既卒向け転職エージェントおすすめ比較15選【転職のプロが教える】

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

既卒 転職エージェント

「既卒に強い転職エージェントでおすすめはどこだろう?」

と悩んではいませんか?

転職会社で約6年働き、現役転職エージェントである「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

既卒に強みのある転職エージェントを比較し掲載しました。なぜ既卒が転職エージェントを利用したほうがいいのかも併せてご覧ください。

また、既卒の方に転職エージェントをおすすめする理由」や、「これから何をしていいかわからない」や「どんな仕事に就けばいいのかわからない」方でもちょっとしたお手伝いになるようなQ&Aの読み物もあります。

この記事で、信頼を寄せる転職エージェントに出会い、素敵な勤務先と巡り会えることを心より願っております。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

目次

既卒向け 転職エージェント おすすめ15選

既卒の方が転職するなら、
「既卒向けの転職エージェント」
を利用しましょう。

なぜなら、一般の転職エージェントですと、既卒向けの求人の取り扱いが少ないからです。

職務経歴だけでなく、人材としての可能性を見てくれる求人を多くもち、転職希望者の魅力を引き出してくれるのが既卒向けエージェントなのです。

そこでここからは、既卒向けの転職エージェントを15社ご紹介します。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブのHP画像
画像引用元:「ハタラクティブ」公式サイト

ハタラクティブのおすすめポイント

  1. 未経験から正社員への就職を希望する人向け転職エージェント
  2. 累計60,000人へのカウンセリング実績をもち、内定率は80.4%
運営会社名 レバレジーズ株式会社
カウンセリング拠点 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/愛知/福岡
カウンセリング方法 LINEビデオ面談/電話面談
求人数 非公開
対象者 フリーター/ニート/既卒/第二新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

2.DYM就職

DYM就職
画像引用元:「DYM就職」公式サイト

DYM就職のおすすめポイント

  1. 書類選考なしで面接をセッティングが可能
  2. DYM就職が厳選した2,000社からマッチングし、就職率は96%
運営会社名 株式会社DYM
カウンセリング拠点 東京/札幌/仙台/名古屋/大阪/広島/福岡
カウンセリング方法 対面面談/オンライン面談
求人数 59件
対象者 フリーター/既卒/第二新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

3.Re就活エージェント

Re就活
画像引用元:「Re就活エージェント」公式サイト

Re就活エージェントのおすすめポイント

  1. 20代の採用を行っている5,000件以上の企業求人を取り扱い
  2. 求人サイト「Re就職」も同時に使えるので、応募できる求人の幅が広い
運営会社名 株式会社学情
カウンセリング拠点 東京/名古屋/大阪
カウンセリング方法 対面面談/WEB面談
求人数 1,031件
対象者 第二新卒/既卒/社会人未経験などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

4.いい就職ドットコム

いい就職.com
画像引用元:「いい就職ドットコム」公式サイト

いい就職ドットコムのおすすめポイント

  1. 正社員採用を希望する企業5,000社以上の求人を掲載
  2. 就職・転職活動に役立つイベントやセミナーが充実
運営会社名 ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
カウンセリング拠点 東京/大阪/愛知/神奈川
カウンセリング方法 対面面談/WEB面談
求人数 既卒向け求人:4,078件
対象者 既卒/第二新卒/新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

5.かつやくカレッジ


画像引用元:「かつやくカレッジ」公式サイト

かつやくカレッジのおすすめポイント

  1. 費用無料の研修型転職エージェント
  2. 就職後も年5回のアフタフォロー研修あり
運営会社名 株式会社ライズ
カウンセリング拠点 なし
カウンセリング方法 完全WEB面談
求人数 非公開
対象者 未就業(ニート)/フリーター/既卒/第二新卒/新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

