フリーターにおすすめ転職エージェント3選

フリーターにおすすめ転職エージェント3選


フリーターから正社員を目指すのは難しいと感じる人は少なくありません。一般的な20代のキャリアは、新卒で企業に就職することを前提に考えられていて、フリーターを前提としたものではないからです。

実際に、職務経歴にフリーターの期間がある場合、就職の面接では詳しい説明を求められるケースが少なくありません。

しかし、フリーターだからといって正社員に転職できないわけではありません。フリーターであったとしても、ポテンシャルや人柄を重視して採用している企業もあるからです。

では、どうすればフリーターの転職活動をスムーズに進めることができるのでしょうか。その方法の一つは、転職エージェントを上手に活用することです。

本記事では、フリーターにおすすめの転職エージェントを厳選して紹介します。

フリーターにおすすめの転職エージェント3選

フリーターにおすすめできる転職エージェントの条件は、フリーター向けの求人案件を取り扱っていることです。

大手の転職エージェントは、基本的に正社員の転職に特化しています。転職エージェントによっては、「フリーターのみの職務経歴では紹介できる仕事がない」と回答されることもあります。そういった転職エージェントに登録・相談するのは、時間を無駄にすることにもなりかねません。

ここからは、フリーターにおすすめできる転職エージェントを順番に見ていきましょう。

1.就職Shop|書類選考なしで模擬面接・セミナーを受講できる

就職Shopのホームページ画像

画像引用元:就職shop

就職Shopの運営元は、リクルートキャリアです。リクルートグループに所属する企業が提供するサービスなので、安心して利用することができます。

就職Shopは、若者向けに特化して正社員就職を徹底サポートしているという特徴があります。登録企業数は8555社、20代の利用者は全体の9割を占めています。

基本的に、書類選考なしで面接できるサービスなので、フリーターの方でも利用しやすいことは間違いありません。

企業での面接の前には、模擬面接や志望する業界に関するセミナーを受講することができるため、面接に自信がない場合はメリットが大きい転職エージェントだといえるでしょう。

2.ウズキャリ|20代の転職に特化した転職エージェント

ウズキャリは、第二新卒や20代の就職支援に特化した転職エージェントです。

ブラック企業完全排除を掲げている転職エージェントでもあるため、正社員就職に対して不安があるフリーターの方も安心して利用できる転職エージェントでもあります。

また、運営会社である株式会社ウズウズは、第二の就活というサイトも運営しており、求人情報だけでなくフリーター向けの転職支援コラムも多数掲載しています。

ウズキャリでの就活サポートは、個別形式と集団形式から選択することができます。転職エージェントは個別サポートが基本ですが、集団形式も選べるのはウズキャリならではの特徴といえるでしょう。

ウズキャリが過去に紹介した求職者が働いている企業については、離職率のデータも取得しているため、慎重に転職活動を進めたいフリーターの方にもおすすめできる転職エージェントです。

3.ハタラクティブ|未経験者OKの求人を集めている転職エージェント

ハタラクティブのHP画像

画像引用元:ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験者OKの求人を集めているため、さまざまな転職サイトを使って「未経験者OK」の求人を探すよりもスムーズに最適な求人を見つけることができます。

ハタラクティブの特徴は、職務経歴を問われないことにあります。その理由は、前述のとおり未経験者応募可の求人を集めているため、職務経歴を理由に求人案件の紹介を断られる可能性はほとんどありません。

未経験者を前提とした求人であるため、一般的な大手転職エージェントの求人と比較すると、提示される報酬や福利厚生に大きな期待はできませんが、フリーターの方にはおすすめできる転職エージェントの一つです。

フリーターも使える転職エージェントが見つかる4つのポイント

見つけるポイント

フリーターから正社員を目指して転職活動に取り組むのであれば、利用できる転職エージェントはきちんと見極めなければいけません。

全ての転職エージェントがフリーターの正社員転職を支援しているわけではなく、フリーターの転職支援をしている転職サービスは限られているからです。

次に、フリーターの方でも利用できる転職エージェントの見極め方を見ていきましょう。

1.「未経験者OK」や「フリーター歓迎」の求人が掲載されている

未経験者OKやフリーター歓迎の求人が掲載されている転職エージェントなら、ほとんどの場合、フリーターでも問題なく活用することができます。

エグゼクティブ向けや外資系企業向けの転職エージェントであれば、未経験者OKやフリーター歓迎という求人はほぼなく、職務経歴を重視しています。

フリーターから正社員を目指す場合は、あくまでも未経験者やフリーターの転職支援をしている転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

2.担当コンサルタントのサポートが充実している

フリーターとして働いてきた方が未経験から正社員を目指す転職活動は、誰もが不安を感じるものです。フリーターとしての転職活動は、職務経歴がある状態での転職活動に比べると厳しい側面もあるからです。

そんな不安を感じたときに必要になるのが、転職エージェントの担当コンサルタントです。

冷静に自分自身のキャリアや適性について考える際に、担当コンサルタントのアドバイスは有用です。担当コンサルタントのアドバイスがきっかけで、前向きな気持ちになることもあります。

未経験から正社員を目指して転職エージェントを活用するなら、担当コンサルタントのサポートについてチェックしてから判断することをおすすめします。

3.求職者の立場になって転職サポートをしてくれるかどうかを見極める

国内には数多くの転職エージェントがありますが、その全てが同じようなレベルでサービス提供をしているわけではありません。いい転職エージェントもあれば、悪質な転職エージェントも存在するのが現実です。

たとえば、求職者の立場よりも自社の売り上げを重視する転職エージェントであれば、「求職者の適性に合致する求人」よりも「転職を成約させて売り上げを獲得したい求人」を優先して求職者に紹介し、転職させることによって転職エージェントの売り上げにつなげるということもあり得るのです。

しかし、いい転職エージェントは、求職者の立場を考えて転職活動のサポートを提供しています。このあたりは、担当コンサルタントの人間性にも関係するところですが、転職エージェントとの面談時には、求職者として担当コンサルタントを見極める目をもつことをおすすめします。

4.研修制度の有無をチェックする

フリーターから正社員を目指して転職エージェントを利用するなら、研修制度の有無も確認しておきましょう。

転職エージェントによっては、ビジネスマナーやパソコン操作の基本についての研修を実施しており、無料で受講できるケースもあります。

ビジネスマナーとパソコンの操作スキルはどんな職業でも求められるため、これらのスキルが不足している方にとっては研修を受講するメリットは大きくなります。

転職エージェントが提供する研修を受講することが、面接における自信につながることもありますので、転職エージェントを選ぶ際は研修制度の有無もチェックしておくことをおすすめします。

フリーターに転職エージェントをおすすめする6つのメリット

転職エージェントをオススメする写真

フリーターから正社員を目指すのであれば、転職エージェントを使うメリットはいくつもあります。ここからは、そのメリットについて紹介します。

1.困ったときでもすぐに相談できる

未経験からの転職活動で転職エージェントを活用すると、困ったときでもすぐに相談できるというメリットがあります。

自分から担当コンサルタントに相談する姿勢は欠かせませんが、悩んだときプロに相談できることは転職活動の結果に大きく影響します。

家族や友人に相談してもアドバイスをもらえると考えるかもしれませんが、そういった一般の方は基本的にご自身の過去の知識と経験をベースに話すことが多くなるものです。

他方、転職市場は流動的であり、状況はどんどん変わっていきます。アドバイスを求めるなら、転職市場にタイムリーで専門的な知識をもつ転職エージェントの担当コンサルタントに相談することをおすすめします。

2.求人案件の詳しい情報を教えてもらうことができる

転職エージェントの担当コンサルタントは、企業の採用担当者と日々情報をやりとりしながら求職者の転職をサポートしています。

そのため、転職エージェントでは、「企業の現場に出入りしていなければ分からないような情報」を把握しており、そうした情報を教えてもらえる可能性が高くなります。

転職サイトを使った一般的な転職活動では、一般に公開されている求人情報や口コミが基本的な情報となり、取得できる情報に限りがあります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、求人情報には掲載されない現場の雰囲気や、実際に働いている人の終業時間など、より詳しく具体的な情報を知ることができるのです。

3.応募書類の作成をサポートしてもらえる

フリーターから正社員を目指して転職活動をする方にとって、応募書類の作成自体「ハードルが高いものである」と感じることが少なくありません。

転職エージェントを活用すると、応募書類の作成をサポートしてもらうこともできます。エントリー前に、完成した履歴書をプロにチェックしてもらうだけでも、履歴書の見え方は大きく変わります。

4.コミュニケーションのマナーを学べる

フリーターとしての経験しかない場合、周囲は学生や若い大人が多くなるほか研修の機会なども少なく、社会人としてのマナーや敬語についての理解が足りていないことが少なくありません。

マナーや敬語といった「社会人としての基礎」が不足していると判断されると、面接などでマイナスに評価されてしまうこともあります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、社会人としてのマナーや敬語の使い方も学べます。

フリーターや20代を対象とした転職エージェントでは、面接対策やビジネスマナーの研修が提供されているのが一般的です。研修は全てが無料とは限りませんが、転職活動を有利に進めるためにも、研修は積極的に受講することをおすすめします。

5.転職後のアフターフォローを期待できる

フリーターから初めて正社員として就職することができたとしても、最初は誰もが不安を感じるものです。実際に働き始めてから数ヶ月は慣れない環境でストレスを感じる人が少なくありません。

転職エージェントを活用して就職すれば、そういった入社後の不安な時期にもサポートを受けることができます。転職後に面談の機会を設けている転職エージェントも少なくありません。

入社後、何らかのトラブルに巻き込まれた場合にも、転職エージェントに相談できることは大きなメリットの一つです。

6.非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人とは、転職エージェントが独自のコネクションなどによって有している求人案件で、一般には公表されていない非公開の求人です。

転職エージェントを活用すれば、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

企業が求めるスキルと求職者のスキルがマッチすれば、好条件が提示されるケースもあります。非公開求人は、転職エージェントを活用する大きな魅力の一つといえるでしょう。

【まとめ】フリーターから正社員を目指すなら転職エージェントを積極的に活用しよう!

転職エージェントの写真

ここまで紹介してきたように、転職エージェントはフリーターでも活用することができます。分からないことを相談できるため、初めての転職活動では利用するメリットは大きいといえるでしょう。

しかし、転職エージェントを活用するといっても、全て頼りきりになる「受け身の姿勢」ではいけません。

なぜなら、自分から積極的に相談しなければ、転職エージェント側からも提供できるサポートには限りがあるからです。

特に、応募書類の作成やエントリー企業の相談は、求職者からアドバイスを求めなければ、話が進んでいってしまうことも少なくありません。

フリーターから正社員を目指すのは、簡単なことではありません。転職エージェントを活用するなら、自発的に相談する姿勢でのぞむことをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA