営業事務の派遣・求人数No1は○○だった!【大手人気6社テンプ・スタッフサービス・リクルートスタッフィング・アデコ・パソナ・マンパワー】

派遣や転職の会社で7年勤務

営業事務や営業アシスタントの派遣求人を探している方にとって、どこの派遣会社が一番多く営業事務の求人数を抱えているか気になりますよね?

そこで当サイトでは、
テンプスタッフ・スタッフサービス・リクルートスタッフィング・アデコ・パソナ・マンパワーと大手6社の求人媒体より、

営業事務の求人数を調査しました!

 

ちなみに全職種の派遣会社おすすめランキングはこちらです。是非、参考にしてください。

【2016】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業がぶっちゃけで語る】

この記事の管理者
株式会社アドバンスフロー 代表取締役 中塚 章浩
派遣&転職会社で7年勤務

転職活動にまつわる悩みを抱えている方は、記事の一番下にあるコメント欄より、ぜひご相談ください!必ず回答しますね。

またこの記事の「よかった点」や「悪かった点」ありましたら、ひと言いただけると嬉しいです。わたしたち"#就職しよう編集部"の励みになります!

営業事務の派遣・求人数【調査結果】

2017年8月に調査
下の表の営業事務と書かれている横のボタンを押していただくと、
求人件数が多い順番、もしくは少ない順番で表示させることが可能です。

 求人数一般事務営業事務人事・総務事務金融系事務経理事務
テンプスタッフ22919805725661088647993
スタッフサービス7942858294165380945375109
リクルートスタッフィング100563561560413150496
アデコ1057327331257596392496
パソナ91333336717×243421
マンパワー83411491572312328327

1位のスタッフサービスが4,165件

2位のテンプスタッフが2,566件

3位のパソナが1,257件

になります。1位と3位だと、その差3,000件近くになります。

求人数が多いということは、あなたへお仕事が紹介される可能性が上がる一つの目安にできます。

営業事務の職種で就職するにあたり、企業から求められるポイントは?何をアピールすればいいの?

派遣や転職の会社で7年勤務

ずばり営業事務で求められるのは「コミュニケーション能力」です。
営業からの頼まれごとも多い仕事です。頼みづらい雰囲気を醸し出す営業事務員は求められません。

私が派遣会社の営業マンとして勤務しているさい、派遣先から営業事務の派遣依頼をもらうとき、よくいわれたのが、

  • 明るい人柄
  • 頼みやすい雰囲気
  • 円滑なコミュニケーションが取れる
です。

もちろん、受発注業務の品数が多い会社や、受発注量が多い業務においては、入力の速度や正確性も求められます。とはいえ業務スキルはできて当たり前になります。

大切なのはコミュニケーション能力です。

面接や職場見学のとき、どのように自分のコミュニケーション能力をアピールするか?


派遣や転職の会社で7年勤務

例えば職場見学で、このようなやりとりがあったとしましょう。
派遣先担当者:いや~うちの営業結構きつい奴も多くてさ・・・無理難題をお願いすることも多いけど○○さん大丈夫かな?うまく対応できそう?
就業希望の方:はい、大丈夫です!昔から人付き合いは上手ですし、明るいといわれます!!

こんな感じだと・・・・正直、アピールとしては弱いです。あまり派遣先担当者に響きません。

裏付けに一番使えるのは「いままでの仕事経験で活かせるかどうか」です。

下記のような回答だと、担当者の心に響くでしょう。

就業希望の方:前職では10名ほどの営業事務とアシスタントをしておりました。10名いるといろんな性格の人も正直います。期限が過ぎているにも関わらず依頼物をしてくる方、説明をあまりせずに依頼をしてくる方。 そんなときは、人それぞれに応じて対応する方法を変えていました。期限を過ぎて依頼物をしてくる方には「次回以降はきちんと納期を守るようお願いします」と笑顔をだしながら伝えたり、説明が足りない方には「これはこういう意味ですか?」と間違いが発生しないよう二度三度確認しました。もちろん判断に困ったときは所長に相談し、判断をいただくよう心がけています。

コツは、相手があなたの働いているシーンをイメージできるよう、より具体的に話すことです。

【営業事務・未経験】どのようにアピールすればいいの?


派遣や転職の会社で7年勤務

ときおり営業事務未経験でもコミュニケーション能力が高ければいい、という仕事依頼を派遣先からいただきます。

正社員のベテラン営業事務員が1人いて、もう一人は派遣スタッフで育成していき、よい人材であれば直接雇用も視野にいれるというケースなどですね。

前職で販売職を経験していた方などは接客のときに心がけていたこと、クレーマーのお客さんとの対応などを説明し、どのようによい方向に話を進めることができたか紹介すると、自分のコミュニケーション能力をアピールできスムーズに進みます。

とはいえ、入力速度が速いことは必須です。
がんばって練習しましょう。

【パソコン無しでOk】簡単に文字入力が速くなる3つの練習方法と、無料トレーニング場所
苦手な人でもできる!パソコンの入力が速くなる4つの方法【動画あり】

ところで営業事務と営業アシスタントの違いは何???


派遣や転職の会社で7年勤務

営業事務というと営業マンのアシストだけではなく、受発注業務もメインになります。卸会社やメーカーなどですね。

商品数が多い会社になると入力スピードを求められますし、なおかつ正確性も重要です。

一方で営業アシスタント業務とは、営業マンの資料作成や見積書作成、商品棚卸などがメイン業務になります。

パソコンの操作にたけていること、エクセルでVLOOKUPを使える、パワーポイントで簡単な操作ができる、などOA全般の能力が求められます。

まとめ


面接や職場見学で求められるポイントは、

  1. 営業と円滑にコミュニケーションをとれる根拠
  2. パソコンスキル能力が高いこと

です。

この二つをあなたの職歴から根拠もって紹介できると説得力が強くなります。

よい就職ができるよう願っております。

関連記事
この記事を読むと、どの派遣会社が、どんな職種を紹介することに強みをもっているかわかります。
【2018】派遣会社おすすめランキング【元派遣会社営業がぶっちゃけで語る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


?