どんな学校にいけばいい?MRになるための大学・学部・学歴

MR学校



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

MRになるための学校選び

MRは、大卒であれば、学歴、学部関係なくなれる仕事です。

事実、現職のMRには文系出身者が多く、色んな大学の出身者が活躍しています。

各製薬会社がMRの採用をする上で大事にしていることは、肩書きではなく人物です。

MRになるために一番大切なことは、学歴や学部よりも前に、医者や薬剤師から気に入られ、意思疏通がしっかりできるようなコミュニケーション力とMRとして働きたいという強い意思です。

MRの採用で有利な出身大学・学部はある

MRは学歴や学部は関係ありませんが、MRの採用に有利な大学や学部・学科は存在します。具体的に採用が有利になりやすいのは以下の通りです。

  • 有名大学出身
  • 薬学部出身
  • 化学・生物系学部出身
  • 体育会系出身

MRという仕事は医薬品の情報を伝え、医者や薬剤師とコミュニケーションを取る仕事です。それができるのはコミュニケーション力や思考力・判断力、学習能力の高い方か、医薬品に関する知識がある方と採用側は考えています。

有名大学出身者には、それらコミュニケーション力や思考力などの裏付けが大学の偏差値という形で明確にあり、薬学部出身者や化学・生物系学部出身には医薬品そのもの、もしくは医薬品の周辺知識があります。

また、MRという仕事は移動が多く、時には長時間労働も発生する体力のいる仕事です。

そのため、体力があり、厳しい状況でも音を上げない体育会系出身者が評価されることも多いです。

ただ、大学名や薬学部や体育会系学部出身というのは付加価値でしかありません。

あくまでも、人物的に優れ、MRとして自分のキャリアを作っていきたいという思いを企業にちゃんと伝えることが必要となります。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA