【転職のプロが教える】薬剤師の「調剤薬局勤務」におすすめ転職エージェントランキング

薬剤師の「調剤薬局勤務」におすすめ転職エージェントランキング

「薬剤師におすすめの転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事では、薬剤師向け転職エージェントを、「調剤薬局」勤務の求人に焦点をあてて調査しランキング化しています。

薬剤師に関連するその他の記事
薬剤師おすすめ転職エージェントランキング
薬剤師におすすめの転職エージェントと現役転職エージェントによる転職動向が分かります
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

薬剤師の調剤薬局の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されている調剤薬局勤務の求人を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:調剤薬局」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

正社員・契約社員の求人数ランキング

ここではより詳しく、調剤薬局勤務の求人のうち、
「正社員・契約社員」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:調剤薬局」「就業形態:正社員/契約社員」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

パート・アルバイトの求人数ランキング

ここではより詳しく、調剤薬局勤務の求人のうち、
「パート・アルバイト」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:調剤薬局」「就業形態:パート/アルバイト」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

派遣・紹介予定派遣の求人数ランキング

ここではより詳しく、調剤薬局勤務の求人のうち、
「派遣・紹介予定派遣」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「『労働者派遣事業許可』をもっている企業」かつ「職種:薬剤師」「就業形態:派遣/紹介予定派遣」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

薬剤師の転職は難しい?大変?

薬剤師の転職自体は、薬剤師の数に対し求人の数が多い=有効求人倍率が高いので他の職種に比べると決して難しいわけではありません。

ちなみに有効求人倍率とは、企業からの求人数(有効求人数)を求職者(有効求職者数)で割った値のことで、雇用動向を示す指標の一つです。それによると、国内の全職種の有効求人倍率の平均は令和2年9月現在で0.95倍でした。
それに比べ、薬剤師の有効求人倍率は2.01倍であり、全体平均よりもかなり高い値になっています。
これはつまり、求職している薬剤師1人に対して、2件以上の求人が出ているという状況を示しており、このデータからは「まだまだ薬剤師は不足している」という状況がうかがえます。

引用:【最新版】薬剤師は不足している?転職の際に気を付けるべきポイントも解説(マイナビ薬剤師)

それにも関わらず転職がなかなか決まらない場合は、希望条件が多すぎるか自分の強みやスキルを応募先にアピールできていないと思われます。

希望条件や自己アピールの見直しを転職エージェントに相談してみてもいいでしょう。

薬剤師が薬剤師以外の職種に転職することは可能?

薬剤師が薬剤師以外の職種に転職することは可能です。

転職先として現実的な職種は、主に下記の4点です。

  • CRC(治験コーディネーター)
  • CRA(臨床開発モニター)
  • 企業の学術・DI
  • コールセンター

医薬品の治験を病院などの医療機関側からサポートするCRCは、臨床経験やコミュニケーション能力を活かせます。

調剤の経験さえあれば未経験でも十分採用の可能性があるので、製薬会社の医薬品の臨床開発においてモニタリングを行うCRAもおすすめです。

製薬会社が、学術職やDIの求人を出していることがあります。主な仕事内容は、自社が開発した医薬品に関する医療機関からの問い合わせに回答したり、資料の送付・作成を行ったりなどです。

医薬品に関する問い合わせに回答するコールセンターも、医師や看護師・薬剤師などから薬の使用方法をはじめとした専門的かつ広範囲な問い合わせがあるので、十分やりがいがあります。

調剤薬局で働く薬剤師はどんな時にやりがいを感じる?

調剤薬局で働く薬剤師がやりがいを感じるのは、主に下記のような時です。

  • 健康相談を通して多くの患者を長くフォローできる
  • 薬剤師として一通りの調剤スキルが身につく
  • チームで仕事をする機会が多くコミュニケーション能力がより磨かれる

病院勤務の場合は短期間しか患者と関われませんが、調剤薬局ならば定期的に患者の健康をサポートでき、顔を覚えてもらえるがゆえに感謝の言葉をもらう機会も多いです。

調剤薬局では錠剤や外用剤のピッキング、軟膏の混合、散剤やシロップの調合、監査、投薬と薬剤師に必要な技術を全て習得することができます。

引用:薬剤師がやりがいを感じられない場合の6つの対処法(マイナビ薬剤師)

応需している診療科にもよりますが、多くの処方箋をチェックできるため薬の知識もより一層深まります。

また、医師から発行された処方箋を有効性や安全性の観点からチェックする処方監査を行い、相互作用や重複投与の疑いがある際には医師に照会するなど、他の医療従事者との連携も不可欠です。

調剤薬局で働く薬剤師に転職するメリットは?

調剤薬局で働く薬剤師に転職するメリットは、主に下記の5点です。

  • 深夜帯の勤務や夜勤・当直はない
  • 日曜または祝日は休めるところが多い
  • 病院よりは給料が高い
  • 薬剤師の意見を反映させやすい
  • 在宅医療に関するスキルが身に付きやすい
  • 調剤薬局はドラッグストアのような22時以降の深夜帯シフト、病院のような夜勤や当直が無いので体力的にハードだと感じる機会が少ないでしょう。

    また、日曜か祝日+平日1日を定休日としているところが多く、家族や友人との時間も確保しやすいです。

    給料も、病院よりは高い傾向があります。

    ファルマスタッフが独自に調査したデータでは、調剤薬局に勤める薬剤師の平均年収は587万円でした。
    同データのなかで、ドラッグストアは611万円、病院は523万円であるため、調剤薬局の年収水準はこれらの業種では中程度であることが読み取れます。

    引用:「調剤薬局」で働く薬剤師の仕事って?これから求められる役割とスキルについて解説【薬剤師のお仕事ガイド】(ファルマスタッフ)

    調剤薬局は、薬剤師が中心になって業務を行えるため、病院やドラッグストアに比べ薬剤師の意見が通りやすいのも魅力です。

    患者への継続的な服薬管理や指導を行えるため、今後ますますのニーズの高まりが見られる、在宅医療に関するスキルが身に付きやいです。

    調剤薬局を運営している主な企業一覧

    調剤薬局を運営している主な企業の一覧は、下記の通りです。上から店舗数が多い順です。

    1. 株式会社アインホールディングス 1,186店  (2019年4月)
    2. クラフト株式会社 904店  (2019年3月)
    3. クオール株式会社 807店  (2020年1月)
    4. 東邦ホールディングス株式会社 773店(2019年3月)
    5. 総合メディカル株式会社 720店 (2020年1月)
    6. 日本調剤株式会社 645店 (2020年1月)
    7. 株式会社スズケン 615店(2019年3月)
    8. I&H株式会社 544店(2019年12月1日現在)※旧:阪神調剤ホールディング株式会社
    9. 株式会社メディカルシステムネットワーク 420店 (2019年3月時点)
    10. 株式会社アイセイ薬局 367店(2020年1月時点)

    引用:ファーマリンク薬剤師転職・派遣

    全国または複数の都道府県にまたがって展開しているため、転勤がある企業が多いですが本人の希望を考慮してもらえることが多いです。

    特に上位3社は、帰省時に補助金が出たり、借り上げ社宅制度があったりなど転勤をサポートする福利厚生が充実しています。

    クラフト株式会社と下位4社は、日祝が固定で休みで年間休日数も120日を超えており、お休みが充実しています。

    薬剤師の実務未経験でも転職エージェントの利用は可能?

    薬剤師の未経験者でも転職エージェントの利用は可能です。

    しかし、他の職種と同じように薬剤師の実務未経験者が転職エージェントを使っての転職は難易度が高く、求人を紹介されないこともあります。

    理由は転職エージェントに求人を依頼している法人の多くは、即戦力を採用したいと考えているからです。

    転職エージェントは紹介した企業に登録者が入社することで、企業から紹介手数料を得て利益を出しているため、企業のニーズに応える必要があるのです。

    しかし未経験でも転職エージェントを使って転職を成功させた人も中にはいます。

    転職エージェントに登録する前にホームページのお問い合わせフォームから、未経験者でも応募できる求人があるか問い合わせてみてもよいでしょう。

    まとめ

    この記事をまとめると、

    調剤薬局勤務の薬剤師に転職するなら

    正社員やパートなら、
    リクナビ薬剤師」がおすすめです。

    派遣社員なら、
    ファルマスタッフ」がおすすめです。

    希望の勤務先や雇用形態の求人数が多い転職エージェントを選べば、選択肢が広がりより希望に合った求人に巡り合う確率が高まります。

    ご自身の希望条件に合わせて派遣会社を使い分けていただくと、ニーズに合った求人により巡り合いやすくなるでしょう。

    この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

    関連:薬剤師におすすめ転職エージェント
    関連:薬剤師におすすめ転職サイト
    【転職のプロ監修】「薬剤師」の転職サイトおすすめランキング(28社求人数調査)
    こちらの記事では、「薬剤師」の求人を豊富に掲載している転職サイトをランキングでご紹介しています。

    転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

    さまざまな転職エージェントを知りたいなら

    以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

    >>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載