【転職のプロが語る】フリーターにおすすめの転職エージェント13選/2019年度版

フリーターにおすすめ転職エージェント3選


「フリーターから正社員を目指すのは難しいだろうか?」
「フリーターから就職する場合、おすすめの転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務していた
「#就職しよう」編集部の中塚が、
あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。
この記事で、あなたにぴったりの転職エージェントが見つかり、素敵な企業に巡り合えることを心より願っております。

フリーターの方におすすめの転職エージェント13選

フリーターの方におすすめの転職エージェントは、フリーターの方をサポートしている転職エージェントです。

現代の日本社会では、一般的な20代の就職・転職は「新卒で企業に就職すること」が前提とされています。そのため、転職エージェントのサポートもそれに適したものになっていることが多く、フリーターの方の支援を前提としたサポートではないことが多いからです。

フリーターから就職するには、フリーター(既卒、未経験者を含む)支援に特化した転職エージェントを上手に活用することが必要です。

そこで当編集部では、フリーターの求人に強みを持った転職エージェント13社を厳選しました。

フリーター向けの
転職エージェント
(13社)
ポイント
ハタラクティブカウンセリング実績60,000人、内定率80.4%
いい就職ドットコム正社員応募できる求人数5,000社以上
ウズキャリ(第二の就活)書類通過率80%以上、面接からの内定率85%
キャリアスタートマンツーマンで模擬面接指導あり
就職shop認知度の高いリクルートグループが運営
第二新卒エージェントneo職務経験のない方の就職及び転職支援実績10,000人
日本若者転職支援センター保有求人数10,000案件以上、転職サポートの実績30,000人以上
パスキャリ面接時、キャリアアドバイザーが同行または同席
マイナビジョブ20'sマイナビグループの豊富なノウハウを活かしたサポート
リクらくカウンセリング実績20,000人以上、内定率は90%以上
DYM就職2,000社からのマッチングで、就職率は96%
JAIC就職成功率81.1%以上、入社後定着率91.3%
Re就活「適性テスト」サービスで自分に適した職業がわかる
※順不同に記載

上記転職エージェントの抽出基準

企画・集計 株式会社アドバンスフロー
抽出方法 Googleで「フリーター 転職エージェント おすすめ」と検索し、表示された転職支援会社のサイトを閲覧。フリーター、既卒、第二新卒向けの支援を行っているかを確認し、支援を行っているエージェントを抽出。
調査日 2019年11月12日


ここからは、上の表に記載した転職エージェント13社について詳しく紹介します(紹介順は順不同)。

なお、転職エージェントに登録する際は、各転職エージェントの「ポイント(特色)」を見て選びましょう。

たとえば、面接に自信のない方であれば、「面接に同行または同席してくれる」「模擬面接で指導してくれる」などのサポートがあるエージェントを選ぶといいでしょう。

また、転職エージェントが抱えている求人は企業によって異なります。
ご自身の希望に合う求人を見つけるためには、3社以上の転職エージェントに登録することをおすすめします。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブのHP画像画像引用元:ハタラクティブ

ハタラクティブのおすすめポイント

  1. カウンセリング実績は60,000人に及び、内定率は80.4%の実績を誇ります。
  2. 未経験者OKの求人を常時2,300件保有しているので、職務経験のない方でも希望の求人に出合える可能性が高くなります。
運営会社名 レバレジーズ株式会社(運営サイト名:ハタラクティブ)
カウンセリング拠点 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡
(来社が難しい地域の方は、電話カウンセリングが可能)
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒など
対象年齢 20代

2.いい就職ドットコム

いい就職.com画像引用元:いい就職ドットコム

いい就職ドットコムのおすすめポイント

  1. 正社員応募できる求人数が5,000件以上。既卒・第二新卒で就職した方の実績は10,000人以上です。
  2. 就職・転職活動に役立つイベントやセミナーが充実しています。
運営会社名 ブラッシュアップ・ジャパン株式会社(運営サイト名:いい就職ドットコム)
カウンセリング拠点 東京、大阪、愛知、神奈川
(来社が難しい地域の方は、電話やメールでサポート可能)
求人数 3,895
(2019年11月12日時点。全国・既卒を対象とした求人数)
対象者 既卒、第二新卒、新卒など
対象年齢 20代

3.ウズキャリ(第二の就活)

ウズキャリHP画像画像引用元:ウズキャリ(第二の就活)

ウズキャリ(第二の就活)のおすすめポイント

  1. 登録企業は約1,500社以上。求職者が応募する際の書類選考通過率は80%以上、面接を受けての内定率は85%を超えています。
  2. 時間をかけたサポートで安心して転職でき、入社後の定着率も95%と高くなっています。
運営会社名 株式会社UZUZ(運営サイト名:ウズキャリ(第二の就活))
カウンセリング拠点 東京、神奈川、大阪
(来社が難しい地域の方は、電話やメール、Skypeなどでサポート可能)
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒、ニートなど
対象年齢 20代

4.キャリアスタート

キャリアスタート画像引用元:キャリアスタート

キャリアスタートのおすすめポイント

  1. マンツーマンで模擬面接をしてくれるので、実際の面接でも十分にアピールできます。
  2. 全国各地から東京に就職される方向けの転居サポート(寮や住宅補助)があります。
運営会社名 キャリアスタート株式会社(運営サイト名:キャリアスタート)
カウンセリング拠点 東京
(来社面談か電話面談は選択可能)
求人数 376
(2019年11月12日時点の全国総求人数)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒など
対象年齢 年齢の記載なし

5.就職shop

就職Shopのホームページ画像画像引用元:就職shop

就職shopのおすすめポイント

  1. 認知度の高いリクルートグループが運営しており、経験豊富な専任のキャリアコーディネーターがサポートしてくれるので安心です。
  2. 登録企業数8,500社の求人は全て未経験歓迎。応募時の書類選考はなく、面接からのスタートです。
運営会社名 株式会社リクルートキャリア (運営サイト名:就職shop)
カウンセリング拠点 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、新卒、第二新卒など
対象年齢 年齢制限なし(利用者の9割が20代)

6.第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo画像引用元:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 18~28歳の就職・転職支援の実績は22,500人、職務経験のない方の就職・転職支援の実績は10,000人に及びます。
  2. 日本マーケティング機構の調査で、「相談のしやすさ」「面接対策・就職転職満足度」がNo,1とされたエージェントです。
[/lis
運営会社名 株式会社ネオキャリア(運営サイト名:第二新卒エージェントneo)
カウンセリング拠点 東京、大阪、名古屋、福岡
求人数 168
(2019年11月12日時点。全国の総求人数)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒、高卒、中卒など
対象年齢 20代

7.日本若者転職支援センター

日本若者転職支援センター画像引用元:日本若者転職支援センター

日本若者転職支援センターのおすすめポイント

  1. 保有求人数は常に10,000案件以上。転職サポートの実績は30,000人以上です。
  2. 転職活動専用のアプリがあるので、エージェントとのやり取りも迅速。スムーズに活動できます。
運営会社名 株式会社日本若者転職支援センター(運営サイト名:日本若者転職支援センター)
カウンセリング拠点 宮城、東京、大阪、名古屋、福岡
※求人は東京周辺(関東圏内)の仕事がメイン
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒など
対象年齢 18~32歳

8.パスキャリ

パスキャリ画像引用元:パスキャリ

パスキャリのおすすめポイント

  1. 内定が決まったら、お祝い金30,000円を受け取ることができます(2019年11月14日時点)。
  2. 面接はキャリアアドバイザーが同行または同席。求職者1人あたり平均1.5社の内定を獲得しています。
運営会社名 PASSEND株式会社(運営サイト名:パスキャリ)
カウンセリング拠点 東京
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒、新卒など
対象年齢 年齢の記載なし

9.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20画像引用元:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  1. 認知度の高い「マイナビグループ」が運営しており、豊富なノウハウを活かしたサポートが受けられます。
  2. 年間数千万人が受検する信頼性の高い適性診断を受けることができ、的確な自己分析が可能です。
運営会社名 株式会社マイナビワークス(運営サイト名:マイナビジョブ20’s)
カウンセリング拠点 東京、名古屋、大阪
(来社が難しい地域は、メールや電話でサポート可能)
求人数 2,401
(2019年11月12日時点。全国の総求人数)
対象者 第二新卒、既卒など
対象年齢 20代

10.リクらく

リクらくTOP画像画像引用元:リクらく

リクらくのおすすめポイント

  1. サポートがしっかりしているため、未経験者の方、経歴に不安のある方でも、内定率は90%以上です。
  2. 求職者のカウンセリング実績は20,000人以上。プロ目線のアドバイスを受けることができます。
運営会社名 株式会社リクルートネット(運営サイト名:リクらく)
カウンセリング拠点 東京
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒など
対象年齢 20代

11.DYM就職

DYM就職画像引用元:DYM就職

DYM就職のおすすめポイント

  1. 書類選考なしで面接をセッティングしてもらうことができます。
  2. DYM就職が厳選した2,000社からマッチング。就職率は96%と非常に高いです。
運営会社名 株式会社DYM(運営サイト名:DYM就職)
カウンセリング拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、埼玉、石川、愛知、大阪、京都、兵庫、三重、愛媛、岡山、広島、熊本、福岡
求人数 61
(2019年11月12日時点。全国の総求人数)
対象者 フリーター、既卒、第二新卒など
対象年齢 年齢の記載なし

12.JAIC

JAIC画像引用元:JAIC

JAICのおすすめポイント

  1. 就職支援実績は20,000名以上。無料の就活講座もあり、就職成功率は81.1%以上です。
  2. 入社後のサポートも手厚く、入社後の定着率は91.3%です。
運営会社名 株式会社ジェイック(運営サイト名:JAIC)
カウンセリング拠点 東京、神奈川、大阪、愛知、福岡
(期間限定で、北海道、宮城、埼玉、千葉、兵庫、京都、広島などで対応)
求人数 非公開
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、大学中退、既卒、第二新卒、高卒など
対象年齢 18~34歳

13.Re就活

Re就活画像引用元:Re就活

Re就活のおすすめポイント

  1. 「適性テスト」で自分に適した職業がわかり、担当者と一緒に結果を確認しながら転職活動を進めることができます。
  2. 希望条件や職務経歴を登録すると企業からスカウトが届きます(スカウトサービス)。
運営会社名 株式会社学情(運営サイト名:Re就活)
カウンセリング拠点 東京、大阪
(来社が難しい地域の方は、電話面談が可能)
求人数 1,069
(2019年11月12日時点)
対象者 フリーター、ニート、既卒、第二新卒など
対象年齢 20代

全国で活用できる公共事業の転職支援

ここまで紹介した転職エージェント以外に、公共事業として就職・転職支援を行っているところがあります

これらは各自治体で運営しており、全国で活用できます(各自治体によってサポート内容は異なりますので、詳しくはお問い合わせください)。

転職エージェントのサポート地域は首都圏が多いため、希望する地域によっては条件が合わないことも。希望勤務地をサポートしている転職エージェントが見つからない場合は、公共事業の支援サービスをうまく活用するといいでしょう。

サイト名ポイント
ジョブカフェ・各都道府県に設置されており、セミナーや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを実施しています。
・20代以外のミドル層、シニア層などのサポートを行っている自治体もあります。
サポステ・15歳~39歳までの方を対象に「職場定着するまで」をサポートする厚生労働省委託の支援機関です。
・面談講座、仕事に役立つ講座、就業体験など、さまざまなプログラムがあります。
ハローワーク・自治体によっては、45歳未満のフリーターの方を対象に、正規雇用に向けたサポートを行っています。
・ハロートレーニング(職業訓練)として、幅広い講座が用意されています。

フリーターの方におすすめのIT業界に特化した転職エージェント3選

未経験からIT業界にチャレンジする場合は、20代がチャンスです。

30代以降でチャレンジできないわけではないのですが、30代以降の方に対して企業は「経験者で実績のある方」を求める傾向があります。

反面、20代の場合は「未経験歓迎」「研修充実」の求人が多くみられ、IT業界に特化した転職エージェントもあるのです。

ここでは、IT業界に強い未経験者(フリーター、既卒、第二新卒)向けの転職エージェントを3社紹介します(3社いずれも「対象年齢が20代」「支援拠点は東京のみ」です)。

どの転職エージェントも無料講座があり、サポートが手厚く充実しているため未経験の方でも安心です。

サイト名ポイント
GEEK JOB・正社員就業率97.8%
・プログラミングを無料で学べる
ProEngineer・正社員就業率96.2%
・プログラミングを無料で学べる
未経験の転職ナビ・転職相談実績は50万人を超え、求人は常時15,000件以上
・エンジニアリング、プログラミングを無料で学べる

フリーターの方も使える転職エージェントを見つける4つのポイント

見つけるポイント

全ての転職エージェントがフリーターの正社員転職を支援しているわけではありません。

フリーターから正社員を目指して転職活動に取り組むのであれば、フリーターの転職支援をしている転職エージェントをきちんと見極めて選ばなければいけません。

ここからは、フリーターの方でも利用できる転職エージェントの見極め方をご紹介します。

1.「未経験者OK」「フリーター歓迎」の求人が掲載されている

「未経験者OK」「フリーター歓迎」の求人が掲載されている転職エージェントは、ほとんどの場合、フリーターの方でも問題なく活用することができます。

エグゼクティブ向けや外資系企業を希望する方向けの転職エージェントでは、「未経験者OK」「フリーター歓迎」という求人はほぼなく、職務経歴を重視しています。

2.担当コンサルタントのサポートが充実している

フリーターとしての転職活動は、職務経歴がある状態での転職活動に比べると厳しい側面もあります。

フリーターとして働いてきた方が未経験から正社員を目指す転職活動は、誰もが不安を感じるものです。

そんな不安を感じたときに必要になるのが、転職エージェントの担当コンサルタントのサポートです。

自分自身のキャリアや適性を冷静に考える際、担当コンサルタントのアドバイスは有用です。

担当コンサルタントのアドバイスがきっかけで、前向きな気持ちになることもあります。

未経験から正社員を目指して転職エージェントを活用するなら、担当コンサルタントのサポートについてチェックしてから判断することをおすすめします。

3.求職者の立場になってサポートしてくれる

国内には数多くの転職エージェントがありますが、その全てが同じようなレベルでサービスを提供しているわけではありません。いい転職エージェントもあれば、悪質な転職エージェントも存在するのが現実です。

たとえば、求職者の立場よりも自社の売り上げを重視する転職エージェントであれば、「求職者の適性に合致する求人」よりも「転職を成約させて売り上げを獲得したい求人」を優先して求職者に紹介し、転職させることによって転職エージェントの売り上げにつなげるということもあり得るのです。

しかし、いい転職エージェントは、求職者の立場を考えて転職活動をサポートしています。このあたりは、担当コンサルタントの人間性にも関係するところですが、転職エージェントとの面談時には、求職者として担当コンサルタントを見極める目をもつことをおすすめします。

4.研修制度がある

転職エージェントによっては、ビジネスマナーやパソコン操作の基本についての研修を実施しており、無料で受講できるケースもあります。

ビジネスマナーとパソコンの操作スキルはどんな職業でも求められるため、これらのスキルが不足している方にとっては研修を受講できることは大きなメリットとなります。

転職エージェントの提供する研修を受講することが、面接における自信につながることもありますので、転職エージェントを選ぶ際は研修制度の有無もチェックしておくことをおすすめします。

フリーターの方に転職エージェントをおすすめする6つのメリット

転職エージェントをオススメする写真

フリーターから正社員を目指すのであれば、転職エージェントを使うメリットはいくつもあります。ここからは、そのメリットについて紹介します。

1.困ったときでもすぐに相談できる

未経験からの転職活動で転職エージェントを活用すると、困ったときでもすぐに相談できるというメリットがあります。

自分から担当コンサルタントに相談する姿勢は欠かせませんが、悩んだときプロに相談できることは転職活動の結果に大きく影響します。

家族や友人に相談するのでもアドバイスをもらえると考えるかもしれませんが、そういった一般の方は基本的にご自身の過去の知識と経験をベースに話すことが多くなるものです。

しかしながら、転職市場は流動的であり、状況はどんどん変わっていきます。アドバイスを求めるなら、転職市場についてタイムリーで専門的な知識をもつ転職エージェントの担当コンサルタントに相談することをおすすめします。

2.求人案件の詳しい情報を教えてもらうことができる

転職エージェントの担当コンサルタントは、企業の採用担当者と日々情報をやりとりしながら求職者の転職をサポートしています。

そのため、転職エージェントでは、「企業の現場に出入りしていなければわからないような情報」を把握しており、求職者もそうした情報を教えてもらえる可能性が高くなります。

転職サイトを使った一般的な転職活動では、一般に公開されている求人情報や口コミが基本的な情報となり、取得できる情報に限りがあります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、求人情報には掲載されない現場の雰囲気や、実際に働いている人の終業時間など、より詳しく具体的な情報を知ることができるのです。

3.応募書類の作成をサポートしてもらえる

フリーターから正社員を目指して転職活動をする方にとって、応募書類の作成自体「ハードルが高いものである」と感じることが少なくありません。

転職エージェントを活用すると、応募書類の作成をサポートしてもらうこともできます。エントリー前に、完成した履歴書をプロにチェックしてもらうだけでも、履歴書の見え方は大きく変わります。

4.コミュニケーションのマナーを学べる

フリーターとしての経験しかない場合、それまで周囲にいたのは学生や若い大人が多かった反面、研修の機会などもは少なく、社会人としてのマナーや敬語についての理解が足りていないことが少なくありません。

マナーや敬語といった「社会人としての基礎」が不足していると判断されると、面接などでマイナスに評価されてしまうこともあります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、社会人としてのマナーや敬語の使い方も学べます。

フリーターや20代の方を支援対象としている転職エージェントでは、面接対策やビジネスマナー研修を提供しているのが一般的です。研修は全てが無料とは限りませんが、転職活動を有利に進めるためにも、研修は積極的に受講することをおすすめします。

5.転職後のアフターフォローを期待できる

フリーターから正社員として就職することができたとしても、実際に働き始めてから数ヶ月は慣れない環境。最初はストレスや不安を感じる場面が多くなりがちです。

転職エージェントを活用して就職すれば、そういった入社後の不安な時期にもサポートを受けることができます。転職後に面談の機会を設けている転職エージェントも珍しくありません。

入社後、何らかのトラブルに巻き込まれた場合にも転職エージェントに相談できるということは、大きなメリットの一つです。

6.非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人とは、転職エージェントが独自のコネクションなどによって有している求人案件で、一般には公表されていません。

転職エージェントを活用すると、そうした非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

企業が求めるスキルと求職者のスキルがマッチすれば、好条件が提示されるケースも。非公開求人は、転職エージェントを活用する大きな魅力の一つといえるでしょう。

まとめ

転職エージェントの写真

転職エージェントはフリーターでも活用することができます。

しかし、転職エージェントを活用するといっても、全て頼りきりになる「受け身の姿勢」ではいけません。

なぜなら、自分から積極的に相談しなければ、転職エージェント側からも提供できるサポートには限りがあるからです。

特に、応募書類の作成やエントリー企業の相談は、求職者からアドバイスを求めなければ、話が進んでいってしまうことも少なくありません。

フリーターから正社員を目指すのは、簡単なことではありません。転職エージェントを活用するなら、自発的に相談する姿勢でのぞむことをおすすめします。

補足情報
13社の転職エージェントでサポート対象の年齢が合わない方や幅広くサポートを希望される方は、下記記事の転職エージェントをおすすめします。

【転職エージェントおすすめ18選】職種別に徹底調査!誰でも登録したい転職エージェントが見つかる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA