派遣事務の採用試験に受からない5つの理由。採用につながる4つの対策もチェック

派遣事務の採用試験に受からない5つの理由


「派遣事務の採用試験になかなか受からないのはなぜ?何が理由か知りたい!どうすれば受かるのだろう?」と困っていませんか?

派遣事務はとして働こうと奮起したのに、何度採用試験を受けても受からないと目の前が真っ暗になりますよね。受からない理由がどこにあるのか?どう対策して採用試験に挑めばいいのか?と悩んでしまうものです。

でも安心してください!この記事では派遣事務の採用試験に受からない理由とその対策について詳しく解説しています。最後まで読んでいただければ、皆さんの疑問や悩みを解消することができるんです!

派遣社員を7年経験した私。長い経験により、派遣事務に求められる資質をよく理解しています。だからこそ採用試験に受からない理由と受かるための対策を解説できるんです!

派遣事務は一度板についてしまえばとても楽しく働ける仕事です。派遣事務として頑張ろうと意気込む皆さんの希望が叶うことを祈っています。

関連記事
派遣会社の登録者数を増やせば、採用になる可能性はあがります。この記事では、派遣会社を比較しています。こちらの記事もぜひ読んでみてください。
【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

派遣事務の採用試験に受からない5つの理由

派遣事務の採用試験に受からず頭を抱えている女性

派遣事務の採用試験を何度か受けてもなかなか受からないのには、それなりの理由があります。

「採用側はあなたをどう感じたのか?」「あなたを採用しない理由はどこにあるのか?」ということをよく考え、自分を見直すことから始めましょう。

経験とスキルが足りない

求人票に「初心者歓迎」「未経験者可」などと明記していない会社は、ある程度の経験とスキルがある人材でないと採用しないでしょう。

派遣事務の仕事は多岐にわたり、次々に処理していかないと周りの仕事が滞ります。そのため、経験もスキルもほとんどない人を雇ってその教育に時間を割くと、通常の仕事に支障が出てしまい、会社にとってマイナスとなると考えるのです。

初心者や未経験者を採用して一から育てていく会社もありますが、それほど多いとは言えません。どの会社も、派遣事務として即戦力となる人材を求めていると理解しておきましょう。

外見や雰囲気が会社のイメージと合わない

どんな会社にもカラーやイメージがあるので、採用担当者が自社のイメージに合わないと感じた人は採用されないことが多いです。

派遣事務に社外の人と接する機会はほとんどないでしょう。しかし、あまりにも会社のイメージと合わない人がいるのは、社内の雰囲気を壊すことにつながりかねません。

おそらく、落ち着きのある堅いイメージの会社に、派手な外見で落ち着きのない人は採用されにくいです。自分自身の外見や雰囲気が希望する会社のイメージに合っているか、応募前にチェックすると良いでしょう。

コミュニケーションが上手ではない

人と関わることの多い仕事である派遣事務にはコミュニケーション能力が重要なため、面接でコミュニケーションが苦手と判断されると採用されないことがあります。

事務職の仕事は人をサポートするものが多いので、人と接するのが苦手で事務連絡がすばやくできないと、仕事に支障が出ます。会社が求めているのは、周囲とうまく連携を取って仕事を早く進める人なのです。

一人で黙々とこなすデスクワークが多いと思いきや、実際はそうでもないのです。派遣事務の本来の姿をしっかり理解し、必要な資質を身につけてから応募するようにしましょう。

結婚や出産の適齢期である

採用側は事務職にできるだけ長く働いてもらいたいと考えているため、結婚や出産が関わってくる30代前後の年齢の女性を採用しないことがあります。

30代前後の女性は、結婚や妊娠を機に仕事を辞める可能性があります。そうなると新しく代わりの人を探して仕事を覚えてもらわなければならず、費用や手間が余分にかかってしまうのです。

