【元転職エージェントが語る】40代におすすめ転職エージェント10選!転職が難しい理由・成功する条件とは?


派遣や転職の会社で6年勤務

「40代の転職におすすめの転職エージェントはどこだろう?」と思っていませんか?

そこでこの記事では、40代の転職が難しい理由・成功する条件を紐解きながら、総勢25社から厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職を成功させるためのポイントや、40代の転職でよくある疑問についても解説します。

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で約6年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、この記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください! 必ず回答します。

また、この記事の「よかった点」や「悪かった点」がありましたら、ぜひひと言コメントをお寄せいただけるとうれしいです。「#就職しよう」編集部の励みになります!

40代の転職はやはり「転職エージェントを使っても難しい」

40代の転職は難しい

派遣や転職の会社で7年勤務

40代での転職は、残念ながら転職エージェントを使っても難しい・大変な場合が多いです。

転職エージェントを活用することは、幅広い求人情報を得たり、応募書類や面接の質を上げるためにとても有益なことです。

しかし、40代は、転職エージェントも求人の紹介をしづらく、登録してもなかなか転職できないことが多いのが現状です。

なぜ、そうなるのでしょうか?

ここでは、40代が転職しづらい理由や、転職を成功させやすい条件についてご紹介します。

40代が採用されづらい4つの理由

  1. 年下の上司・年上の部下になる可能性がある
  2. 高年収の傾向があり、企業側が慎重になる
  3. 該当求人数がもともと少ない
  4. マネジメント経験の少ない人が多い

若い管理職は増加していますが、上司が年上・部下は年下が望ましいと考える企業も多く、特に管理職が20代・30代の会社だと40代は採用しづらいです。

さらに、40代だと20代と比べて、ある程度の年収も必要となります。その年収を渡す価値があるのか……企業側は慎重になるため採用されにくくなります。

今までの経験から40代管理職への転職もありますが、管理職は求人数自体が少ないうえに、40代ではまだ経験不足と判断されていまうことが多くなります。

こうした事情から、40代の転職は難しく大変なものになってしまうのです。

転職を成功させやすい40代の条件

40代の求職者でも、下記のような職歴・経験を持っている方の場合は転職を成功させやすいです。

  • 専門職としての豊富な経験
  • 年齢を度外視できる圧倒的な実績
  • 豊富なマネジメント経験
専門職の経験とは、会計士などの資格保有に限らず「IPO経験がある」「資金調達の課題解決をした経験がある」など、専門的な知識・経験を持っているかが問われてます。

専門性の低い職種なら、「年齢が高くても雇いたい」と思われるような圧倒的な実績が必要です。そして、マネジメント経験とし求められるのは、部長や支社長クラスのマネジメントになります。

経験が豊富である人・圧倒的な実績がある人向けの転職エージェント5選

転職エージェント5選

派遣や転職の会社で7年勤務

経験が豊富であるなら、ハイクラス特化の転職エージェントに登録することをおすすめします。
  • 専門性の高い経験(IPO経験や資格保有など)
  • マネジメントの経験(部長や支社長クラス)
  • 他を寄せ付けない圧倒的な実績
これらをもっている40代の方ならば、今よりさらに待遇のいい会社を狙える可能性があります。

今回は、ハイクラス特化の転職エージェント15社を比較し、求人案件数や実績などを総合的に判断して5社を厳選しました。

▽クリックすると各社紹介記事まで遷移します。

  1. JACリクルートメント
  2. ビズリーチ
  3. キャリアカーバー
  4. エリートネットワーク
  5. クライス&カンパニー

1.JACリクルートメント

JACリクルートメントのホームページ画像
必ず登録すべきといえる転職エージェントは、実績や提案力に定評のある「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、ハイクラス特化の転職エージェントでは老舗で最大手で、コンサルタントのサービス力や提案力はとても高いものがあります。

イギリス発祥の転職エージェントであることから、海外8カ国にネットワークを持ち、外資系企業や日系グローバル企業の求人にも強いです。

幅広い求人を扱い、管理系や営業職のほか、医療や金融も充実しています。技術系・エンジニア系が若干多い印象もあります。

難点としては、最大手であるがゆえにサービスが画一的・経験不足だと、コンサルタントの対応がドライすぎて印象が悪いということもあります。

2.ビズリーチ

ビズリーチのホームページ画像
「ビズリーチ」は、一般的な転職エージェントとは少し違い、ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つ転職サイトです。

ビズリーチは、転職エージェントではなくヘッドハンターや転職エージェントと転職希望者をつなぐ転職サイトです。

求人数は、非公開求人を含めで約9万から10万件と圧倒的に多く、高年収の案件も多いという特徴があります。

ただし、ビズリーチは、無料だと公募求人への応募やスカウトを待つ程度しかできず、サービスすべてを使いたいなら月3,218円~(※2018年6月時点)になります。

3.キャリアカーバー

キャリアカーパーのホームページ画像
画像引用元:キャリアカーバー公式サイト
担当者を指名できる「キャリアカーバー」は、創業間もないものの実績と安心感があります。

それは、人材サービス会社最大手のリクルートグループが運営しているヘッドハンティング型転職サイトだからです。

同じリクルートグループの転職エージェント「リクルートエージェント」とはしっかり差異化が図られており、キャリアカーバーは高年収に特化しています。それでいて、求人数は公開求人だけで4万件を超えています。

さらに、キャリアカーバー側の担当者を転職希望者が指名することもできます。そこがリクルートブランドと相まって、安心感を高める理由にもなっているのです。

ただし、キャリアカーバーは転職希望者からの応募はできず、スカウトから連絡を待つのみというスタイルです。忙しい人には楽であるといえますが、早期転職を希望する方には向いていないという面もあります。

4.エリートネットワーク

エリートネットワークのホームページ画像
画像引用元:エリートネットワーク公式サイト
「エリートネットワーク」はハイクラス特化ですが、年収400万円程度のプレイヤー層の求人から高年収の求人まで、さまざまな案件を扱っています。

対応する職種も幅広く、エグゼクティブまでは望まないがマネジメント経験や専門職経験を生かしたいという方には活用しやすいエージェントです。

ただし、全国に対応しているものの、案件のほとんどは首都圏に集中しており、大阪・名古屋などでも紹介される案件がないことが多いです。

5.クライス&カンパニー

クライス&カンパニーのホームページ画像
画像引用元:クライス&カンパニー公式サイト
クライス&カンパニーは、IT系やコンサルタント系に強いハイクラス特化の転職エージェントです。

求人数は若干少ないですが、年収400万円程度の中間年収層の案件も取り揃えています。

さらに、平日夜の面談やメール・電話での面談などにも対応しているため、現役ビジネスパーソンにとっては活動しやすい転職エージェントです。

クライス&カンパニーがメインで扱っている求人は、「30代マネージャー」。40代以上の転職支援にも力を入れていますが、他社に比べて案件が少ない場合もあります。

経験や実績が不足していても登録すべき転職エージェント5選

転職エージェント5選

派遣や転職の会社で7年勤務

経理や法務などの専門的な経験や、部長や支社長クラスのマネジメント経験などが少ない場合、40代での転職は難しくなります。けれど、転職エージェントには登録すべきです。

たとえ結果的に転職エージェントで転職できなくても、登録するだけで得られるメリットはあります。だからこそ、転職エージェントには登録してほしいのです。
難しくても転職エージェントに登録すべき3つの理由

さらにいえば、経験が不足しているならば、幅広い職種・年収層の求人案件を持っており、サポート体制も充実している「総合転職エージェント」に登録すべきです。 

今回は、総合転職エージェント10社から、求人数やサービス力などをもとに「経験や実績が不足していても登録すべき転職エージェント5社」を選定しました。

▽クリックすると各社紹介記事まで遷移します。

  1. リクルートエージェント
  2. Spring転職エージェント
  3. パソナキャリア
  4. dodaエージェントサービス
  5. エンエージェント

