【転職のプロが教える】未経験のIT転職に資格は必要?エンジニアになるなら資格は有利になるの?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「未経験のIT転職には、資格は必要なの?」
「資格取得してから転職した方がいい?」

と思っていませんか。

この記事では、未経験からIT転職をする際の資格取得について解説いたします。

未経験からIT転職をお考えの方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

未経験でIT転職するのに資格は必要なの?

IT業界において資格は、知識やスキルの証明になるため有利ですが、必須ではありません。

「未経験でIT業界へチャレンジしよう」と思った際に、「いきなり転職活動ではなく、勉強したり資格取得をしたりしてからの方が良いかな」躊躇してしまうことはありませんか?

しかしながら実際にIT業界で働くと、資格よりも実際のスキルや業務の実績で評価されるケースが多いでしょう。

企業が未経験者に求めるものは「やる気」と「ポテンシャル」です。勉強を始めることは準備としてはプラスになりますが、「資格取得してから」とチャンスを逃さないよう、転職活動も並行して進める方が良いでしょう。

未経験でのIT転職で資格は有利になる?

資格取得は必須ではないとお伝えしましたが、選考の場で有利になるのは確かです。

特に未経験者の場合、ITの知識をどの程度吸収してくれるか未知数な部分があります。そのため、独学でも基礎知識を習得していると、入社してからの立ち上がりの早さに期待が持てるため好印象です。

また、資格勉強で得た知識をそのまま業務に活かすことは出来なくても、意欲を行動に移している点が評価されることも多いです。

勉強を始めてみると、自分がIT業界に興味を持てるかを確認することもできるため、基礎知識だけでも勉強しておくと良いでしょう。

資格を取るならどんな資格が良いの?

未経験で取得する場合のおすすめの資格として、以下3つの資格をご紹介します。

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者
  3. CCNA

いずれも基礎的な資格のため、合格率が50%前後と未経験でも比較的取得しやすいです。(※CCNAは合格率非公開)

基礎的な資格は広く浅く学習できるため、ITの全体像をイメージすることにも役立ちます。

1.ITパスポート

ITパスポートは、ITの基礎知識に関する国家資格で、IT系の資格の中では難易度が低く、IT業界で働いていない人にも取得しやすい資格です。

セキュリティやネットワークなどITの基礎知識から、話題の新しい技術、経営、マネジメントなど幅広い範囲が出題されます。資格の勉強をすることで、ITの全体像を掴むことができるでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:ITパスポート公式サイト

2.基本情報技術者

基本情報技術者はIT業界で働く人に向けた基礎知識に関する国家資格です。

IT業界向けのため、ITパスポートよりは難易度が上がりますが、入社後すぐに基本情報技術者の資格を取得させるIT企業も多い為、取得しておくと有利になるケースもあるでしょう。

プログラムの仕組みや設計~テストまでの工程など、よりシステム構築に特化した内容になっています。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:情報処理推進機構「基本情報技術者試験」

3.CCNA

CCNAはネットワーク機器メーカーのシスコシステムズが運営する民間資格です。

ネットワークの仕組みやIP接続に関してなど、インフラに特化した内容のため、インフラエンジニアを目指す方にはおすすめの資格です。

未経験でもCCNAの知識があれば応募可能な求人もあるため、勉強して損はないでしょう。

詳細はこちらのサイトをご参考ください。
参考:CISCO「CCNA認定とトレーニングプログラム」

未経験で資格がない場合はどうしたらいいの?

未経験OKの気になる案件があれば、資格取得を待たずにエントリーをしましょう。

IT業界は売り手市場で未経験でも入りやすい市況感ですが、良い案件がいつでもあるわけではありません。転職では、良い求人に出会えた際にチャンスを逃さないことが大切です。

また、転職活動への準備として、未経験で資格が無くても現職の経験でアピールできるポイントがないか、スキルの棚卸しをしておくことをおすすめします。

ITエンジニアには、職種や立ち位置により以下のような幅広いスキルが求められます。

  • 論理的思考
  • 正確性
  • チームプレー
  • プレゼンテーション能力
  • ドキュメント作成能力 など

応募する求人が求めるスキルに近しい経験を、具体的なエピソードを元に話すことができれば、ITエンジニアへの素養が評価され、内定獲得の可能性は高まります。

未経験からIT転職するならどうしたらいいの?

未経験から転職活動を始めるなら、情報収集と詳しい人の話を聞くことが大切です。

後悔しない転職活動のために、色々な手段を試して、自分に合った進め方を見つけましょう。

1.目指す職種・企業を絞る

やみくもに応募して、「イメージと違った」とならないよう最初に方向性を決めましょう。

IT業界には様々な職種があり、扱う技術や誰に向けてのサービスかで企業の特徴も変わってきます。

もしアプリケーションエンジニア、インフラエンジニアなど職種にピンと来ない方は、「どのようなサービスやシステムに興味があるか」など、扱う製品から調べてもいいでしょう。

2.求人検索をしてみる

未経験で募集中の職種や条件の相場を知ることで、方向性をより具体的に固められます。

具体的には、求人サイト等で「ITエンジニア/未経験」でどのような求人が出るか検索してみましょう。

希望の企業がある方は、その企業でどのような職種を募集しているかチェックしてみることもおすすめです。未経験ではエントリーが難しくても、どのような経験を積めば、その企業へチャレンジできるかを知ることで、長期的なキャリアプランを立てることができます。

3.転職エージェントを活用する

未経験で業界についての知識もない方には、転職エージェントの活用をおすすめします。

方向性や興味のある分野は自分の意志で決めることが大切ですが、専門家のアドバイスを聞くことで、どのような選択肢があるかを知ることができます。

エントリーの際のアピールポイントや面接対策も行ってくれるため、未経験者の転職には心強い存在になるでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

未経験でのIT転職には必ずしも資格取得は必要ありません。

しかし、資格の勉強をして少しでも知識をつけることは、転職活動や就職してからも役に立ちます。良い条件の求人にエントリーするチャンスを逃さないためには、勉強を進めつつ、並行して転職活動を進めることをおすすめします。

また、業界・業種は違っても、現職の経験で活かせるポイントがある人は多いです。スキルの棚卸しをして、未経験でもアピールできる経験を話せるようにしておきましょう。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