【転職のプロが教える】it転職の面接で質問されることは?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務 S.T

某大手派遣会社で、IT系派遣の分野に精通したスペシャリストとして活躍中
※個人情報保護のため、イニシャルも仮名を使用しています

「it転職の面接ってどんなことを質問されるの?」

と思っていませんか。

この記事では、it転職の面接でどのような質問をされるのか、具体的な質問事項も合わせてご紹介いたします。

it転職の面接を控えている方やit転職をお考えの方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

it転職では面接でどのような質問をされるの?

it転職の面接官は、下記3つの点を確認するために質問しています。

1.入社後に活躍ができるか
入社後に貢献できる適性や技術力があるかを面接で確認をしていきます。人材を採用するには、採用コストがかかっているので企業は慎重になります。
2.入社後すぐに辞めないか
入社後にすぐ辞めることは、企業にとっても応募者にとっても良いことがありません。早期離職をするリスクがないかを面接で確認しています。
3.コミュニケーションをスムーズに取ることができるか
どんなに技術力が高くても、コミュニケーションが上手に取れないと仕事をスムーズに進めることはできません。そのため面接官の質問に対して、結論から簡潔に答えられているのかや質問と回答がずれたりしていないかなどを面接で確認しています。

具体的にどのような質問をされるの?

面接で特によく聞かれる質問は、以下3点です。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 志望動機

it転職ではない転職であっても、この3つの質問は必ずと言っていいほど質問されるものです。以下でそれぞれの質問について、詳しく解説いたします。

1.自己紹介

自己紹介は、面接の最初に行われることがほとんどで、最初のアピールのタイミングでもあります。

自己紹介の内容は、1分程度で簡潔に話ができるように、事前に経歴をまとめておきましょう。またどのような仕事をしたかという経歴だけではなく、実績も一緒に伝えることでアピールもできます。

2.転職理由

転職理由は、どのような理由で転職を決めたかを企業が知ることで、企業で働ける人材かどうかを見極めています。

企業は、自社に入社した後に前職と同じようにすぐに退職しないかを懸念しています。また自社に転職をすることで、応募者が現在抱えている不満や不安が解決できるのかについても転職理由を通して確認しています。

具体的な例を挙げれば、退職時の理由が「人間関係がよくないため」の場合、転職理由が「人間関係が良くないため」の理由ですと、自社に転職してもすぐ退職するのではと思われ内定を得るのは難しい可能性があります。

また退職理由が「残業が多いため」であるのに、転職理由が「システムエンジニアとしてスキルアップしたいため」だと矛盾が生じ、本当は「残業が少ない企業で働きたいだけでは?」と企業が心配になりますし、不信感につながります。

何も考えていない、または他に言いにくい理由があるのではと怪しまれてしまうリスクもありますし、ロジカルに話すことが苦手と判断される可能性もあるのです。

そのため退職した(退職したい)理由と転職理由に一貫性がないと、不採用になる可能性も高いので注意が必要です。

3.志望動機

志望動機では、面接官は応募者の志望度の高さを確認しています。

企業に魅力に感じている理由をお伝えしつつ、どのように入社後に貢献ができるかを伝えましょう。

魅力的に感じている企業のポイントは、
「企業理念」
「サービス」
「職種」
の3つで考えてみることがおすすめです。志望動機は企業ごとに準備をしましょう。

応募企業にしか当てはまらなそうな志望動機を作ることが転職にはベストです。しかしながら実際は似たようなことを掲げていたり、サービス内容が似たりしている企業が多いため応募企業にしか当てはまらないような内容にすることは難しいものです。

応募企業にしか当てはまらない理由を作って差別化をするためには、上記の3つのポイントで考えることをおすすめします。

3つのポイントそれぞれについて、より具体的にご紹介いたします。

企業理念
企業理念は企業独自の内容のため、他社とはかぶることはまずないことから、差別化しやすいポイントになります。また企業共感をしていないと、企業の方向性と実現したいことがずれてしまい、ミスマッチになり早期退職につながる可能性があります。
サービス
サービスは違いが明確にあることが多く、他社との差別化をしやすいです。特にエンジニアの場合は実際に開発をするサービス内容なので、興味を持っていないと続けていくことは難しいという点もあります。
職種
職種は、やりたい職種への熱意や覚悟のアピールにもつながります。業界だけで選んで、職種はなんでもいいというよりも、システムエンジニアになりたいほうが印象が良いです。

その他it転職の面接でよく聞かれる質問は?

it転職の面接でよく聞かれる質問を10項目ご紹介します。

上記で、自己紹介・転職理由・志望動機というit転職であってもなくても、必ず質問される重要な質問についてご紹介いたしました。

ここからは、it転職での面接で聞かれる質問として、10つの質問について質問内容とどういう意図で面接官は聞いているのかをそれぞれご紹介いたします。

1.業務内容について

「入社後に活躍できるか。」「わかりやすく伝えることができるか。」を確認しています。

経験者の場合は、PJT内容について要点をまとめて具体的に話しましょう。未経験の場合は、エンジニアに転職しても活かせる業務内容を話していきましょう。

2.なぜその開発言語を選んだか?

この質問では、志向性や興味関心について確認しています。

幅広いことに興味を持つ人なのか、専門性を極めたい人なのかわかると考えています。

また、チャレンジしたい業界によって、よく使われている言語を勉強しているかをチェックができ、情報収集を適切にできる能力があるのかを確認ができます。

3.最近学んでいることを教えてください。

どのようなことに興味を持っているかやどのような手段で情報収集をしているかを確認しています。

エンジニアは技術の進化が激しいため、常に学び続けることが必要です。入社後どのように学んでいくのかをイメージしてもらえるように具体的に伝えていきましょう。

4.今まで成功した仕事と失敗した仕事は何ですか?

成功した仕事は、転職先でも活躍ができるような再現性があるのかを確認しています。

企業ごとに仕事内容は異なりますので、再現性が重要です。何が理由で成功をすることができたのかを具体的に話しましょう。

失敗した仕事は、どのような対策をして乗り切れたかや同じ失敗をしないように振り返りができているかを確認しています。失敗した後の対策までセットで話しましょう。

5.強みと弱みを教えてください。

「自己認識ができているか。」「弱みが業務に支障がでないか。」を確認しています。

強みは具体的に強みが発揮されたエピソードも伝えましょう。弱みは、「どのように改善をしているか。」についてもセットで伝えましょう。

6.将来どのようなエンジニアになりたいですか?

「エンジニアの業務に対して解像度が高いか。」「エンジニアについて調べているか。」「勉強をしているか。」を確認しています。

具体的な話をして、勉強をしていることも伝えましょう。

7.キャリアプランについて教えてください。

「中長期で会社に貢献していく意識があるか。」を確認しています。

企業ごとにHPで社員インタビューやキャリアプラン例を調べて、企業ごとのキャリアプランを考えてみましょう。

8.最新の興味がある技術は何ですか?

「技術のトレンドをキャッチアップできているか。」を確認しています。

企業で必要とされる技術について学べていると志望度が高いアピールにもなります。

9.企業選びの基準を教えてください。

「企業選びの基準に自社が当てはまっているか」を確認しています。

当てはまっていない場合はマッチをしていないと判断されてお見送りになってしまいます。応募先に当てはまっている基準を答えましょう。

10.他社状況を教えてください。

「企業選びに一貫性があり、軸がぶれていないか。」について確認しています。

企業選びの基準に当てはまっている企業名を伝えましょう。

逆質問は何を聞けばいいの?

面接の最後に逆質問をする時間がありますが、逆質問では志望度が高いことをアピールする質問をしましょう。

注意点として、応募企業のホームページを見たらわかることや勤務の条件などは質問しないようにしましょう。

適切な逆質問の例としては、
「入社前に勉強しておいた方がよいことを教えてください。」
「入社後活躍している人はどのような人か教えてください。」
などの質問がおすすめです。

最終面接では役員や社長が面接官になるときもあります。その場合は、事業の将来性や今後の取り組みなどを自分なりの仮説と意見をもって、質問をしてみるとさらに好印象になるでしょう。

未経験と経験者ではIT転職時の質問内容は違うの?

未経験の場合は、エンジニアになりたい想いや熱意を面接官は確認しています。

今までの経験というよりは、「エンジニアの業務内容について理解しているか。」「どのような勉強をしているか。」を確認する質問が多いです。また、「エンジニアとしての適性があるか。」についても面接を通して確認しています。

経歴者の場合は、今までの業務内容を具体的に聞かれることが多いでしょう。

「どのようなサービスを対象に開発していたか。」「どのような言語を使っているか。」「どのようなチーム体制で仕事をしているのか。」をまとめておきましょう。

まとめ

この記事をまとめると、

面接で聞かれる質問は、決まっています。

よく聞かれる質問の回答は自己分析と企業研究をおこないしっかり準備をして、わかりやすく簡潔に伝えられるようにしておきましょう。

最後は熱意もとても大事になります。自分の言葉で熱意をもって伝えましょう。

この記事があなたの転職活動のお役に立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