【求人数比較】50代におすすめ派遣会社3選|元派遣会社が教える「50代が派遣で働くのは本当に大変なのか?」

50代におすすめ派遣会社3選

「本当に仕事、見つかるかな?」
「派遣で働くってちょっと不安…」

そんな気持ちももちながらも、50代のあなたにいい派遣会社を探していらっしゃるのではないですか?

厳しいことを先にお伝えしますが、
50代が派遣で働くのは大変です!

大変ではありますが、求人が豊富で、就業支援の実績などがある派遣会社を選べば、50代でも十分派遣で働ける可能性はあります

この記事では、派遣会社に勤務していたわたくし中塚が、50代でも派遣で働ける可能性を、少しでも広げられる派遣会社を厳選してご紹介します。

わたしが、中塚です!現役時代の裏話もこっそりご紹介します。

この記事でご紹介した派遣会社で、50代から派遣という働き方を楽しんでいただければなによりです。

都道府県別で50代におすすめ派遣会社は?
  • 今、住んでいる地元で働きたい!
  • 隣の都道府県で同じ条件の派遣会社はどこ?

など、働きたい都道府県別で50代に強い派遣会社を知りたい方は、ぜひそれぞれの地名をクリックして地域別記事もご覧ください。

最初にチェック!

おすすめ派遣会社「スタッフサービス」

業界最大級の求人数!幅広い職種対応!
スタッフサービスは、事務やコールセンターなど幅広い職種に対応した業界大手の派遣会社です。

豊富な求人数と実績から、派遣で働きたい方の希望に合った派遣求人を紹介しています。派遣会社をお探しの方は、まずは「スタッフサービス」をチェックすることをおすすめします。

PR

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

【大手6社求人数比較】50代におすすめ大手派遣会社ランキング

ではさっそく、50代に登録してほしい!おすすめしたい派遣会社をご紹介しましょう。

今回、50代におすすめする派遣会社を厳選するために、大手派遣会社6社の求人数を比較しました。

その結果がこちらです。

50代におすすめ派遣会社ランキング
派遣会社 50代向け求人数
59,859件
28,776件
1,850件
1,593件
727件
118件
調査概要
調査の企画・集計
株式会社アドバンスフロー
調査対象とした派遣会社について
Googleで「50代歓迎 派遣会社」という検索ワードで検索して掲載していた「『労働者派遣事業許可』を取得している」企業のうち、「優良派遣事業者認定を受けている」「全国に拠点をもち、幅広い世代・職種等に対応している」派遣会社として6社を厳選し対象としています。
調査対象とした求人について
上記で調査対象とした派遣会社がWEBサイトで公開している求人のうち、「条件:50代歓迎/中高年活躍」など50代向けの求人をカウントしました。(※50代向けに該当する条件がない場合は、フリーワード入力にて検索しています。)
調査日
2022年2月調査

※ランキングは「調査時点での求人数の多い順」であり、各派遣会社の優劣を意味するものではございません。派遣会社選びの際の指標のひとつとしてご利用ください。

中高年=エルダー世代と言われる40代以上の求人を絞り込んで検索できたのは、「スタッフサービス」と「マンパワー」だけでした。

絞り込みがあるということは、それだけ需要があるということ。スタッフサービスとマンパワーは、エルダー世代の就業支援に積極的だとも言えます。

その他の派遣会社も絞り込み機能はないですが、「50代」とフリーワード入力すると、「50代歓迎!」「50代活躍中!」という求人も多数掲載されていましたよ。

ではここから、求人数が多い上位3社の派遣会社を詳しく解説しますが、その前に、なぜ大手派遣会社だけで比較したのかを説明させてください。

50代に大手派遣会社を勧める理由

どうして50代におすすめ派遣会社を、大手派遣会社に限定したかというと、以下の理由があるからです。

  1. 応募できる求人数が増えるから
  2. 派遣会社側に就業支援の経験があるから
  3. 実績があり、安心できるから

50代向けの求人は、どうしても少ないのが現状です。

だからこそ、少しでも求人が多い派遣会社に登録する方が、間口が広くなる可能性がある。ということは、大手派遣会社に限定してご紹介すべきと考えました。

また、大手派遣会社ならば、さまざまな年代の派遣スタッフがいるため、50代・60代の派遣スタッフもいるでしょう。

同世代のスタッフがいれば、派遣会社も50代の就業支援の経験が少なからずありますし、実績もあるため、安心しておすすめできるというわけです。

50代女性


さてここまで、50代のみなさまにむけて大手派遣会社6社ランキングをご紹介しましたが、では、実際に登録するなら、どこに登録すべきでしょう?

50代のみなさまには、ご紹介しましたランキングの上位3社に登録することをおすすめします。

50代はどうしても応募できる求人が少ないです。

だからこそ、複数の派遣会社に登録して、出合える求人を増やし、間口を広げるべきです。

しかし、登録する派遣会社の数を過剰に増やすと、自分で管理しづらくなり、結局出合える求人に大差がなくなってしまうのです。

そのため、派遣会社に登録するならば、2~3社の登録をおすすめしています。

では、ここからランキング上位3社の派遣会社がどんな会社なのか、ご紹介していきます。

【求人数第1位】スタッフサービス

スタッフサービスTOP
>>公式サイト
総求人数 163,402件
(第1位/大手6社中)
50代向け求人数 59,859件
(第1位/大手6社中)

※求人数は2022年2月調査時点の数値です。

スタッフサービスは、リクルートグループの派遣会社で、求人数も派遣スタッフ数も実績も、業界でトップクラスの大手派遣会社です。

女性に人気の高い事務系の求人は、現時点で0件で、介護系の仕事が多くを占めていますが、求人数の多さを考えれば登録しておくべき派遣会社です。

56歳女性・神奈川県在住

一緒に会社訪問にも足を運んで、熱心に企業側にアピールしてくださります。(経理事務職)

51歳女性・和歌山県在住

誰にでも声をかけている感があり、銀行経験以外にも事務経験はあったにも関わらず金融事務しか紹介してもらえなかった(保険事務)

【求人数第2位】マンパワー


>>公式サイト
総求人数 38,790件
(第3位/大手6社中)
50代向け求人数 28,776件
(第2位/大手6社中)

※求人数は2022年2月調査時点の数値です。

マンパワーは、外資系の派遣会社です。世界82カ国に拠点があり、50年以上の歴史をもつ老舗の派遣会社です。

外資系の派遣会社ということもあり、マンパワーは外資系の企業が多い傾向にあります。

求人数はスタッフサービスよりは少ないですが、事務系の仕事もあるため、スタッフサービスと同時に登録するメリットは十分にあります。

53歳男性・東京都在住

営業やコーディネーターの対応には満足している。営業担当者は基本的に契約更新時と終了時に面談するだけだが特に不満はない。(IT関係)

【求人数第3位】アデコ

アデコ(Adeco)
>>公式サイト
総求人数 11,595件
(第5位/大手6社中)
50代向け求人数 1,850件
(第3位/大手6社中)

※求人数は2022年2月調査時点の数値です。

アデコは、世界各国に拠点を持つグローバルな外資系人材サービス企業です。

日本各地に拠点をもち、北海道から沖縄まで全国展開していますが、登録はすべてWEBや電話で完了することができます。

50代が活躍している求人には、事務・オフィスワークの求人が多く、未経験でも可能な求人や在宅勤務できる求人など幅広いオフィスワークの記事があります。

50歳女性・大阪府在住

とても段取り良く対応が早く、今でも覚えているくらい印象が良かったです。紹介していただいた第一希望の会社が決まらなかった時も、すぐこちらの希望通りの条件で次の手を打っていただいたり、対応が早く信頼できました。

55歳女性・長野県在住

時給が高い押し後があったので申し込んだのですが、お話をしていく仲で、私にはその仕事よりも、違う仕事の方が向いていると言って頂き、そちらの仕事に就いたら、すごく仕事も楽しくでき、人間関係よく、ああ、その通りにいてよかったな。ってことがありました。

【監修者実体験】50代が派遣で働くのは本当に大変なのか?

記事の最初でもお伝えした通り、
50代が派遣で働くのは、正直大変!です。

しかしながら、いろいろな記事を見ていると、50代は派遣で仕事ができないと言われたり、50代でも仕事ができると言われたりとどちらが正しいのか分からなくなっているのではないでしょうか?

そこで、この記事の執筆者・監修者であるわたくし中塚が、約6年派遣会社に籍をおいた経験を元に、50代で派遣で働くのは大変なのか、そうではないのかについて、解説したいと思います。

50代の派遣の実態を知っていただければ嬉しいです。

私が、派遣会社に勤めていたときも、50代で派遣登録する方はいらっしゃいました。

50代でも、ITエンジニアや高度な経理技術があると、その専門知識を活かした仕事を比較的短時間でお仕事を紹介することができました。

しかし、ごく一般的な就業経験の50代の方では、まったく紹介できなかったり、紹介できても20~30代に敬遠されるコールセンターや介護ばかりでした。

もちろん、専門知識があれば、すぐ仕事を紹介できるとは限りません。

高度な知識を必要とする求人は、元々件数自体が少ないため、たとえ手に技術があり専門知識が豊富でも、求人紹介ができないというケースもありました。

50代の派遣は、専門知識があれば比較的売り手市場となり、求人があればいい仕事にありつけますが、一般的な就業経験では、あまり仕事がなかったり、希望とはズレた仕事に就くことになります。

それでも、一般的な就業経験だと可能性が0%かと言われれば、そうではないですし、求人の探し方や気持ちの向き方などのポイントを意識すれば、派遣で働ける可能性をどんどん高めることも可能です。

では、そのポイントにはどんなものがあるのか、次でご紹介します。

50代が派遣で働くために必要な3つのコツ

50代が派遣で働くなら、高度な専門知識があると優位ではあります。

優位ではありますが、専門知識はないけどそれでも派遣で働きたい50代のために、知っておいて欲しいコツを3つ伝授したいと思います。それはこちらです。

  1. 応募できるものは、すべて応募
  2. 希望する条件は、できる限り少なく
  3. 派遣会社にも派遣先企業にも低姿勢で

厳しいことを言いますが、50代向けの求人は少ない。

応募しようか悩んでいるうちに、20代30代の派遣希望の女性に求人をもっていかれるでしょう。

なので、応募できるものは、すべて応募です!

ただ、条件が多すぎると、応募できる求人数はどんどん減ってしまいます。

そのため、応募できる求人を増やすためにも、求人に期待する条件はなるべく少なく、どうしてもという条件以外は条件なしで求人を探すべきです。

仕事を教わる50代女性

そして、一番の下っ端という姿勢も大切です。

50代の派遣スタッフを雇わない理由はいくつかありますが、その1つが「年上だから」という理由です。

上司よりも年齢が上で、なおかつ「自分は年上ですよ~」という雰囲気を出す派遣スタッフは、会社としては使いづらいものです。

もちろん、派遣会社に対してもこの意識は大切で、もし派遣会社で年上感を出していたら、派遣先企業に紹介しづらいため社内選考落ちになるでしょう。

50代で派遣会社に登録するなら、希望する条件は少なく、低姿勢で、貪欲に応募を続けていきましょう。

50代から派遣の仕事を見つけるための対策とは?

50代になったからといって、派遣先が全くないというわけではありません。

ひと工夫するだけでも派遣先企業が見つかりやすくなるので、諦めてしまう前に実践してみることをおすすめします。

1.50代以上の方に強い派遣会社への登録

50代の派遣社員が好条件の派遣先企業を探すためには、40代・50代の求人に強い派遣会社に登録することが重要です。

どのようにして行けば50代に強い派遣会社をうまく活用していけるのか解説します。

派遣会社はできるだけ多く登録することが最適

50代に強い派遣会社の中でも、それぞれに一般事務などの求人を探すことが得意な派遣会社もあれば、看護師や介護士などの求人を探すこと派遣会社もあります。

つまり、できるだけ多くの派遣会社に登録することで、40代・50代でも働ける求人の幅を広げられるようになります。

複数の派遣会社に登録することで好条件の派遣先企業が見つかる可能性を高めてくれます。

大手企業で働いた経験がある人は中小企業の派遣会社登録が最適

大手企業で働いていて、50代になってから派遣社員を始めるという方も少なくありません。

大手企業で働いてきた経験のある方は、中小企業の派遣会社へ登録することをおすすめします。

大手企業のノウハウは、中小企業にとって画期的なものである可能性もあるため、大手企業で働いていたという経験は、派遣先企業探しに役立つアピールポイントとなります。

まずは50代に強い中小企業の派遣会社を探してみるのも、新しい派遣先企業を見つけることに効果的です。

2.派遣会社との信頼関係を作っておく

50代になっても、派遣会社からできるだけ条件の良い派遣先企業を紹介してもらうためには、派遣会社の担当と信頼関係を作っておくことも大切です。

派遣会社の担当から「この人は紹介できる人材だ」と評価してもらえると、例えば45歳で事務を行う派遣社員を目指すことも無理ではありません。

派遣会社から信頼を得るためには、派遣先企業との契約期間の間しっかりと働き続けていくことは重要となってくるので、真面目に働いて評価してもらえるようにしていくことが肝心です。

3.求人が出ている仕事に役立つスキルを身につけておく

50代以上の派遣社員になってくると、派遣社員として長く働いてきた経験や信頼の他に、特定の資格を持っていることが強みになります。

特に専門性の高い資格を持っていれば、50代以上の派遣社員であっても活躍できる派遣先が数多くあります。

派遣会社にとっても有資格者で信頼の持てる派遣社員であれば、進んで派遣先企業に紹介してもらえることにつながります。

50代以上の方ででスキルがない方の場合アピールポイントも少なくなってしまうので、強みを増やす意味でも資格取得をしておくと派遣先企業探しに効果的です。

4.即戦力を募集している派遣先企業を探す

20代の若手の場合は、成長できる見込みが期待されますが、即戦力を募集されるような派遣先企業では、50代などのベテランの派遣社員の方が好まれることがあります。

ベテランの派遣社員であれば、一から仕事を教えなくても対応してもらえることから、50代だからこそ得られた経験を活かせる派遣先企業を探すことをおすすめします。

5.応募の少ない派遣先企業を狙う

大手企業などの人気が集まるような派遣先企業は、若い人材が集中してしまうため、40代・50代の派遣社員の方は、派遣先企業へ派遣してもらうことが難しくなってしまいます。

逆に中小企業や、なかなか派遣社員が集まらない派遣先企業であれば、40代・50代でも派遣先企業で働けるだけのスキルを持っていれば、採用してもらいやすくなります。

人気の集まる派遣先企業にどうしても目が行きがちですが、未経験の仕事内容であっても競争率の低い派遣先企業を選んでみるのもひとつの手段です。

50代以上の方が持っておくと転職・就職に役立つ資格

50代以上の派遣社員が持っておくと、転職活動、就職活動に役立つ資格を紹介します。

介護に関わる資格

介護業界は人手不足の派遣先企業が多く、派遣会社でもよく扱われています。

特に介護に関わる資格である介護職員初任者研修を持っていれば、未経験者でも派遣社員として経験を積んでいくことで、正社員を目指すことも可能です。

介護に関する資格は40代以上になってから資格取得を目指す方も多く、派遣会社が扱う求人の中でも始めやすい仕事のひとつとなっています。

TOEICの高スコア

国際コミュニケーション英語能力テストと呼ばれるTOEICは、グローバル化が進むビジネス界でも注目されている資格のひとつです。

TOEICのスコアが700点以上であれば、英文事務や貿易事務などの国際的な仕事でも評価されると言われているため、50代以上の派遣社員であっても活躍の場を広げることにつながります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、年齢を問わず派遣先企業に採用されやすい資格のひとつです。

不動産業に関する営業所であれば、5人に1人は宅地建物取引士の有資格者がいなければならないと定められているため、50代以上の派遣社員にとっても採用率の高い求人といえます。

不動産業界で働いた経験が無い方でも、宅地建物取引士の資格を持っていれば、異業種からでも十分に狙えます。

50代で派遣社員として働く人の将来性は?

