保育士試験の難易度は?


保育士試験の難易度は?

保育士試験は、合格率20%程度で難易度の高い試験です。

難易度が高い理由は、保育士試験には筆記試験と実技試験があり、筆記試験が難しいからです。
筆記試験は9科目あるため、試験範囲が広く、覚えることが多いことが難しいとされる原因になっています。

保育士試験(筆記試験)の対策方法は?

保育士試験は難易度が高いため、合格するための対策が必要になります。
保育士試験の対策を2つ紹介します。

1.通信教育で勉強する

2つ目の保育士試験対策方法は、通信講座を活用することです。

通信講座は、今まで多くの受験者をサポートしてきた実績をもとに、合格するまでの勉強方法や学習のすすめ方を教えてくれます。

独学の場合に生じやすい「どのように勉強したら良いか」を考える時間がなくなり、効率よくすすめることができます。

2.筆記試験を3年間で取得する

2つ目の対策方法は、筆記試験を3年単位で計画的に勉強し合格することです。

筆記試験の全9科目で一度合格した科目は3年間有効になります。そのため、1年目で3科目、2年目で3科目、3年目で3科目と分けて合格し、全9科目を突破することが可能です。

もちろん、1発で合格を目指すことも良いのですが、「筆記試験の内容が難しい」「仕事をしていて一度に9科目勉強する時間がない」など勉強が大変と感じるときは、長期的に自分のペースで学習をすすめて合格を目指していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA