【転職のプロが教える】未経験IT転職の面接のポイントとは?聞かれやすい質問も解説!

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「未経験でIT転職の面接でどんなことを聞かれるの?」
「面接対策はどうすればいい?」

未経験でIT転職をする際の面接対策に悩んでいませんか?

中途採用の面接では職種やそのポジションが求める人物像によって、聞かれる質問が異なります。自分が目指す職種の傾向を掴み、その質問への対策が必要になるでしょう。

この記事では、未経験でのIT転職で聞かれやすい質問や対策について解説します。

この記事の管理者株式会社アドバンスフロー
転職エージェント 兼 元派遣会社勤務 中塚 章浩

大手総合人材会社を経て、リクルートに勤務。その後、現在の株式会社アドバンスフローを設立。派遣業務、転職エージェント業務、新卒採用代行業務など、幅広い業務を経験。

未経験のIT転職で面接で聞かれやすい質問ってあるの?

未経験でのIT転職の面接で聞かれやすい質問は、人物像やポテンシャルを見る質問が多いです。

未経験OKのポジションはITの経験がないことが前提のため、ITのスキルや知識を問うものは少ないでしょう。

ただし、「仕事に主体的に取り組めるか」や「協調性があるか」など仕事に必要な能力を見るために、他業種でも過去の経験について聞かれることはあります。

他業種でも、自分の経験をしっかりと棚卸ししておくことが大切です。

面接で聞かれやすい質問の具体例

未経験IT転職で聞かれやすい質問例として、以下5つの質問をご紹介します。

  1. なぜエンジニアになりたいか
  2. 経験業務に関する内容
  3. 経験の中での失敗・成功談
  4. どのようなエンジニアになりたいか
  5. 何かITの勉強を始めているか

採用した人が短期間で退職してしまうと、その人のキャリアにとってもマイナスですが、企業にとっても採用にかけたコストや手間が無駄になってしまいます。

そのため、企業が未経験採用を行う際には「長く働けるか」「新しいことを意欲的に習得できるか」「チームに馴染めるか」など、その人のポテンシャルを面接の場で慎重に見極める必要があります。

1.なぜエンジニアになりたいか

なぜエンジニアという職業を選んだかの理由が弱いと、面接官に「何かに躓くとすぐに辞めてしまうのではないか」と不安を与えてしまいます。

エンジニアを目指す理由は「前職が嫌だった」「エンジニアは人と話さなくて良さそう」などマイナスな理由にならないよう、「興味を持ったきっかけ」や「エンジニアになって何を実現したいか」など前向きな印象を与えるようにしましょう。

2.経験業務に関する内容

IT未経験でも、過去の経験を通して学んだことやエンジニアに活かせるスキルなどはよく聞かれます。

業務自体は違っても、論理的思考や作業の正確性、チームでの仕事の進め方などエンジニアにも通じる能力や経験はあります。

具体的な経験や事例を元に話ができると説得力があるため、応募ポジションの求める能力を理解し、事例と共に説明できるように考えてみましょう。

3.経験の中での失敗・成功談

失敗・成功談はどのような職種や業界でも聞かれやすい質問です。

面接官はこの質問を通して、仕事に対する姿勢や考え方、柔軟性、問題解決能力などを見ています。

そのため重視されるのは、失敗・成功の結果よりもその結果に至る過程や、結果を通して何を学んだかです。回答として、結果だけではなくそこから学んだことや乗り越えた経験までを説明できるようにしましょう。

4.どのようなエンジニアになりたいか

長期的なキャリアのイメージが出来ているかを見極める質問です。

IT転職をすることがゴールではなく入社してから何を目指したいかが明確であれば、入社後も積極的に業務を習得し、その会社で長く活躍できる印象を与えられるでしょう。

漠然と「エンジニアになりたい」ではなく、具体的にどの職種を目指すのか、どのようなプロジェクトやサービスに関わりたいのかなど、方向性を定めておくと良いでしょう。

5.何かITの勉強を始めているか

ITについての勉強を問う質問は、主体性や意欲を見極めるための質問です。

求人が未経験OKといっても、少しでも知識や経験があると業務に抵抗なく入れます。また意欲が行動に現れていると、説得力があり入社してからも積極的に業務や知識を習得できるイメージが湧きます。

未経験でIT転職を目指す場合には、同時に業界研究やITの基礎知識の勉強も始めましょう。

面接官が見極めたいポイントは?

未経験者を採用する際に面接官が見極めたいポイントは、主に4つあります。

  1. エンジニアの素養があるか
  2. 長期就業イメージがあるか
  3. 自社の理念やチームの雰囲気に合うか
  4. 業務への意欲を感じるか

どのような視点で面接官が見ているかを意識して、面接対策を行いましょう。

1.エンジニアの素養があるか

IT業界での経験がない分、素養があるかの判断は非常に重要です。

プログラマーであれば「コツコツした業務を正確にこなせるか」やカスタマーサポートでは「相手に安心感のある説明ができるか」など業務によってもポイントは異なります。

今までの経験で近しい要素があると、面接官としても安心するポイントとなるため、過去の経験や対人印象などで「その職種に向いているか」を判断します。

2.長期就業イメージがあるか

企業としてもせっかく研修をした人が短期間で辞めてしまっては大きな損失になるため、長期就業できることは非常に重要です。

ポイントとして、この企業でこの仕事をしたい理由が明確で説得力があるほど、何かに躓いても長期就業できそうなイメージを与えられます。

反対に、受け答えの中で「なんとなくエンジニアを目指している」「前職が嫌だったから他の職種を探した」などエンジニアではなくても良いのでは?という印象を与えないように注意しましょう。

3.自社の理念やチームの雰囲気に合うか

中途採用は既に出来ているチームや部署に入るため、「そこに上手く馴染めるか」「お互い良い影響を与えられるか」が大切です。

チームの状況やメンバーの特徴にもよるため対策が難しいですが、協調性があるかやチームで業務を進められそうかはポイントになります。

企業のホームページや採用ページに載っている、企業理念や企業が大切にしていることなどの情報は事前にチェックしましょう。

4.業務への意欲を感じるか

未経験で最も大切とも言えるのが、業務に対する意欲です。

未経験でIT業界に入ると覚えることが多く、内容も難しいと感じる人が多いでしょう。企業は評価する経験がない分、難しくても積極的に業務やIT知識を覚え、習得していく姿勢を重視しています。

面接対策で大切なこととは?

転職時に大切なことは他業種であっても、経験やスキルの棚卸しをすることです。

今まで経験した業務内容や立ち位置、身に付けたスキルなどを具体的に洗い出してみましょう。そこから、IT業界で活かせる経験や自分自身が何を目指したいかを明確にすることで、面接での説得力のある受け答えに繋がります。

また未経験でIT業界を目指すには、少しずつでもITの勉強を始めましょう。システムの構造や開発工程の流れだけでも知っておくと、面接の場での業務説明の理解が深まり、入社してからのギャップを少なくできます。

まとめ

この記事をまとめると、

未経験T転職での面接では、傾向を理解した上での準備が大切です。

どのような質問にも、根拠や理由を明確にして回答ができると、説得力があり、面接官に良い印象を与えられます。

面接対策をしっかり行い、IT転職を成功させましょう。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