【転職のプロが教える】IT転職で失敗する原因は?失敗しないためのポイントを解説

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「IT業界で転職を考えているけど失敗したくない」
「失敗するとしたらどんなことだろう?」
「後悔しないように慎重に転職活動を進めたい」

転職したいけど失敗が怖くて中々踏み出せないという方は多いかもしれません。

転職先は実際に働いてみなければ分からないことも多いですが、事前の準備や対策でギャップを可能な限り少なくすることは可能です。

この記事では「IT転職で失敗したくない」と慎重になっている方へ、失敗しやすいポイントや失敗しないための対策を解説します。

IT転職で陥りやすい失敗例とは?

IT転職で失敗しないために、転職で後悔するポイントを把握しておくことで、事前の対策を取ることができるでしょう。

ここでは、特に「IT業界」で陥りやすい失敗例をご紹介します。

1.技術環境を詳しく聞けていない

IT業界は開発言語やOSなど基本的な技術環境のみで開発環境を理解したと思っても、使用するミドルウェアやフレームワーク、管理ツールなどで躓いてしまうケースがあります。

この技術環境を把握できないというケースは、IT経験者に起こりやすい失敗例です。

また、開発の進め方やスピード感も現場によりそれぞれのため、「技術環境面では経験があるがスピード感についていけない」という経験談もあるようです。

2.雰囲気やイメージで入社してしまった

IT業界は最先端の技術を扱っており、話題性も高いことから華やかなイメージだけで転職を決めてしまい失敗したという方も少なくないです。

実際のオフィスも近代的で自由な雰囲気も企業も多く、会社訪問で意向度が上がる求職者も多いです。

就業環境は企業を決める上で重要な要素ですが、雰囲気ばかりで入社先を決めてしまうと、エンジニアのコツコツとした地味な作業とギャップが生じてしまいます。

3.自分の目指すキャリアが実現できない

所属する企業の事業内容や得意分野によって、選べる方向性が絞られてしまい失敗したというケースもあります。

ITエンジニアにはマネジメントや技術のスペシャリスト、コンサルタントなど多くのキャリアの選択肢があります。

例えば、システムの運用会社では、開発の上流工程を目指すことが難しかったり、大手のSIerでは実際のプログラムを下請けに委託しており、レビューやドキュメント作成がメインだったりと経験できる業務が決まっています。

入社してすぐの担当業務のみで入社の判断してしまうと、希望する将来的なキャリアプランを実現できないケースがあります。

未経験者がIT転職で失敗しやすいポイントとは?

ここでは、特に未経験者が失敗しやすいポイントを4つご紹介します。

IT未経験からの転職は、あまり業務を選びすぎずに「まずは経験を積むことを重視する」方も多いでしょう。

「とにかくやってみる」ことはとても大事ですが、続けられる業務・環境かどうかはしっかりと見極めることが重要です。

1.未経験者OKのはずが知識を求められる

求人広告の「未経験者OK」には注意が必要です。

本当に知識がなくても大丈夫な求人ももちろんありますが、経験が無くても資格が必要だったり、いざ入社すると一緒に入社したメンバーが経験者だったりと落とし穴もあります。

また、人事が未経験OKで採用したところ、現場は経験者を求めていていきなり知識の必要な業務を任せられたという経験談もあります。

2.プログラミングに向いていない

プログラミングを全く経験せずに入社した際、知識や環境に対応しきれず陥りやすいケースです。

「研修もあるし大丈夫」と思い、事前の勉強を全くせずに入社してしまうと、いざ研修が始まると「全く覚えられない」「理解に周りよりも時間がかかる」ということに気が付き、挫折してしまうこともあります。

プログラミングは地味で集中力のいる作業の為、人によって向き不向きがあるでしょう。

3.就業条件が思っていたのと違う

IT業界で陥りがちなのが、残業時間の認識違いです。

求人広告などで記載があるのが月のトータルの残業目安です。しかし、IT業界で毎日平均的に残業が発生する企業は少なく、プロジェクトの繁閑の波に合わせて残業も増減します。

例えば、「月40時間の残業見込み」と記載があると、毎日2時間の残業ではなく、「月末に残業が集中して1日4時間残業が発生する」という企業も多いでしょう。

また、月収に見込み残業が含まれている企業も多い為注意が必要です。

4.スキルアップができない

未経験でも「自分がどの分野で経験を積んでいきたいのか」を明確にして経験を積んでいかなければ、同じIT業界でも希望する業務に辿り着きません。

IT業界では企業により、経験できる技術やサービス、業務が大きく異なります。実際に入社後何年も同じ業務でスキルアップできないという経験談もあります。

IT転職で失敗しないためにはどうしたら良いの?

ここからは、ご紹介した失敗例に陥らないための対策を解説します。

ここまで、IT転職で陥りやすい失敗例について経験者・未経験者のポイントをご紹介しましたが、IT業界について知識があっても、失敗してしまうケースもあります。

IT転職で失敗しないように、しっかりと対策を講じていきましょう。

1.スキルの棚卸しをする

まずは自分自身のスキルの棚卸しをしましょう。

経験したプロジェクトの詳細や自分の立ち位置・業務内容を洗い出すことで、経験・スキルを改めて見直すことができます。

自分の「今できること」を明確にした上で、「今後やりたいこと」を考えると、そのギャップから次にどのような経験をすべきかが見えてくるでしょう。

2.就業条件・技術環境を詳しく確認する

入社してから条件が異なり後悔しないためには、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

特に、経験者の方は技術環境や開発・プロジェクトの進め方など、実際の仕事に関わる部分を細かくチェックしましょう。

就業条件は人事、実務については現場担当者など、分かる人に聞けるチャンスを逃さないよう、事前に質問をまとめておくことが大切です。

3.情報収集を念入りに行う

雰囲気やイメージだけで判断せず、情報収集を念入りに行いましょう。

給与や就業条件について聞きにくいと感じる方は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

転職エージェントは質問事項を代理で確認してくれるだけでなく、条件交渉も行ってくれるため、「聞きたいことも遠慮してしまう」「交渉が苦手」という方には心強い存在になるでしょう。

未経験者が失敗しないために実践すべきポイント

次に未経験者が注意すべきポイントについて解説します。

1.業界・職種について理解しておく

「未経験でよく分からず入社したら希望の仕事ではなかった」ということを防ぐためには、業界・職種について最低限の知識は持っておきましょう。

未経験で拘り過ぎると、選択肢が少なくなってしまいますが、業界について知った上で「IT業界でどのようなキャリアを積みたいか」は考えておくことが大切です。

2.プログラミングを経験してみる

本格的に勉強を始める必要はありませんが、事前にプログラミングを経験してみましょう。

独学で調べながら進めるのは、時間と労力がかかってしまい挫折しがちです。現在はプログラミングに触れる程度なら無料で受けることができる、オンライン学習があるため、活用するのがおすすめです。

事前に「プログラミングがどのようなものか」だけでも分かっていると、入社してからのギャップが少なく、スムーズに研修や業務を始めることができます。

3.転職エージェントを活用する

未経験の方には特に転職エージェントの活用がおすすめです。

自分で情報収集することは大切ですが、全く知識がないと、どのように調べたらよいか分からず、時間がかかります。

IT業界に詳しい担当者からアドバイスや情報提供を受けることで、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

SEなど職種によってIT転職で陥る失敗は違うものなの?

IT業界で陥りやすい失敗に職種による大きな違いはありません。

どの職種でも、自分のキャリアの方向性を明確にし、技術環境・就業条件などの情報収集をしっかりと行うことで、転職の失敗を防ぐことができます。

転職で後悔しないよう、転職エージェントやハローワーク、口コミサイトなど、使えるものは全て活用することをおすすめします。

口コミサイトは投稿者の主観が多いため、全ての情報を鵜呑みにはしないで参考程度に考えて利用するのが良いでしょう。

IT業界では転職回数が多いと転職しにくいもの?

IT業界も他の業界と同様、転職回数が多いと選考でマイナスなイメージを与えてしまいます。

大手転職サイトリクナビNEXTの「転職歴、何回目から気になりますか?」というアンケートによると、転職回数1回~2回目だと全体の10%が気になると回答し、転職回数3回目には40%が気になると回答しています。

【画像準備中】
画像引用元: リクナビNEXT「転職成功ノウハウ|転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

IT業界はスキルや経験も重視されるため、一般的な事務職や営業職と比較すると、転職回数は気にされにくいかもしれません。

しかし、短期間で退職していたり、5回、6回と増えてくると、企業担当者も長期就業イメージが持てず、選考に不利になるでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

IT業界には、技術環境の不一致やキャリアプランが実現できないなど、業界特有の失敗例もあり、注意が必要です。

どの業界でも「入社したら思っていた業務と違った」「雰囲気が合わなかった」など、転職での失敗リスクはあります。

事前に陥りやすい失敗例やその対策を知っておくことで、後悔しない転職活動を行うことができるでしょう。

IT業界で転職活動を進める際には、是非参考にしてみてください。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。