもう一度よく検討してみてください。

自分には経理事務はこなせそうにないと思ったら別の道を選ぶのも良いでしょう。向いていなさそうだけど頑張って乗り切りたいと思うなら勇気を持って応募してみましょう。

1.スピーディーに仕事を処理できない

目の前にある仕事を素早く次々にこなせない人は経理の仕事が苦痛になる可能性があります。

元々の性格がマイペースだったり、一度ゆっくり考えてからでないと物事に取り掛かれないタイプの人は、頭と手を同時に動かすことが苦手な傾向にあり、スピードが求められる経理の仕事を辛いと感じるかもしれません。

スピードが求められる経理の仕事は、頭と手を同時に動かして業務を素早く処理しないと追いつきません。

もちろん重要な業務はじっくり考えてから行う必要がありますが、すべての業務においてじっくり考えていては仕事がどんどん積み上がるばかりです。

経理業務の中でも毎日繰り返されるルーティンワークについては、業務のこなし方を頭に焼き付け、体に染み込ませてどんどん進める必要があります。これができないと毎日が大変で辛くなってしまうのです。

2. パソコンや計算が苦手

小学生の時から算数が苦手、中高生になると数字を見るのも嫌だった、大学生から社会人にかけてはパソコンも苦手でほとんど使えない、という人は経理の仕事が辛いと感じるはずです。

経理の仕事は数字との戦いです。どんな伝票でも請求書でも、数字が書いていないものはありません。

そしてその数字を電卓で計算してパソコンに入力する必要もあるので、パソコンが使えないと仕事にならないのです。

簡単な暗算ができない人やエクセルに文字入力しかできないという人は、経理の仕事に就くと仕事そのものが進まなくなる可能性があります。

経理事務に憧れてこの仕事を選ぼうと思うなら、最低限の計算能力とエクセルの知識を身につけて置く必要があります。これが難しいのであれば、経理の仕事を選ぶことを一度見直した方が良いでしょう。

3.危機管理能力が足りない

お金を扱う経理の仕事は常に注意深く仕事を進める必要があるので、危機管理能力のない人は問題を起こしやすくなり、徐々に仕事が辛くなる可能性があります。

経理の仕事は細かくて面倒なことが多々あります。しかし、これを適当にこなすと後々大きなトラブルにつながることもあります。

ここをよく理解し、問題を事前に回避する気持ちを持って業務にあたらなければなりません。

毎日ただ目の前にある仕事を黙々と進めることしかできず、仕事のやり方の中に問題の種があることに気づけない人はいずれトラブルを起こします。

そして次々にトラブルが起こるうちに嫌気がさし、経理の仕事が辛くなってしまいます。

どうすれば問題を起こさないか?を常に考えて仕事をするということは、頭の中で同時にいくつかのことを考えながら仕事をするということです。

これが出来そうにない人は経理の仕事が大変だと感じる可能性があります。

4.仕事の優先順位がわからない

経理事務には日々の業務だけでなく、急ぎの業務や重要業務があるため、常に仕事の優先順位を考えることができないとトラブルを起こしやすくなり仕事が辛くなります。

仕事の優先順位を見極めるには、その日に処理すべき仕事に順番を付けて頭に入れることが大事です。

これができずに目の前にある仕事から進めていくようでは、重要業務を見過ごしたり、急ぎの業務を期限内に処理できないという問題が起こります。

 経理事務を楽しむ3つのコツ


経理事務の仕事には大変で辛いと感じる要素がいくつかあります。しかし、大変で辛いのには理由があり、これを乗り越えたときには楽しいと感じることが出来る仕事です。

経理の仕事を辛いと感じる人の特徴に当てはまった人でも、これからご紹介する経理事務を楽しむコツの中に魅力的と思うものがあれば、思い切って挑戦してみてください。

誰でも最初は初心者です。一定の期間を乗り越えれば、楽しいと感じられるはずです。

1.仕事をこなした達成感に浸る

経理事務のやりがいとして挙げられるのが達成感です。大量のデータを検証してミスを正したり、1年の総まとめである財務諸表を作り上げた時は鳥肌が立つほどの達成感を感じます。

仕事をする上で達成感を感じることは何よりのご褒美です。これを一度味わうと、経理事務の仕事にどんどん興味が湧き、ますます楽しくなっていきます。

細かくて面倒な経理事務の仕事を達成した後には、頑張ってやり遂げた満足感が味わえます。この感覚を楽しみにしながら仕事をすると、苦しいことも忘れて仕事に没頭できるのです。

2.特別な仕事をする自分の立場に誇りを持つ

経理事務の仕事は会社のお金を扱うという特別な仕事であり、これに従事する自分自信に誇りを持てると仕事が楽しくなります。

会社のために大変な業務をこなし、無事に処理できたときは自分だけでなく周囲の人もホッとします。

この瞬間に自分が会社に必要とされていると感じることができれば、優越感を味わえて気持ちが高揚するのです。この感覚を得ることができれば、やる気にもつながります。

3.仕事から得られる周囲との団結力を日々の原動力にする

周囲との連携が必要な経理事務の仕事は、互いに協力して仕事をこなすことで団結力が高まり、これが日々の原動力になって仕事にやりがいや楽しさを生み出します。

団結力は、協力して1つのことをやり遂げたり、誰かを助けて感謝されたり、誰かに助けられて窮地を乗り切ったり、という協力関係から築かれます。

このような関係を築ければ、辛くても自分は1人ではないという信頼感と安心感が心の中に生まれるので、大抵のことは乗り切ることができるのです。

大変で辛いのには理由がある。乗り切る気持ちが大切!


経理事務の仕事がなぜ大変で辛いのかよくお分かりいただけたと思います。理由を1つ1つ見ていくと、自分が経理事務の仕事に就けるかどうかが判断出来るはずです。

どんな仕事でも大変さや辛さがあり、誰もがそれを乗り切って毎日働いています。

経理事務の仕事に魅力を感じたのなら、乗り切る気持ちをもって挑んでみてください。きっといつかは仕事が楽しいと感じる日がやってくるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?