応募時点で近い将来に結婚や出産の可能性がある人は、「それでもこの人を雇いたい!」と思われるだけのスキルや知識、あるいは仕事への意欲をしっかり伝えましょう。

志望動機が曖昧である

会社は志望動機が曖昧な人を敬遠する傾向にあるため、志望動機をはっきり示せない人は採用試験に受かりにくくなります。

「なぜこの会社で働きたいのか?」「派遣事務を希望する理由は何か?」などが曖昧な人は、すぐに辞める人・真面目に仕事をしない人と捉えられがちです。ちゃんと働いてくれる人を雇いたい企業側としては、会社のことをしっかりわかっている人を選ぶでしょう。

「とりあえず何でもいいから働きたい」という気持ちは、プロである面接官に見透かされます。「この会社・この職種が良いのだ!」という意欲が伝わらなければ、採用は難しいのです。

採用につながる4つの対策

採用につながる5つの対策をアドバイスする女性

ここまでを読んでみて、今までの自分に思い当たるところがあったのなら、これから改善していきましょう。
自分を見直して気持ちを入れ替えれば、採用される日がやってくるはずです。

事務に有利となる資格を取得する

経験もスキルもない自分を採用してもらうには、派遣事務に有利となる資格を取得するのが一番良い方法です。

具体的な資格としては、簿記・パソコンや文書管理に関する資格が挙げられます。これらは仕事に直結する資格なので、即戦力になると判断され、採用につながるのです。

自分に自信をつけるためにも資格取得は有効と言えます。転職までに時間があるなら、自分にできそうな資格を選んでチャレンジしてみましょう。

派遣会社と綿密な打ち合わせをする

派遣先を紹介する派遣会社と綿密に打ち合わせをし、自分でも採用してもらえそうな会社を選ぶことが採用への近道です。

採用を掴むためには、自分のスキルや経験、外見などを受け入れてくれる会社を紹介してもらわなくてはなりません。また、派遣会社には採用に関するノウハウを持つところが多いので、履歴書の書き方や面接マナー、効果的なアピール方法なども教えてもらえる可能性もあります。

派遣会社に派遣先の希望を伝えるとき、給与や勤務地などの希望しか伝えていないようでは、就職までの道のりは遠くなります。会社について細かく調べ、自分自身を求めてくれる会社を探す努力をしましょう。

自分の意思を伝える練習をする

自分の意思をしっかり伝えることができれば、やる気を感じさせることができるので、採用につながる可能性が高くなります。

面接で志望動機を伝えるとき、派遣事務として働きたいと思った理由を述べるだけでなく、自分がその仕事に向いている根拠も明確にすると、面接官の印象に残るので実践してみましょう。

採用側は長く働いてくれる人を採用したいので、働く意思が強い人なら多少の難題にぶつかっても乗り切ってくれると考えます。しっかりした意思表明は、かなりのプラスポイントになると覚えておきましょう。

年齢不問の仕事から選ぶ

年齢が結婚や出産の適齢期である場合は、求人票に「年齢不問」と明記している会社を選ぶと、採用試験に受かる可能性があります。

急いで派遣事務を雇いたい会社は、しっかり仕事をしてくれる人なら年齢にこだわらずに採用します。そのため、求人票に「年齢不問」と書いて求人の幅を広くし、即戦力となる人を探すのです。

人手が足りず困っている会社に対して、自分がどこまで仕事に貢献できるかをアピールできれば、すぐに働いて欲しいと評価されて採用される可能性が高まります。

まとめ

自分の問題を見直し、自信を持って採用面接を受ける女性

採用試験に受からない理由がわかってくると、自分の中にある問題が見えてくると思います。
自分では普通と感じていることでも、採用試験の場になるとマイナスに捉えられることが多々あるのです。
この記事をまとめると、「採用されない理由は、自分を見つめ直すことで改善することが可能」となります。

見えてきた問題をしっかり正して自信を持つことができれば、派遣事務への道が近づいてきますよ。この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事
派遣会社の登録者数を増やせば、採用になる可能性はあがります。この記事では、派遣会社を比較しています。こちらの記事もぜひ読んでみてください。
【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA