どんな知識が求められる?MRが勉強すること

MR疑問



執筆者 : 転職エージェントとして、求職者にMRの仕事を紹介。そのためMRの酸いも甘いも知り尽くしています。

MRが勉強しなければならないこと

MRは、入社後も勉強が必要とされるお仕事です。では、どんなことを勉強しなければならないかというと具体的に以下の3点です。

  • 医薬品の知識
  • 欧米、国内の治療実績
  • 営業のやり方

MRの仕事は、医薬品の使い方、副作用などの情報を提供し、そこから自社製品の販売に繋げていくものです。

顧客となる医者や薬剤師は、常に最新の情報を求めています。そのため、そのニーズに応え続けられるかが成果の鍵となります。

ただ医薬品の知識だけがあってもニーズに応えられません。その薬を実際に使い、患者の治療が上手くいったということや、逆に治療が出来なかったという症例までを知っておくことで、医者や薬剤師のニーズを満たし、しいては、購入意欲に繋げることができます。

だからこそ、医薬品に関する最新の情報や、論文や学会に参加して実際の症例等を仕入れておく必要があります。

しかしながら、医薬品の情報や症例等知っておけばいい訳でもありません。そういった情報を上手く活用しながら人間関係の形成する方法や販売の戦略を考えるためのマーケティングの知識をつけておく必要があります。

自社の医薬品の販売実績を最大化させるためには、仕事の仕方はもちろんのこと、製品知識や周辺情報の習得が必要なのです。

どうやって勉強すればいい?

学習する男性

製品の情報や実際の症例の情報や、営業力を磨くコツは、上司や周りの先輩から仕入れていきましょう。

なぜなら、上司や先輩達は、試行錯誤して成果に繋げるための必勝パターンを作りあげているからです。

自社製品のどんな知識が医者や薬剤師が欲しているか、それらをどこからどのように情報を仕入れ、何を勉強すべきかなどを経験則で分かっているため、新人が独学で学ぶよりも先輩や上司に聞いたほうが早いのです。

そのうえで、自分の足りないもの、これをもっと勉強しないといけないなどを気づいて磨いていけばいいのです。

MRの記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA