保育士のやりがいを感じるときは?

保育士やりがい


「保育士のやりがいを感じるときはどんなとき?」

と考えていませんか。

そこでこの記事では、元保育士の高田が、
保育士のやりがいについてお伝えします。

この記事を最後まで読むと、

について知ることができます。

保育士のやりがいを知って、素敵な保育士として頑張っていただければ幸いです。

保育士のやりがいを感じるときは?


保育士をしていて、やりがいを感じるときはたくさんあります。
そのなかでも、元保育士の私が、やりがいを感じるときはどんな時だったか、3つ紹介します。

  1. 子どもの成長を感じたとき
  2. 子どもの成長を感じられるときは、日々の保育の中で何度もあります。
    例えば、4月の頃は「おはよう」「ありがとう」などの単語でしゃべっていた子どもが、1年もすると、「〇〇ちゃん(自分)も、絵本みたいの~。」と文章で自分の意思をしゃべれるようになります。
    「たくさんしゃべれるようになったな~」と子どもの成長に感動します。

  3. 保護者が喜んでくれたとき
  4. 保護者が喜んでくれたときは、頑張ってよかったなとやりがいを感じます。
    例えば、運動会や発表会で「家では見たことがないくらい、楽しく踊っている姿が見れてよかった~」と子どもの姿を見て嬉しそうに話しをしてくれます。
    衣装や小道具の準備は大変だったけど、保護者に喜んでもらえると、また頑張ろうという気持ちになります。

  5. 子どもに「好き」と言われたとき
  6. 子どもに「好き」と言われたときは、正直うれしくてたまりません。
    例えば、子どもが「〇〇先生大好き~」と抱きついてきてくれるときや、子ども同士で先生の取り合いになることもあります。
    保育士にとっては、その瞬間が幸せなひとときになります。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

保育士に関する知識は深まったでしょうか?
もし不明点ありましたら、記事の一番下のコメント欄よりご連絡ください。
回答いたします。

それでは次に、保育士を派遣という雇用形態で働くことを希望している方へ、
保育士のおすすめ派遣会社を紹介します。

【派遣のプロが語る】【保育士の派遣会社】おすすめランキング

保育士の記事一覧

仕事内容

なるには

給料・年収

作成中

就職・転職

作成中

働き方

その他

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA