【転職のプロが教える】IT転職で年収アップは可能?年収アップのポイントとは?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「IT転職で年収は上がるの?」

そんな疑問を持ってはいませんか?

「せっかく転職するのであれば年収を上げたい」と思う方は多いでしょう。年収だけが働く目的ではありませんが、収入は生活に直結し、仕事へのモチベーションにも繋がります。

本記事では、「IT転職で年収が上がるのか」「上げるためのコツ」をご紹介します。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

IT転職で年収アップは可能?

IT転職で年収を上げることは可能です。

ただし年収を上げることに限らず転職によって自分の希望を叶えるためには、事前のリサーチや準備がカギになります。

また条件だけを特に重視していると、入社直後の給与に目が行きがちですが、長く働くことを考えると、直近の給与よりも長期的な昇給の仕組みが大切になります。

さらに給与だけでなく仕事のやりがいを得るためには、希望するキャリアを叶えることができるかもポイントになるでしょう。

ITエンジニアの年収相場とは?

大手転職サービスのdoda調べによると、ITエンジニアの平均年収は2020年で452万円です。

全職種の平均が409万円のため、比較するとITは高水準と言えるでしょう。

ITエンジニアの平均年収の推移
画像引用元:doda「ITエンジニアの年収はどのくらい?給料アップを目指す方法と考え方」

ITエンジニアでも職種によっては年収相場(平均年収)は変わる?

ITには様々な職種があり、職種の難易度や希少性で年収相場は大きく変わります。

WEB制作やサポートエンジニアは比較的初心者でも入りやすい職種の為、IT業界の中では給与水準が低いことが多いです。

一方で、難易度の高いDBやNWエンジニアは給与水準が高く、さらに新しい技術であるAIやビッグデータなど希少性の高い技術の場合は新卒でも年収1000万円を超える提示をする企業もあります。

職種だけではなく、担当工程やその企業の給与テーブルでも年収に差がでてくるでしょう。

ITエンジニアは年功序列で年収アップする?

doda調べのデータによると、IT業界の給与も年代によって平均年収も上がる傾向があります。

ITエンジニアの年代別平均年収
画像引用元:doda「ITエンジニアの年収はどのくらい?給料アップを目指す方法と考え方」

doda調べによるデータを見てみると年代別では、20代ではITのほとんどの職種が300万円台ですが、30代になると400~500万円台となっています。経験年数で年収も上がっていくことが分かります。

IT業界は経験やスキルで評価されやすい業界ですが、完全な成果型ではなく、経験年数や年齢に応じた給与ベースがあり、そこに成果を加味する形態の企業が多いようです。

もちろん、年功序列の給与ベースでは、年齢が上がることで経験値が増え、スキルアップしていくことが前提となります。

IT転職で年収アップさせる方法とは?

求人が多く、売り手市場のIT業界ですが、転職により必ず給与が上がるとは限りません。

ここではIT転職で年収アップさせるための2つのポイントをご紹介します。

1.企業の商流に注意して転職先を選ぶ

IT転職で年収アップをさせるためには、まず転職先で給与が上がる仕組みが整っているかが大切です。

いくら技術を磨いてスキルアップをしても、企業が従業員を評価して給与として還元する仕組みがなければ年収は上がりません。

IT業界は多重構造で、発注元に近い位置でプロジェクトを請け負っている企業の方が売上が多く、給与水準が高い傾向にあります。

もしくは、市場で優位性のある自社サービスや製品を持っていると、競合が少なく企業として安定しているでしょう。

年収が上がる企業を選ぶ際には、どのような流れで案件を請けているかをチェックしましょう。

2.市場価値の高いスキルを身に付ける

ITの中でも年収が上がりやすい職種があり、タイプ別に以下の3つに分けられます。

  1. DBやNW、最新技術(AI、ビッグデータ、IoT)などの高い技術力を必要とするもの
  2. マネジメントや上流工程、コンサルタントなど技術力+調整力やコミュニケーションが必要となるもの
  3. 技術+英語を活かす業務(ブリッジSE、外資系のコンサルタントなど)

長期的な年収アップを目指す場合には、年収が上がりやすいスキルや経験を身に付けることが大切です。

ITエンジニアの年収は今後も上がっていく?

IT業界はいまや社会にとって必要不可欠であり、今後も新たな技術やサービスの開発が進み、業界として拡大していくでしょう。

高い技術力を持つエンジニアは活躍の場が広がり、年収も上がっていくことが期待できます。

一方で、AIやIoTの発達により簡単で自動化できる業務は、人の手を離れて行くことが予想されます。

年収を上げていくには、技術の発展に合わせてエンジニア自身もスキルを磨いていく必要があります。

まとめ

この記事をまとめると、

ITエンジニアはIT転職により年収を上げることが可能です。

転職で年収を上げるためには、評価されやすいスキルの習得と給与が上がる仕組みのある企業を選ぶことが大切です。

この記事があなたの転職活動の役に立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