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントのホームページ画像
圧倒的な求人数と50年の実績を誇るリクルートエージェントは、幅広い職種の求人をもち、求人案件数は業界トップクラス。

年収400万円以上の中間年収層の求人も多く、年齢層も20代から40代~50代まで対応できます。

ただしそれは30代までの案件であり、40代の求職者に紹介される案件はやはり少なくなってしまうのが現状です。

それでも、サポート体制も整っており、独自の企業情報が閲覧できるほか、面接力対策セミナーなども開催されています。最も登録すべき転職エージェントの1つといえるでしょう。

2.Spring転職エージェント

Spring転職エージェントのホームページ画像
Spring転職エージェントは、世界的な総合人材会社「Addeco」の転職エージェントです。実績やサービス力も高く、2018年オリコン顧客満足度調査で第1位に輝いています。

アドバイザー数を年々増やしてしていることもあり、面談に進める可能性がとても高いと言われています。

Spring転職エージェントは、年齢制限がないことを公言しているため、40代の求職者が門前払いされる可能性は他社に比べて少ないです。

登録にあたり、年齢制限などはありますか
転職支援サービスのお申し込みの年齢制限は特に設けておりません。
引用元:Spring転職エージェント「よくある質問」

3.パソナキャリア

パソナキャリアのホームページ画像パソナキャリアは、派遣で有名な「パソナ」の転職エージェント。人材紹介の実績はもちろん、エリア専任のアドバイザーが在籍しているほどサービス力も高いです。

さらには、女性の活躍支援にも注力しており、女性なら特に登録しておきたい転職エージェントです。

4.dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスのホームページ画像
dodaエージェントサービスは、転職エージェントと転職サイトのいいとこどりができるサービスです。

dodaエージェントサービスは、転職サイト「doda」のなかのサービスの1つです。

一般的な転職エージェントと転職サイトは、運営会社が同じでも別々に機能していますが、dodaではエージェントとサイトが連動しているため、転職エージェントを利用しながら転職サイトの情報もチェックできます。

40代の転職では、転職サイトを積極的に活用するほうが転職に成功しやすいため、1回の登録でどちらも使える便利な転職エージェントであるdodaは活用しやすいサービスでしょう。
(※転職サイトを積極的に活用すべき理由はこちらで解説! 転職サイト・ハローワークを積極的に活用する

5.エンエージェント

エンエージェントのホームページ画像

40代を含むミドルの転職に特化したエージェントを持っているのが「エンエージェント」です。

エンエージェントには、転職サイト「en ミドルの転職」があり、30代以上・年収600万円以上の案件を紹介しています。

エンエージェントと「en ミドルの転職」で違いはそれほどありませんが、40代以上への転職に理解と経験が豊富という点で登録しておきたい転職エージェントです。

ただし、ミドルの転職に理解があるとはいえ、紹介案件の多くは年齢に合った経験が必要とされます。これは他のエージェントと同様です。

難しくても転職エージェントに登録すべき3つの理由

40代の転職が難しくても転職エージェントへの登録をおすすめするのは、次の3つの理由があるからです。

  1. 面談を通じてキャリアを整理できる
  2. 書類の添削・模擬面談を受けることができる
  3. 非公開求人の閲覧・応募ができる

転職エージェントに登録することで、これらを無料で受けることができます(一部、有料としている転職エージェントもあります)。

転職エージェントのアドバイザー・コンサルタントは経験に長けています。そのアドバイスをもらえるのは、転職活動ではとても有意義なものです。

さらに、転職エージェントが持っている非公開求人は、公開求人よりも数が多い場合があり、公開求人では見つからなかった応募可能な求人が非公開求人のなかから見つかる可能性も出てきます。

経験やスキル、職種によっては、登録自体を断られる場合もありますが、それでも落ち込むことなく、登録できる転職エージェントに登録していきましょう。

40代女性におすすめの転職エージェント

元派遣会社7年勤務

子育てや介護などの家庭の事情を持ちながら、どちらも頑張って両立したい女性なら、「パソナキャリア」への登録もおすすめです。

40代の女性は、豊富な経験とスキルを持ってバリバリ働く方もいれば、子育てや介護などと両立しながら働く方もいらっしゃいます。

前者の場合は、ご紹介した転職エージェントに登録がおすすめですが、後者の場合は女性の転職により理解のある転職エージェントにも登録しましょう。

女性の転職に理解のある転職エージェントとしておすすめなのが、パソナキャリアです。

パソナキャリアは、女性の転職を積極的に支援する転職エージェントです。女性が活躍できる求人を豊富に取り揃え、「ウーマンキャリア」という女性専用のキャリア支援も併設しています。

転職したら終わりではなく、入社後のフォローまできめ細やかなサービスを受けることができる転職エージェントです。

40代の転職をなんとしても成功させるために

40代の転職をなんとしても成功させるために

派遣や転職の会社で7年勤務

40代の転職が難しいとしても成功させたい! そのためには、どうしたらいいのでしょうか?

経験が不足している40代の場合、確かに転職は難しいものです。しかし、可能性は0ではありません。

少しでも成功に近づけるためには、情報収集の方法や転職時期を見直してみましょう。

ここからは、情報収集の方法や転職時期の見直しについて、詳しく解説していきます。

転職サイト・ハローワークを積極的に活用

転職エージェントだけでなく転職サイトやハローワークも使うと、チャンスもより多くなります。

なぜ、チャンスが増えるのか?

それは、転職サイトやハローワークには、転職エージェントが持っていない「40代でも応募可能な案件」が多数あるからです。

その分、年収や労働条件など悪いこともありますが、転職を成功させるなら、転職エージェントに固執せず、転職サイトやハローワークまで幅を広げて転職活動をしていきましょう。

なお、転職サイトやハローワークでは求人の検索や応募、面接の調整などをすべて自分で行うため、時間と手間がかかると認識しておきましょう。

あえて今の会社にとどまって実績を積みながら時期を待つ

実績が足りないなら、今は転職せずに転職に適した時期まで実績を積むのも、転職を成功させる方法の1つです。

「今を逃せば転職がさらに難しくなる」と思われるかもしれませんが、年齢に見合った実績があれば50代になっても転職は可能です。

リクルートエージェント「転職実績データ」
引用元:リクルートエージェント「転職実績データ」
大手転職エージェント「リクルートエージェント」のデータによると、41~50歳で回答者の5%=約1000人程度、51歳以上でも回答者の1%=約200人程度が転職を成功させています。

40代の転職あれこれQ&A

40代の転職あれこれQ&A

派遣や転職の会社で7年勤務

40代での転職活動が初めてという方にとっては、「40代の転職事情」や「転職エージェントのいろは」などを知らないことも多いものです。

ここでは、40代の転職事情や転職エージェントのいろはなど、40代の転職活動で出てくることの多い疑問・質問にお答えします。

ここ数年の40代の転職事情

40代が就業可能なポストの空きが少ないために、転職が難しいというのが現状です。

2015年の「雇用動向調査」によると、30代前半までの男性の離職率が2ケタであることに対し、30代後半では9.4%、40代男性では8%前後と、離職する人が少なくなります。
離職率
▲クリックで拡大できます
引用元:「雇用動向調査結果」(厚生労働省)を加工して作成

それでも、転職者数はここ10年で急増しています。全体に占める割合が5~6倍に増加したという調査結果もあり、40代転職の敷居は少しずつ下がっている傾向がみられます。

doda「転職成功者の年齢調査(2017年下半期)」
引用:doda「転職成功者の年齢調査(2017年下半期)」

40代が転職しやすい業界・職種

40代の転職は「今まで経験した業界・職種」での転職が原則ですが、人手不足の業界なら40代の未経験でも可能性はあります。

  • 介護業界
  • タクシー運転手
  • コールセンター
などが、現在人材確保が大変な業界の一例です。

こうした業界・職種以外だと未経験での転職はほぼ難しいですが、今までの経験を生かせる求人ならばその限りではありません。

たとえば、「営業職の経験を生かして販売店マネージャー候補になる」「コンサルタント職での経験を生かして管理部門スタッフに就く」などの職種変更は可能な場合があります。

