【転職のプロが教える】50代未経験はITエンジニアに転職できる?転職活動のポイントも解説

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「50代のIT未経験がエンジニアに転職できる?」

と思っていませんか。

この記事では、IT未経験の50代がITエンジニアに転職が可能かどうか、そしてどのような準備をしたらいいのかについてご紹介します。

50代からITエンジニアを目指したい方にとって、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

IT未経験の50代がITエンジニアに転職することは可能?

IT業界は50代未経験でも転職することが可能です。

しかし、20代・30代に比べると求人数は少なく、難易度が高くなるのが現状です。

IT企業は売り手市場の状況が続いていますが、「50代未経験可」の求人は少ないため、倍率が高くなるでしょう。

その少ないチャンスを勝ち取るためには、努力と事前準備が必要になります。

IT業界が50代未経験でも転職可能な理由は?

IT業界が50代未経験でも転職できる理由は2つあります。

転職のチャンスがあるといっても、決して楽に転職できるというわけではありません。

まずは業界の状況を知り、対策を練っていくことが大切です。

理由1.慢性的な人手不足

IT業界は常に新しい技術の開発が進められており、慢性的な人手不足の状態が続いています。

そのため、企業は経験のある人材を採用するだけではなく、未経験者を教育する必要があります。

未経験者と言えば若手の方が採用されやすい印象がありますが、企業によっては社会人としてのマナーを教える必要のない中堅層以上を好む企業もあります。

50代でもそれまで培ってきた経験や知識を「どのように活かすか」をアピールできれば採用されるチャンスが広がるでしょう。

理由2.年齢ではなくスキルや経験で評価される

年齢と共に年収が上がる年功序列型だと、企業として50代の未経験者は採用しずらくなってしまいます。

その点、多くのIT企業は成果型での評価を取り入れており、入社時はスキルに見合った給与からスタートすることができます。

転職者側から見ると、給与が下がってしまうことがほとんどですが、スタートの条件よりもその後スキルアップすれば公平に評価されるかを重視しましょう。

資格を取得したらIT未経験の50代がITエンジニアに転職しやすい?

50代IT未経験者にとって資格は大きな武器になりますが、そもそもの50代未経験OKの求人が少ない為、「転職しやすくなる」とまでは言えません。

しかし、選考時にプラスになることは間違いありません。

資格を取得することで、経験はなくても少しでも知識があることや転職するために努力して結果を残しているという姿勢をアピールすることができます。

ITの経験が全くない人は、まずはITの基礎を学べる「ITパスポート」の勉強をすぐに始めてみましょう。

勉強することで、自分がITに向いているかも見えてくる可能性があります。

もしIT未経験の50代が転職したら上司や同僚は年下が多いの?

IT未経験の50代が転職すると、上司や同僚は年下が多くなります。

新卒でIT業界に入った場合、20代後半~30代にかけて徐々にリーダーなど管理職を任されはじめます。

従って、入社した企業やPJTにもよりますが、20代が上司というケースもあるでしょう。

IT業界以外にも言えることですが、未経験で入社した場合には年齢を気にせずに「詳しい人から学ぶ」姿勢が大切になります。

前職の経験に固執しすぎずに、素直に学ぶ姿勢で取り組みましょう。

ITエンジニアの経験がなくても、IT系のマネ-ジャーや管理職へ転職出来る可能性はある?

前職で管理職の経験があっても、IT未経験で入社後すぐに管理職を任されることはほぼありません。

ITの管理職には工程管理やベンダーとの調整・品質管理などITならではの業務が多く、ITのPJT管理の知識や専門用語の理解がなければ務まりません。

IT業界へ未経験で転職したいと考えるのであれば、管理職にこだわらずに知識や経験を積み、スキルアップすることを考えましょう。

ただし、管理職経験豊富な人がIT分野で管理職を目指せるケースが2つあります。

1.IT以外の業種での企業内IT部門の管理職
一般企業のIT部門は社内にエンジニアがおらず、外部のIT企業に委託しているケースも少なくありません。その場合、社内の要望や状況を委託企業へ伝え、調整することがメインの業務となります。ITの知識を習得する必要はありますが、自分で開発をしたりコードを読んだりする必要はありません。
2.業務システムを開発するPJTでその業務に精通している場合
業務システムを開発する際にはその業務に精通していることが非常に重要です。もちろん、ITに関しても学ぶ必要はありますが、業務に詳しい立場として管理職を任されるチャンスはあるでしょう。

※業務システム:経理や人事など企業が社内で使用するシステム

IT未経験の50代がITエンジニアに転職するために必要なことは?

50代未経験でIT業界への転職は狭き門となっていますが、不可能ではありません。転職するために必要なことを以下ご紹介させていただきます。

1.詳しい人に相談する
未経験で業界や職種の知識がないままやみくもに活動してもなかなか結果には結びつきません。ITとひとことで言っても、職種や分野により必要な知識・経験は様々です。まずはエージェントやハローワーク、業界に詳しい知人など情報収集をして自分の方向性を定めましょう。
2.勉強を始める
方向性が定まったら転職活動を進めながら、勉強を始めましょう。未経験の場合は少しでも知識があった方が有利になります。また、意欲を具体的に行動に移していることは、選考時にも好印象になります。就職支援付きのスクールや40代・50代向けのプログラミングスクールなどもありますので、自分にあった方法を見つけましょう。
3.自分のスキルの棚卸しをする
自分の希望する職種に活かすことのできる経験はないか、考えてみましょう。ITエンジニアに求められるのは論理的思考や正確性、コミュニケーション能力など、他職種に通じるものも多いです。少しでもアピールできるポイントを見つけ、具体的に語れるようにしましょう。

IT業界は50代にとって働きやすいの?

IT業界が働きやすいと感じるかはその人次第です。

50代未経験でIT業界に入ることは決して楽なことではありません。納期前は残業が増えたり、日々新しい技術が開発される中ついていったりと負荷がかかることも少なくないでしょう。

しかし、IT業界もワークライフバランスを重視する企業が増えてきており、時間的な面では働きやすい環境が整いつつあります。

また、年齢に関わらず、習得したスキルや経験が評価されやすい業界のため、高いモチベーションで新しいことを学んでいける人にはとてもやりがいのある環境になるでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

50代未経験でもIT業界への転職をすることは可能です。

ただし、楽に転職できるわけではなく、学ぶべきことはしっかりと学ぶ姿勢を持つことが大切です。

そして、若手にはない自分の価値を自分自身が知り、アピールしていくことが転職成功へと繋がるでしょう。

この記事が、あなたの転職活動に役立てば幸いです。