どう攻略する?MRの面接について

MR面接


「MRの面接で質問されることは?」
「MRの面接のポイントは?」

と悩んでいませんか。

そこで、
現役転職エージェントでMRの紹介経験が豊富な筆者が、
これらの悩みを解説していきます。

この記事で、MRのことを知っていただると幸いです。

MRの面接で聞かれること

MRの中途採用面接で聞かれることは、会社により異なりますがおおよそ以下の通りです。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 志望理由
  • これまでの成果
  • 長所、短所
  • 成功体験とその要因
  • 失敗と改善方法
  • 質問

基本的に、面接官は、面接の全体を通してあなたはどう考える人なのか、どう行動する人なのか、また、今までどう行動したかを聞きたいと考えています。

例えば、転職理由と志望理由は、今の仕事のどこに課題を感じていて、MRに転職することでどう解決できるのか、そしてMRとしてどう活躍できるのかを証明して欲しいというのが企業側の希望です。

成功体験や失敗体験を面接官が聞くのも、今まで仕事上でどのように考えて行動し、どのように成功に導いたかを聞いています。仮に、失敗経験としても失敗をどう改善し、どう次につなげてきたかを知りたいのです。

面接で、面接官の意図をくんで話をするためには、必ず今までの働き方について整理しておくことが必要です。成果を出すためにどのような考えをしたのか、そして、どのような行動に移したのか、それから、それらの結果について、しっかりと棚卸しておきましょう。

MR面接で落ちる人の特徴

MRの面接で受かる、受からないというのは得てして分からないものですが、以下のような方は、面接で落ちる傾向が多いです。

  • なんとなく行動をしている人
  • 明確な志望動機のない人
  • 他責傾向が強い人
  • 社会人としてのマナーも守れない印象の悪い人

MRは、外仕事がほとんどです。そのため、上司やマネージャーがいなくても、常に最善を考え行動する人が求められます。だからこそ、面接での言動に一貫性がない、なんとなく行動していると感じる人は活躍が難しいと考えられてしまいます。

またMRは、年収が高く、社会的地位も高いと言われる職種のため、応募者が多いです。だからこそ、その熾烈な内定争いを突破するためには、志望動機を明確に伝えないといけません。志望動機に曖昧な点があると感じてしまうと、より明確に伝えた方に面接官は興味と関心をもってしまう可能性があるからです。

さらに、結果が出せない・うまく働けない理由を人や環境のせいにする方も、改善力や忍耐力がないと考えられ面接落ちの危機が高まります。面接官は、今までの成果や行動を聞くことで、そのような他責傾向があるかは手に取るように分かるものです。

さいごに、10~20分の面接の中でとても重要なのが「印象」です。社会人としての礼儀や身だしなみ、立ち居振る舞いもできないと、ものの数分で印象が悪いと思われ面接落ちしますし、面接自体も予定より早く終わらされることもあります。

まずは、身だしなみや挨拶、面接を含めたマナーをしっかり習得しつつ、今までの仕事についていい面も悪い面も棚卸ししてから、MRとして自分がどう活躍したいのかをきっちりと言語化できるよう準備を進めてください。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA