【転職のプロが語る】経理職にやりがいを感じられる人の5つの特徴や、経理職にやりがいを感じられない人の3つの特徴


「経理職にやりがいを感じられる人の特徴は?」

と悩んでいませんか。

事務職の転職支援業務を中心に、転職会社にて約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたの悩みを解決します。

この記事を読んだ方が、すてきな転職ができることを、心より願っております。

経理職でやりがいを感じられる人の5つの特長

経理職は会社の中で「恐れられる存在」です。なんといっても、会社のお金を牛耳ってるわけですから。「経理を怒らせるのはまずい」「経理の人と仲良くなっておけば仕事が楽になる」と感じている社員はたくさんいることでしょう。実はここに、やりがいのヒントがあるのです。

経理職にやりがいを感じられる人の特長として、「几帳面」「細かい」などがすぐに想像できますが、ここに「恐れられる存在」としてのあり方がプラスされると、やりがいの幅がより広がります。さっそく見ていきましょう。

1.特別な仕事をしているという責任感が欲しい人

特別な仕事をして優越感を感じている人
会社で責任ある特別な仕事をしたいと思っている人は、経理職でやりがいを感じられるでしょう。

なぜなら、会社の経理職は一見すると地味ですが、「お金」という重要なものを管理する責任ある立場であるからです。経理職のどの仕事も簡単にできるようなものではなく、1つのミスが大きな影響を及ぼすことも多々あります。

そうした責任ある仕事を日々確実にこなしているからこそ、経理職は「恐れられる存在」と見られているのです。会社を支える特別な仕事をしているという責任感にやりがいを見いだせる人は、経理職にピッタリと言えるでしょう。

2.頼られることが大好きな人

経理職で頼られる人と頼る人々
人から頼られると嬉しいと感じる人は、経理職に対してやりがいを感じられます。

なぜなら、「お金」という重要事項を取り仕切る経理職は他部署から頼られることが多いからです。仕事で人から頼られると、自分が必要とされていると感じられてとても気持ちが良くなりますよね。

また、人から頼まれた仕事をこなすうちに、さらに自分を成長させていくこともできるでしょう。モチベーションの面でもスキルの面でも、人から頼られることは大きなやりがいになると言えますよ。

3.人を助けることで高揚感を得られる人

人助けで高揚感を得ている人々
人を助けたときに感謝されると高揚感を感じるという人は、経理職でやりがいが得られます。

なぜなら、経理職は、他部門の人から仕事について助けを求められることが多い部署だからです。助けた後にもらえる感謝の言葉が好きな人は、経理職に就いて人を助ければ助けるほど、自分の中のモチベーションが上がっていくでしょう。

「ありがとうと言ってもらえるから頑張る!」と思える人は、経理職でやりがいが得られるはずです。

4.エクセルやワードの操作に自信がある人

エクセルやワードに自信がある人

経理職から切っても切れないエクセルとワードの知識が豊富な人は、かなりの確率でやりがいが得られます。

なぜなら、経理職の人の中でも、エクセルやワードの操作を熟知している人は意外と少ないのです。ですから、それらの知識を持ち合わせていれば、社内で確実に重宝され、評価も高まります。

エクセルとワードの操作に強いことは、周囲から羨望の眼差しで見られるだけでなく、昇給などの評価アップにつながる可能性があります。お給料にも結びつくことは、ものすごいやりがいになりますね。

5.細かい整理をすると達成感が得られる人

細かい整理をすると達成感が得られる人

細かな整理が得意な人、例えば、理路整然と並んだ書棚を見て満足するような人は、経理職の仕事をする中でやりがいを得られるでしょう。

なぜなら、経理職は、書類をカテゴリ分けしてファイルしたり、パソコンのファイルをフォルダ分けしたりと、とにかく細かな仕事が多いからです。普段の生活でも同じような整理をしている人は、経理の仕事でも満足感を得られるでしょう。

「そんなことがやりがいになるのか?」と思うかもしれませんが、そんなことと思う小さなことが経理の仕事には重要なのです。これが意外にできない人も多いので、整理が好きという特長は大きなやりがいになります。

経理職にやりがいを感じられない人の3つの特長

経理職でやりがいを感じていない女性

ここからは、経理職には不向きといえる人はどんな人かも見ていきます。これらの特長に当てはまる人は、経理職への就職はちょっと考えた方がいいかもしれません。

1.間違いを指摘されると我慢できない人

間違いを指摘している女性と指摘されている男性

仕事にはミスがつきものですが、「ちょっとここ、間違っているよ」と言われると我慢できないという人は、経理職にやりがいを感じられなくなる可能性があります。

なぜなら、経理職にで最も求められるのは正確な仕事であるからです。

経理の仕事で間違いが見つかったら、素直に認めてすぐに修正しなければなりません。間違いを指摘されるのが嫌いな人は、この修正すらできなかったりしますから、やりがいを感じるのは難しいでしょう。

2.華やかな仕事をして評価されたい人

ビッグな仕事をして評価された人

「経理職に就いたら華やかな仕事をしたい!」などと考えている人は、やりがい以前に経理職の仕事内容を勘違いしている可能性が高いと言えます。

なぜなら、経理職の平社員の仕事はトップが動くために必要な書類を作るくらいで、経理職の管理職になっても表舞台に出ることはほとんどないからです。

「あの人、いつもすごい仕事するよね!」といった賞賛の声を聞きたいのなら、経理職ではなく、営業部や渉外部などの外に出る仕事に就くほうがいいでしょう。

3.細いことがとにかく苦手な人

細いことがとにかく苦手な女性

細い作業が苦手な人は、どんなにエクセルやワードが得意でも、経理職でやりがいを得られる可能性はかなり低くなります。

なぜなら、経理職の仕事で重要なのは、書類やデータも常に最新の状態に更新して保管することだからです。面倒くさがって新しいマニュアルやデータに更新することを怠ってしまうと、大きなミスを犯す原因になることもあります。

ちょっとした細かいことがすぐにできないという特長を持つ人は、経理職の仕事そのものがストレスとなり、やりがいはなかなか感じられないでしょう。

まとめ

経理職にやりがいを感じている女性

仕事でやりがいを得るには2つの条件があるんです。

1つ目は仕事が楽しいと感じること。
2つ目は仕事によって嬉しさを感じられること。

この2つがどんなことなのか?
ここをよく考えてから、経理職の仕事でやりがいが得られるかを判断するといいですよ。

この記事をまとめると、経理職にやりがいを感じられるのは、

  • 人を助けたり人に頼られたりするのを嬉しく感じる
  • エクセルやワードを使った細かな仕事が得意

といった特長を持った人です。

もし、あなたにそれらの特長があると思えたのなら、迷わず経理職の求人を探してみてください。この記事が、あなたの就職活動のお役に立てれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA