苦手な人でもできる!パソコンの入力が速くなる4つの方法【動画あり】

「パソコンの文字入力が速くなりたい」
あなたは今そうお考えではないでしょうか?

文字入力の仕事が苦手で時間がかかっているので、文字入力を早くできるようになりたい。
もし、パソコンの入力が短期間で速くなる練習方法があるとしたらどうでしょうか?

そんなあなたに朗報です。
「パソコンの入力が短期間で速くなる練習方法」があります!

営業事務に2年就き、10分間で500文字以上入力ができる私が、短期間で入力が速くなる基本の練習方法や、初心者でも楽しく遊べるタイピングゲーム、上達する動画を選びました。

この記事がパソコン入力を少しでも速くしたい方のお役に立てれば幸いです。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で7年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください!必ず回答しますね。

またこの記事の「よかった点」や「悪かった点」ありましたら、ひと言いただけると嬉しいです。わたしたち"#就職しよう編集部"の励みになります!

短期間で簡単にパソコン入力を速くする方法とは?


文字の入力を速くするには4つの方法があります。以下の項目を抑えれば、短時間でも上達が可能です!

その①キーボードの正しい指の位置「ホームポジション」を覚えよう


画像引用:ちびむすドリル タッチタイピングをおぼえよう! キーボードのホームポジションと それぞれのキーを打つ指

ホームポジションとは、キーボードを打つ指の位置を指します。これをマスターすれば、「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」もすぐにできるようになります。
「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」とは、キーボードを見ずに文字が打てる状態のことを言います。

文字を打ち始めるホームポジションは、右手は「F」左手は「J」に人差し指を置いた時の状態です。実際のキーボードにもでっぱりがあるので、すぐここが文字を打ち始めるホームポジションなのだとわかります。
キーボードのキーをどの指で押したらいいのかを完全にマスターしましょう。

その②最初はひたすら「あいうえお」を練習!

最初は、「あいうえお」をひたすら練習します。あいうえおがローマ字打ちの基本なのでこれができれば後は簡単なんです!

かきくけこは、「K」+「A I U E O」を打つだけ。
さしすせそは、「S」+「A I U E O」を打つだけ。
たちつてとは、「T」+「A I U E O」を打つだけ。

ローマ字打ちは、五十音の頭文字と「A I U E O」を打っていけば良いだけなんです!これで半分を覚えたとなれば、やる気がでませんか??

その③入力する時になるべくキーボードを見ないようにしよう

キーボードを見ながら正しい指の位置を把握したあとは、なるべく画面を見ながら打ってみましょう。慣れてくるとキーボードを見ないでも文字が打てるようになり、入力スピードが格段に上がります。

キーボードを見ない理由は、パソコン画面の誤字に気づかなく、修正する時間がとてももったいないからです。
伝票を打つとき、営業からのメモを見ながら見積書の作成など溜まっていくデータ入力業務を早くこなすためにも、パソコン画面を見ながら打つ練習をしてみましょう。

その④文字を変換するときは単語ごとにする!

一気に文字を変換してしまい、変な風に変換して修正する時間を取られていませんか?

例えば、タイピングを速く打てるようになりたい。という文章があります。
タイピング / を / 速く/ 打てる / ようになりたい。と単語ごとに変換していきます。

一気に変換してしまうと、パソコンに記憶された意図しない漢字に変換されてしまいます。カタカナ・ひらがな・漢字と分けるように変換していけば、間違えて変換することなく文章がスムーズに打てます。

ファンクションキーを使用して、さらにスピードアップ!

キーボードの上のほうにF1~F12まであるキーのことを「ファンクションキー」といいます。F1~F12までそれぞれキーに役割が割り振られています。
便利なことに、カタカナを一発で変換したり、半角英語を変換したりしてくれます。

以下はよく使用する便利なキーをご紹介します。

  • 「F7」キー カタカナに一発変換
  • 「F10」キー 半角英語に一発変換

スペースバーを何回も押して変換するより、かなり時短になりますので試してみてください。

入力が速くなるための動画ってある?

youtubeにたくさんあります。その中でも初心者でもわかりやすい3つを選びました。
※各タイトルにある「ブラインドタッチ」とは、タッチタイピングの昔の言い方です。

1日5分練習するだけでブラインドタッチができるようになる

この動画は「ふぅ 朝9時だ(FULU ASADA)」と打つだけでホームポジションすべてを使う文字となり、これを1日5分練習するだけでホームポジションが覚えられます。

タイピング練習のコツ【1-1】(ブラインドタッチ)キーボード講座

全10回ありますが、とても初心者向けに説明されていてわかりやすい動画です。
3:13~実践トレーニング、6:06~実際の練習 となります。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を1週間でマスター!

手の位置もゆっくりと動かしてくれるので、ホームポジションや文字の打ち方の手がわかりやすい動画です。入力後のキーが色がついて大変見やすく覚えやすいです。

タイピングゲームで入力は速くなる?

速くなります!目に見えて「入力が速くなった!」と実感できるのがこのタイピングゲームです。
私はタイピングゲームで速くなりました。
以前はソフトをパソコンにインストールしなければできませんでしたが、今はネットのブラウザ上で簡単にできます。

【初心者向け】ココアの桃太郎たいぴんぐ


【画像引用】ココアの桃太郎たいぴんぐ

このタイピングRPG『桃太郎たいぴんぐ』には、タイピングが上手になるためのポイントがしっかりと盛り込まれています。
引用:タイピングが苦手な人でも『桃太郎たいぴんぐ』なら楽しく上達できる3つの理由

ホームポジションの「F」と「J」を打つところから始まります。このゲームの良いところは、1文字1文字繰り返し反復練習ができるところです。かわいらしいゲーム画面で楽しく学べます。
こちらのタイピングゲームはスマートフォンにも対応していますので、空き時間にさくっと練習ができますよ!

参考

ココアの桃太郎たいぴんぐぽけでび

【中級者向け】皿打 Sara-Da


【画像引用】皿打 Sara-Da

食べ物を狙って集まって来る小人さんをタイピングで撃退して料理を守るタイピングゲームです。
引用:皿打とは?

食物を狙ってくる小人さんがとても可愛いタイピングゲームです。食物を取られないようにタイピングして撃退しましょう。
打ち間違っても、あせらず・ゆっくり・正確にタイピングできればクリアできるゲームなので中級程度としています。

参考

Flashタイピング 皿打 Sara-DaNeutral ニュートラル

【上級者向け】寿司打


【画像引用】寿司打

「寿司打」はローマ字入力用のタイピング練習ゲームです。
引用:寿司打 About

タイピングに慣れてきたら、文字数が少し多い「寿司打」でタイピングゲームをしてみましょう。タイピングコースは全部で5種類あり、難易度は3つから選ぶことができます。
私が練習になると思ったコースは「速度必須」です。お皿が流れてしまうとそこで終了です。ここまでの成果を試すには良いタイピングゲームなんです!

参考

Flashタイピング 寿司打 Sushi-DANeutral ニュートラル

まとめ


いかがだったでしょうか?

文字入力が速くなるには

  • ホームポジションを覚える
  • 最初はひたすら「あいうえお」を練習!
  • キーボードを見ないで入力する
  • タイピングゲームで練習する

をお伝えしてきました。

最初はぎこちなく違和感があると思いますが、慣れてくるとカタカタ軽快に打てるようになるのが面白くなるはずです。
あなたのタッチタイピングが早くなりますように祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?