人材派遣会社へ登録時の服装はどうする?

派遣や転職の会社で7年勤務

人材派遣会社に登録して人材派遣で働こうと思うと登録会に出席しなければなりません。

登録会とは、電話やWebサイトから働きたい意志を示す応募(エントリー)を行った後、実際に仕事を紹介してもらうために必要な派遣登録を行うための説明を受け、登録ための作業を行う場のことです。

この説明会は、あくまでも登録の場であって派遣会社が実際に求人を紹介する場ではないので、ほとんどの派遣会社は普段着で問題ないとしています。
しかし、この説明をそのまま受け入れないようにした方が良い理由と実際にどのような服装が良いかについて説明します。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で7年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください!必ず回答しますね。

またこの記事の「よかった点」や「悪かった点」ありましたら、ひと言いただけると嬉しいです。わたしたち"#就職しよう編集部"の励みになります!

普段着のままで良くない理由

派遣や転職の会社で7年勤務

普段着の定義は、人によってさまざまかと思います。
ここでは、普段着とは「人に不快な印象は与えないけれども、仕事をするとは思えない雰囲気のカジュアルすぎる服装」とします。

派遣会社が普段着でもOKとしているのは、登録会により多くの人に来てもらいたいからです。
派遣会社にとって登録者が多くないと求人に見合った人を求人している会社に紹介できない=売上にならないからです。

しかし、一方で派遣先会社が採用したいと思う人は、その人のスキルや知識・経験、性格などの他に事務所や店舗の雰囲気にマッチした服装や言葉遣いなどができるかという感性・感覚も影響します。
そのため不潔な服装、だらしのない服装、事務所の雰囲気にそぐわないカジュアルな服装しかしない人ではと思われると登録は受け付けてもらえますが、求人の紹介は積極的にしてもらえない可能性があります。

一般的に、多くの人は会社に勤務するときは、普段着と違ってちゃんとしたビジネスライクな服装にします。

しかし、残念ながら初対面で普段着で来た人を見ると、そのような服装で勤務するはずはないと思っていても、もしかたらといつもこのような服装なのではと人材派遣会社の担当者は考えてしまいます。

また、最近は個性を主張する服装が昔に比べると多くなっています。
そのため、良い求人を紹介してもらうためには、この人なら派遣先会社に紹介しても問題ないと思われる服装で行くべきです。

登録会の服装としてふさわしい服装


派遣や転職の会社で7年勤務

では、登録会の服装としてふさわしい服装、好印象をもたれる服装とはどのような服装が良いのでしょうか?

それは、しわや汚れのないオフィスカジュアルと呼ばれる服装です。リクルートスーツまでは不要でしょう。

ただ、大手企業の求人紹介が多いような人材派遣会社ではスーツ着用がより好ましく思われる可能性があります。
普段着で可としていても、本音ではオフィスカジュアルまたはスーツが良いと多くの人材派遣会社が思っています。

オフィスカジュアルのシンプルで清楚、柄が派手でない白や淡い色と紺や茶、グレーの濃い色でコーディネートでした服装か、悩むならスーツにします。
夏の季節のTシャツやノースリーブは避け、また色調だけでなく、サイズも大きすぎてだらしなく見えないようにします。

女性であればスカート丈も短すぎないように、男性であればズボンの細すぎないことも大切です。
ネックレス、ピアスなどのアクセサリーは控えめかしない方が良いでしょう。
シューズも夏であれば、つま先があいたオープントゥや冬であればロングブーツは避けましょう。
ネイルもごく控えめが無難です。
ヘアスタイルもスッキリとまとめましょう。過度な茶髪はNGです。

まとめ


派遣や転職の会社で7年勤務

人材派遣会社の登録時の服装は普段着でも可とされていますが、オフィスカジュアル、またはスーツ着用で臨むのが良いことを紹介しました。

なお、登録会では服装も重要ですが、働きたいという熱意を見せることも大切です。
普段着や清潔感のない服装は、そのいう熱意が薄いと人材派遣会社の担当者に思われてしまいます。気を付けましょう。

関連記事
もっと詳しく「派遣会社の登録会へ行くときの洋服や格好」について知りたいなら、下記の記事もチェックしてみてください!

初めて派遣会社に行く!登録時の服装はスーツよりオフィスカジュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?