6.キャリアスタート

キャリアスタート
画像引用元:「キャリアスタート」公式サイト

キャリアスタートのおすすめポイント

  1. 新型コロナにより、内定取り消し・失業した20代を積極サポート
  2. 転居サポートなど転職による生活面での相談・サポートもあり
運営会社名 キャリアスタート株式会社
カウンセリング拠点 東京
カウンセリング方法 対面面談/WEB面談
求人数 57件
対象者 フリーター/既卒/第二新卒/新卒など20~30代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

7.リクらく

リクらくTOP画像
画像引用元:「リクらく」公式サイト

リクらくのおすすめポイント

  1. 東京/神奈川/千葉/埼玉の転職に特化
  2. 経験不問で、学歴・職歴なしも相談可
  3. カウンセリング実績は20,000人以上で、内定率は90%以上
運営会社名 株式会社リクルートネット
カウンセリング拠点 東京
カウンセリング方法 対面面談
求人数 非公開
対象者 フリーター/ニート/既卒/第二新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

8.就職Shop

就職Shopのホームページ画像
画像引用元:「就職shop」公式サイト

就職shopのおすすめポイント

  1. 転職支援の実績が豊富なリクルートグループの転職エージェント
  2. すべて書類選考なしで面接から選考
  3. 累計8,500社以上の企業からの求人を紹介
運営会社名 株式会社リクルート
カウンセリング拠点 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫
カウンセリング方法 電話面談
求人数 非公開
対象者 フリーター/ニート/既卒/新卒/第二新卒/中卒/高卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

9.第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo
画像引用元:「第二新卒エージェントneo」公式サイト

第二新卒エージェントneoのおすすめポイント

  1. 転職支援実績は22,500人、うち職務経験なしは10,000人を突破
運営会社名 株式会社ネオキャリア
カウンセリング拠点 東京/大阪/名古屋/福岡
カウンセリング方法 対面面談
求人数 169件
対象者 フリーター/既卒/第二新卒/高卒/中卒/ニートなどの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

10.JAIC(ジェイック)

JAIC
画像引用元:「JAIC(ジェイック)」公式サイト

JAIC(ジェイック)のおすすめポイント

  1. 就職支援実績は23,000名以上、就職成功率は81.1%
  2. 女性向けや大学中退者向けなど4つのコースを用意
運営会社名 株式会社ジェイック
カウンセリング拠点 東京/神奈川/大阪/仙台/名古屋/広島/福岡(※不定期開催:北海道/千葉/兵庫/埼玉)
(※選択するコースによっては、東京や大阪のみの場合もあり)
カウンセリング方法 対面面談/WEB面談
求人数 非公開
対象者 フリーター/ニート/既卒/大学中退/第二新卒/高卒などの20~30代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

11.UZUZ(ウズウズ)

ウズキャリHP画像
画像引用元:「UZUZ(ウズウズ)」公式サイト

UZUZ(ウズウズ)のおすすめポイント

  1. 集団サポートと個別サポートの2種類の支援方法を用意
  2. 就職支援実績は35,000名以上、就職内定率86%
運営会社名 株式会社UZUZ
カウンセリング拠点 東京/神奈川/大阪
カウンセリング方法 対面面談/電話面談/ビデオ面談
求人数 非公開
対象者 フリーター/既卒/第二新卒/ニートなど

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

12.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20
画像引用元:「マイナビジョブ20’s」公式サイト

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  1. 認知度の高いマイナビグループの転職エージェント
  2. 利用者数は累計17万人、入社後定着率96.8%
運営会社名 株式会社マイナビワークス
カウンセリング拠点 東京/神奈川/名古屋/大阪
カウンセリング拠点 対面面談
(※遠方の場合は、メール・電話対応可)
求人数 1,858件
対象者 既卒・第二新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

13.えーかおキャリア

えーかおキャリア
画像引用元:「えーかおキャリア」公式サイト

えーかおキャリアのおすすめポイント

  1. 20代に特化した転職エージェント
  2. 内定獲得率81%、入社後の定着率97%
運営会社名 株式会社For A-career
カウンセリング拠点 東京/大阪
カウンセリング拠点 対面面談/電話面談/ZOOM面談
求人数 非公開
対象者 未経験・ニート/フリーター/既卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

14.JHR就職エージェント

JHR就職エージェント
画像引用元:「JHR就職エージェント」公式サイト

JHR就職エージェントのおすすめポイント

  1. キャリアチェンジやキャリアアップを希望する20代向け
運営会社名 JHR株式会社
カウンセリング拠点 東京/大阪
カウンセリング拠点 対面面談
求人数 非公開
対象者 20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

15.就職エージェント九州

就職エージェント九州
画像引用元:「就職エージェント九州」公式サイト

就職エージェント九州のおすすめポイント

  1. 九州エリア、特に福岡に特化した20代向け転職エージェント
  2. のべ5,000名以上の就活サポートの実績あり
運営会社名 就職エージェント九州株式会社
カウンセリング拠点 福岡/東京
カウンセリング拠点 対面面談
求人数 非公開
対象者 新卒/既卒/第二新卒などの20代

※掲載の情報は、2020年11月19日時点の情報です。

既卒の方に転職エージェントをおすすめする理由とは?

既卒が転職エージェントを使うべき理由は何でしょうか?
「別に転職サイトや求人サイトでも就職できるから変わらないのでは?」と考えていませんか。

以下は転職エージェントの4つのメリットです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 面接対策・書類添削をしてくれる
  • 非公開求人の情報をもらえる
  • 求人の内容が詳しく分かる
  • 企業と各種交渉をしてくれる

既卒の方に転職エージェントをおすすめしたい部分は「エージェントのサポート」です。

特に「面接対策・書類添削」が役に立ちます。
エージェントは企業のことを知ったうえで、既卒の方に求人を紹介します。
その際に、この企業ではこんなことを言ってはNGです、この職務経歴書の書き方では伝わりませんなど指導してくれます。

メリットもありますが、デメリットもあります。
詳しくはこちらの記事でもご紹介しています。

転職エージェントとは?メリット・デメリットを紹介/「アンケートを転職エージェント利用者58人へ実施」

転職サイトと転職エージェントの比較

ここでは、転職サイトと転職エージェントの違いをくらべるために表にしました。

比較内容 転職エージェント 転職サイト
1.気軽に利用できるのはどっち?
→解説1
2.面談・カウンセリングの有無は?
3.掲載求人数はどっちが多い?
4.掲載求人の質が良いのは?
→解説2
5.一度に複数の求人に応募できる?
→解説3
6.企業やヘッドハンターからスカウトはある?
7.企業情報を詳しく知れるのは?
→解説4
8.応募書類の添削や面接対策はある?
9.日程調整や年収交渉など企業やりとりは?
10.内定をもらいやすいのは?
→解説5
11.退職サポートや転職後のサポートは?

[解説1]転職エージェントは、転職エージェント経由での応募になるため、転職エージェント側とのやりとりが必要になるなど多少の制限が生じます。反面、転職サイトは自身で応募するため制約がなく、気軽に利用することができます。

[解説2]転職エージェントは、自社が実際にコンタクトを取っている企業の求人のみが掲載されているため、転職エージェントのチェックが入ることから厳選されています。

[解説3]転職エージェントも、複数の企業に同時応募できますが、転職エージェントによっては1社に絞って応募になる場合もあります。反面、転職サイトでは自身で興味のある求人があればいくらでも自由に応募することができます。

[解説4]転職エージェントは、担当者が企業の人事担当者からヒアリングした上で人材紹介を行っています。そのため、企業がどんな人材が欲しいのか、企業の内情はどうなのかを理解しているため、より詳しい企業情報を得られます。

[解説5]転職エージェントは、企業が欲しい人材と転職希望者が合致している求人を紹介しているため、内定をもらいやすくなります。

既卒者の仕事探しに「就活サイト・就活エージェント」は利用できる?

大学生などが就職活動で利用する「マイナビ2022」「リクナビ2022」などの就活サイトには、「既卒者向け」の求人情報が掲載されている場合があります。

ぜひ転職エージェントや転職サイトでの仕事探しと併せて活用なさってください。

「マイナビ2022/マイナビ2023」などのマイナビ運営の就活情報サイト

画像引用元:「マイナビ就活情報サイト」公式サイト
※画像準備中

「マイナビ2022/2023」は、株式会社マイナビが運営する学生向けの就職情報サイトです。

就職活動を控えた大学生や専門学生はもちろん、既卒者・第二新卒者向けの求人も掲載しています。

求人情報以外にも就職活動・転職活動に役立つ情報ページや、就活イベント・WEBセミナーなどの情報も充実しています。

会社概要
会社名 株式会社マイナビ
運営サイト名 マイナビ就活サイトTOPページ
設立 昭和48年(1973年)8月15日
本社住所 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
許可番号 有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)
取扱い求人について
取扱い職種 事務・管理系|企画系|営業系|技術・研究系|販売・サービス系|専門系|医療・福祉系|金融系|クリエイティブ系|IT系
取扱い地域 全国、海外

※掲載の情報は、2021年11月26日時点の情報です。

「リクナビ2022/リクナビ2023」などのリクナビ運営の就活情報サイト

画像引用元:「リクナビ就活情報サイト」公式サイト
※画像準備中

「リクナビ2022/2023」は就職活動を控えている学生や、既卒学生に向けの就職情報が豊富に掲載されている情報サイトです。

人材業界最大手の株式会社リクルートが運営しているので、求人情報の豊富さ、就職に関する情報の豊富さには定評があります。

また、就活イベントの情報や、就活に役立つコラム記事なども豊富に掲載されています。

会社概要
会社名 株式会社リクルート
運営サイト名 リクナビ就活サイトTOPページ
設立 2012年10月1日…株式会社リクルートホールディングス設立時の分社化により設立
2018年4月1日…株式会社リクルートに商号変更
本社住所 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー
<※登記上本社>〒104-0061 東京都中央区銀座8-4-17 リクルート銀座8丁目ビル
許可番号 13-ユ-313011
取扱い求人について
取扱い職種 事務系|営業系|販売系|IT系|技術系|専門系
取扱い地域 全国、海外

※掲載の情報は、2021年11月26日時点の情報です。

既卒者の仕事探しにおすすめの転職サイト3選

【転職サイト】リクナビNEXT

リクナビNEXT
画像引用元:「リクナビNEXT」

リクナビNEXTのおすすめポイント

  • リクルートエージェントと同じ会社が運営する転職サイト
  • トップクラスの豊富な求人から、AIを駆使した求人を紹介
  • 1万社以上の企業・400社以上の転職エージェントからのスカウト機能あり

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する転職サイトで、求人掲載数トップクラスの豊富さをもっています。

さらに、1万社以上の企業と400社以上の転職エージェントが登録しており、今まで気付いていなかった魅力的な求人に出会えるチャンスもあります。

リクナビNEXTに関する情報
掲載求人数 49,771件
取り扱い求人職種 営業/事務・管理/企画・マーケティング・経営・管理職/サービス・販売・外食/WEB・インターネット・ゲーム/クリエイティブ/専門職/ITエンジニア/機械系エンジニア/技術職/技能工/医療・福祉・介護/教育・保育 他
企業へ直接応募 可能
企業からのスカウト あり
転職エージェントからのスカウト あり
運営会社名 株式会社リクルート

※上記の情報は、2021年5月26日時点の情報です。

マイナビ転職

【転職サイト】マイナビ転職

マイナビ転職のホームページ画像画像引用元:マイナビ転職

「マイナビ転職」の特徴

「マイナビ転職」は、日本最大級の求人数を誇る転職サイトです。
求人情報の提供の他にも「履歴書添削」や転職に関するノウハウを公開しています。
また、全国各地で企業の人事担当者と対面できる「転職フェア」を実施しています。転職フェアについてご興味のある方はマイナビ転職の公式サイトをご確認ください。

マイナビ転職に関する情報
総求人数 ※調査中
取扱い職種 営業|販売・フード・アミューズメント|医療・福祉|企画・経営|建築・土木|ITエンジニア|電気・電子・機械・半導体|医薬・食品・化学・素材|コンサルタント・金融・不動産専門職|クリエイティブ|技能工・設備・配送・農林水産 他|公共サービス|管理・事務|美容・ブライダル・ホテル・交通|保育・教育・通訳|WEB・インターネット・ゲーム
求人の対象地域 全国、海外
サイトの運営会社 株式会社マイナビ

既卒の就職 お悩みQ&A

ここでは既卒の方が就職するにあたって、多く疑問に持たれていることに対して回答していきます。
すこしでもお悩みが解決できると幸いです。


既卒だけれどこの先どうすればいいかわからない

16Personalities性格診断テストから「職種」や「働き方」を導き出してみる。

16Personalities性格診断テストは、16の性格の中から自分の内面や考え方に基づいた判断から仕事を決める方法です。
元は「MBTI」という世界50か国以上で翻訳されているテストで、これはカウンセリングや転職にも使用されてきたものです。

indeedのページにあるindeed「マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)の16パーソナリティを知ろう」には、診断結果から最適な職業が記載されています。

登録しなくても無料でできるテストですので気軽にやってみましょう。
16Personalities性格診断テスト

他にもマイナビ転職の「ジョブリシャス診断」というディグラム診断という心理・性格テストから分析した職業を診断することができます。こちらも併せてやってみてください。

パーソナルトレーニングを利用してみる

こちらは、テスト系ではなく、対人のサービス「ポジウィルキャリア」に具体的な相談をしてみるのもいいかもしれません。

ポジウィルキャリアは、転職前の人生相談「どう生きたいかでキャリアを決める」をコンセプトにおこなっているキャリアトレーニングサービスです。

何をしたらよいかわからない方に時間をかけて自己分析を行います。

詳しくは、ポジウィルキャリア様にインタビューした記事はこちらです。

こちらの記事も是非参考になさってください
【元転職会社執筆】20代の転職。自己PRに使える!「自分の強み」の見つけ方


既卒の履歴書、アルバイトを職歴として書くことはできる?

職歴として書いてもいい

既卒の場合、フリーターとして働いている場合もありますので空白期間にならないためにも書いたほうがいいようです。

飲食店など接客・サービス業などをアルバイトで経験していた場合、営業職に就職する際は接客経験を生かせると応募企業に考えられる場合があります。

参考:アルバイト経験は職歴欄に書くべき?既卒の履歴書の書き方


既卒でも新卒採用枠で採用される?

厚生労働省の改定で卒業して3年間は新卒の応募もできるようになりました

新型コロナウイルスの拡大で、就職活動に影響が出ている学生に向けた就職活動の支援として改訂されました。
青少年雇用機会確保指針が改定され、卒業して3年間は新卒として就職の応募ができます。

【事業主が青少年の募集及び採用に当たって講ずべき措置】
二 意欲や能力を有する青少年に応募の機会を広く提供する観点から、学校等の卒業者につい
ても、学校等の新規卒業予定者の採用枠に応募できるような募集条件を設定すること。当該
条件の設定に当たっては、学校等の卒業者が学校等の卒業後少なくとも三年間は応募
できるものとすること。また、学校等の新規卒業予定者等を募集するに当たっては、できる
限り年齢の上限を設けないようにするとともに、上限を設ける場合には、青少年が広く応募す
ることができるよう検討すること。

引用元:厚生労働省「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」

詳しくはこちらもご覧ください。
参考:厚生労働省「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」


既卒と第二新卒・フリーターはどのような違いがある?

卒業後に正社員として働いたかどうかがポイントになります。

比較できるように表にしてみました。

どういう方を指すのか
既卒 卒業後に正社員として就職したことがない方
フリーター 卒業後に正社員として就職せずにアルバイトをしている方
第二新卒 卒業して正社員として就職したが会社を辞め、転職活動を行ってる人

こうして見て見ると、既卒はフリーターと同じ、第二新卒のみ違うと分かります。


既卒は中途採用に応募できる?

既卒でも応募できます。

中途採用は、既卒、第二新卒の若い方から社会人経験のある方まで幅広い方を指します。
中途採用だからと言って既卒が応募ができないというわけではありません。


既卒はインターンをして職場の雰囲気を学ぶべき?

早く正社員を目指している方には遠回りになる可能性があります。

インターンとはインターンシップの略で、実際に企業の体験入社をし業務をすることです。

職歴の浅い既卒にとって企業の働き方を学ぶチャンスですが、必ずしもインターンをした企業に入社できるわけではありません。
インターンは1日~1か月など企業によって日数は異なりますが、その分時間を使ってしまいます。

早く就職を目指している方は、インターンよりも就職活動をした方が正社員への近道になりそうです。

既卒者の就活活動・転職活動のやり方のポイントや注意点は?

既卒者のエントリーまでの就活活動の流れは大まかには次の通りです。

  1. 自己分析
  2. 業界研究
  3. 自分が応募できる企業を探す
  4. 履歴書・ESの作成
  5. エントリー

既卒者は実務経験がなく、新卒でもないので求人している企業を探すことが少し大変になります。

その場合は転職エージェントを利用するのがお勧めです。

求人している企業を探してくれる上、自己分析から就職活動のノウハウ、業界の動向などアドバイスや情報を提供してくれます。

「既卒採用」と「中途採用」の違いはなに?

既卒採用と中途採用の違いは、社会人経験があるかないかです。

「既卒」は学校を卒業後3年以内に、社会人経験がない人、「中途」は社会人経験がある人です。

この様に対象となる応募者が違うため、採用面接で聞かれる内容も変わってきます。

既卒採用では、なぜ学校を卒業した後、正社員を目指さなかったのかを必ず聞かれます。

既卒に至るまでの経緯や正社員になるために今取り組んでいることなどを中心に選考が進みます。

これに対し、中途採用では主に前職での経験や実績を中心に聞かれます。

両者を比較すると、難易度としては、アピールできるポイントが少ない既卒採用が高くなる傾向があります。

既卒者の就職活動や転職活動は採用されにくい?難しい?

既卒者の就職活動は難しい場合が多いです。

マイナビの調査によると、2020年度の新卒の内定率が77.6%だったのに対して、同年の既卒者の内定率は34.4%に留まっています。
参考:「マイナビ 2020年度既卒者の就職活動に関する調査」3)卒業後の活動量と内定状況 P3

新卒の半分以下という数字は、年齢は新卒よりも高いが社会人経験がないという点がネックになっていると考えられます。

既卒者として就職活動を実施した私も東日本大震災後の就職難もあってか、100社以上エントリーしてやっと内定を獲得した程でした。

既卒者は採用されにくいというのは事実ではありますが、平成22年には既卒3年以内であれば、新卒と同じ扱いにするよう「青少年雇用機会確保指針」を改訂しています。
参考:3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!! ~「青少年雇用機会確保指針」が改正されました~

少子化により若年層の人口減少が加速する中で、少しでも若い労働者を増やそうと環境改善の取り組みが始まっており、今後もこの動きは加速する可能性がります。

まとめ

この記事をまとめると、

既卒の転職なら、
ハタラクティブ」がおすすめです。
既卒向けの求人を豊富にもち、さらに支援実績も豊富にあるため、転職の成功確率を高めることができるからです。

この記事が、
あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載