ただし、こうした場合でも、専門職やマネジメント職の経験がしっかり培われていないと難しいでしょう。

40代の転職では「焦り」に注意

40代での転職活動はスムーズに進まないのが当たり前。焦りやいらだちは禁物です。

40代での転職は、経験の豊富な求職者であっても、企業は慎重に検討します。そのため、連絡が来るまでにも相応の時間がかかり、不採用も多くなります。

その間、焦ったりいらだったりすると、精神的にも追い詰められ、うまくいくものもいかなくなります。

40代の転職で一番注意すべき点は、長期的な視点で焦らずに活動すること。

そのためには、転職活動は就業中に行い、内定を取れてから退職するようにしましょう。

そのほうが、気持ちに余裕を持ち視野を広くすることができます。

転職エージェントの概要

転職エージェントとは、転職希望者と求人を明日企業とのマッチングを行い、求職者の転職を成功に導いてくれる強い味方です。

転職エージェントには、大きく2種類あります。

  • 総合転職エージェント……全職種・全年代に幅広く対応する/専門性が低い
  • 特化型転職エージェント……対象分野に特化しており専門性が高い/求人の対象が狭い
先にご紹介した「経験が豊富な人向け転職エージェント」のほとんどはハイクラスに特化した転職エージェントで、「経験が不足している人向け転職エージェント」の大半は総合転職エージェントです。

転職エージェントのほとんどは、求職者は無料で利用できます。

転職希望者を企業に紹介して採用に至れば、転職エージェントはその企業から報酬を得ることができます。そのため、求職者は無料でサービスを利用できるのです。

転職エージェント利用のメリット

転職エージェントは、プロがアドバイスしてくれるだけでなく、企業との交渉もまとめてくれます。

転職エージェントを利用するメリットには、前述の「難しくても転職エージェントに登録すべき3つの理由」でもご紹介した3つのメリットも含めて、全5つのメリットがあります。

  1. 面談でキャリアを整理できる
  2. 書類の添削・模擬面談を受けることができる
  3. 非公開求人の閲覧・応募ができる
  4. 面接日程等などのセッティング・調整を転職エージェントに任せられる
  5. 内定後の入社条件の交渉も転職エージェントが行ってくれる

転職エージェントを利用すれば、質のいい求人に出合えるだけでなく、効率的に転職活動を行えるようになるのです。

「3社以上の転職エージェントに登録すべき」の理由

転職エージェント1社ではすべての求人を網羅していないため、複数の転職エージェントに登録して求人量を増やす狙いがあるからです。

登録するなら、総合転職エージェントと特化型転職エージェントのどちらにも登録するのがおすすめです。

総合転職エージェントならではの求人数の多さと、特化型転職エージェントの専門性のどちらも転職活動に生かすことができるからです。

複数の転職エージェントに登録することは今では一般的なため、エージェント側に気を使う必要はありませんが、担当者に一言伝えておくだけで調整などを行いやすくなります。

まとめ:40代は転職エージェントを使って有意義に転職活動をしよう

40代は転職エージェントを使って有意義に転職活動をしよう

派遣や転職の会社で7年勤務

40代の転職におすすめしたい転職エージェントを、キャリアの違いごとに5社ずつおすすめしましたが、いかがでしたか?

転職するならば、プロのアドバイスや非公開求人を持っている「転職エージェント」を活用するのが一番です。

経験が豊富で転職が優位な40代の求職者ならばハイクラス向けの転職エージェントに、経験が不足している40代の求職者の場合は、総合転職エージェントに登録しましょう。

経験が不足している方の場合は、転職する時期や転職情報の収集方法を変えてみることもおすすめします。

ぜひ転職エージェントを利用して、いい転職をしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?