派遣事務が辛いと感じる5つの理由。上手に乗り切る4つのコツも紹介


「派遣事務の仕事が辛いと感じるのはどんなところ?自分には耐えられる?上手に乗り切るコツを知りたい!」と困っていませんか?

派遣事務として働く前に知っておきたいのがこの仕事の辛さです。転職する時には誰もが新しい仕事に耐えられるかどうかを判断したいと思いますよね。ここがわからないと思い切って踏み込めないものです。

でも皆さん、安心してください!この記事では派遣事務の仕事の辛さと、これを乗り切るコツを詳しく解説しています。

派遣社員を7年経験した私。派遣事務の仕事を熟知しているので、この仕事のどこが辛いかをよく知っています。また、どうすれば乗り切れるかも分かっているので詳しく解説できるんです!

派遣事務は慣れてしまえば働きやすい仕事。この仕事の辛さが自分にとって乗り越えられるものなら、ひと踏ん張りしてみてください。派遣事務として頑張りたいと考える皆さんの希望が叶うことを祈っています。

関連記事
派遣会社へ1社でも多く登録すれば、選択肢が広がります。こちらの記事もぜひ読んでみてください。
【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
代表取締役 中塚 章浩

大手人材会社にて約6年勤務。 派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験

 派遣事務が辛いと感じる5つの理由

 派遣事務が辛いと感じている女性

派遣事務の仕事に感じる辛さは、仕事内容の特徴と仕事に対する適性の有無にあると言えます。
自分の性格や資質を踏まえながら、派遣事務に応募するかよく考えるようにしましょう。

パソコン作業が苦手

派遣事務のほとんどの業務でパソコンを使用します。そのため、パソコン作業がが苦手な人にとっては、仕事そのものが辛くなる可能性があります。

派遣事務は、文書作成やデータ入力などの事務作業がメイン業務です。さらに、派遣先によっては専門的なソフトやシステムを使った業務もあるので、パソコンが使えないことは致命的になります。

「インターネットが使える」程度のスキルでは、派遣事務は務まりません。最低でも、エクセルとワードの基礎的操作、ブラインドタッチ、簡単なデータ入力の知識とスキルは身につけておきましょう。

細かい作業が苦痛

派遣事務の仕事には細かい作業がつきものなので、そうした作業が苦手な人は、仕事そのものが苦痛になる可能性があります。

ファイリング1つとっても、必要な書類を誰でもすぐに見つけられるよう、カテゴリ分けやタグ付けなどをして整理整頓する細やかさが必要です。面倒だからと適当にファイリングするような人には、派遣事務は勤まりません。

自分の日常生活をふりかえり、細かな作業に対する適性があるかチェックしてみましょう。

コミュニケーションが上手ではない

派遣事務は周囲の人と連携を取りながら仕事を進める必要があるため、他人とのコミュニケーションが上手ではないと仕事が辛くなる可能性があります。

派遣事務の仕事に一人で黙々とやるものは少なく、書類作成やコピーをはじめとした他者をサポートする仕事が多いので、人と関わるのが苦手では仕事が進みません。

また、コミュニケーションが上手でないと、周囲も仕事を頼みにくく、社内の雰囲気も悪くなります。派遣事務の仕事に人との関わりが不可欠と認識しておきましょう。

派遣事務仲間となじめない

派遣事務が数名いる派遣先で同僚となじめずに孤立してしまうと、仕事が辛くなってしまいます。

派遣事務仲間の中で孤立してしまうと、仕事をフォローしてもらうことも、必要な情報が共有することもできず、仕事を進める上で大きな支障が生じるでしょう。

自分の性格をよく考え、人と関わり合いをもつことを苦痛と感じるなら、派遣事務の仕事に就くのは考え直したほうがよいかもしれません。

正社員との待遇差に不満を感じる

正社員と待遇に差がある現実を理解し、納得した上で働かないと、派遣事務の仕事は辛くなる可能性があります。

正社員と派遣社員は雇用形態が違うことを理解せずに働くと、給与や福利厚生などの面で正社員の方が優遇されていると感じてしまうのです。高いスキルを持つ派遣事務の中には、「自分の方が能力は高いのに」と不満を持つ人もいるでしょう。

待遇差への不満はストレスへもつながりかねません。雇用形態の違いや、それぞれの働き方のメリット・デメリットを理解した上で働くようにしましょう。

上手に乗り切るための4つのコツ

上手に乗り切る4つのコツを教えてくれる女性

派遣事務の仕事の辛さを理解した上で働いてみようと思ったのなら、辛さを乗り切るコツを理解して実践するのみです。
自分にできそうなものから取り組んでみましょう。

派遣事務仲間と協力する体制を作る

派遣事務としての知識やスキルが足りないと感じる人は、派遣事務が複数いる派遣先を選び、互いに協力し合える体制を作るようにしましょう。

例えば、3人の派遣事務で仕事を分担している場合、パソコンが苦手な人は他の仕事の担当にしてもらえば良いのです。それぞれの得意分野をうまく活かせば、苦手な業務があっても問題なく仕事が進みます。

このような派遣先を見つけるためには、派遣会社を通して「派遣事務が複数いるか」「仕事の分担が可能か」などを事前に確認するようにしてください。

苦手な仕事ほど先に終わらせる

派遣事務の仕事を定時までに終わらせるには、自分が苦手と感じる仕事から処理するようにしましょう。

不得意な仕事を先に済ませてしまえば得意な仕事に集中して取り組めるので、自然と仕事が早くなります。「仕事の順番を変える」というちょっとした工夫ですが、仕事全体のスピードは確実に早くなるので、ぜひ実践してみてください。

もちろん、自分の好みに関係なく、優先順位の高い仕事は先に済ませておくことが大前提ですよ。「毎日仕事が残ってしまう」「そんなに仕事量がないのに定時までに終わらない」という人は、仕事の順番を考えてみましょう。

無理に周囲と合わせようとせずに割り切る

派遣事務として働く上でコミュニケーション能力は必要ですが、周囲になじむために無理をするのは本末転倒ですので、ある程度の割り切りも必要です。

派遣先の同僚は、家族でも友だちでもありません。「あの人のことは苦手だけど、仕事で関わらないといけないのは仕方ない」などと割り切って考えるようにしましょう。

コミュニケーションが苦手だったり、人と関わるのが苦痛に感じたりする性格を直すのは簡単ではありません。無理に周囲に合わせるようにするのではなく、今の性格のままでも職場に受け入れてもらえる雰囲気をうまく作り出すことです。

派遣という働き方のメリットに目を向ける

正社員との待遇差に悩んだら、派遣という働き方のメリットに目を向け、それを満喫して生活するのがコツです。

派遣社員は残業がそれほど多くなく、休日出勤もほぼないので、自由に使える時間が正社員より多いと言えます。また、重要案件に関わることがないので成果や責任を問われることなく、精神面での負担も少ないです。

派遣社員として働くなら、その働き方のメリットをしっかり感じて生活すると、毎日が充実します。きちんと仕事をこなした上で、アフター5や休日を楽しむようにしましょう。

まとめ

派遣社員の辛さを耐えて仕事をする女性

派遣事務の仕事のどれを辛いと思うかは、人それぞれでしょう。
大切なのは、自分がどこまで耐えられそうかをイメージしてこの仕事を選ぶことです。
この記事をまとめると、「派遣事務の仕事には辛い内容も向き不向きもあるけれど、コツさえつかめば派遣事務として活躍することは十分可能!」となります。

最初は辛いかもしれませんが、仕事に慣れて経験を積んでいけば、あっと言う間に一人前の派遣事務ですよ。この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事
派遣会社へ1社でも多く登録すれば、選択肢が広がります。こちらの記事もぜひ読んでみてください。
【2019】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業】がぶっちゃけで語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA