職務経歴書に何を書けば良い?MRの志望動機について

MR履歴書



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

職務経歴書に志望理由は書かなくて良い

志望理由は、職務経歴書ではなく、面接において重視される事項です。そのため、職務経歴書に書く必要はありません。

これは、MRに限らず、全ての業界・職種において同じで、志望理由は「履歴書」に1~2行程度で書くものです。

しかしながら、履歴書に記載はしますが、実際の採用の現場では書かれた志望理由はあまり重要ではなく、面接で直接聞く志望理由を重要視します。そのため、しっかりと面接の場で話せるようにすることが重要です。

職務経歴書に志望理由を書くという戦略もある

職務経歴書に志望動機は書かないことが一般的ですが、あえて書くことでインパクトを残すこともできます。

職務経歴書には、ある程度セオリーはありますが、厳密に決められた書式はないのです。

そのため、あえて職務経歴書に志望理由を書くという方法をとっても問題ありません。業界未経験で異業界からMRを目指す際には、ときに書類選考でインパクトを残せる可能性もあります。

では、どのように志望理由を書けば良いのかというと、以下の2つを書きましょう。

  • 転職を考えた理由
  • MRの志望理由

ここから以下で証券会社からMRを目指したと仮定した場合の事例を紹介します。

転職を考えた理由
私が証券会社で営業職に従事した背景として、専門知識をつけて高い提案力が必要となる仕事がしたいと思い、以前より興味のあった「金融業界」の営業マンになりたくて証券会社の営業職を志望し、従事してきました。

しかし、現状では顧客の利益に繋がらない商品の販売を求められることも多いため、もっと社会貢献性の高いものを扱える仕事がしたいと思い、転職を決意しました。

MRを目指した理由
MRを目指したのは、自分が目指すキャリアに一番近い仕事はMRではないかと考えたからです。

専門知識をもって高い提案力が必要となる仕事をしたいという意欲は、今でも変わりません。

MRならば、医薬品という社会貢献性の高い商品を扱え、かつ専門知識や競合に勝てるような営業力が求められ、今までの経験が生かすことができると考えて志望しました。証券会社でも、顧客に医師の方もいらっしゃり商談した経験もあります。

志望動機を書くポイントは、

  1. 今の環境での課題は何か
  2. MRに転職することでその課題をどう解決できるか
  3. 自身がMRとして活躍できる根拠

この3つをシンプルに表現しましょう。そして、面接のなかで触れてもらえるようにするように書きましょう。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA