【転職のプロが教える】IT転職で後悔することってある?後悔しないためのポイントとは?

記事執筆者
IT系派遣会社勤務flower

某大手派遣会社で、IT系派遣の営業担当やキャリアコーディネーターとして活躍し、現在も同派遣会社で働きながら、ブログにて転職のポイントなどを紹介している。

「IT業界ってかっこいいイメージだけど、実際にもかっこいいのかな?」
「IT転職したけど後悔したってことはあるの?」

と思っていませんか。

IT業界は日々新しい技術やサービスが生まれ、今やIT技術無くして社会は成り立ちません。

市場規模も拡大しており、これからIT業界へ就職しようと考える人も少なくないでしょう。

しかし「最先端でかっこいい」「ものづくりに関われておもしろそう」などの良いイメージだけで、転職を決めてしまうと、転職を後悔するケースもあります。

この記事では、特に未経験者がIT業界へチャレンジして後悔するポイントや後悔しないための注意点などをご紹介します。

未経験でIT転職して後悔することはどんなこと?

まずは、よくある後悔するポイントをご紹介します。

職種に限らずIT業界全体に通じるポイントですので、自分に当てはまることがないかチェックしてみてください。

1.IT技術に興味を持てない

ITエンジニアは、どの職種を選んでも、技術について勉強を継続して行う必要があります。

一度覚えてしまえば全てに応用が利くわけではなく、担当するプロジェクトが変わったり、使用する技術が変わったりする度に新しいことを覚える必要があります。

IT技術に興味がないと、新しいことを中々覚えられないばかりか、勉強すること自体が苦痛になってしまいます。

2.地道な作業を苦に感じる

ITエンジニアの仕事は、パソコンに向かう地道な作業がメインです。

細かいルール通りにプログラムを書くことや、一度で上手くいかないことを繰り返し試したり、ひたすらデータを入力したりと根気のいる作業も多いでしょう。

なんとなく「パソコンが好きだから大丈夫」と思っていても、地道な作業に飽きてしまうこともあります。

3.希望の仕事ができない

ITエンジニアには様々な職種があり、携わる技術も企業や案件によって本当に様々です。

中にはエンジニアと言ってもドキュメントの作成やレビューをしたり、顧客との調整のみだったりと、プログラムを書かない職種もあります。

自分が任される仕事が何なのかしっかりと確認してから転職先を決めなければ、「思っていたのと違う」という状態になりかねません。

未経験IT転職で後悔しないための準備とは?

未経験で業界についての知識が無くても、準備をしっかりとすることで、事前のイメージと入社してからのギャップ・違いを防ぐことができます。

ここからは、未経験でIT転職を希望されている方に、転職をよりよいものにするために準備すべき事項を3つご紹介します。

1.ITエンジニアの仕事の特徴を知っておく

まずは先に紹介した通り、「継続した学習が必要なこと」や「地道な作業が多いこと」などの仕事の特徴を理解するのが第一ステップです。

技術の深い勉強を事前にする必要はありませんが、ITに関するニュースやエントリーしようと思う企業のサービス内容をしっかりと読み、興味を持てるか、内容を理解できるかを確かめてみましょう。

今は無料でプログラミング学習ができるサービスもありますので、一度試してみることをおすすめします。

2.業界の構造や企業の特徴を調べる

IT業界の構造やどのような職種があるかを調べてみましょう。IT業界と一言で言っても、企業により扱うサービスや技術は様々です。

以下代表的なものとなりますが、この中には当てはまらない企業もあります。

  • SIer(顧客から委託されてシステム開発やインフラ構築を行う)
  • ITメーカー(パソコンやサーバー、ソフトウェアなど自社の製品を開発・販売する)
  • WEB制作(WEBサイトやアプリケーションの開発を行う)

業界や職種について理解をすることで、自分の興味のある分野や、やってみたい職種はどの企業で実現できるかを間違えないようにしましょう。

3.簡単なシステムの仕組みを勉強してみる

エンジニアの仕事を理解する入り口として、システムの構造や基礎知識を勉強してみましょう。

資格取得は必須ではありませんが、ITパスポートはITの基礎を学ぶのにおすすめの資格です。

勉強してみることで、ITについて学習することが苦ではないか確かめてみましょう。

ITパスポートの詳細については、こちらのサイトをご参考ください。
参考:ITパスポート試験公式サイト

ITエンジニアに向いてる人ってどんな人?

以下の特徴に当てはまる人はIT業界で長く活躍できる素養があるでしょう。

  • 地道な作業が苦ではなく、ものづくりに達成感を感じられる人
  • 疑問点を調べたり、人に聞いたりできる人
  • 新しいことを学ぶ姿勢のある人

ただし、ITエンジニアには様々な職種があるため一概には言えないのも実情です。

後悔しないIT転職先の選び方

多くの企業の中から、自分希望が叶う企業を選ぶことは難しいですが、以下のポイントを事前の調査や選考の過程で確かめてみましょう。

商流が出来るだけ元請けに近い企業かどうか
IT業界は多重構造です。顧客から大手開発会社が委託されたものを、2次、3次、4次・・・と再委託をするのが通常です。あまりに下層で請け負っている企業を選ぶと、納期が短くコストが低い案件が多く、労働条件が良くないことが多いため注意が必要です。
キャリアの選択肢が複数ある企業かどうか
IT企業は企業ごとに得意分野があり、扱う技術やサービスは限られています。企業の強みがあることは利点ですが、そのラインナップが少ないと、何年も同じ現場で同じ業務を繰り返すということも出てきます。キャリアアップを目指すためには入社して3年後・5年後にどのようなキャリアを進むかいくつかの選択肢がある企業を選びましょう。
研修制度が整っている企業かどうか
未経験者を受け入れる体制がしっかりしていると、安心して業務を始められます。座学での研修だけでなく、OJTで実務を通しての研修を行う企業もあります。いずれにしても、いきなり業務を丸投げされるのではなく、疑問点を聞く先輩がいる企業を選びましょう。

IT業界で給料が少なくて後悔する場合もあるって本当?

大手転職サービスdoda調べによるとITエンジニアの平均年収は以下のようになっており、全職種の平均と比較しても高いと言えるでしょう。

【画像準備中】
画像引用元:doda「ITエンジニアの年収はどのくらい?給料アップを目指す方法と考え方|ITエンジニアの平均年収の推移」

しかし、実際には「給与が少ない」「思ったより上がらない」という理由で転職を後悔する声もあります。

企業の給与は業績により変動する為、保障されるものではありません。

しかし、前年度のや年齢による実績値を確認することで、目安の金額を事前に知ることはできます。

特にIT業界は定常的に残業が発生する傾向にあり、月収に見込み残業代が含まれているケースが多いでしょう。残業代の扱いも事前に確認する大事なポイントです。

未経験でIT業界に転職して後悔しないようにするためには?

未経験でIT業界への転職活動を行うことは、疑問や不安も多く、誰かに聞いたり相談したりできると安心です。

そんな時頼りになるのが転職エージェントです。

IT業界に強い転職エージェントを選ぶと、IT企業に関する情報が多く、自分のキャリアを決める参考になるでしょう。

また、まずは自分に向いているかどうか試してみたいという人は派遣会社の活用もおすすめです。

派遣の場合は初回の契約期間が決まっており、更新するかどうかを判断することができます。

IT未経験の求人を多く持っている派遣会社だと、事前に研修があったり、同じタイミングで始める仲間がいるケースもあったりと安心してスタートできるでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、

IT業界は未経験者にとっては業界の特徴やサービス内容が分かりづらい部分も多いでしょう。

事前に少しでも理解を深め、IT技術に触れておくことで、IT転職に後悔しないよう準備ができます。

また、転職エージェントや派遣会社を活用することで、より安心した転職活動を進めることができるでしょう。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

関連記事

IT転職をするなら、IT転職に強い転職エージェントを利用することおすすめします。

>>【転職のプロが15社比較】ITにおすすめの転職エージェント(ITエンジニア・Webデザイナー・ゲームクリエイター)
こちらの記事では、ITにおすすめの転職エージェントを職種別や求人数ランキングでご紹介しています。

実際にIT転職するなら、事前準備と豊富な情報を得ることが重要です。ぜひこの記事もチェックして、相談できる転職エージェントを探してみてください。

IT転職に関連する記事の一覧