【転職のプロが教える】SEの転職に資格は必要?キャリアアップするための資格とは?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「SEの転職に資格は必要なの?」
「キャリアアップするためにはどんな資格を検討すればいい?」

と思っていませんか。

この記事では、SEの転職と資格について、詳しく解説しています。

転職を検討しているSEの方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

SEが転職するために資格は必要なの?

SEの転職には、資格は必ずしも必要ではありません。

「SEの経験があっても転職に資格は必要なの?」
「職務経歴書に書ける資格がないと書類は通らない?」
などの疑問を抱えていませんか?

SEの転職では、資格必須ということはありません。しかしながら、IT業界での資格は技術を証明するものであり、社員に資格を取らせるIT企業も多く、長くIT業界で働いていて資格が1つもないと、転職時に不利になるケースもあるでしょう。

いくつも持っている必要はありませんが、転職を考える際には自分の得意分野の資格を取得しておくと良いでしょう。

資格手当があるIT企業も多いため、資格は持っていて損はありません。

SEの資格にはどんなものがある?

SEの資格には、国家資格とベンダー資格という2種類の資格があります。

1.国家資格
国家資格は、国や国から委託された運営機関が認定しています。試験の内容が業界全体の共通知識となるため、技術や製品にとらわれずに基礎的な知識が備わっていることを証明できます。
例:基本情報技術者、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト
2.ベンダー資格
ベンダー資格は民間企業が認定している資格で、その資格の対象となる特定の製品や技術の知識を証明する資格です。企業により多くの資格がありますが、転職時アピールしたいと考えると、知名度の高い資格を選ぶことをおすすめします。
例:CCNA(CISCO)、MCP(マイクロソフト)、ORACLE MASTER(ORACLE)※カッコ内は運営企業

IT転職でキャリアアップに有利な資格とは?

「IT転職でキャリアップを目指したい」場合には、現在よりもステップアップした資格を目指しましょう。

経験+資格で現在よりも難易度の高い業務に就くことができれば、転職を通じてキャリアアップが叶います。

以下キャリアアップにおすすめの資格をご紹介します。

1.応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、独立行政法人情報処理推進機構が認定する国家資格です。

システムの設計・開発などの技術だけでなく、管理・経営など幅広い知識を証明できます。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:情報処理推進機構「応用情報技術者試験」

2.CCNP

CCNPは、ネットワーク機器メーカーのCiscoが認定する資格です。

CCNPは、CCNAの1つ難易度が上がった資格で、インフラエンジニアとしてCisco機器の使用経験があれば、学習しやすいでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:CISCO「CCNP Enterprise認定とレーニングプログラム」

3.Oracle認定Java資格

Oracle認定Java資格は、Oracle社が認定するベンダー資格です。

多くの現場で使われている開発言語のJavaのスキルを証明することができます。企業の基幹システムや金融、WEBアプリケーションでも使用される言語の為、活躍の場は幅広いでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:Oracle「Java SE 11 認定資格」

4.プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)は、情報処理推進機構が認定する国家資格です

ITのプロジェクト管理に必要なスケジュール管理や予算策定、品質管理などの知識を証明できます。難易度は高いですが、キャリアとしてプロジェクト管理を目指す方にはプラスになるでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:情報処理推進機構「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)」

5.ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、Oracle社が認定するベンダー資格です。

難易度により4段階に分かれており、データベースエンジニアはITの職種の中でも人材が枯渇しているため、知識があると重宝されるでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:Oracle「ORACLE MASTER」

SEの将来のキャリアパスは?

SEのキャリアパスとして一般的には「プロジェクト管理」もしくは「技術のスペシャリスト」の2つの道があります。

取得する資格も、どちらの道を選ぶかで変わってくるでしょう。

1.マネジメント

マネジメントはどの案件にも通じるもので、プログラムや設計から離れ、顧客との調整やチーム管理がメインとなります。

企業によっては、年齢が上がると自動的に管理を任され、現場を離れざるを得なくなります。

プロジェクト管理のスキル・経験が身につけば給与も上げやすく、一般的にはマネジメントを目指す人が多いでしょう。

2.技術のスペシャリスト

技術のスペシャリストは40代・50代まで現場でプログラムや設計を担当します。

以前は集中力や正確性が必要な開発業務は年齢が上がると不向きという声も多くありました。しかし、現在は「ものづくりの現場で力を発揮したい」というエンジニアの意思を尊重する企業も増えてきています。

また、IT業界は人手不足で未経験者の採用が活発なため、長く現場で培った知識やノウハウが重宝されるケースも多いでしょう。

技術のスペシャリストを目指したい方は、要望が叶う企業を選ぶことが大切です。

SEがキャリアアップ転職するにはどうしたらいい?

SEがキャリアアップ転職をするためには資格取得の勉強をしながら、スキルや経験の棚卸しをしましょう。

せっかく貴重な経験をしていても、選考の場で相手に伝わらなければ、面接官に認識されません。また、選考に出てくるのは技術に詳しい人ばかりではないため、相手に合わせた説明をする必要があります。

以下棚卸しのポイントの一例です。

  • クライアントの業種、規模、納期、チーム体制
  • 技術環境(開発言語、OS、ミドルウェア、フレームワークなど)
  • 自分の立場
  • トラブルが発生した際に乗り越えたエピソード
  • 顧客に期待に答えられたエピソード
  • プロジェクトを通して学んだこと、身に付けたスキル

この経験を通してどのようなキャリアアップを積んでいきたいかということを語れると、説得力があり、相手の理解を得られやすいでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

SEの転職に資格は必須ではありません。

しかし、IT業界で長くキャリアを積んでいく場合、自分のスキルを証明できる資格をいくつか取得しておくと、転職の際にも有利になるでしょう。

経験+資格があると、市場価値が上がり、転職を通してのキャリアアップも叶いやすくなります。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