【転職のプロが教える】薬剤師の「正社員・パート・派遣社員」転職エージェントランキング

薬剤師の「正社員・パート・派遣社員」転職エージェントランキング

「薬剤師におすすめの転職エージェントはどこ?」

と悩んでいませんか。

転職会社に約6年勤務した経験をもつ、「#就職しよう」編集部の中塚が、あなたにおすすめの転職エージェントを紹介します。

この記事では、薬剤師向け転職エージェントを、正社員・契約社員やパート、派遣社員に分けて求人数を調査してランキング化しています。

さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載

薬剤師の正社員・契約社員の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されている正社員・契約社員の求人数を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示されたWEBサイトを閲覧。そのうち「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「職種:薬剤師」「就業形態:正社員/契約社員」の条件に合致する求人数を調査。
調査日 ※求人数ランキング上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

薬剤師のパート・アルバイトの求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されているパート・アルバイトの求人数を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示されたWEBサイトを閲覧。そのうち「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「職種:薬剤師」「就業形態:パート/アルバイト」の条件に合致する求人数を調査。
調査日 ※求人数ランキング上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

薬剤師の派遣社員の求人数ランキング

薬剤師におすすめの転職エージェントは、「求人数が多い転職エージェント」です。

なぜなら、求人が多い転職エージェントに登録することで選択肢が広がり、希望の求人にも巡り合う可能性が高くなるからです。

そこでここでは、薬剤師向け転職エージェントに掲載されている派遣社員の求人数を比較しランキング化しました。

ランキング概要・算出基準
調査の企画・集計 株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について Googleで「薬剤師 転職エージェント おすすめ」という検索ワードで検索し、検索結果に表示されたWEBサイトを閲覧。そのうち「『有料職業紹介事業許可』をもっている企業」で、かつ「医療系や薬剤師の職業紹介を全国で行える企業」を対象としました。
調査対象とした求人について 上記で調査対象とした転職エージェントのWEBサイトで公開されている求人のうち、「『労働者派遣事業許可』をもっている企業」かつ「職種:薬剤師」「就業形態:派遣/紹介予定派遣」の条件に合致する求人数を調査。
調査日 ※求人数ランキング上部に記載

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各転職エージェントの優劣を意味するものではございません。転職エージェント選びの際の1つの指標としてご利用ください。

おすすめ転職エージェント3選

おすすめ1. リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人10万件以上というトップクラスの求人数を誇り、営業や事務、エンジニアなど幅広い業種にも長けているエージェントです。

「転職支援実績NO.1」だからこそ、転職未経験者でも、転職までのスピードと質の両方が叶えられます。

おすすめ2. マイナビエージェント

マイナビエージェントは、求人数や質の高さはもちろん、「20代に信頼されているエージェントNO.1」として、丁寧なサポートが受けられる点でおすすめです。

ひとりひとりとじっくり向き合い、何度でも面接練習を行いながら、満足できる転職につながるサポートする体制が整っています。

おすすめ3. パソナキャリア

パソナキャリアは、「お客様満足度3年連続NO.1」を誇るエージェントです。

丁寧なキャリアカウンセリングから始まり、こまめなレスポンス、転職後の年収アップにつながる求人の紹介が受けられるエージェントとしておすすめです。

【FAQ】薬剤師の仕事探しに関するよくある質問

初めての薬剤師転職で注意すべき点は?

初めての薬剤師転職で注意すべき点は、主に下記の4点です。

  1. そもそも転職すべきかよく考える
  2. 自己分析をしっかり行う
  3. 希望条件の優先順位を決める
  4. 退職後の引継ぎは計画的に行う

転職すべきタイミングか、自分の現状のスキルや今後のキャリアの方向性、転職活動時の景気などを総合的に考えて判断しましょう。

自分の強みや弱み、今まで仕事で上げてきた成果と今後挑戦してみたいことなどをしっかり整理しておきましょう。

また薬剤師の場合、求人の情報が多すぎるがゆえに希望に合った求人を探し出すのが大変なこともあります。

給料や勤務時間などさまざまな条件がある中で、優先順位を決めた上で求人を探すと、希望に合う求人を絞り込みやすいです。

転職する時期の目標を決め、退職時にトラブルにならないよう引継ぎがスムーズにできるようにしておくことも大切です。

いずれも自分で考えるのが難しいときは、まず友人や薬剤師専門の転職エージェントに相談するのがよいです。

薬剤師がパートで働くメリット・デメリットは?

薬剤師がパートで働くメリット・デメリットは下記の通りです。

    メリット

  • 勤務時間の融通が利きやすい
  • 基本的に残業はない
  • 異動や転勤がない
    デメリット

  • スキルアップしにくい
  • 場合によっては福利厚生が制限される
  • 雇用が不安定

正社員はフルタイム勤務な上に残業が発生したら原則対応必須であり、企業や一部の調剤薬局を除いて勤務日はシフト制、かつドラッグストアや病院では遅番や夜勤にも対応する必要があります。

しかしパートの場合は、特定の曜日や時間帯のみの勤務も相談できます。

残業も数分程度ならすることはありますが、30分を超える残業はめったになく、残業を頼まれても断りやすいです。

異動や転勤もなく、仕事をする上での負荷が少ないです。

一方で正社員よりも教育や研修を受ける機会が少ない上に、業務も調剤や監査など一部の業務しか任せられないことが多く、スキルアップは難しいでしょう。

パートの場合は住宅手当などの各種手当や、ボーナスも支給されないことが多いです。

財形貯蓄や持ち株・退職金制度が正社員にはあるところでも、パートはほとんどの場合対象外です。

余程のことが無い限りは解雇されるリスクは低いですが、万が一勤務先の経営が傾けば正社員より先に解雇の対象になります。

薬剤師の平均年収はどれくらい?(正社員/パート)

薬剤師の正社員・パートそれぞれの平均年収は下記の通りです。

「令和元年賃金構造基本統計調査」によれば、正社員として雇用されている薬剤師の平均年収は548.3万円となっています。
一方、短時間労働者(パート・アルバイト)である薬剤師の平均年収は277.7万円であり(「実労働日数15.4日×1日当たり所定内実労働時間数6.1時間×1時間当たり所定内給与額2367円×12カ月+年間賞与その他特別給与額109.1千円」で算出)、正社員とは約270万円の開きがあります。
正社員と同等の週5日(月20日)、1日8時間働いた場合は約465万円となります。

引用:「パート薬剤師の平均時給はいくら?都道府県ごとに比較!実際の求人も紹介
」マイナビ薬剤師

薬剤師で高時給の求人はどのような仕事内容のものが多い?

薬剤師で高時給の求人の仕事内容は、パートか派遣化によっても異なります。

パートの場合は大手調剤薬局の内科応需か、調剤薬局・調剤併設ドラッグストアの夜間パートです。

厚生労働省のデータによると、パート薬剤師の全国の平均時給は2,200円です。おおむね、2,000円程度に設定されていることが多いです。

引用:「パート薬剤師の平均時給はいくら?都道府県ごとに比較!実際の求人も紹介
」マイナビ薬剤師

2500~3200円程度の時給が出ることが多いため、平均時給よりは高めです。

内科応需は需要が安定していることと、夜間はママさん薬剤師が働けないことが多く欠員が生じやすいことが理由です。

派遣の場合は特に即戦力であることを期待されるため、さらに高時給が見込めます。

中でも地方の調剤薬局への派遣であれば、時給3000円はむしろ低い方で、時給4000円以上の求人も珍しくありません。

地方の薬局は薬剤師が不足しているので、住居付き・運転免許不要など給与面以外も好条件の求人が揃っています。

週1や週2で働ける薬剤師のパート求人は多い?

週1や週2で働ける薬剤師のパート求人は「週1~2回のみ勤務」は多くありませんが、「週1~OK」も含めると多いです。

ただし、1日3~4時間以上の勤務を条件としていることが多く、平日午前中のみの勤務はママさん薬剤師に人気なので競争率が高いです。

「週1~OK」としている求人も、勤務可能な日数が多い応募者の方が優先して採用される傾向は否めません。

しかし平日のみでも定時まで働けたり、土日祝日の勤務ができたりする場合は採用率がアップします。

本業の他に、土・日などに掛け持ちで働けるパート薬剤師の求人はある?

本業の他に、土・日などに掛け持ちで働けるパート薬剤師の求人は存在します。

近年副業を解禁する企業が増加しているのに伴い、Wワーク可能かつ、週1~2日勤務も相談できる薬剤師の求人も増えてきています。

土日に働けると歓迎されることが多いので、気になる求人があれば問い合わせてみてもよいです。

現職が就業規則で副業を許可しているか確認し、自分の体力やライフスタイル、スキルと相談しベストな掛け持ち先を見つけましょう。

子育て中の女性薬剤師におすすめの働き方は?

子育て中の薬剤師女性におすすめの働き方は、主に下記の3つです。

  • 中小規模の調剤薬局でのパート
  • 託児所併設の病院などでのパート
  • 時短勤正社員

中小規模の調剤薬局は、土曜の午後または夕方・日祝が休みの所も多く子供の保育園の送り迎えなどにも合わせやすいのでおすすめです。

大手調剤薬局やドラッグストアは土日祝日もやっているのが当たり前であり、土日祝日働ける応募者が優先されてしまうのであまりおすすめできません。

病院などであれば託児所が付いていることも多く、安心して働けます。

雇用形態は勤務時間を相談できるので、パートがおすすめです。正社員はフルタイム勤務が必須で、残業や病院の場合は当直があることが多いため避けた方が無難です。

現職で時短制度が利用できるならば、時短正社員として働くのも手です。制度があるか現職の人事担当に聞いてみましょう。

最初から時短正社員として転職することもできますが、求人は少ないです。

夜間勤務中心の薬剤師求人はある?

夜間勤務中心や夜勤専従の薬剤師求人はあります。

夜間と日勤あわせて勤務の薬剤師求人はさらに数が多いです。

ドラッグストアの調剤部門は23~24時まで稼働している所が増えてきており、調剤薬局でも19時以降の遅い時間帯まで開いている所が多いです。

ママさん薬剤師が働くのが難しい時間帯のため、夜間勤務のパートのニーズはあります。

給料もも夜間勤務の方が高い傾向があります。

時給に換算すると日勤の場合2,000~2,500円に対し、夜間勤務の時給は2,600~3,200円程度になります。

薬剤師のパート求人は多い?見つけにくい?

薬剤師のパート求人の割合は、正社員に比べるとやや少ないですが依然として売り手市場であり、数自体は多いです。

特に18時までの日勤のみの場合、正社員よりもパートの求人の方が多い求人サイトもあります。

ただし希望にぴったり合った求人を、いくつも見つけるのは難しいです。

希望に近い求人が少ないときは、希望条件を緩めたり、視野を広げたりすることをおすすめします。

希望条件の優先順位を決めてから活動すると、より効率良く求人探しができる上に納得のいく転職も叶いやすくなります。

また今まで経験してきた施設形態にこだわらず、自分のスキルを活かせて希望を叶えられる場所を探してみましょう。

例えばどうしても土日祝休みが希望であれば、CRCやCRAなど調剤を行わない企業での働き方も検討するのも手です。

企業は多くが土日祝日休みなので、希望が叶いやすくなります。

薬剤師の転職活動で転職エージェントは利用しないほうがよい?

薬剤師の転職を検討している方には、ぜひ転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントは無料で「希望に近い求人情報の紹介」や「転職活動に関するサポート」を行ってくれるため、利用するメリットは非常に大きいです。

また、応募先の企業について内情などを知っている場合も多く、応募先企業を絞り込む時や面接対策にも役立ちます。

ただし、転職エージェントを利用する場合、転職エージェントとこまめに連絡を取る必要があるため、「1人でのんびり転職活動を進めたい方」や「誰かに急かされたり、期限を決められることが苦手な方」には向いていないかもしれません。

まとめ

この記事をまとめると、

薬剤師の正社員・契約社員への転職を目指す方には、
コーディアルエージェント「元気が出るしょほうせん」」がおすすめです。

薬剤師のパート・アルバイトへの転職を目指す方には、
コーディアルエージェント「元気が出るしょほうせん」」がおすすめです。

薬剤師の派遣社員への転職を目指す方には、
アポプラス薬剤師」がおすすめです。

希望の雇用形態の求人数が多い転職エージェントを選べば、選択肢が広がりより希望に合った求人に巡り合う確率が高まります。

ご自身の希望条件に合わせて派遣会社を使い分けていただくと、ニーズに合った求人により巡り合いやすくなるでしょう。

この記事が、あなたの就職活動のお役に立てば幸いです。

関連:薬剤師におすすめ転職サイト
【転職のプロ監修】「薬剤師」の転職サイトおすすめランキング(28社求人数調査)
転職エージェントと併用することで、求人に出合うチャンスが広がる転職サイトもぜひ一緒に登録しませんか?
さまざまな転職エージェントを知りたいなら

以下の記事では、営業や事務はもちろん、ハイクラス向けやアパレル、医療系などさまざまな職種に強い転職エージェントを一気に確認できます。

>>転職エージェントおすすめ比較ランキング/評判や口コミも掲載