【転職のプロが教える】薬剤師の「企業勤務」におすすめ転職エージェントランキング

薬剤師の「企業勤務」におすすめ転職エージェントランキング

「薬剤師におすすめの転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事では、薬剤師向け転職エージェントを、「企業」勤務の求人に焦点をあてて調査しランキング化しています。

薬剤師に関連するその他の記事
薬剤師おすすめ転職エージェントランキング
薬剤師におすすめの転職エージェントと現役転職エージェントによる転職動向が分かります
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

薬剤師の企業の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されている「企業」勤務の求人を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:企業」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

ここからは、雇用形態(正社員・契約社員/パート・アルバイト/派遣・紹介予定派遣)の3つの分けて、それぞれの求人数ランキングをご紹介します。

正社員・契約社員の求人数ランキング

ここではより詳しく、企業勤務の求人のうち、
「正社員・契約社員」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:企業」「就業形態:正社員/契約社員」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

パート・アルバイトの求人数ランキング

ここではより詳しく、企業勤務の求人のうち、
「パート・アルバイト」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「業種:企業」「就業形態:パート/アルバイト」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位10社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

派遣・紹介予定派遣の求人数ランキング

ここではより詳しく、派遣勤務の求人のうち、
「派遣・紹介予定派遣」の求人数に限定してランキング化しました。

派遣・紹介予定派遣求人数ランキング求人数(件)

MCファーマネット

8

ファルマスタッフ

1

ファルメイト

1

クラシスのヤクジョブ.com

0

ゴリ薬

0
ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その5サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「『労働者派遣事業許可』をもっている企業」かつ「業種:企業」「就業形態:派遣/紹介予定派遣」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、調査時点で求人が掲載されていた5社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

製薬会社の管理薬剤師の仕事内容は?

製薬会社の管理薬剤師の仕事内容は、オフィス勤務か工場勤務かによって異なります。

勤務施設問わず管理薬剤師は従業員の管理と医薬品の管理を行いますが、製薬会社の場合は後者がメインです。

本社などのオフィスで勤務する管理薬剤師は、医薬品の在庫管理のみならず医療関係者からのお問い合わせ対応や、学術情報の収集などのDI業務を主に行います。

書類を作成したり製品の受発注をしたりなど、営業事務的な仕事も任せられることがあります。

工場勤務の管理薬剤師は、おもに自社で取り扱う医薬品の品質管理を行います。不備が無いか確認し、適切に保管します。

製造過程や現場の薬剤師の監督や、販売承認申請・各種届出などを厚生労働省に対して行うこともあります。

企業薬剤師の仕事内容は?

企業薬剤師の仕事は多種多様で、主に下記の通りです。

  • 管理薬剤師
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発モニター(CRA)
  • 品質管理
  • 研究・開発職
  • 学術職(DI)

管理薬剤師は、工場で働く薬剤師をまとめたり、医薬品の製造過程における品質管理を行います。

CRCは治験責任医師の指示を受け、被験者へのインフォームドコンセント・服薬指導や、治験のスケジュール管理などを行います。

CRAは、開始前の医療機関・医師の選定、実施中のモニタリング、終了後の終了手続きまで行います。

医薬品の原料や製造過程はもちろん消費者に販売可能になった製品まで、すべての段階における品質の管理を行う業務は、比較的未経験でも採用されやすいです。

研究職は製薬・食品や化粧品メーカーなどにおいて新しい医薬品の研究をします。開発職は研究中の医薬品の治験の計画をの立案・安全性の調査などを行い発売に繋げます。

医薬品の情報を管理しMRや医療従事者に伝えたり、医薬品に関する問い合わせがあった時には薬の開発元に照会したりなどの学術職もあります。

企業薬剤師は、主に下記のような企業で募集されています。

  • 製薬会社
  • 医薬品開発業務受託機関(CRO)
  • 食品メーカー
  • 化粧品メーカー
  • 一般企業

一般企業では、大企業の社員が利用できる企業内診療所に薬剤師がいます。

企業薬剤師の年収はどれくらい?

企業薬剤師の年収は、マイナビ薬剤師によると下記の通りです。

企業に勤める薬剤師の年収は、450~1500万円など規模によって様々です。
小規模な企業や大手の下請けをメインにしているところでは430~700万円程度、大規模な企業でも初年度は450万円でその後は昇進・年次昇給などというところが多いようです。

引用:企業で働く薬剤師の求人特集(マイナビ薬剤師)

初年度は他の業種と大差ありませんが、マネジメントの経験を積んでいくと1000万円を超えることも珍しくありません。

具体的には管理薬剤師や、医薬品開発業務受託機関(CRO)で臨床開発モニター(CRA)の部長クラスが特に年収が高い傾向があります。

実務未経験から薬剤師の品質管理に転職は可能?

実務未経験から薬剤師の品質管理に転職は、簡単ではありませんが可能です。

経験者に比べると採用の優先順位が下がるのは否めませんが、企業薬剤師の中では実務未経験者が転職しやすい職種です。

実際に実務未経験者でも応募可能な求人は、少ないものの存在します。

薬剤師免許以外に、絶対に必要な資格は特にありません。

しかし、TOEICはできれば800点以上はあった方がよいでしょう。

海外の工場へ出張することや、英語の文献を参照する機会も多いので、語学力があるとアピールポイントになります。

まとめ

この記事をまとめると、

薬剤師が「企業」に転職するなら

正社員は、
アポプラス薬剤師」がおすすめです。

パートは、
リクナビ薬剤師」がおすすめです。

派遣社員は、
MCファーマネット」がおすすめです。

希望の勤務先や雇用形態の求人数が多い転職エージェントを選べば、選択肢が広がりより希望に合った求人に巡り合う確率が高まります。

ご自身の希望条件に合わせて派遣会社を使い分けていただくと、ニーズに合った求人により巡り合いやすくなるでしょう。

この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連:薬剤師におすすめ転職エージェント
関連:薬剤師におすすめ転職サイト
【転職のプロ監修】「薬剤師」の転職サイトおすすめランキング(28社求人数調査)
こちらの記事では、「薬剤師」の求人を豊富に掲載している転職サイトをランキングでご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載