【転職のプロが教える】薬剤師「高年収」におすすめ転職エージェントランキング

薬剤師 高年収

「高年収の薬剤師求人が多い転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事では、薬剤師向け転職エージェントを、「高年収・高時給」の求人に焦点をあてて調査しランキング化しています。

薬剤師に関連するその他の記事
薬剤師おすすめ転職エージェントランキング
薬剤師におすすめの転職エージェントと現役転職エージェントによる転職動向が分かります
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

薬剤師の高年収の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されている「高年収や高時給」の求人を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された9のWEBサイトを閲覧。その10サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:高年収/高時給」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位9社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

ここからは、雇用形態(正社員・契約社員/パート・アルバイト/派遣・紹介予定派遣)の3つの分けて、それぞれの求人数ランキングをご紹介します。

正社員・契約社員の求人数ランキング

ここではより詳しく、高年収や高時給勤務の求人のうち、「正社員・契約社員」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された9のWEBサイトを閲覧。その9サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:高年収/高時給」「就業形態:正社員/契約社員」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位9社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

パート・アルバイトの求人数ランキング

ここではより詳しく、高年収や高時給勤務の求人のうち、「パート・アルバイト」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された8のWEBサイトを閲覧。その8サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「条件:高年収/高時給」「就業形態:パート/アルバイト」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位8社のみ掲載いたしました。
調査日時 2019年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

派遣・紹介予定派遣の求人数ランキング

ここではより詳しく、高年収や高時給勤務の求人のうち、「派遣・紹介予定派遣」の求人数に限定してランキング化しました。

ランキング概要・算出基準

調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示された10のWEBサイトを閲覧。その9サイトに記載されていた「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「『労働者派遣事業許可』をもっている企業」かつ「条件:高年収/高時給」「就業形態:派遣/紹介予定派遣」の条件に合致する求人数を調査。その求人数の多い順にランキング化し、上位9社のみ掲載いたしました。
調査日時 2020年9月1~3日

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

薬剤師が年収アップを目指すための転職活動のポイントや注意点は?

薬剤師が年収アップを目指すための転職活動のポイントや注意点は、下記の通りです。

  • 現職と同じ業種や職種に転職する、または現職の業種よりも平均年収が高い業種に転職する
  • 応募書類や面接で法人側から高い評価をもらえるようにする
  • 給料交渉をする際はタイミングとやり方に気を付ける

現職と同じ業種や職種に転職する場合はもちろん、現職の経験を一部でも活かせる上に平均年収が現職よりも高い業種に転職した場合も、年収アップの可能性が高まります。

例えば病院薬剤師が、調剤薬局やドラッグストアに転職する場合です。

履歴書や職務経歴書、面接で法人側に自分の経験やスキルを的確にアピールし、是非採用したいと思われることも重要です。

応募書類の書き方や面接でのアピール方法に迷う場合は、ハローワークや転職エージェントに相談しましょう。

給料を法人側に交渉するタイミングは、面接官から希望の給料について聞かれた時か、内定が出て承諾する前にしましょう。

内定承諾後に交渉すると、一度同意した条件に対して交渉するため不誠実な印象を与えてしまいます。

年収を上げてほしい理由は、「〇〇の経験を貴社の業務でも活かせると思った」など入社後に活躍が期待できる根拠を説明しましょう。

薬剤師の平均年収はどれくらい?

薬剤師の平均年収は、下記の通りです。

2020年度の政府統計の調査結果によると、薬剤師の平均年収は548.3万円と分かりました。
2019年度の全国平均年収と比べると、13.6万円のアップとなりました。

引用:最新版!全国の薬剤師年収ランキング「マイナビ薬剤師」

新型コロナウィルスの流行により医療機関の受診を控える患者が増えたことで、経営が厳しくなった調剤薬局や病院も少なくないため、2021年度以降は平均年収が下がる可能性も否定できません。

しかし2015~2019年の薬剤師の平均年収を見ると、高い水準で安定しているため、大幅に下がることは考えにくいです。

年によって若干の増減はありますが、ほぼ530~540万円となっており、薬剤師は比較的高い平均年収を維持していると言えるでしょう。
引用:薬剤師の転職Q&A転職準備「マイナビ薬剤師」

薬剤師の平均年収が高い都道府県は?

薬剤師の平均年収が最も高い都道府県は、2020年度では静岡県です。

全国平均年収で使用したデータを元に、都道府県別で薬剤師の平均年収を調査したところ、年収が最も高いところは1位「静岡県」の698.6万円でした。
また、次いで2位「長野県」689.5万円、3位「高知県」642.6万円。1位と2位の差はあまりなく、約10万円弱であることが分かりました。
引用:最新版!全国の薬剤師 年収ランキング「マイナビ薬剤師」

地方の方が年収が高い背景は、薬剤師が不足している傾向があるため、給料を高くして人員を集めやすくしていることが挙げられます。

また中には人手不足ゆえに薬剤師の労働時間が長くなり、残業代が上乗せされている勤務施設もあります。

50代・60代以上の薬剤師の転職は難しい?

50代・60代の薬剤師の転職は、40代以下に比べ不利なのは否めませんが業種や雇用形態・本人のスキルによっては可能です。

業種は調剤薬局またはドラッグストアであれば、50代・60代以上でも充分採用の可能性があります。

調剤薬局やドラッグストアは店舗の数自体が多い分、人員を必要としているからです。

特にドラッグストアは遅くまで営業しておりシフト制のため、子育て中の薬剤師が勤務しづらい遅番や、土日祝も働けるのであれば50~60代の薬剤師が喜ばれることもあります。

正社員だけでなく、パートなど非正規雇用も選択肢に入れましょう。

フルタイムで働く必要がある場合は、複数の勤務先を掛け持ちするのも手です。

特に派遣ならば時給も高めな上に、大手の派遣会社を選べば福利厚生も充実しています。

また今までの経験を活かすことも、採用の近道になります。

例えば調剤経験が無いならば調剤薬局や病院ではなく、ドラッグストアを中心に応募するなどです。

まとめ

この記事をまとめると、

薬剤師の「高年収求人」を探すなら

正社員やパートは、
リクナビ薬剤師」がおすすめです。

派遣社員は、
ファルメイト」がおすすめです。

希望の勤務先や雇用形態の求人数が多い転職エージェントを選べば、選択肢が広がりより希望に合った求人に巡り合う確率が高まります。

ご自身の希望条件に合わせて派遣会社を使い分けていただくと、ニーズに合った求人により巡り合いやすくなるでしょう。

この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連:薬剤師におすすめ転職エージェント
関連:薬剤師におすすめ転職サイト
【転職のプロ監修】「薬剤師」の転職サイトおすすめランキング(28社求人数調査)
こちらの記事では、「薬剤師」の求人を豊富に掲載している転職サイトをランキングでご紹介しています。

転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載