【転職のプロが教える】薬剤師「扶養枠内勤務」におすすめ転職エージェントランキング

薬剤師 扶養内

「扶養枠内歓迎の薬剤師求人が多いおすすめ転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事では、薬剤師向け転職エージェント36社を、「扶養枠内歓迎」の求人に焦点をあてて調査しランキング化しています。

薬剤師に関連するその他の記事
薬剤師おすすめ転職エージェントランキング
薬剤師におすすめの転職エージェントと現役転職エージェントによる転職動向が分かります
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

薬剤師の扶養枠内歓迎の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェント36社に掲載されている「扶養枠内歓迎」の求人を比較しランキング化しました。

扶養枠内歓迎の求人数ランキング求人数(件)

ファルマスタッフ

5,318

アポプラス薬剤師

3,388

ファルメイト

1,006

ファーマキャリア

586

CME薬剤師

385
ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」36社を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:扶養枠内歓迎」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位5社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

ここからは、雇用形態(正社員・契約社員/パート・アルバイト/派遣・紹介予定派遣)の3つの分けて、それぞれの求人数ランキングをご紹介します。

正社員・契約社員の求人数ランキング

ここではより詳しく、扶養枠内歓迎の求人のうち、「正社員・契約社員」の求人数に限定してランキング化しました。

正社員・契約社員求人数ランキング求人数(件)

アポプラス薬剤師

411

ファルマスタッフ

131

ファルメイト

55

CME薬剤師

36

ファーマキャリア

14
ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」36社を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:扶養枠内歓迎」「就業形態:正社員/契約社員」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位5社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

パート・アルバイトの求人数ランキング

ここではより詳しく、扶養枠内歓迎の求人のうち、「パート・アルバイト」の求人数に限定してランキング化しました。

パート・アルバイト求人数ランキング求人数(件)

ファルマスタッフ

5,035

アポプラス薬剤師

3,022

ファルメイト

657

ファーマキャリア

572

CME薬剤師

347
ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」36社を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェント36社のWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:扶養枠内歓迎」「就業形態:パート/アルバイト」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位5社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

派遣・紹介予定派遣の求人数ランキング

ここではより詳しく、扶養枠内歓迎の求人のうち、「派遣・紹介予定派遣」の求人数に限定してランキング化しました。

派遣・紹介予定派遣求人数ランキング求人数(件)

ファルメイト

294

ファルマスタッフ

152

アポプラス薬剤師

6
ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした転職エージェントについて Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」36社を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェント36社のWEBサイトで公開されている求人のうち、「『労働者派遣事業許可』をもっている企業」かつ「条件:扶養枠内歓迎」「就業形態:派遣/紹介予定派遣」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位3社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

薬剤師がパートで働くメリット・デメリットは?

薬剤師がパートで働くメリット・デメリットは下記の通りです。

    メリット

  • 勤務時間の融通が利きやすい
  • 基本的に残業はない
  • 異動や転勤がない
    デメリット

  • スキルアップしにくい
  • 場合によっては福利厚生が制限される
  • 雇用が不安定

正社員はフルタイム勤務な上に残業が発生したら原則対応必須であり、企業や一部の調剤薬局を除いて勤務日はシフト制、かつドラッグストアや病院では遅番や夜勤にも対応する必要があります。

しかしパートの場合は、特定の曜日や時間帯のみの勤務も相談できます。

残業も数分程度ならすることはありますが、30分を超える残業はめったになく、残業を頼まれても断りやすいです。

異動や転勤もなく、仕事をする上での負荷が少ないです。

一方で正社員よりも教育や研修を受ける機会が少ない上に、業務も調剤や監査など一部の業務しか任せられないことが多く、スキルアップは難しいでしょう。

パートの場合は住宅手当などの各種手当や、ボーナスも支給されないことが多いです。

財形貯蓄や持ち株・退職金制度が正社員にはあるところでも、パートはほとんどの場合対象外です。

余程のことが無い限りは解雇されるリスクは低いですが、万が一勤務先の経営が傾けば正社員より先に解雇の対象になります。

主婦薬剤師にはどのような働き方がおすすめ?

主婦薬剤師におすすめの働き方は、何を重視するかによって異なります。

時間を重視するならば、扶養内や時短勤務の正社員またはパートがベストです。

収入を重視するならば、正社員またはフルタイムのパートがおすすめです。

両方とも妥協できない場合は、条件に合う職場を見つけるのはかなり難しいです。

しかし薬剤師は時短勤務でも時給が高いため、子供を親に預かってもらえるなど環境が整っていない限りは、時間を優先することをおすすめします。

厚生労働省のデータによると、パート薬剤師の全国の平均時給は2,200円です。
引用:パート薬剤師の平均時給はいくら?都道府県ごとに比較!実際の求人も紹介「マイナビ薬剤師」

またパートは残業がほとんどないことが多く、家庭との両立も叶いやすいです。

主婦薬剤師にとって働きやすい業種は、調剤薬局が一番です。

もともと日祝固定休みの薬局が多く、中には土曜日の午後~夕方も休みの所もあります。

特に大手の薬局チェーンは、産休育休を経て子育てに理解のある社員も多いため、居心地も悪くなりにくいです。

薬剤師のなかで「週2、3回」や「時短勤務」などのパート求人は多い?

薬剤師の中で「週2、3回」や「時短勤務」などのパート求人は、正社員やフルタイムパートの求人と比べると少ないです。

タイミングにもよりますが、雇用形態を勤務日数や時間制限のないパートの求人を探した場合と比べて、週2、3回かつ時短勤務と両方の条件を設定して求人を探すと、同じ転職サイトでも求人数が10分の1以下になることもあります。

上記に加え、パートで働く薬剤師の多くは勤務地も考慮しなければいけないとなると、選択肢は限られてしまいます。

週2、3回かつ時短勤務のパートは、子育て中の薬剤師に非常に人気のある勤務形態のため、競争率が高い傾向があります。

求人が出てもすぐに採用が決まってしまうので、条件の合う求人を見つけたらすぐに応募することをおすすめします。

パートで働く薬剤師の平均時給はどれくらい?

パートで働く薬剤師の平均時給は、下記の通りです。

厚生労働省のデータによると、パート薬剤師の全国の平均時給は2,200円です。おおむね、2,000円程度に設定されていることが多いです。
引用:パート薬剤師の平均時給はいくら?都道府県ごとに比較!実際の求人も紹介「マイナビ薬剤師」

時給は業種によっても異なります。

また都道府県によっても時給は変わり、首都圏や大都市よりも地方の方が高い傾向があります。

例えば東京都の平均時給が2372円であるのに対し、青森県は2526円です。
参考:パート薬剤師の平均時給はいくら?都道府県ごとに比較!実際の求人も紹介「マイナビ薬剤師」

地方は薬剤師の現状の人数も将来のなり手も少ないため、時給を高くして人を集められるようにしています。

実務未経験の職場でも、パート薬剤師に採用される可能性は高い?

実務未経験の職場でも、業種や年齢によってはパート薬剤師に採用される可能性は十分あります。

調剤薬局であれば、調剤経験がなくとも薬剤師免許さえあれば相談可能または歓迎している求人も多いです。

一部の大手ドラッグストアも、実務未経験・調剤未経験者でも採用してくれることがあります。

30代までであれば、尚のこと採用の可能性が高くなります。

一般的に調剤薬局やドラッグストアは薬剤師が不足しているため、採用の対象を幅広くしています。

特に大手であれば、教育制度も整っており未経験者を育ててきた実績もあります。

まとめ

この記事をまとめると、

薬剤師の扶養枠内勤務の求人を探すなら

正社員なら、
アポプラス薬剤師」がおすすめです。

パートなら、
ファルマスタッフ」がおすすめです。

派遣社員なら、
ファルメイト」がおすすめです。

希望の勤務先や雇用形態の求人数が多い転職エージェントを選べば、選択肢が広がりより希望に合った求人に巡り合う確率が高まります。

ご自身の希望条件に合わせて転職エージェントを使い分けていただくと、ニーズに合った求人により巡り合いやすくなるでしょう。

この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連:薬剤師におすすめ転職エージェント
関連:薬剤師におすすめ転職サイト
【転職のプロ監修】「薬剤師」の転職サイトおすすめランキング(28社求人数調査)
こちらの記事では、「薬剤師」の求人を豊富に掲載している転職サイトをランキングでご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載