50代で派遣社員として働く人の将来性としては、派遣の求人では60歳以上もOKの求人もあるので派遣社員としてそのまま働く事が可能です。

60歳以上でも週5や週に3日〜4日などの求人もありますが、60歳を超えると日雇い派遣の例外となるので単発の日雇い派遣でも働ける様になるのでさらに自由な働き方は可能です。

しかも、一般的なパートよりは派遣の方が時給が高い傾向にあるので空いている時間を有効に活用して無理なく働くことができます。

50代でも派遣社員から正社員を狙える?

50代の派遣社員からの正社員への転職は、より年齢的な体力の衰えなどを心配されて、20代~40代の方よりもさらに難しくなっていく傾向にあります。

経歴やスキルを元に、ベテランとしての実力を期待されての正社員への登用も考えられますが、中小企業や人気度の低い派遣先なども視野に入れて考えていかないと、正社員への転職をしづらいのが現実です。

50代の主婦が働くなら派遣かパートかどっちがいい?

50代の主婦の方が働く場合、派遣とパートどちらがいいのかは、ご自身が希望する条件によって異なります。

派遣とパートの特徴は主に以下のような点が異なります。
それぞれの特徴を読み、希望に近い働き方はどちらかを確認してみましょう。

派遣で働くメリット・デメリット
メリット ・パートに比べて高時給の求人が多い
・契約期間が決まっている
・就業中にトラブルがあったときに派遣会社の担当者が間に入ってくれる
・フルタイム勤務の求人が多い
デメリット ・同じ職場で最長3年までしか働くことができない
・短時間勤務や短期の求人数が少ない
パートで働くメリット・デメリット
メリット ・同じ職場で長く働くことができる
・短時間勤務や週2~3日勤務の求人が豊富
・自宅の近くの求人を探しやすい
デメリット ・派遣と比べ同じ求人でも時給が低い場合がある

50代は社内選考で不利になる?

派遣社員が50代になると、年齢的な部分が社内選考で引っかかりやすくなってしまいます。

特に20代や30代の職員が多い派遣先企業では、50代の派遣社員を派遣すると、正社員との年齢差でお互いが気を使ってしまうのではないかと派遣会社に心配されてしまいます。

しかし、50代になると女性派遣社員でも子育てが一段落して時間に余裕ができることから、フルタイムでベテランを求めているような派遣先企業で活躍することも可能です。

50代が働ける派遣先企業の範囲は限定されてきますが、十分に働けるスキルを持っていれば働ける場所は0ではありません。

50代はなぜ派遣の仕事が決まりにくいのか?

50代の派遣社員の派遣先企業がなかなか決まらない理由には、どんなことがあるのか理由を紹介していきます。

なぜ派遣先企業が、50代の派遣社員の受け入れを断るケースがあるのか知っておけば、50代以上でも派遣社員が採用してもらえる求人を探すことにも役立ちます。

若手を求める派遣先企業が多いから

年齢で採用を決めてはいけないとはいえ、成長や体力的な面で期待度の高い20代の若手社員が派遣先企業に優先的に選ばれやすいのが現状です。

もちろん50代の派遣社員が持っている経験や、即戦力となる知識や技術などを重要視してくれる派遣先企業もありますが、20代・30代の派遣社員よりも求人選びの自由度が低くなってしまいがちです。

ここでは、実際に派遣先企業がなぜ若手を求めるのか、その理由を紹介します。

若手を求める理由1:年齢的な限界を心配される

派遣社員に限らず、50代になってくると体力などが落ちてきてしまうことは避けられません。

年齢的な問題も相まって、50代の派遣社員は無能だと差別や侮辱する発言をする派遣先企業も残念ですが存在します。

フルタイムの仕事や、残業や夜勤といった働き方に対応できないのではないかと、派遣先企業から年齢的な限界を心配されて、求人をなかなか紹介してもらえないケースもあります。

また、新しい設備やシステムをうまく使えないなど、労働環境や体制の変化に柔軟に対応できるのかという点についても心配されることもあります。

若手を求める理由2:社員との年齢差

IT系やベンチャー企業など若年層に人気の高い業種や企業では、どうしても20代・30代前半の人材が集中しやすいこともあり、50代になってくると年齢差も生じてきます。

派遣先企業の社員との年齢差が生まれてしまうため、派遣先企業の社員と派遣社員の双方がお互いに気を使ってしまうのではないかと考えられてしまいがちです。

つまり、派遣会社が派遣先企業スタッフとの年齢差に遠慮をしてしまって、紹介を見送るという可能性もあります。

50代派遣の厳しさについて男女別に実態を紹介

派遣社員の50代がなぜ厳しいと言われているのか、男女別それぞれの実態について解説していきます。

50代の派遣社員として働いていく現実を知ることで、50代以上の方が派遣先探しをする際に対策を取りやすくなります。

50代派遣(女性)の現実

女性派遣社員が50代になってくると、20代~40代から派遣社員として働いている方は、以前と比べ「紹介される求人が少ない」「仕事が今までより決まりにくい」と感じる方が多いようです。

また、長年専業主婦として家事や育児に専念していた方はブランクがあるため、希望の仕事になかなか採用されないという場合もあります。

50代の方で「仕事が決まりにくい」「ブランクがあるので自信がない」という方には、派遣のお仕事の中でも「製造業(軽作業)」「介護職」の職種をおすすめします。

これらの職種は、求人数が安定していて、初心者の方やブランクのある方でも採用される可能性が高い求人が多いのが特徴です。

また同じ職場に同年代の方も多くいるため安心して働くことができます。

50代派遣(男性)の現実

50代の男性派遣社員の場合も、年齢による体力の衰えなどがネックになりやすい現実があります。

実際に仕事がなかなか決まらないとブログなどで発信している方も多く、50代になると40代よりもさらに派遣社員として働く厳しさがあることを前提に捉えながら、前向きに求人探しをしていくことが大切です。

50代の仕事探しには「派遣求人サイト」もフル活用しよう

ご紹介した50代におすすめ派遣会社はこちらです。

  1. スタッフサービス
  2. マンパワー
  3. アデコ

これらの派遣会社には、必須で登録していただきたいですが、これら求人が多い派遣会社に登録しても、そう簡単に仕事は見つからないでしょう。

散々お伝えしているように、50代は求人が少ない。

だからこそ、出会う求人数を多くして可能性を広げるために「派遣求人サイト」も一緒に活用しましょう。

派遣求人サイトには、このようなものがあります。

リクナビ派遣

画像引用元:リクナビ派遣
総求人数:91,230件
エルダー応援求人:47,142件
>>公式サイト
エン派遣
エン派遣TOP

画像引用元:エン派遣
総求人数:85,668件
エルダー応援求人:34,534件
>>公式サイト

※求人数は、当社調べ/2020年2月27日時点の派遣・紹介予定派遣の求人数です。

これらの派遣求人サイトを使うと、規模の小さい派遣会社がもっている求人に出合えますし、中高年=エルダー世代向けの求人に絞り込むこともできるため、使いやすさは抜群です!

ただ、派遣求人サイトに掲載されている求人にそのまま応募できるとは限りません。

派遣求人サイトから応募しても、その担当派遣会社に再度登録する必要があり、社内選考で落ちる可能性もありますし、登録が完了した頃にはすでに別の方に決まってしまったという場合もあるんです。

だからこそ、求人数が多い派遣会社に登録しながら、派遣求人サイトを使う方が可能性が高くなります。

まとめ

何度も言いますが、50代が派遣で働くのは大変です。

それでも、中高年=エルダー世代向け求人が多くて、実績も豊富な以下のような派遣会社はあります。

  1. スタッフサービス
  2. マンパワー
  3. アデコ

ただ、これらの派遣会社であっても、そう簡単に仕事を見つけることはできないでしょう。

求人に対する条件だったり、まわりに対する姿勢だったりと、登録してからは注意すべき点もあります。

しかし、登録しないことにはなにも始まりません。

派遣会社探しで止まっているのなら、まずは1社だけでも登録して、前に進んでみてはいかがでしょうか?

ぜひ、派遣の第一歩をここから進めてみてください。

都道府県別で50代におすすめ派遣会社は?
  • 今、住んでいる地元で働きたい!
  • 隣の都道府県で同じ条件の派遣会社はどこ?

など、働きたい都道府県別で50代に強い派遣会社を知りたい方は、ぜひそれぞれの地名をクリックして地域別記事もご覧ください。